« 無意識を分かち合う友へ ~そして福ちゃんへ | トップページ | 身分の低い日本の猫たち ~顔真っ赤っか »

2013年4月 1日 (月)

犬猫救済の輪から緊急メッセージ

猫の郵便のことは、はじめにをご覧ください。

3月26日記事で「犬猫救済の輪を孤立させたら日本の恥」と書きました。

そして、今、その“犬猫救済の輪”が、福島原発事故により取り残された犬猫を助けるために、民間ボランティア団体も警戒地区に入って活動できるように、環境省にメール送信をしてくれるよう、大拡散を希望しています。

「犬猫救済の輪」や「にゃんことバーベキュー」のようなグループがスムースに活動可能になるよう、皆さん、ご協力よろしくお願いします。

内容は 「『犬猫救済の輪』動物愛護活動ドキュメンタリー」4月1日記事にて、ご覧ください。

犬猫救済の輪の代表の結さんの忘れられない言葉があります。

~「日本には2つの国があります。
法律(動物愛護法)の届かない警戒地区と
動物愛護法が議論され法律が届く世界」~

何日の記事か分らなくなってしまい、調べる時間がありませんので、正確ではないかもしれません。

法が届かない世界で、どんなにたくさんの数の動物たちの命が無残にも失われていったでしょうか。

国が、マスコミ対応のお義理程度・アリバイ作り程度のことしか、しようとしない中
民間のボランティアの方々の活動が、かろうじて犬猫たちの命をつないできたのです。

公のシステムが、動物たちを助けるハウツーやノウハウを有していない以上、現状、民間のボランティア団体がそこに入ってゆくしかないのです。

苦しみながら生きている動物たちの生き地獄を少しでも改善できるように、環境省の役人を動かしましょう。

国際的な恥にならないように、がんばりましょう。

【お願い】外で暮らす猫たち、被災した動物たち、先が見えない災害の傷を負った動物たち、すべての動物たちの福祉活動のために、ポチっとクリック よろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

|

« 無意識を分かち合う友へ ~そして福ちゃんへ | トップページ | 身分の低い日本の猫たち ~顔真っ赤っか »

動物愛護法」カテゴリの記事

災害と動物」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1339961/50962475

この記事へのトラックバック一覧です: 犬猫救済の輪から緊急メッセージ:

« 無意識を分かち合う友へ ~そして福ちゃんへ | トップページ | 身分の低い日本の猫たち ~顔真っ赤っか »