« +∞ 時代・人・社会~冷めたタイ焼き ∞+ | トップページ | +∞虐待犯の裁判~卑怯者のステージ∞+ »

2012年1月27日 (金)

+∞ 虐待犯 んー、男らしくない ∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。sun -1℃~7℃

After_the_snow                  + 凍 り つ い た 朝 

呪いの時代Ⅲ虐待 んー男らしくないdogshinetaurusshinecatshinehorseshineshine

Jpg_2友だちが地域猫活動している場所で、ある日唐突に、健康な猫が姿を消すという話を聞いた。友だちは周囲の了解をとりつけて活動している。にもかかわらず、猫の飲み水に誰かがオシッコをかけたり、赤ラッカーを入れたり、個人宅の脇に承知してもらって置いている猫ハウスを踏みつけたり、持ち去ったり、猫が消える事件と何か関係があるのだろうか? 彼女は不安がっている。

埼玉・千葉の通り魔事件であげられた17歳の高校生が殺した猫2匹も、多分誰かに世話になって生きていたのだろうが、ある日突然に世話している猫が影も形もなくなって、まさか誰かの手にかかって死んでいったと知ったら悲しくていたたまれない気持でいるだろう。・・・察するにあまりある。胸が痛む。

Mas3

凶悪な動物虐待事件を見聞きするたびに、毎回決まって一等最初に念頭を駆け抜けるのは、「男のくせに」と言う犯人に対する怒りであり、率直な印象だ。
男のくせに自分の体の十何分の一の猫を追い回し、残虐の限りを尽くし死に至らしめる。犯人たちは皆「かーっとなって」と取り繕うが、連続動物虐待事件が“出会い頭”に起きるなど先ずありえない。何故ならば、虐待用の動物(猫)を手なづけたり、確保しなければいけないからだ。

下見・道具・時間帯の考慮など用意周到な準備をし、そして決行する。
虐待犯の多くが後になって常套句のように言い訳に使うのは、「ストレスがあった」だの、「人間社会の害悪だ」だの・・・、中には「人と動物のどっちが大事だと思っているんだ」などと開き直りの例もある。ヤワな生き方に脆弱な精神、本当に胸糞が悪くなる。

Mas3_2

大の男が小さな猫を殺め粋がる。そして、殺しの後の征服感に肩で風切り威風堂々、雄雄しい気持に満ち足りる。でも、そういうのを男らしさとは言わない。・・・男らしくない。男子の風上にも置けないことだ。
猫ボラたちは皆、里親探しや地域猫活動を通し、少しでも野良猫問題が良い方向に向うように悪戦苦闘している。にもかかわらず、挑戦するかのような凶暴さで横からこそこそ割り込んで来て、猫たちを虐待目的で強奪してゆく。
・・・猫ボラの必死の社会貢献を踏みにじり、あざ笑い、良心の呵責もなく憂さ晴らしに“殺し”を楽しむ・・・そういう奴らを“人間のクズ”というのだ。

体力・知力に優れた格好いい男は、小さな命を踏みつけにして悦に入るような、そういう不埒なことに身をやつしたりはしない。

Small_bluejpg

お願い】外で暮す猫たち、被災した動物たち、先が見えない災害の傷を負った動物たちの福祉活動の為に、ポチッとクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

Sleeping                      + 冬 眠 

|

« +∞ 時代・人・社会~冷めたタイ焼き ∞+ | トップページ | +∞虐待犯の裁判~卑怯者のステージ∞+ »

たかが猫されど命」カテゴリの記事

地域猫保護活動」カテゴリの記事

社会的事件」カテゴリの記事

社会/文明批評」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1339961/43892917

この記事へのトラックバック一覧です: +∞ 虐待犯 んー、男らしくない ∞+:

« +∞ 時代・人・社会~冷めたタイ焼き ∞+ | トップページ | +∞虐待犯の裁判~卑怯者のステージ∞+ »