« 実験は何のため? 6/19ペット法塾勉強会  | トップページ | 7月9日記事掲載 »

2012年7月 9日 (月)

純情仔猫物語 KAZUさん11番目の月

猫の郵便のことははじめにを 福島光を

猫の郵便シャボットの通常記事更新は休止中です。

2012年7月9日、あれから11番目の月、東の空にハーフムーン。
純情仔猫物語のKAZUさんの月命日でした

去年の夏のはじまり、KAZUさんの胸にはどんな思いが去来していたのかな。

その一ヶ月後にKAZUさんのすべての物語が終わりを告げようとは

KAZUさんの死から学んだことは一般論ではなく命には必ず終わりがあるということ。

動物愛護活動をする者どおしとして身につまされ、胸に迫りくるものがありました。深く深く。

2012年7月9日夜。友達から教えてもらい香料酒を作りました。
リカー酒にシナモン、ローリエ、粒黒胡椒、クローブス、そして氷砂糖。

丁度、一ヵ月後にはヴィンテージを迎えるでしょう。

どんな味わいになっているのかな。

その時、ぼくはどんなことを思っているのかな。

未来は誰にもわからない。

だからKAZUさんが奈月さんを見守ったように、たいせつに、たいせつに生きなければいけない。
そんな思いで見つめた7月9日の朧月でした。

                        (電話で聞き書きしました。 J 君談。 )

お願い】外で暮す猫たち、被災した動物たち、先が見えない災害の傷を負った動物たちの福祉活動の為に、ポチッとクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

|

« 実験は何のため? 6/19ペット法塾勉強会  | トップページ | 7月9日記事掲載 »

純情仔猫物語」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 純情仔猫物語 KAZUさん11番目の月:

« 実験は何のため? 6/19ペット法塾勉強会  | トップページ | 7月9日記事掲載 »