« 無言の被ばく | トップページ | アルマーニ「毛皮使用を廃止」 »

2016年3月18日 (金)

週刊文春

週刊文春ってしっかりどこかと<ホットライン>で繋がり合っているんじゃないのか。文春や新潮は世論かく乱&陽動部隊としてトスを上げるセッターの役割。
奇抜なトスを上げとくだけ上げといて、各テレビ局やネットの叩き屋に「後はご自由に」と叩きに叩きまくらせる<打ち屋>を任せ、後は後方に下がる仕掛け。
煽り屋だ。
巨大会社でもないのに警察や軍隊の機関と比肩する諜報能力って一体何だろう。

しかも時代の風潮を知らないわけはなく、風潮の劣情に巧みに意図した<情報>を乗っけている。

ミッションは芸能セレブやスポーツセレブのゴシップを空高く打ち上げ、愚民の情動と劣情を絞り上げ野にリリースすること。
恥部に近ければ近いほど愚民が食らいつく。
メディアの端くれとしてのモラル矜持は低ボリューム設定で「ない」に等しい。
個人間のメールでも何でも丸裸にして空高く愚民にさらし捧げる。
今更「ベッキー降板を意図していない」など戯れ言を言ったところで、散々叩かせた時間は元に戻らない。
マーケットに情動と劣情の混乱を引き起こして<本懐>。それでミッション達成である。

その後で、したり顔して裏顔を隠し「ベッキー降板を意図してない」とマスキングしたところで、大クライアントの溜飲を下げさせた高笑いが不気味な輪唱となって聞こえて来るようだ。そう勘繰りたくなる。
感情の劣化装置としての文春/新潮の存在は<疑似餌作り>に余念がない。
けばけばしくけたたましい打ち上げ花火の大閃光、そして愚民たちが歓喜し狂喜乱舞している間に、直下の〝暗い水〟の上をすべるように素通りして行くのは何か? 逃がす意図は何か? 逃がされる者は誰なのか?

|

« 無言の被ばく | トップページ | アルマーニ「毛皮使用を廃止」 »

社会/文明批評」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1339961/64520315

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊文春:

« 無言の被ばく | トップページ | アルマーニ「毛皮使用を廃止」 »