« 2月26日 港区「まち猫 セミナー」開催 | トップページ | +∞ 8週齢、おさらい ∞+ »

2012年2月26日 (日)

+∞捨猫の世界~8週齢など何のその∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。  6℃~9℃

Time60jpg                  + 屈 折 タ イ ム く ん 

捨て猫の世界 8週齢ルールなど何のその

Mimi1_408週齢未満の仔犬・仔猫を親兄弟から引きはがし“流通販売ルート”に乗せる問題を勉強している時、ふと家にいる猫たちのことや外で暮す猫たちのことを頭に過ぎらせてみた。

家(うち)で暮す猫は、皆かつては外暮らし。それぞれは、健康上の理由で保護したり、外で生きてゆくには余りにも小さすぎて収容したり、或いは喧嘩がたえない所では場所の平和を保つために猛者猫たちを選んで保護収容して来た。
皆、外で暮していた理由は、捨てられたかTNR不作為により生まれたかのいずれか。
世間の眼で言うと、俗称“野良猫”たちである。そして、勿論のこと全員、雑種である。

犬猫を遺棄する人間たちが健全な生育のマナー(8週齢)など当然持ち合わせているはずはなく、家に収容した猫たちも外で暮す猫たちも、8週齢を待たず、可哀そうに・・・揺りかごから早い段階で振り落とされたのだろう。
家と外、数多くの猫たちが、・・・思えば、健康の上でも心理的な問題でも、さまざまな障害を抱え込んで生きていることが、現在・過去、目に見えるように思い当たるのだ。

Mas3

健康の面で目につくのは、猫エイズや猫白血病の母子感染はもとより、呼吸器疾患、腎臓肝臓の機能が低いなどヾ。心理的な面では、何年経っても人馴れしない子、猫馴れしない子、隔離部屋に引きこもったままの子、挙動不審な子などが両手に余るほど。8週齢の知識を知るまでは「自分の努力が足りないのかな?」とか「発見が遅れ、幼い時に栄養不足で脳が発達しなかったのかな?」と自責の念にかられた日々もある。

でも、8週齢の豆知識を得、親兄弟と一定期間体温を通じ合わせることで培われる動物社会学/動物社会性があると知り、PCの回りを行き交う猫たちを眺めやり、「人間は本当に身勝手で残酷な生き物だな!」と心の深いところで嘆息し、侘しくなる冬の夜長なのでありました・・・とさ。
嗚呼ヾヾヾ・・・と、今となってはため息しかない。

Mas3_2

冒頭写真は、タイムくん。タイムくんがウチに来てから、早4年。しかし、タイムくんが触るのを許してくれるのは一日の中で食事時のほんの一瞬だけ。新人の赤ちゃん猫が成長し暴れ始めると、屈折タイムくんは押入れに入りきりになり、隠遁生活が半年続いたこともあった。

奇々怪々な猫の行状はタイムくんにとどまらず、良く言えば個性的だが、それぞれの悲しい宿命の色に合わせ・・・その色に従い、明暗編み込みながら『「猫の郵便」猫寄宿舎』号の密やかな旅路がこの世のはしっこで営まれている。
・・・捨て猫・捨て犬、人間の罪深きエゴの糸を断ち切るように・・・Row&Row・・・。
捨て猫たちは「8週齢ルール」など、何のその、この世の帳(法)の埒外で、息をひそめ、ひっそりと生きている。

Small_bluejpg

お願い】外で暮す猫たち、被災した動物たち、先が見えない災害の傷を負った動物たちの福祉活動の為に、ポチッとクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

One  + 5 年 間 朝 晩 二 回 必 ず 会 っ た   し か し  あ る 日 突 然 

|

« 2月26日 港区「まち猫 セミナー」開催 | トップページ | +∞ 8週齢、おさらい ∞+ »

地域猫保護活動」カテゴリの記事

たかが猫されど命」カテゴリの記事

猫の健康/猫の体」カテゴリの記事

動物愛護法」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: +∞捨猫の世界~8週齢など何のその∞+:

« 2月26日 港区「まち猫 セミナー」開催 | トップページ | +∞ 8週齢、おさらい ∞+ »