災害と動物

2013年4月 1日 (月)

犬猫救済の輪から緊急メッセージ

猫の郵便のことは、はじめにをご覧ください。

3月26日記事で「犬猫救済の輪を孤立させたら日本の恥」と書きました。

そして、今、その“犬猫救済の輪”が、福島原発事故により取り残された犬猫を助けるために、民間ボランティア団体も警戒地区に入って活動できるように、環境省にメール送信をしてくれるよう、大拡散を希望しています。

「犬猫救済の輪」や「にゃんことバーベキュー」のようなグループがスムースに活動可能になるよう、皆さん、ご協力よろしくお願いします。

内容は 「『犬猫救済の輪』動物愛護活動ドキュメンタリー」4月1日記事にて、ご覧ください。

犬猫救済の輪の代表の結さんの忘れられない言葉があります。

~「日本には2つの国があります。
法律(動物愛護法)の届かない警戒地区と
動物愛護法が議論され法律が届く世界」~

何日の記事か分らなくなってしまい、調べる時間がありませんので、正確ではないかもしれません。

法が届かない世界で、どんなにたくさんの数の動物たちの命が無残にも失われていったでしょうか。

国が、マスコミ対応のお義理程度・アリバイ作り程度のことしか、しようとしない中
民間のボランティアの方々の活動が、かろうじて犬猫たちの命をつないできたのです。

公のシステムが、動物たちを助けるハウツーやノウハウを有していない以上、現状、民間のボランティア団体がそこに入ってゆくしかないのです。

苦しみながら生きている動物たちの生き地獄を少しでも改善できるように、環境省の役人を動かしましょう。

国際的な恥にならないように、がんばりましょう。

【お願い】外で暮らす猫たち、被災した動物たち、先が見えない災害の傷を負った動物たち、すべての動物たちの福祉活動のために、ポチっとクリック よろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

| | トラックバック (0)

2013年3月26日 (火)

犬猫救済の輪を孤立させたら日本の恥

猫の郵便のことは はじめにをご覧ください。

東日本大震災が起き、福島第一原発事故が起き、たくさんのいろんな人が傷つきました。
傷が癒えないまま、あっと言う間の2年の歳月でした。

激震地から離れた東京でも、活動には影響があり、あたふたと無我夢中で過ごしてきた2年の年月でした。
ちょっとした揺れでも未だに“びくっと”心がわななくのです。

そして、2年後の春。
また春が来て、らんまんと咲き誇る桜の下で猫さんたちに給食をしていると、震災発生の頃のことがまざまざとよみがえってくるのです。

あの頃。・ ・ ・この桜樹の下で C君もD君もF君もR君もH君も・ ・ ・。
みんな
元気でご飯を食べていた。
でも、もういない。
姿が消えて2年近くになるけれど、毎日・日々思い出すし、胸の痛みに変わりはなくて・ ・ ・

いつの間にか、姿の消えた猫、亡くなっていった猫に心のなかで語りかけています。そうするしかありません。

猫を思う気持ち。人を思う気持ち。命を思う気持ち。

東日本大震災、原発事故により警戒地区では取り残された無数の犬・猫・動物たちが亡くなってゆきました。皆さん、知っていますよね。

今、命を繋いでいる猫たちは、困難な中で活動を続けるボランティアさんたちの給食で支えられ生きてきました。生きています。

会うことはありませんが、それぞれがC君やD君、また家の猫たちと変わらない同じ命を持つ猫です。
取り残され、家族も人もいない厳しい環境で生きる、この猫たちを微力ではあっても応援したいと思います。

私が尊敬する 「犬猫救済の輪」の代表 結さんは、震災発生当初、ご自分自身が脳梗塞のリハビリ中でした。
それにも関わらず、フクシマの犬猫を助ける活動を開始し、体に精神に負担の大きな活動を継続して来られました。

「犬猫救済の輪動物愛護活動ドキュメンタリー」を見ると、厳しい環境なか生きようとしている猫たちの姿、猫たちを必死で助けようとする結さんの姿がひしひしと、なみだなみだに伝わってきます。

フクシマの猫たちにフード支援をぜひ、本当に無我夢中にお願いしているのです。 

犬猫救済の輪のドライフード在庫はゼロになったと記事にあります。

ネット上で買うならば、チャーム は3,500円以上送料無料です。
「『犬猫救済の輪動物愛護活動』ドキュメンタリー」の右サイドバーにある「楽天バナー」を経由して購入をお願いします。資金の助けになります。

また、フードでなくても、お金で支援する方法もあります。

一人一人の力が集まって大きな力になるのです。
どうか、よろしくお願いします。あなたの心と力を犬猫救済の輪の結さんに届けて下さい。

えー、あー。たいへん言いにくいのですが・ ・
ブログランキング上位の方々には、たくさんの人たちが集まるので、そのパワーを発揮して、高い意識を持って、フクシマを見続けてください。
皆さんに呼びかけてください。お願いします。

ありとあらゆるブログで騒げば一滴の水が大きな流れになり“大河”となるのです。力になるのです。

フクシマ支援の活動を続ける 「犬猫救済の輪」や「にゃんことバーベキュー」等を孤立無援にしてしまったのなら、私たちの恥・文明の恥。動物支援をするものの恥。

・ ・ ・動物愛護活動をしたり、賛同している人としては“無視”することはできないですよね。恥ずかしいことになりますよね! ・ ・ ・そうですよね。

そうならないようにお互いに声を掛け合って頑張ってゆきましょう。

あなただって活動している時に“孤独”を感じることはあるでしょ。本当にお願いします。

【お願い】外で暮らす猫たち、被災した動物たち、先が見えない災害の傷を負った動物たち、すべての動物たちの福祉活動のために、ポチっとクリック よろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

Dscn9100

| | トラックバック (0)

2012年12月16日 (日)

♡頂いたメールに大賛同です

猫の郵便については、はじめにをご覧ください。

日頃、猫の郵便の活動を応援してくれている I さんから11月29日にメールを頂きました。
頂いたメールを読んで、自分が感じていることを全部言ってもらったような気がしました。日本の動物を心配する人には、同じ考え、共通する意識があるという事が分かりました。許可を頂きメールをご紹介します。

猫の保護活動をする人は国民全体から見たら、超少数派。
自分の周りを見渡しても同じ考えの人はいない~一人一人は分断され孤独かもしれません。
でも、同じ気持ちをもってがんばる人がいます。
一人ではありません=この事を強く感じました。

sign05 sign05 sign05
猫の郵便の皆様 お外で生活する子達の給食・保護活動 毎日ありがとうございます。また、とても寒い福島に取り残された子達の保護活動をされているボランティアさんへのご支援 本当にありがとうございます。

ウンガさんが憤りを感じていらっしゃるように 「何なのこの国は・・・」 と怒りと絶望を感じる毎日に、大変な中で活動して下さっている方々や、その方々のこと、私たちが今やらなければいけない事、私達にでもできる事を発信して下さる 「猫の郵便シャボット」のブログ(心)だけが救いです。

被災地動物情報ブログも毎日見ているのですが、ちょっと前に見たブログに
「か弱きものに対して、ほんの小さな愛情すら感じられないこの国で、そんなやり方を見てきた子ども達が創る未来が明るいものになるとは到底思えない。どれだけ負の遺産を子ども達に残していくのだろう。背負いきれないよ。このままじゃ、捨てられた動物と同じ末路が人間にも待っているだろう。」 とありました。
本当にその通りだと思いました。思いやりも何もない 「弱いものは切り捨てろ」 「自分たちにとって面倒な事は見て見ぬふりをしてやり過ごせ」 そんな国になるでしょう・・・

話は変わりますが、環境省がペットにマイクロチップを薦めてますよね・・・迷子になった時や地震などの災害時に・・・???

寝言は寝ている時に言ってもらいたい! マイクロチップ自体はとても良いと思いますが、災害時に役に立つと言うのは、保護された時に・・・と言う事で、保護もしてくれない、させてくれないアンタ達が言う事か?! とムカムカしてしまいます。

あっ、環境省も保護は少しはしてるんでしたね、少しは・・・

その報告を見ても 「8月〇日~猫を回収」 「犬を回収」 ってなってました。回収って・・・ 動物の命 とことん物扱いです。いちいち腹が立ってしまいます。

日曜日に知合いのボランティアさんの里親会があり、行って来ました。
環境省への要望書  (民間団体の活動再開) の署名ですが、スタッフや来場者、会場建物前の通りがかりの人も快く署名してくれました。今回の要望書もたくさんの人に協力してもらおうと思ってます。
電話も・・・冷静にかけたいと思います。ブチ切れないで できるかなぁ

グレース姫 目の上の腫れ心配ですね。蘭の花君 テネシーちゃん 元気に美味しく食事ができるといいですね・・・

ピノコさんも口内炎の症状が見られたと以前の記事にありましたが、お外の子は 「食べられなくなるお口の病気」 とても心配です。

こんなに寒いのに、ちゃんと食べられない・・・本当に不憫です。「福島に取り残された子達、お外で生活する子達が寒さから身を守り、ひもじい思いをしないで頑張って生きてくれますように」 と、毎日 祈ることしかできないです。
猫の郵便の皆さん どうぞお身体お大事になさって下さいね。
                                       sign05 sign05 sign05

「猫の郵便シャボット」 が救いです。と書いていただき、叱咤激励された気がいたします。非力ですが、がんばります。(鉄腕ウンガ)

お願い】外で暮す猫たち、被災した動物たち、先が見えない災害の傷を負った動物たち、すべての動物たちの福祉活動の為に、ポチッとクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

続きを読む "♡頂いたメールに大賛同です"

| | トラックバック (0)

2012年11月10日 (土)

フクシマの猫たちの犠牲を止めよう!

2012115_8580                             僕もフクシマの猫を心配しています

今日は深い青空でした。
こんなきれな青空は一年に何日もありません。
空の深い青を見ていると何故か、亡くなっていった猫たちが思い浮かびます。

昨日、猫の郵便の J は「今年はたくさんの子が亡くなった。この冬は特別な冬に思える。言いようのない気持ちがある。」と言っていました。

今夜は冷え込むと思います。
原発事故で取り残された猫がたくさんいる福島はとても寒くなるでしょう。

原発事故で取り残された猫たちが昨年・今年、たくさん亡くなっていきました。
そして、今、がんばって生きている猫たちがいます。
これ以上の犠牲を出してはいけません。
心ある人たち皆が力を合せてフクシマの猫を助けましょう!(鉄腕ウンガ)

お願い】外で暮す猫たち、被災した動物たち、先が見えない災害の傷を負った動物たち、すべての動物たちの福祉活動の為に、ポチッとクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

| | トラックバック (0)

2012年11月 1日 (木)

フクシマの取り残された猫へフード支援~11月7日〆

福島の原発事故により取り残された猫へのフード支援へのご協力ありがとうございました。
昨日、台東区Sさんから 「福島のどうぶつたち がんばってて ごはんはこぶよ」さんへ、ご家族の分もあわせて送りました。とメールを頂きました。

「福島のどうぶつたち がんばってて ごはんはこぶよ」さんがフードが足りない時は「ニャンダーガード」さん、「犬猫救済の輪」さんが「使ってください。」とフード提供しているということです。
心塞がれるニュースばかりの世の中で、心温まるネットワークです。

「犬猫救済の輪」へのフード支援~次の〆は11月7日午前着 です。

受入先住所 
〒970-0311福島県いわき市江名走出155-11ひばりのゆ
      村尾知恵様方 犬猫救済の輪
      090-4630-8861
    (福島の方のご協力を頂いて受けて頂いておりますので電話はお控え下さい) 


10月〆にご支援いただきました皆様には、お知り合い・お友達にお声掛けをよろしくお願い致
します。温かなネットワークが出来ればいいな。と思います。(鉄腕ウンガ)

お願い】外で暮す猫たち、被災した動物たち、先が見えない災害の傷を負った動物たち、すべての動物たちの福祉活動の為に、ポチッとクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

| | トラックバック (0)

2012年10月29日 (月)

お買い物は保護団体バナーから

昨日は雨が振り、夕方は「晩秋」というのでしょうか。わびしい寒さでした。
もっと寒いだろう 「福島の猫たち」 のことが胸をよぎります。
「福島の猫たち」を心配する人は皆同じ思いに違いありません。

10月24日から福島原発事故により取り残された猫たちへのフード支援をお願いしてきました。
今まで何人かの方から、フード支援をしましたと連絡をもらっていますが、昨日、愛媛県 Mさんからも「送りました。」とメールをもらいました。

Mさんは、日頃から楽天でお買い物をする時は 
ブログ『犬猫救済の輪』動物愛護活動ドキュメンタリーの右サイドバーにある楽天バーナーを利用しているという事で、今回のフード支援もそのようにしたとの事でした。
これこそ、生きたお金の使い方だと思いました。

皆様には今後、ネットショップを利用しての「フード・物資支援」の時、それ以外のお買い物の時も
『犬猫救済の輪』動物愛護活動ドキュメンタリーのブログバーナーからのお買い物をお願いします。
猫の郵便も今後は犬猫救済の輪 バーナーを利用したいと思います。

アフリエイトも財源の一つです。
保護活動にはたくさんのお金が掛かりますので、バーナーからのお買い物は活動の助けになります。
小さいことかもしれませんが、よろしくお願いいたします。(鉄腕ウンガ)

お願い】外で暮す猫たち、被災した動物たち、先が見えない災害の傷を負った動物たち、すべての動物たちの福祉活動の為に、ポチッとクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

| | トラックバック (0)

2012年10月28日 (日)

フクシマに取り残された猫たちへ

福島原発事故により、取り残された猫たちのための食べ物が不足しています。
たくさんの人の協力が必要です。皆さんのご協力をお願いします。
外の猫・家の猫・人。どんな生き物も命を繋ぐためには必要なのは食べ物です。
詳しくは

10月24日犬猫救済の輪動物愛護活動ドキュメンタリー記事
ご覧下さい。

送付はなるべく上記、記事中の福島へ。
第一締め切りは明日10月25日午前着指定
第二締め切りは10月30日午前着指定

昨日、東京近辺は突風まじりの雨が降り、雨が止むと冷たい空気が流れ込んできました。
福島はもっと寒いはずです。これから寒さのなかで生きる福島の猫たちのためにフード支援をしましょう!
少しでも、自分が今出来ることを!
みんなが力を合わせれば大きな力になります。
冬の扉は開きました。(鉄腕ウンガ)

お願い】外で暮す猫たち、被災した動物たち、先が見えない災害の傷を負った動物たち、すべての動物たちの福祉活動の為に、ポチッとクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

| | トラックバック (0)

まだ間にあう10月〆福島フード支援

10月24日トップ固定記事でお願いした 福島原発事故により取り残された猫たちへのフード支援の件です。

福島へ送るフードの締め切りは10月30日午前必着 です。

ペット用品販売 チャーム では25㎏まで¥3,150以上送料無料です。
銀行振込の場合10月29日15時までに入金が確認できれば、10月30日午前着OKです。
クレジット決済は10月29日17時までOK。
電話での注文も出来ます。℡0276-88-4828
まだ間に合います。予算のある方はよろしくお願いします。

受入先住所 
〒970-0311福島県いわき市江名走出155-11ひばりのゆ
      村尾知恵様方 犬猫救済の輪
      090-4630-8861(福島の方のご協力を頂いて受けて頂いておりますので電話はお控え下さい)

フードは中で小分けされていない、なるべく大容量の品を選んでください。
美味しくて毛玉対応2.5㎏ や キャネットチップ2.7㎏ 予算の豊富にある方はアイムス4㎏など

福島での給餌活動は、限られた時間内にたくさんの場所を周らなければいけない。
そして、各場所に大量に置かなければいけない ・ 小分け袋では作業に時間を取られる、という事情で大袋フードが必要です。

練馬区Sさんから、品川区 I さんから 港区Mさんからフードを送ったという連絡をもらいました。猫の郵便も送りました。
それぞれの方がそれぞれの場所で、「いのちを繋ぐ活動」 に協力しています。

別記事でフード支援をした品川区 I さんから頂いたメールを掲載します。

お願い】外で暮す猫たち、被災した動物たち、先が見えない災害の傷を負った動物たち、すべての動物たちの福祉活動の為に、ポチッとクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

| | トラックバック (0)

フード支援 I さんからのメール

日頃、猫の郵便の活動を支援してくれている I さんから、福島原発事故により取り残された猫たちへの給餌活動へのフード支援をしたというメールを頂きました。
I さんは飼い主のいない猫の世話をしておられます。

虐待状態にある動物たちへ心を寄せる方は少数派ですが、それぞれの方がそれぞれの場所でがんばっているんだなあ と実感します。
人々の温かな心の輪を感じました。
以下、I さんのメールです。

ウンガさん  ジョンさん   Liamさん
毎日  お外で生活する子達の保護活動お疲れ様です。ありがとうございます。

「犬猫救済の輪」のドキュメンタリーにリンクされていた「福島のどうぶつたち がんばってて ごはんをはこぶよ」さんのブログを読みました。
福島に取り残された子達の、あまりにも悲しすぎる死を知り、活動をして下さっている方々が、ご飯を運べなくなる日がいつくるか…怯えながら、泣きながら活動されている現実を知りました。また涙が止まらなくなりました。

でも、泣いている場合ではない。泣いていても何も始まらない。
泣きたいのは私だけじゃない。

昨日の午後 福島にフードを送りました。
ペットフードのお店で事情を話し「ここで荷造りさせてもらって、ここから宅急便出させてもらっていい?」と聞くと「5000円以上で20㎏までなら配送料無料ですよ」と…
レジに「これで15㎏っと…」とフードを運んでいると「20㎏になるまで、あとは私達にも参加させて下さい。」と言ってくれました。

そして「結さんの所だったら、毛布やタオルケットとかも集めてると思うので、必要な物は集めて送りましょうよ!」と、言ってくれました。
「猫の郵便」が応援を呼びかけている「犬猫救済の輪」「にゃんだーガード」の方は「福島のどうぶつたち がんばってて ごはんをはこぶよ」さんに「フードが足りなかったら使って」と、声をかけて下さっているそうです。

気持ちの繋がりですね。猫ボラ 動物保護のボランティアと呼ばれる人達…考え方・活動の仕方は違っても「人に、国に捨てられた子達を助けたい」と思う気持ちは同じはずです。

それなのに、何かが違う気がしてなりません。
ウンガさんがおっしゃってるように「みんなが力を合わせれば大きな力になる」のに…
分かり合えない人の事を考えても仕方ない。

ただ、自分が今できる事を少しずつでもやっていこう…

環境省と福島県に民間団体による福島警戒区域内のペット保護の再開の要望書を送ります。
友人・知人などにも呼び掛けたいと思います。

ウンガさん ジョンさん Liamさんの気持ち(声)きっと、たくさんの人に届いていますよ。そして、私も届けます。

お願い】外で暮す猫たち、被災した動物たち、先が見えない災害の傷を負った動物たち、すべての動物たちの福祉活動の為に、ポチッとクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

| | トラックバック (0)

民間団体による警戒区域内の被災ペットの保護活動の再開を!

10月26日・27日 『犬猫救済の輪』動物愛護活動ドキュメンタリー から転載

大拡散希望!転載・リンク歓迎

(環境省・福島県認可)民間団体による警戒区域内の被災ペットの保護活動の再開を!
 がんばって生き残ってきた命が燃え尽きようとしています!環境省と福島県に声を届けてくださいませんか


昨年末(平成23年12月5日~12月27日)環境省と福島県は福島警戒区域内に取り残されているペットたちを救出するためにガイドラインに沿って厳しく選定した16の民間団体の立ち入り活動を認めました。

この間、多くのかけがえのない命が救いだされましたが、その後、このような大がかりな保護救出活動は行われていません。

今年も寒い冬を前にして、動物を愛し動物の保護捕獲に熟達した民間団体によるレスキューが望まれています。

私たちは環境省と福島県に対し、再度、そして頻繁にこの民間団体による保護活動を実施していただくよう要望してまいります。

残された命には時間がありません。被災地は日増に冷え込んでまいります。

被災後、がんばって生き残ってきた尊い命を助けましょう。
皆様もどうか環境省と福島県にお願いのメール、手紙、ファックス、電話などお願いいたします。


犬猫救済の輪では、以下のような要望書を送りました。

要望書
昨年12月に環境省、福島県,村により16民間団体が認可されて警戒区域内で犬猫の救出を行いました。関係担当機関各所をご指導のうえ、このプロジェクトを早急に再開させて下さい。(すでに昨年認可された団体は国、県、村の厳しい審査を通過した団体でこのプロジェクトはすぐにでも再開可能です。)

以下の言葉一言だけでも結構ですので、ぜひよろしくお願いします
「昨年末に行われた民間団体による福島警戒区域内のペット保護の再開をお願いします」

要望先
1) 環境省自然環境局総務課動物愛謹管理室

電話:03-3581-3.351(内線:6429)
電子メール:shizen-some@env.go.jp / FAX:03-3508-9278
環境省MOEメール(分野は自然環境、自然公園を選択) https://www.env.go.jp/moemail/
2) 福島県知事

知事直轄広報課
〒960-8670 福島県福島市杉妻町2-16
電話:024-521-7012
FAX:024-521-7901
メールkouho@pref.fukushima.lg.jp

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧