« 保護活動は協働と連携で2 | トップページ | フードが仔猫を産むのか? »

2012年10月10日 (水)

純情Kazuさんの月~師走のような風の中で~

Mail  写真は、昨日記事の 無事A家の家庭猫となった 「ちゃーちゃん」 と 「とらちゃん」 です。A家の息子さん撮影です。
下の子が妊娠を疑われた驚異的お腹脂肪の主 「ちゃーちゃん」 上の子が 「とらちゃん」。 2名とも女の子です。

室内に慣れるまで3段ケージに入っています。まだシャー・フーさんのようで・・・
急に生活が変わったのですから無理もありません。

体調が悪そうということ。そして妊娠を疑っていましたので(妊娠であれば不妊手術が遅れれば遅れるほど、身体に負担が掛かりますから)、予定を前倒ししての保護でした。
妊娠は誤解でしたが、誤解されて早くオウチの子になれて冷たい雨風に晒されなくて済みました。
不妊手術と同時に診察してもらった結果、「特に異常なし!」 良かったです。

A家には小さい時に外から保護した、とても気が弱い先住猫さんがいる。という事ですが、息子さんたちも猫がふえることに反対ではない。ということでAさんは2頭を室内に入れることを決心なさいました。

毎朝、息子さんたちは2頭に声を掛け、ひとなでして、室内デビューを心待ちにしながら、出掛けるのだそうです。

犬や猫を里親に譲渡する条件でもありますが、家族みんながその子の受け入れに賛成してくれる事が犬猫の幸せの条件です。
「ちゃーちゃん」 と 「とらちゃん」は良い家族に恵まれて幸せです。

 昨日午前、グレース姫は体調が悪かったのか、前足をまっすぐにして起きていて、午後2時になり、やっと横になり眠ったということでした。
「疲れました」ってカンジで、こんこんと眠っているところを起こして病院へ。
電車を降りて・・・黄昏時の街には冷たい風が吹き、まるで師走のようなわびしさでした。

獣医師によれば、グレース姫の口内潰瘍の患部は傷が収縮してきています。とのこと。
私には見ても良く分かりません。と正直に言いましたら、
「前はどんぶりくらい深かったのが、今は深い皿くらいになっている。」のだそうです。
補液をしてもらい J君のところへ帰宅。その後、グレース姫は寝たそうです。
グレース姫の体力が持ちこたえてくれるよう祈ります。

 夜半、給食・保護活動に出掛けると冷たい風が吹き、中空には半月が欠けた月が
24日月と言うのだそうですが、くっきりと見えました。

月は上面が欠けて、丁度、腰を下ろすのに良い曲線、あのお月様に
純情のKazuさんや亡くなった猫さんたちが腰かけて大宇宙を眺めているかなあ と思いました。
9日は純情仔猫物語Kazuさんの月命日でした。

外の子たちからは「寒いんだから、これからもっと早く来てください!待たせすぎ!」と言われ、反省。
ご飯を食べると、夏場とは違い、皆すみやかに姿を消しました。(鉄腕ウンガ)

お願い】外で暮す猫たち、被災した動物たち、先が見えない災害の傷を負った動物たち、すべての動物たちの福祉活動の為に、ポチッとクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

|

« 保護活動は協働と連携で2 | トップページ | フードが仔猫を産むのか? »

地域猫保護活動」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 純情Kazuさんの月~師走のような風の中で~:

« 保護活動は協働と連携で2 | トップページ | フードが仔猫を産むのか? »