« Y家の一朗君 安らかに | トップページ | マルコ・ブルーノ :言葉あつめ1 殺処分が無くならないのは? »

2012年5月 9日 (水)

月最接近 ~9番目の月

猫の郵便のことははじめに 福島の牛に光を

【 “       ” ~ 元祖純情仔猫物語の日 】

本当ならばここは「猫の郵便」 責任筆者が書く予定でしたが、お知らせした通りです。

しかし、「5月9日はどおしても素通りできない」 と。
だから、責任筆者J の伝言通りに伝えます。

今月の満月は確か5日か6日でした。
その夜、J が V(ビデオ)で、ジュリア・ロバーツ主演 「愛の選択」 を見ていた時、ふとしたひょうしに画面から目をはずし窓を見たら、空に大きな月が浮かんでいたそうです。
見ていた映画が、白血病患者の苦悩を見守る物語だったらしく、画面に映る白血病患者の苦しい心の流れと“窓の月” のコントラストにKAZUさんの苦しみを重ね合わせ感じるものがあったと、J は話していました。

これも J の話からですが、
「あの日、見た月は普段の満月よりも14%も大きかった。それは月が楕円軌道を描いているためで、月が地球に最接近する日がちょうど満月になる日と重なった。」そうです。

何故、その日にその映画を選んで見たのかも謎だそうで、映画を見ている時間に窓に月がかかるのも想定していなかったらしく、しかも、いつもより大きなゴールドの満月が空に、「KAZU さんのミステリアスなパワーかな?」と、J は言っていました。
                                                           
(鉄腕ウンガ

お願い】外で暮す猫たち、被災した動物たち、先が見えない災害の傷を負った動物たちの福祉活動の為に、ポチッとクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

Photo_21

          2012年5月6日最接近の月 東京湾にかかる

|

« Y家の一朗君 安らかに | トップページ | マルコ・ブルーノ :言葉あつめ1 殺処分が無くならないのは? »

純情仔猫物語」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月最接近 ~9番目の月:

« Y家の一朗君 安らかに | トップページ | マルコ・ブルーノ :言葉あつめ1 殺処分が無くならないのは? »