言葉の力 魂の力 愛の力

2013年3月31日 (日)

無意識を分かち合う友へ ~そして福ちゃんへ

猫の郵便のことは、はじめにをご覧ください。

昨夜(3月30日)のこと。冬の終わり日のイブ。・ ・ ・桜、花の終わり。
夜になり、そろそろ外の猫たちへの給食の時間かなと ひと呼吸している時。
メールを知らせる携帯電話の着信音が鳴り響きました。
携帯を見てみると ・ ・ ・。発信人は、このブログを始めることによって知り合った親友ともいえる友人からでした。

悲しい知らせでした。

こちらが解釈や案内を加えるより、先ずはとにかく読んでほしいと思います。

;;:+*+:;;;:+*+ 練馬区在住のSHさんからのメール ;;:+*+:;;;:+*+

こんばんわ 
今夜も 大切なご飯を 有難うございます

実は 今夜8時29分 うちの犬の福ちゃんが お空に上ってしまいました
28日ごろから 急に 食欲が なくなり 病院に行こうか 考えて
いましたが 福ちゃんは 虐待のトラウマが 最後まで 消えず
前足の爪を切るのも 出来るだけギリギリまで 切りませんでした

病院に連れて行って もし そのまま 帰れず 入院して
最期を 看取れず ・ ・ ・ なんて そんなことを考えているうちに
急に危篤状態となり 最後は 私の手に 触れられながら
家族に見守られ 静かに 逝きました

私は 先日 あるブログのことをあなたにお知らせしましたが そのブログを 読むうちに
動物たちが 望むのは 愛する人たちの傍らに 
いつまでもいたい 病院に入れたりしないで 傍にいてほしい ・ ・ ・
その言葉が 頭にありまして 虐待のトラウマのうえに 
最後の最後に 一番 嫌がることをしたくなかったのです

迷っているうちに 急に危篤状態になり 少し痙攣がありましたが
静かに 逝きました
約5年間 慈しみ 私なりに 頑張ってきました ので 心残りは
ありません 

虐待が あったから 巡り会えた 福ちゃんですが また いつか必ず
会う日を 約束して 明日 家族全員で お空に 見送ります

実は 福ちゃんと さよならする日が 近いうちに あるのではないかと
感じていました そしたら 福ちゃんが昨夜 不思議な行動をするので
もしかしたら 今夜かも ・ ・ ・  現実になってしまいました

いろいろ有難うございました 
幸せを 感じて くれていたと思います

         +*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

 メールを読みながら、命を見送ることの緊迫感や愛情が臨場感を伴って迫り来て、普段はめったに泣かない私なのに悲しみがこみ上げてきました

・ ・ ・ 泣いていては活動ができないのに。 ・ ・ ・ 困りました。

メール中にある亡くなった「福ちゃん」は、・ ・ ・その昔・ ・ ・後脚2本を切断される虐待を受け、動物愛護団体の保護下にいましたが、世話が行き届いていない状態でした。
それを知り、憂いたSHさんは「なんとかしなくちゃ!」と、福ちゃんを自宅に引き取ろうと決断し、歩くことができない福ちゃんを5年3ヶ月の間、来る日も来る日も世話をしてきたのです。共に暮らしてきたのです。
口さがない世の中、「そんなことをしていて、足かせにならないの?」と言われたこともあったそうです

Sさんが、ただ、自宅で犬を飼いたかったと言うのでしたら、ペットショップで見た目が可愛いきれいで健康な犬を手に入れることも出来たでしょう。その生活を楽しむこともできたでしょう。
しかし、Sさんは身体が不自由な「福ちゃん」を自分の人生のたいせつなパートナーとして選んだのです。

Sさんのメールからは、福ちゃんへの愛情、虐待が与えた目に見えない“心の傷”の深さ、ままならない病院でのこと ・ ・ ・と、亡くなってゆく子を見守る気持ちが綴られ、同じ経験を持つものとして深い共感を覚えました。

自分の都合は横に置いて、障害を持つ犬の世話をする ・ ・ ・
朝は夜明け前 3時 4時から起きて下の世話から始まる毎日。
始終、気にかけていなければいけない。誰もがするような気軽な外出、泊りがけの旅行も自在にはできない。そうそう出来ることではありません。
自分の欲望・都合が先走る人々ばかりが闊歩している世の中で、SHさんは本当に稀な人、心に宝石の輝きを持つ人です。

Sさんとは、このブログを通じて知り合いになりました。
ブログを続けていると、本当に意味をくみ取って読んでくれる人がどの位いるのかと疑問に感じ、続ける意味があるのかと空しさを感じることもありました。
しかし、ブログを通じて知り合った人は、Sさんをはじめ、一から十まで何もかも説明しなくても、無意識の中で繋がり、そして分かり合える人たちでした。それはブログを続けてきた一番良いことでした。果実でした。

SHさん、同じ価値観を持つものとして、無意識を分かち合える友として、一緒に歩いていきましょう。

福ちゃん!
良いお母さんに巡り会えて良かったね!

世界中の動物たちが福ちゃんのような悲しい目に遭いませんように、・ ・ ・祈りを捧げて。
福ちゃんが背中に大きな大きな羽根を生やして大空を高く高く走りまわれますように。

R . I . P(安らかな休息を) 福ちゃん!

【お願い】外で暮らす猫たち、被災した動物たち、先が見えない災害の傷を負った動物たち、すべての動物たちの福祉活動のために、ポチっとクリック よろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

| | トラックバック (0)

2012年10月28日 (日)

フード支援 I さんからのメール

日頃、猫の郵便の活動を支援してくれている I さんから、福島原発事故により取り残された猫たちへの給餌活動へのフード支援をしたというメールを頂きました。
I さんは飼い主のいない猫の世話をしておられます。

虐待状態にある動物たちへ心を寄せる方は少数派ですが、それぞれの方がそれぞれの場所でがんばっているんだなあ と実感します。
人々の温かな心の輪を感じました。
以下、I さんのメールです。

ウンガさん  ジョンさん   Liamさん
毎日  お外で生活する子達の保護活動お疲れ様です。ありがとうございます。

「犬猫救済の輪」のドキュメンタリーにリンクされていた「福島のどうぶつたち がんばってて ごはんをはこぶよ」さんのブログを読みました。
福島に取り残された子達の、あまりにも悲しすぎる死を知り、活動をして下さっている方々が、ご飯を運べなくなる日がいつくるか…怯えながら、泣きながら活動されている現実を知りました。また涙が止まらなくなりました。

でも、泣いている場合ではない。泣いていても何も始まらない。
泣きたいのは私だけじゃない。

昨日の午後 福島にフードを送りました。
ペットフードのお店で事情を話し「ここで荷造りさせてもらって、ここから宅急便出させてもらっていい?」と聞くと「5000円以上で20㎏までなら配送料無料ですよ」と…
レジに「これで15㎏っと…」とフードを運んでいると「20㎏になるまで、あとは私達にも参加させて下さい。」と言ってくれました。

そして「結さんの所だったら、毛布やタオルケットとかも集めてると思うので、必要な物は集めて送りましょうよ!」と、言ってくれました。
「猫の郵便」が応援を呼びかけている「犬猫救済の輪」「にゃんだーガード」の方は「福島のどうぶつたち がんばってて ごはんをはこぶよ」さんに「フードが足りなかったら使って」と、声をかけて下さっているそうです。

気持ちの繋がりですね。猫ボラ 動物保護のボランティアと呼ばれる人達…考え方・活動の仕方は違っても「人に、国に捨てられた子達を助けたい」と思う気持ちは同じはずです。

それなのに、何かが違う気がしてなりません。
ウンガさんがおっしゃってるように「みんなが力を合わせれば大きな力になる」のに…
分かり合えない人の事を考えても仕方ない。

ただ、自分が今できる事を少しずつでもやっていこう…

環境省と福島県に民間団体による福島警戒区域内のペット保護の再開の要望書を送ります。
友人・知人などにも呼び掛けたいと思います。

ウンガさん ジョンさん Liamさんの気持ち(声)きっと、たくさんの人に届いていますよ。そして、私も届けます。

お願い】外で暮す猫たち、被災した動物たち、先が見えない災害の傷を負った動物たち、すべての動物たちの福祉活動の為に、ポチッとクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

| | トラックバック (0)

2012年10月27日 (土)

応援メール公開します

昨日記事「根本問題は?」を読んだ、猫の郵便の保護活動を応援してくれているSさんからメールを頂きました。
保護活動を深く理解し、愛情あふれる方です。猫の郵便だけでなく犬の保護活動の支援もしておられます。
S さんから頂いたメールを公開します。

猫の郵便の活動はさまざまな形で応援してくれている方々に支えられています。
猫の保護活動は猫が相手なので、孤独感におそわれることもありますが、応援や励ましがエネルギーになり、活動の背中を押してくれています。

応援メールもその一つです。
可愛い猫の写真が目白押しの猫ブログのなかで、字ばかりの猫の郵便ブログを応援してくれる方々は自分の考えと言葉を持つレベルの高い方々です。
頂く応援メールや振込票の添え書きはすべてが、皆さんに呼んでほしいと思う、頭脳明晰・温かい心のこもった文章ばかりです。

猫の郵便シャボットはコメント欄がありませんので
公開許可を頂いたメールは今後、すこしずつ公開してゆきます。
(頂くコメントにお答えする時間・コメント欄を管理するがありませんので、コメント受付をしていません。)
以下、Sさんからのメールです。

今 ブログ拝見しました  本当に 同感です 
本当に 価値のある情報とは  何なのでしょう

自分の関係する子だけが よければいいのでしょうか
猫に ついて ブログを書くなら もっと広い視野を しっかりと
持ってほしいものです  

私が 怒ってもしょうがありませんが
J さん  ウンガさん Liam 君の 怒りというか  悲しみさえ
感じてしまいます  
人間って  どうして 自己中なのでしょうね・・・
神様も これには 手が出せず  悲しんでおられます  
人間は  生まれてくるとき 神様の分御霊 わけみたま・・を
いただいているのに  この心の愚かさには   ただただ悲しみが
つのります  でも 皆様方が  いらっしゃることが 救いです
結さんも  います  分かり合えるもの同士が 心を合わせて
バカ (神さま ごめんなさい)  無視いたしましょう
くだらない人がいっぱい いるより 少数精鋭でまいりましょう

Sさんからメールをもらうと、
「どうして、こんなにも気持ちが分かってもらえるのだろう。」と感動します。
猫の郵便 Liam 君は 「国民全体から見たら、超少数だよ~」 とぼやいてました。

お願い】外で暮す猫たち、被災した動物たち、先が見えない災害の傷を負った動物たち、すべての動物たちの福祉活動の為に、ポチッとクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

| | トラックバック (0)

2011年10月26日 (水)

+∞LOVE資本主義宣言~ハマーちゃんの道∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。suncloud15℃~19℃

Love_capital        + L O V E 資 本 主 義 実 践 フ ァ ミ リ ー 

ハマーちゃんの道 LOVE資本主義宣言bell heartshine heartshine bell

Waterg_2練馬区のSHさん、港区のC・Makoさん、ハマーちゃんへの優しい息づかいのあるメールありがとうございました。

これをきっと“LOVE”と言うのだと思います。

メールを読み終わり、深呼吸をすると秋のうら寂しい風情に、暖かさがジーンと胸に染み込んで来ました。

Mas3

こんなちっぽけな活動グループを星の数ほどあるボランティアの中から探し当ててくれ、しかも変わることなく見守り応援し続けていてくれる・・・その心にも、途切れることのないご支援にも、静かなそして大きなエネルギーを頂いて活動の励みにしています。

見渡すかぎりの砂漠で一滴の水の恵みを受けたような・・・とでも例えれば良いのでしょうか?!?

この活動は大変にハードでそして孤独で、しかも世間の無理解にも抗しなければいけない側面が往々にしてあります。
だから、緊張を強いられる活動の中で、ほんの少しでも“やさしい言葉”をかけられたなら、思わずハラッと不覚の涙をこぼしてしまうボラの方も中には多くいるのではないかと思います。
動物救済の活動は、それくらいハードで、厳しい社会環境の中にあるのです。

Mas3_2

弱い者を見つめる瞳ではじまったこの活動・・・

弱い者を見つめる瞳もLOVE、見捨てられた犬や猫を介して繋がってゆく人と人の輪もLOVE、・・・LOVEではじまり、そうして最後もLOVEで幸福に終われるように目的への眼差しを忘れずにLOVE資本主義で活動を継続してゆきましょうか。

ハマーちゃんのゆく道が幸せで楽しい日々であるように。・・・笑顔で。

Small_bluejpg

【お願い】外で暮す猫たち、被災した動物たち、先が見えない災害の傷を負った動物たちの福祉活動の為に、ポチッとクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

Bi_vertical_cupid                 + ラ ブ ・ ヴ ィ ジ ョ ン 

| | トラックバック (0)

2011年10月 3日 (月)

+∞ 我が家の猫の子守唄 ∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。suncloud16℃~22℃

Snoopyjpg      * One Snoopy Two Snoopy Three ・ ・ ・ I‘m Sleepy 

我が家の“猫を眠りに誘う子守唄”nightnightnightshinenightnightnightshinenightnightnight

5catsjpg♪ One Snoopy,Two Snoopy,Three Snoopy,Four Snoopy ♪

♪ Five Snoopy,Six Snoopy,Seven Snoopy,Eight Snoopy ♪

♪ Nine Snoopy,Ten Snoopy,Eleven Snoopy,Twelve Snoopy,You Make Me Happy ♪

Nas1ec

原曲は「1 little 2 little 3 little Indians・・・」ですが、“Little”を入れると音が弾んでしまい、眠る子を起こしてしまう楽しい歌になってしまうので、「1 Snoopy,2 Snoopy・・・」と流し、最後のフレーズの“You Make Me Happy”のところを気分と場合に合わせて変化自在、その時まかせで変えています。
“& I am Sleepy”とか“可愛いばらたまターン”とか“元気なセージくん”など、横になる猫の背中やお腹を撫でながら、好き気ままに牧歌的に。

・・・「えっ! Snoopyが複数形になってないじゃないか?」と文法にうるさい向きの方々には、『このアイデアは元々が睡眠導入で有名なあのフレーズ“1 Sheep,2 Sheep・・・”が発想の原型なので、“Snoopy”を勝手に“Sheep”扱いにしてしまいました』と説明しておきます。

猫の子守唄だから、「1 Kitty・・・」でも良かったのですが、“Ki”の音が子守唄には耳障りで刺激的過ぎます。

Nas1ec_2

毎日の外回りの活動が一日に最低でも6時間を超えるので、頭の中でこんな“遊び”をしながら時を繫いでゆくのです。・・・のどかな戯れ事、私的戯れです。

Small_bluejpg

お願い】外で暮す猫たち、被災した動物たち、先が見えない災害の傷を負った動物たちの福祉活動の為に、ポチッとクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

Time_rosem     * ね む れ  良 い 子 よ ( タ イ ム & ロ ー ズ マ リ ー ) 

| | トラックバック (0)

2011年6月 3日 (金)

+∞ 猫に言葉は分るのか? ∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。sunnight15℃~23℃

May_i_2jpg               M a y  I . . . ? 

猫に言葉は分るのか?bell  bell runrunrun cat runrunrun bell  bell

Bluesky25猫に言葉は分るのか?2日前に大急ぎでUPしなければならず、言葉を精査&吟味せずに予告を打ってしまった為に、メイン・タイトルを変えずに書き始めるけど、良く考えると「猫に言葉は分るのか?」は、上から目線で偉そうです。

人間は無意識に森羅万象あらゆるものに対して〝偉そう〟なんです。

猫に言葉は通じるのか?通じているのか?」にした方が良かったかなと後悔している。でも、今更遅いから自分の〝〟もひっくるめてスタートしましょう。

Mas3

毎日、活動現場に行き、猫たちに出会い、先ず一番最初にすることは、言葉を発すること。「遅れてごめんね/寒いね/今日は暑かったね/待ちぼうけだった?/ちょっと待っててね/〇〇君はどうしたの? いないね/はい、こっちだよ」等々・・・。

室内の保護猫たちの生活も言葉起点行動している。「さぁー、ご飯の時間だよ/お腹すいちゃったの?/〇〇君はこっちだよ!/大丈夫、心配しなくてもちゃんとあげるから」等々・・・。

どの猫とも数年間に渡る連日の対面だから、言葉の温度を聞き分けてくれている体感がある。
お互いにまだ馴れない関係にある時は、言葉どころか言葉をかける距離/圏内に近づくことも歩み寄ることも出来ない。しかし危害を加える人間ではないと分り、段々と距離が縮まって来ると、ようやく言葉の出番となる。

Mas3_2

言葉には、温度がある。背後に、言葉を発する人の喜怒哀楽の体温が声に載り、声に含まれ伝わってゆく。声を荒げればびっくりして逃げてゆくし、安心し気持が和らいでいるなら〝傍ら〟に寄り添うようになる。

外の子たちによく言う言葉は、「大丈夫だよ、心配しなくても/〇〇君はいつも可愛いね/君は世界一の猫(どの子にも)だよ/大好きだよ/じゃあ明日ね、必ず来るから良い子にしててね」と人に聞かれては恥ずかしくなるような言葉のオン・パレードだけれど、それらの言葉を英語・日本語・ドイツ語・イタリア語で使い分けながら、遊びながら現場の猫たちと作業を進めてゆく

言葉を〝意味〟で理解し合うと思っている人がいるかもしれないが、言葉は元々〝意志〟の伝達ツールであって、言葉に〝意志〟がのっかっていなければ、何も伝わってゆかない。それは人との関係でも犬猫との関係でもみな同じ。
動物は声の中に含まれた意志を嗅ぎとる。そこに〝LOVE〟がなければ心は開かない。〝Open Sesami(開けゴマ)!〟と声高に絶叫しても、意味だけでは、そこに〝思いの力〟がなければ、ドアが開くことはない

Mas3_3

それでも通じない猫が中にはいる。それは成長過程で永久凍土のような傷を負ってしまったのだろうと解釈判断している。崩れない要塞・・・。時間をかけ寄り添い、待つしかない。

G

お願い】外で暮す猫たち、被災した動物たち、先が見えない災害の傷を負った動物たちの福祉活動の為に、ポチッとクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

Photo     ~ 人 に 渡 す 橋 / 船 ・ ・ ・ 人 に 言 葉 は 通 じ る か ? 

| | トラックバック (0)

2011年5月 2日 (月)

+∞ 田中好子さん 最期のメッセージ 全文 ∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。suncloud14℃~19℃

Photo        *  季節はめぐり 光が 鮮やかさを増し ~ ハナミズキ  *

言葉の力 魂の力 愛の力bellbellbell bellbellbell bellbellbell bellbellbell

Bluesky254月21日に亡くなった田中好子さんの病床からの最期のメッセージを、時に我が身を振り返る神聖な〝エピタフ〟として、そしてこれから歩んでゆく道を照らす〝照明〟として、全文掲載し、残しておくことにしました。

愛って何?」とゆく手を案じるとき、混乱する世相にあって、田中好子さんが死をもって託した思いの中にひとつ答えがあるような気がします。代償を望まないアガペの愛です

THIS IS LOVE!
Nas1e

≪田中好子さんの最期のメッセージ≫

こんにちは、田中好子です。
きょうは3月29日、東日本大震災から2週間経ちました。
被災された皆様のことを思うと心が破裂するような、破裂するように痛み、ただただ、亡くなられた方々のご冥福をお祈りするばかりです。

私も一生懸命病気と闘ってきましたが、もしかすると負けてしまうかもしれません。
でもその時は必ず天国で被災された方のお役に立ちたいと思います。
それが私のつとめと思っています。

今日お集まりいただいたみなさまにお礼を伝えたくて、このテープを託します。
キャンディーズでデビューして以来、本当に長い間お世話になりました。
幸せな、幸せな人生でした。心の底から感謝しています。
特に蘭さん、美樹さんありがとう。2人が大好きでした。
映画にもっと出たかった。テレビでもっと演じたかった。
もっともっと女優を続けたかった。
お礼の言葉をいつまでもいつまでもみなさまに伝えたいのですが、息苦しくなってきました。
いつの日か、妹・夏目雅子のように、支えて下さった皆様に、社会に、少しでも恩返しできるように復活したいと思っています。
かずさんよろしくね。その日までさようなら。

G

【お願い】外で暮す猫たち、被災した動物たち、置き去りにされた動物たちに想像力をめぐらせ、一日一回ポチッとクリック、よろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

1       *  ミ レ ー  ~ ゆ く 手 を 照 ら す 灯 り と し て *

| | トラックバック (0)