« +∞ダブルキャリア・バラタマタンの苦悩∞+ | トップページ | +∞ 廣瀬勝海事件裁判~傍聴記① ∞+ »

2012年4月23日 (月)

+∞ 猫に曳かれて偽善寺めぐり ∞+

猫の郵便のことははじめにを 福島光を rain12℃~16℃

Jpg                                             + 法 然 上 人 +

牛に曳かれて善光寺 猫に曳かれて偽善寺めぐりshinetaurusshinecatshine

Think_angel60東京・港区は大小のお寺が点々と各地に散在。「犬も歩けば“お寺”にあたる」と例え話をしているよりも先にお寺に行き着いてしまう。それほど、お寺が多い。お墓が多い。寺町である。
朝の6時頃に芝公園並びにある増上寺を通りかかると、法衣姿でお坊さんが総出して竹ボウキで掃除に精を出している光景に出くわす。古(いにしえ)から伝わる静謐な景観と鐘の響き、清涼な朝の清々しい通り抜けである。
竹ボウキをサッサッと動かしながら、お坊さんたちは傍(かたわ)ら、通り過ぎる誰彼ともなく「お早うございます」と勢いよく声をかける。朝の真新しい空気の中にその声がよくとおり響きが良いので、こちらも思わずつられて光が反射するように「お早うございます」と受け答えする。
何百年と連綿と受け継がれて来た日本の朝の自然な美しい光景なのだろう。

教育を受けているお坊さんたちだから、そう出来る。

Nas1ea

だが、今は恐らく“教育”がないと、こうはいかない。他愛なく自然に取り交わされていた美しさはいつからともなく何処からともなく修復不能を思わせて壊れ始めているような気がする。身を持って感じている人も多いだろう。

町の入りくねった小道にある市井(しせい)のお寺になると、それはもうほとんど地獄めぐりの様相を呈してくる。増上寺のようにはいかない。辻から顔を出す猥雑な顔をした坊主は、みな小市民丸出し。ゴルフのシャドウ・スウィングをしながら、無言で「何だ、お前、この野郎」と言わんばかりの目つきで慇懃無礼にこちらを睨みつける。
あるお寺のとある生臭坊主は、ぼくをいつも「毛唐!」と口汚くののしる。変わることなく、ずうっとである。その坊主の敷地で猫たちの給餌活動をしている訳ではないのに、直接何の迷惑をかけているのでもないのにも関わらず、執拗に追いかけ回し、待ち伏せされ因縁三昧。
「毛唐、お前どこの馬の骨だ/猫が俺に迷惑かけてんの分かってんのか/犬の散歩も気にくわん/お前、俺をバカにしてんだろう」に始まり、お坊さんの口からは決して聞きたくないような言葉の雨あられの乱れ撃ち。はっきり言って、キ印の人である。
兎に角、彼はぼくを“見た目”生理的に嫌いらしく、暇に飽かして奇行と蛮行を繰り返している。

見た目70歳の大台には明らかにオン・ステージしているお坊さん、人間が出来ているはずのお坊さん、その道の修行を積み重ねているはずのお坊さん、公衆の面前で「人の道」を説く“導き手”であるはずのお坊さん。しかし・・・
裏の顔は、差別心に満ち、煩悩にさいなまれるドロドロとした小市民の姿。
麻布で猫活動をしているある女性は、地元坊主に出会い頭に「猫なんか邪魔だから、ふんじばって殺すぞ/オッパイさわらせろ」とべらんめえ口調で脅されること数回。
僧ですか? お坊さんですか? 仏教もこんな輩(やから)を抱え込んでいるようでは堕ちたものである。

Nas1ea_2

かつての記事で「政治・経済・行政・司法・マスコミ・芸能界・・・、まっとうな人がどこにもいない」と書いたことがあるが、この国の仏教の世界も同じ。「ブルータス、お前もか!」と、またまたグレート・ミザリー(塗炭)の袋小路に天を仰ぐのである。
宗教とは名ばかり、宗教に名を借りた集金システム。それが税金免除の腐りきった日本のお寺。
中身の無さが仰々しい建物の構えを余計に滑稽にみせつけている。

つい最近、東京・台東区の方から頂いたメールの中にも、台東区にある超有名な寺で「組織的に猫殺しをしているのではないのか?」と疑念が書きしるされていた。
「牛にひかれて善光寺参り」ではないが、猫に曳かれて偽善寺めぐり。不幸な猫たちを見守る活動の道すがら、猫たちが世の中のもののけの本性をめくるめく展開で悪夢の万華鏡のように伸ばしたり縮めたりして見せてくれる。平たく人同士が繋がりあってゆくことのむずかしさを。

Small_bluejpg

お願い】外で暮す猫たち、被災した動物たち、先が見えない災害の傷を負った動物たちの福祉活動の為に、ポチッとクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

Pino_jpg                                        + 春 を 浴 び て +

|

« +∞ダブルキャリア・バラタマタンの苦悩∞+ | トップページ | +∞ 廣瀬勝海事件裁判~傍聴記① ∞+ »

地域猫保護活動」カテゴリの記事

社会/文明批評」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1339961/45000517

この記事へのトラックバック一覧です: +∞ 猫に曳かれて偽善寺めぐり ∞+:

« +∞ダブルキャリア・バラタマタンの苦悩∞+ | トップページ | +∞ 廣瀬勝海事件裁判~傍聴記① ∞+ »