« +∞ 10月の活動&ブログまとめ‘11 ∞+ | トップページ | フクシマ被災動物後方支援継続中なので寄付協力よろしくお願いします »

2011年11月 1日 (火)

+∞ 漢 ∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。sun 15℃~21℃

Marco_bruno2jpg                       +  

漢の消えた国 考えることを止めた国の行方bellbell bellbell bellbell

Carrick今日(11月1日)、活動現場で想定外の人に声をかけられた。

奇遇であった。

その人は、以前から「猫の郵便」に励ましのメールや寄付を寄せてくれていた方で、広い東京でドンピシャンのタイミングで遭遇するなんて何たる奇跡だろう!

背筋がピシッと伸びた凛とした清涼感を感じさせてくれる女性。・・こんなことだったら、もっと服装をちゃんとして出かければよかったと今頃後悔している。がっかりさせていなければ良いが、その現場は活動の最終地点で心も服装もボロボロヨレヨレになって辿り着く場所。無いものねだりかもしれないが、もう少しシャンとした姿でお目にかかりたかった。残念!

Mas3_4

しかし、当世、凛とした姿「漢」を感じさせてくれる存在は、男性よりもこの日本、女性の中に多いような気がする。社畜として飼いならされ、事なかれ主義で、身を守ることに戦々恐々としている生活風景の中からは、正義を貫く男らしい男など生まれ育つ訳がないのか?

小さな命が捨てられたり、虐待されたり、不憫な思いをしているのを見て、見て見ぬ振りをして通り過ぎて行く人生が求める幸福感など推して知るべしだろう。小市民というのだ。
考え苦しむよりは、今日の刹那と今日の快楽。パチンコ、釣り、スポーツ新聞、賭け事、車、煙草のポイ捨て、物欲、リビドー、金による幸福etc・・・・。
考える習慣を見失った社会、考える手間を省いた社会の脆弱性が呼び寄せた世界は、一例を挙げれば原発事故後の風景や民放テレビのテイタラクで実証済みだ。

Mas3_5

震災直後に多くの知識人と言われる人たちが「日本人は優秀な民族だから・・・」と声高に雄弁に語っていたが、それもどうやら原発事故や政治情勢を見れば怪しい雲行きになりつつある。考える習慣を排除したスペースにどんな堅牢な物質文明を積み上げたところで、いずれ砂上の楼閣、瓦礫と化してゆくのは時間の問題。

犬猫一匹助けられないで、犬猫一匹殺すために大の大人が寄ってたかって殺処分システムを構築している社会なんて、「漢」の住む国とは言わないのだ。

Small_bluejpg_2

お願い】外で暮す猫たち、被災した動物たち、先が見えない災害の傷を負った動物たちの福祉活動の為に、ポチッとクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

Jpg              + た お や か に   し な や か に 

|

« +∞ 10月の活動&ブログまとめ‘11 ∞+ | トップページ | フクシマ被災動物後方支援継続中なので寄付協力よろしくお願いします »

社会/文明批評」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1339961/42800956

この記事へのトラックバック一覧です: +∞ 漢 ∞+:

« +∞ 10月の活動&ブログまとめ‘11 ∞+ | トップページ | フクシマ被災動物後方支援継続中なので寄付協力よろしくお願いします »