« お金が無いなんて言わせない | トップページ | 立憲主義を理解していない首相を大将に抱く国 »

2014年5月 2日 (金)

「消費税増税の影響は軽い」の報道の狙い

「消費税増税の影響は軽い」の報道の背後には 広告代理店と財務省内電通のあからさまな思惑

世論のマインドコントロールですね 次の10%への地ならしと布石

世論操作とは全体の世の中の空気=気分みたいなものを曖昧模糊に作ること

空気はボアーッとしていれば しているほど 効果的

曖昧模糊に出来上がった空気の中で 一人一人を孤立させ

「不満を持っているのは自分だけなのかな」

「自分がだらしない、自分の努力が足りない」という感情に導くことが出来たら

印象操作は大成功

自分で考えることなく テレビ新聞を神棚にして生きている愚民

自分の首をしめつける そして生活や命をどん底に叩き落すテレビ新聞を

「ありがたい」と お金を払ってまで礼賛する 人生の空洞と その無知

行くところまで行くしかないのかもしれない

|

« お金が無いなんて言わせない | トップページ | 立憲主義を理解していない首相を大将に抱く国 »

社会/文明批評」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1339961/56030073

この記事へのトラックバック一覧です: 「消費税増税の影響は軽い」の報道の狙い:

« お金が無いなんて言わせない | トップページ | 立憲主義を理解していない首相を大将に抱く国 »