« +∞「何もできない」なんてことはない∞+ | トップページ | +∞ どうぶつ図鑑 ~ヒト科 ∞+ »

2012年1月 7日 (土)

+∞ テレビに操られる人々 ∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。sun  4℃~9℃

Yousatoh_2             + 大 き な ネ コ 目 の 佐 藤 優 の 分 析 

テレビ井戸端会議 電波芸者に操られる人々shinetvshinetvshinetvshine

Jpg世の中完全お休みモードなので、それを口実にして今日のブログは少し遊びます。

冒頭に掲載したのは、小泉政権時代に鈴木宗男さんと一緒に逮捕された元外務省の佐藤優氏の「ファシズムの社会への浸透の仕方と、その中でメディアはどんな役割を担うのか?」についてのほんの“さわり”・・・、かいつまみです。

佐藤優と言えば、当時外務省でロシア担当、メディアではミスター・ラスプーチンの名で悪名を馳せていました。皆さんメディア操作に引っかかって、今でも彼を悪人のイメージで見ているでしょう。でも、彼がどんな悪いことをしたのか実は誰も論理的に言い当てられない。社会とは、フランシス・ベーコンの絵のように、本当に“歪み”そのものなのだなぁーとつくづく思う。
国の都合で訳わからず逮捕され、イメージを塗り付けられ追放される。

権力のお祭りの『衆人監視の“血祭りショー”』に生贄(いけにえ)として供せられた人。
・・・お神輿を担いだのが各局テレビのワイドショーでした。ひょっとして、あなたもその歓声の渦の中にいませんでしたか?
「え! 佐藤優が好きなのか?」ですか? 学問と研究には“好き嫌い”は無用のものなのです。学問研究に好き嫌いの感情を使うと致命的な間違いを犯すからです。

Photo

冒頭に掲載した彼の論点は非常に重要で優れています。むずかしいですが、『①ファシズムと民主主義原理は比較的相性が良い ②情報社会が進歩するにつれて、高度な専門知識を前提とする情報を人々は判断できなくなるので、「順応の気構え」が強まる。この中で~「国民を納得させる」機能を果たす役割の職業が生まれてくる。ワイドショーのコメンテーターにはまさにこの機能が期待されているのだ。』・・・フーム!
①②の二点をインプットしておけば、これからの時代を生きてゆく上で損はありません。
罠(わな)に引っかからないためのサバイバル指南の術、“生き抜くために損はない”と言った方が的確かもしれない。

大阪の動き、政治の動き、テレビの動き、何の気なしに点けっ放しにしているテレビの中から無数の操り糸が放射されていて、知らず知らずのうちにテレビの内側と共振し、いつの間にか同化していることになる。ナチス政権のゲッペルスは、あの時代ラジオを巧みに意識的に使って、そうした。自分の選択/考えだと誇らしくしていても、実は操られていた・・・なんてネ!

Photo_2

冒頭の“チラシもどき”をダウンロードしたのは、小泉政権の頃だから・・・今から何年前になるのか? 忘れちゃったけれど、・・・「んー、なるほど」と思い数年間ゴミ箱に放り込まず寝かせて置いた。それが、今日改めてPC内ドキュメントから取り出してみて、「これ生きてるな!」とうなずいた。フーム、・・・この時代をどう生き抜くべきなのか?

ファシズムのイメージと言うと“豪腕な政治権力”の下で、大衆がねじ伏せられていることを想像・連想しがちになるが、実は豪腕な腕っぷしに民は魅了され興奮し熱狂し共振し喜んで火の粉となる・・・それがファシズム! 目の前に来たらそれが何か、もう判断できなくなっている。過剰同調、それがファシズムの罠!

過剰同調を甘美に誘発するシステム、それがテレビなどのメディア。あやしい蜘蛛の糸に嬉々とし率先して進み入り、からみとられ呪縛され、その中で我が我がと有能さを競い合ってゆくメカニズム!

「テレビを点けたのはアレはいつのことだったっけ?」 それくらいテレビと縁遠い生活をしている。

Small_bluejpg

お願い】外で暮す猫たち、被災した動物たち、先が見えない災害の傷を負った動物たちの福祉活動の為に、ポチッとクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

Queen70jpg     + 世 に ほ ん ろ う は さ れ て も 操 ら れ は し な い 

|

« +∞「何もできない」なんてことはない∞+ | トップページ | +∞ どうぶつ図鑑 ~ヒト科 ∞+ »

社会/文明批評」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1339961/43659885

この記事へのトラックバック一覧です: +∞ テレビに操られる人々 ∞+:

« +∞「何もできない」なんてことはない∞+ | トップページ | +∞ どうぶつ図鑑 ~ヒト科 ∞+ »