« +∞ 春 ~悲喜交々 ∞+ | トップページ | +∞あっちも偽装、こっちも偽装∞+ »

2012年3月27日 (火)

+∞毛皮~虚飾&虚栄の爛熟の下で∞+

猫の郵便のことははじめにを 福島には光を sun5℃~13℃

Ffjpg           + あ な た は こ の 子 を 毛 皮 に し て 着 た い で す か 

毛皮 虚飾虚栄の爛熟の下で苦しむのは動物shinepunchshinepunchshine

Angel_40jpg毛皮反対 「毛皮買いません!」バナーをサイド・バーに貼り付けました。

この考えは、「猫の郵便」三人に共通する意識です。動物に対する世界観、根本精神です。

この考えは、猫活動をはじめるずっと以前から胸の内にありました。そして、そうして生きて来ました。

Mas3

作家の宮沢賢治がよく自分の考えの深みを説明する時に「わたしはあなた」と言います。賢治が言う「あなた」とは何か、誰か?
それは、森・水・空気・土・海・山・動物・・・、東西南北・上下・左右360度・・・取り囲む全ての森羅万象を指し示し、目の前にいる「あなた」のことも包み込んでいます。
「わたし」が「あなた」を傷つけたなら、「わたし」が「あなた」を手荒くあつかったのなら、「あなた」と共に「わたし」の存在も汚れ失われてしまう。
・・・水は「わたし」、水は「あなた」。・・・森は「わたし」、森は「あなた」。
世界は壊れやすく儚(はかな)くもろい。薄い氷の上でつながり合いながら微妙なバランスを保って成り立っている、・・・それがこの世界。
何か環境問題とも連結するようなテーマだと思いませんか?

しかしながら・・・、現実の、見渡す限りの世界は・・・、血で血を洗うバトル・フィールド。
どんな方法でも金をひねり出した者が王冠をふりかざして君臨する仕組みになっている。お金の力で社会を股にかけ、お金の力で民を黙らせ、お金の力で法律を買うこともできる。たとえ、それが血塗られていたとしても・・・

強欲が踏み砕いたこの世界。欲が欲をあおり・・・省みることがなかった・・・そのために失われる絶滅危惧種の稀少動物たちの行く末と残酷。

Mas3_2

「テン」という動物を知っていますか? 毛皮のコートにされるあの「テン」のことです。
テンの生涯は悲惨なものです。品質の良い毛皮にするために、高値で売り上げるために、彼らはマイナス〇〇℃の極寒の中で金属の檻に閉じ込められ360度の風にさらされ続けるのです。そして、結末は毛皮に・・・

毛皮製品の作業工程にもつらいものがあります。生きたまま皮を剥がれるのです。生きたまま皮を剥ぐのは、単純に剥がすのが容易だからと言うから驚きを通り越します。
あまりにも残酷すぎます。
それでも尚かつ、ワードローブ(洋服ダンス)の中にゴージャスなアイテムとして毛皮を持ちたいと思うのはどこから生まれて来るのか? 欲望をくすぐるのは誰なのか?
ワードローブの中に死体を放り込んでにっこりと暮せる神経って何なのか?
死体を身にまとい高級を気取るその精神、そのずぼらな神経が分からない。
持ち物のグレードで存在証明の優劣を競う、・・・毛皮の中の精神、毛皮の中のブス。勝負は端(はな)からついているのに・・・

需要があっての供給。毛皮を身につけていることが恥ずかしくなる社会環境が整えば、見栄がバックボーンのファッションの世界、毛皮志向は自然淘汰されてゆく運命にあると思うのだが。

Small_bluejpg

お願い】外で暮す猫たち、被災した動物たち、先が見えない災害の傷を負った動物たちの福祉活動の為に、ポチッとクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

Waiting                                       +  春 を 待 ち わ び る 

|

« +∞ 春 ~悲喜交々 ∞+ | トップページ | +∞あっちも偽装、こっちも偽装∞+ »

動物愛護法」カテゴリの記事

社会/文明批評」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1339961/44657878

この記事へのトラックバック一覧です: +∞毛皮~虚飾&虚栄の爛熟の下で∞+:

« +∞ 春 ~悲喜交々 ∞+ | トップページ | +∞あっちも偽装、こっちも偽装∞+ »