幸福な猫

2013年12月27日 (金)

鉄さんの家の蘭さんが口内炎治療で病院へ行った

鉄腕ウンガさんの家の蘭の花くんが口内炎が悪化し 病院に行くということで前夜 鉄さんと別れたのだが

その段になって 鉄さんの家で家庭内事件が勃発し 蘭くんが「病院に行くのはイヤだ」と激しく抵抗しているので 助けてくれないかと携帯に一報があり

鉄さんの家に出向いたのでありました

わたくしは猫を捕まえるちょっとした達人でありまして  ことなく 隠れている蘭くんを捕まえキャリーに入れたのでした

捕まえる方法はネットには悪人が多く徘徊しているので 教えることはできません

| | トラックバック (0)

2013年4月17日 (水)

ジャーン、うれしいメール届く

猫の郵便のことは、はじめにをご覧ください。読み終えたら、ポチッとクリックお願いね。

_4115514

今日は猫の郵便の明るい面。赤いポストにメールをいただきました。

その方は日頃から、私たちの活動をご支援頂いている1月4日にこのブログで紹介したM・Tさんです。M家に“新入り”猫さんが来たということです。

写真のメメちゃんです。
M家にはミケちゃん、ハクちゃん、モモちゃん、タマちゃん、トラちゃんがいて、メメちゃんは6番目の家族になりました。2男4女、みんなに混ざって幸せな家庭猫として一生を送ります。良かったね。

頂いたメールを掲載いたします。
M家では、お母さまの代から、世のほとんどの人が見向くことのない外の猫を気にかけ、そればかりではなく室内に保護して来ました。

外の猫の世話をする人も、自分の住居に入れてくれる人はそう多くないように思います。

心ふさがれるニュースばかりを見聞きさせられる日本の動物事情のなかにあって、M家からのメールにはいつもほっとされられます。
ありがとう。M家のTさん。 お幸せに。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:M家のTさんからのメール.。.:**:.。..。.:**:.。..。.

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:メール1通目

先月20日に初めて見かけた子です。
右目の結膜炎が酷いので28日に保護しました。
幸いウイルス陰性でしたので、うちの連中と一緒に暮らせます。
避妊手術が終わり、結膜炎の治療を続けながら二回目のウイルスチェックを待っています。
ミミの名前の由来を憶えていた病院長に「メメ」と名前をつけてもらいました。
およぞ生後12ヶ月だそうで、ハクと同じく、ミミの命日が誕生日になりました。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:メール2通目

昨夜の遺体収容作業は大変だったようで、いつも頭が下がります。
(中略)
メメへの点眼を一日二回していますが、引っかれたり噛まれたりの生傷は、まだ出来ていません。
タオルで包むと観念してしまいます。今までで一番良い子です。
ほかの連中もメメに遠慮している感じで、普段よりおとなしくしています。

                       .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:

【お願い】外で暮らす猫たち、被災した動物たち、先が見えない災害の傷を負った動物たち、すべての動物たちの福祉活動のために、ポチっとクリック よろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

| | トラックバック (0)

2013年1月 4日 (金)

M家より謹賀新年

写真は、日頃から猫の郵便の活動を見守り応援してくれているM家の猫さんたちです。

左から 「タマ」ちゃん(男の子) 「モモ」ちゃん(女の子) 「トラ」ちゃん(男の子)
3名はオフィスビルの谷間で暮らしていましたが、一昨々年、2010年の晩秋11月終わりにMさんに保護されM家の家族になりました。

ほかの2名がすやすやと眠っているのに、トラさんだけ目が開いているのは、警戒心が強くてカメラに反応していまうためなのだそうです。
外で暮らしていた猫が警戒心を解くためには長い時間が掛かります。

お名前が分かりやすいのは、保護当時、お母様が重篤なご病気で入院なさっていた時でゆっくり猫たちの名前を考える時間がなかったから、

そして病院で名前を呼ばれた時、あまり派手な名前だと恥ずかしいから。という上品なお考えです。

お母様がたいへんな時でも外の猫を室内に保護してくれる。荒んだ社会の中でMさんとお母様のような方の存在は救いです。ひどい人ばかりではありません。ほっとしますね。

M家には3名の先輩である 外から保護された「ミケ」さんと、病院の里親募集猫だった「ハク」さんがいます。
小さな命をたいせつにするDNAはMさんのお母様からMさんに受け継がれ、猫さんたちはみんな幸せに暮らしています。(鉄腕ウンガ)

2130

お願い】外で暮す猫たち、被災した動物たち、先が見えない災害の傷を負った動物たち、すべての動物たちの福祉活動の為に、ポチッとクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

| | トラックバック (0)

2012年10月 3日 (水)

元キティちゃん~ぴぃす君の幸せな生活

6月に保護し8月に幸福な家庭猫として旅立っていった
元 「キティちゃん」 こと、「ぴぃす君」 の親となってくださったHさんから
先月9月4日に、ぴぃす君の生活を伝えるメールを頂きました。
ご了解を頂き、以下に掲載します。文中のボン君は先住猫さんです。

暑い中ありがとうございます。

ジップティー君 残念でした。
外で暮らす猫さんが亡くなった時に思うことは
「もうこれで恐い思いや寒い思いをしなくて済む」
ということです。

ヒトの勝手な都合で外で生きることを強要されて
どんな猫生だったかと・・・・
胸が痛みます。

ウチの子になったぴぃすだって、あの時 J さんに見つけてもらえなかったら・・と思うと
全力で守らねば!と思います。
そのぴぃすが、昨日体重を量ったら2キロになっていました。
来た時は1.6キロでした。
J さんが仰ってましたが、ホントによく食べる子です。
食べる以上によく動く(というより走り回っています)ので
太らないなぁと思っていましたが体重はちゃんと増えているようです。

ボンとの距離は、ケージ越しなら同じリビングでも大丈夫のようです。
ケージから出すと、全力疾走で
ボンに猫挨拶する間もなく突進していくので、
ボンが逃げて時々「シャー(これも弱弱しいですが^^)」
そして追い詰められると届かない猫パンチをしています。
二人の仲はまずまず順調だろうと思っています。

キラキラボールが大好きで、シャカシャカトンネルを自分の基地にして
ボールを投げると銜えて持ってきて、シャカシャカトンネルに入ってボールを落とす
これを何回でも繰り返しています。

食後の顔を舐めてる動画はありますが「持って来い」の動画を撮ってお見せしたいです。

ぴぃすの様子はまた連絡します。
(以下は省略させていただきました。)

幸せなぴぃす君の様子がよく分かります。
ぴぃす君絶好調のようです。
良い家族にめぐり合えてホントに良かったね! ぴぃす君!

外で暮らしている猫たちにも里親さんを見つけてあげたいです。(鉄腕うんが)

お願い】外で暮す猫たち、被災した動物たち、先が見えない災害の傷を負った動物たち、すべての動物たちの福祉活動の為に、ポチッとクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

2

                  こんな頃もありました

| | トラックバック (0)

2010年11月 7日 (日)

+∞ 我が家の食卓 ∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

Dscn2387a         タワー点灯と共に我が家の夕暮れ模様が始まる

【我が家の食卓】  dash bellbellsweat01  bellbellbellbellsweat01  bellbelldashsweat01

〝我が家の食卓〟と言っても人間の食卓ではなく、保護したたちで形成する〝猫家族〟食事模様です。

猫たちは時間に正確です。食事時間近くになると部屋の中でめいめいがそれぞれの表現方法行動を開始します。
ある者は私の足元をそわそわと付いて歩き、ある者はキッチンに向かいお茶を入れる私の背後で〝ミャー〟請求の鳴き声を上げ、ある者はデスクの上でPCのディスプレイの傍で情熱的な視線を投げかけ、猫によりけり・・・こうして〝我が家の家族の食事時〟は始まります。

先ず、私がDinner Timeと声を掛けると数名の秘書ネコがお手伝いに後を追います。シンクテーブルの上に形の不揃いな10を超える皿を上手に重ね、ウェットフード缶をその上に積み上げ、ドライフード数種類を小脇に抱え、カーペットが敷いてある部屋の真ん中に向かいます。先回りして自分のいつもの決まった場所で待ち受ける子、後を追いかけて来て所定の場所に陣取る子_食事時は、私を円の中心にして輪を描き、どの子がどの場所に陣取るかは、何故かいつのまにかネコ同士の協定が出来ているようで、皆、だいたい毎日同じ並びになっています。
Nas1e

では、まずはドライフードを各々の皿に好みに合わせて配り、ドライフードを全員に配り終わったら、その横にウェットフードを乗せて行きます。ウェットフードの種類は、その日によって違いますが、純缶大、魚正黒缶カルカンモンプチ等を使い分けています。
本当に猫によって好みは阿鼻叫喚/様々な様相を呈していて、高級ドライフードOnlyの子、純缶以外の缶詰には見向きもしない子、何でも食べる子_ドライフードの方もモンプチ・ドライじゃなきゃ嫌だというモンプチ派ロイヤル・カナン派嗜好性が二分されています。

順番争いも大変です。控えめな子が結局、後塵を拝することになってしまいますが、カーペットの上に円陣を作ってみんな並び揃うとあちらこちらから、ゴロゴロゴロゴロと輪唱する声が聞こえて来ます。こんな風にして、我が家夕べは暮れてゆきます。

食事時に大切なことはを掛けてあげること_〝はい、ポポフ君〟〝はい、タイム君〟〝はい、パセリとアテニャン〟・・・〝よく噛んで〟・・・〝大丈夫、ちゃんとあげるから〟・・・〝ダリン君、足りないの?〟・・・

食べ物は生き物の心を繋ぐ大事なコミュニケーション・ツール。ないがしろにしてはいけない。pen
Mas3

さてと。次のシェルターの猫たちもおなかを空かして待っている。 さあ、行こう〟

関連記事; ∞+Heart to Heart+∞ 時間があったら目を通して下さい。
参考記事: +∞大阪市西区幼児遺棄虐待殺人事件∞+

お願い】 地域猫ブログランキングに参加しています。一日一回ポチックリック応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

Photo     形も色も大きさも皆さまざま~皿の形・猫の形~ひとつの家族

【活動ジャーナル】 日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能な状態にあります。後察し下さい。

11/06 夜 14℃

ブログ更新で遅れをとり、焦りながらの夜の給活。
BCD方面へ。各地各所、地域猫弁当を持って巡回。某所でいつも必ず会う某猫が現われなかった。寒くなって来ると猫たちが食欲の面で問題が出てくる。

A方面。地域猫弁当の配達_某所で猫同士の喧嘩発生。捨て猫のサビは弁当を出すと即座に食べ出すほど馴れて来た。逃げなくなった。

11/07 朝 

A方面へ。後片付け。日曜日・朝の静かな街並を巡る。

BCD方面へ。昨夜、出席しなかった某猫が現われ、一安心。各ハビタットの猫同士の関係は実に微妙_リリが空けたスペースは女の子ふたりが争っている_両猫同士の関係はN極とN極_Aは影でひっそりと生き、Bは孤立状態にあるもののし表ステージで堂々と生きている。

各地各所、日曜日モードでセット/ルーティン・ワーク。昨夜の弁当も概ね綺麗になくなっていた。

Timejpg  地域猫から家庭猫になったタイム君(リリと同郷)は純缶とロイヤル・カナン

| | トラックバック (0)

2010年9月18日 (土)

+∞ 幸福なプリンセス ∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

2082a          幸福な猫~M家のミケちゃん(左) ハクちゃん

【外猫を家庭猫に~良い人に廻り会えたなら~】 sign05 diamond sign05 

これは都心の10階建ビルの最上階に居を構えるM家の猫をめぐる物語です。

今を去ること16年と半年前、屋上に出たMさんの目の映ったのは、隣のビルの屋上にいる子猫の姿。
何故、こんなオフィスビルの屋上に子猫がいるのかとMさんはびっくりした。
『何とかしてあげなくてはいけない・・・』と

お腹が空いているようなので、隣めがけて食べ物を投げ与えて1日、2日と日が経った。
これは隣のビルに話をして保護しなくてはいけないと考えた矢先、なんと、師走12日その猫は隣からMさんのビルに飛び移ってきた(怖いですねー)。

猫はこの時、歯が生え換わったばかりで、生後4カ月。ミミと名付けられ、それから約15年、昨年3月14日亡くなるまでM家の家族として大切にされて暮らしました。

4年前に糖尿病を発症し、一時は黄疸が出て危険な状態に陥りましたが奇跡的に回復し、2年半の通院治療をしました。通院していた病院ではこの病気が発症してから長期間生きた子はいなかったということで、ミミちゃんの闘病は病院中の伝説になりました。Mさんの手厚い看護の賜物でしょう。

Rosejpg
M家には現在2頭の猫がいます。

1頭は3年半前に家族となったミケちゃん
ミケちゃんはビル1階の人目に触れない場所でMさんから食事を貰っていました。

季節は春3月。お腹が大きいのが目立ってきた。以前もこんなことがあり、何とかしてあげたいが捕まらない。Mさんは可哀そうだと思っていた。
そこへ鉄腕ウンガ(猫の郵便/ネゴシエーター)が人猫共生会議を紹介し、共生会議が一時保護に成功し不妊手術をしました。
お腹には子がいて手術の傷口が大きかったので、抗生剤服用のためMさん宅で1週間保護加療。しかし、『このまま外の出すのは忍びない』と、結局そのままMさんの家で暮らすこととなりました。

ミケちゃんはおうちが大好き。人に構われるのは好きではないけれど、外に行きたいような素振りをしたことは全くないらしい。
ミミちゃんを失った人間の方は何かにつけ、ミケちゃんを構ってしまう。Mさんは、人間がミケちゃんにストレスを与えているのではないかと心配した。
それにミケちゃんが1頭だけで〝同類の友だち〟がいないのは良くないと考え、新たな猫を探すことになりました。

亡くなったミミちゃんが通院していた獣医師に、保護猫の紹介をお願いしたところ_先生は全国の知合いに声を掛けてくれた。先生の紹介で、大阪からミミちゃんが亡くなった3月14日に生まれた、生後2カ月の猫が来た。
名前はハクちゃん。ミケちゃんに甘え、Mさん家族に甘え、元気に生活している。

ペットショップから猫を求めて飼う選択がある。しかし、Mさんのように外の猫を中に入れて飼う事もできる。
Mさんのような考えの人がもっともっと増えて、外で暮らす猫たちに少しでも家庭猫になる〝幸福のチャンス〟が訪れたなら_猫ボラの視点で述べさせて頂くと、Mさんの価値観や行為はまさに《社会貢献》と言える。

自分の欲望や欲求を叶えるばかりが人生じゃない。

行く末知れぬ猫を見かけて『何とかしなければ・・・』と思うMさん_このような生き方もある。

Photo    母枝の元に連なって_外猫に家庭猫のチャンスを_里親会をよろしく

【活動ジャーナル】日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能な状態にあります。後察し下さい。

/17 夜 25℃

BCD方面へ。やることは毎日変わりない。毎日作業を欠かさないことが命を見つめる唯一の方法_猫は生き物。

妨害/いやがらせ行為は2件。猫の食べ物や飲料水に対する執拗な攻撃。

A方面へ。各地各所_猫の存在や頭数を確認しながら8ヶ所の地域猫弁当を配布。

/18 朝 24℃

A方面へ。遅めの出発。各地の後片付け_問題なし。

BCD方面へ。土曜日なのでコミューターがまばらに通ってゆくだけ。前方見晴らし良好な走行_各地各所を巡り歩く。

最後の場所で昨夜の猫弁当に黒山の蟻_受け皿の食塩水も蟻で真っ黒_誰かが甘い飲料水でも混入させたとしか考えられない_今夏、一度ここでこういうことがあったが_首を傾げる_後始末に追われた_全ては修復するのみ。

Photo_2               夏の終わり_朝の帰り道

|