« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月30日 (水)

第二報:即報某猫は只今入院加療 ~療養中

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。 12℃~19℃

第二報:即報某猫は只今入院加療 療養中   

Whats_going_on80jpg既に第一報でお知らせしました“首に傷を負った猫”は、一般ケージで保護した後、直ちに犬猫病院に急行し、安定治療のためにそのまま入院ということになりました。

病院に到着してから傷の部分を確認してみたところ、顔の下の首の部位が広い範囲に渡り深くえぐられた症状。皮もう一枚以上サックリと深部まで達していました。
念のために先生に「内在する病気が原因でこういう症状はあり得るのですか?」と伺いましたら、先生は明快に「事故的なもの/外側から物理的に加えられた要素が強い、つまり怪我です。」と答えられました。

診察時にこの子は大変に神妙におとなしくしていたらしく、“傷”はその後、医療用ホッチキスでことなく縫合されました。体温やその他には異常はなく、傷さえ治れば身体的に問題なく通常の生活に戻れるということですが、どうなのでしょう。
皮膚がつくまでに約2週間。完治するまでに約1ヶ月? その頃には、季節はすっかり“完全な冬”を迎えています。それに付け加えて、“その猫”は人目がある時間帯は、完全でずっぱり状態で身をさらしているので、狙われる危険性が排除できません。
あの場所に戻すには“ためらい”があります。

その時に何が起こったのか? 何故、あの子にあの傷がもたらされたのか? すべては推察の域を超えず。
彼が住んでいた“あの街界わい”周辺エリアでは、猫が池に投げられる/猫の尻尾が切断される/犬を猫にけしかける/体中に糊(のり?)のようなものを塗りつけられる/釣り用ルアーを体表に引っかけられる/殴られる&蹴り飛ばされる・・・などの虐待事件が起きています。

しかし「虐待事件」は、現行犯で現場を取り押さえない限り、「それ」を証明することが出来ない。・・・何もかもがみんな迷宮の中へ。・・・歯がゆい数年間を過ごして来ました。ほとんど誰も助けてくれるわけではなく、「あの猫、怪我をしてます/助けてあげて。」と通報はあるものの、「私はそこまではできないから。」と手をひらひらさせて立ち去って逃げてゆくのが、判で押したような現状なのです。

取り残される“猫たち”と“猫の郵便”・・・。悪戦苦闘の日々は続いてゆく。(第三報に続く)

Small_bluejpg

お願い】外で暮す猫たち、被災した動物たち、先が見えない災害の傷を負った動物たちの福祉活動の為に、ポチッとクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

| | トラックバック (0)

Checkpoint Dec.Ⅱ

| | トラックバック (0)

+∞ 11月のお買い物 ’11 ∞+

【晩秋から冬への準備】

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧ください。

11月7日に室内に保護したハマーちゃんが急逝し、葬送のための作業・買い物を致しました。

福島県被災動物救援活動へドライフード等支援を致しました。
また、「とらちゃん」の小父さんへの支援も継続しております。

ご寄付頂きました方々へ御礼申し上げます。
港区K・K様  港区M・T様  練馬区S・H様 中野区Y・T様 港区C・M様港区U様 東久留米市H・Y様  目黒区M・N様 愛媛県M・K様
港区U様より オーストラリア・ニュージーランド原料ドライフード20Kg、C・M様よりタオル類・差し入れ等 物資支援頂きました。ありがとうございました。

以下が今月の買い物です。

ドライフード:
ロイヤルカナン成猫用10Kg×2 アイシア猫の王国2.3Kg×36  モンプチドライ700g×12 モンプチプチボックス300g×1

ウエットフード(缶詰は表示のないものは全て160g缶):
純缶×288 カルカン×54 魚正×58 フリスキー×162 あじわいジャンボツナ400g×48 モンプチ85g×108 カルカンレトルト70g×96

エキストラフード:
焼かつお6本入×8 嗜好品×12 生利×34本 鯖 鯵 ボラ マグロ 等の鮮魚

その他
葬送費 生花代 交通費 郵便切手・電話・メール等通信費 広報印刷物用紙・印刷代 精製水4本 トイレ用砂7ℓ×12 猫の爪とぎ 食塩 ガムテープ 食器用洗剤・洗濯洗剤 アルコールクリーナー ビニール袋 屋外作業用防寒具 等

食品や用品の他に室内に保護した猫たちの医療費も掛かっております。
皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

猫の郵便への活動支援は右サイドバーの「とらちゃん/リリタン猫孤児基金」へ。
福島原発退避地区犬猫救出活動へのご支援はお振り込みのお名前の前に「フクシマ」と入れて下さい。

| | トラックバック (0)

2011年11月29日 (火)

第一報:首に深手を負った猫の捕獲オペレーション/虐待か?

猫の郵便の事情 虐待か?

一難去って又一難。首に深い傷を負った猫を3日がかりで捕獲しました。

一日目、通報を受ける。二日目には姿をあらわさず、消息不明。そして、きょう(29日)の夕方にケージを用意し、抜き足差し足近づき・・・撫でること約7分、サッと腕を回しケージの中へ。その間に通りすがりのオバサンに邪魔をされ、オペレーションを2回中断! 「・・・ったく!」

詳しくは、犬猫病院で診察の後に報告します。

周囲の清掃の人たちは“虐待”じゃないかと疑惑を持っていました。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

| | トラックバック (0)

2011年11月27日 (日)

+∞ 火星人がやって来た ∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。8℃~17℃

779pxmarssunset           + 火 星 の サ ン セ ッ ト  ~  青 い 夕 焼 け 

火星人がやって来たLOVEという名の透明な物質

Pl01冒頭写真は、火星探査車スピリットが2005年5月19日にグセフ・クレーターで撮影した“火星の日没”です。沈む太陽は青く、火星の日の終りは“青い夕焼け”につつまれ暮れてゆく。写真を見ているだけで想像力がかきたてられ印象に残り、胸に深く沈み込んでくるようだ。

自分にぴったりの心象風景だ。人知れず“いのち”を営む青い太陽を心の内側に滑らせながら、夜の道をおぼつかなくトボトボと猫に曳かれ歩いている。

Nas1eb

今年一番のマックスの落ち込み状態。心身ともに。原因は猫ではなく、“人”!

動物たちの不幸もすべては“人”が作り出している。・・・深い深い海の底。

テキーラ・ベースの強いカクテルかラム酒か泡盛の古酒でもぐい飲み、一気飲み、自棄(やけ)飲みして、一週間くらいふて腐れていたい気分だ。だが、そうはいかない。

築き積み上げて来た“外で暮す猫たち”との約束がある。寒さが増してゆくほどに約束は大事になる。吹き荒ぶる夜の風の中で、朝陽の冷たさの中で、猫たちは健気(けなげ)に待っていてくれる。約束がある。

星のめぐりが作り出す時間感覚、体内時計、物音や気配を察知し、物陰から飛び出し遠くから走り来る命の姿に時々胸がジーンとすることがある。豆のような小さな点が、お互いが近づくにつれてだんだんと猫の形になって迫って来る。向こうからすれば、何の形になってゆくのか? ・・・この子との付き合いは4年と7ヶ月。
振り向けば、積み上げてきた時の道があり、LOVEがある。

LOVEの一念の、目には見えない燃料を、心に体に充填し、毎日を繋いで来た。
また、ある現場を過ぎる時は死んでいった猫たちの名前を唇に小さくつぶやいてみる。

Nas1eb_2

走り来るあの子・エルメスは、地球人を恐れている。いつもキョロキョロとあたりの様子をうかがっている。ちょっとした物音や変化で一目散に逃げ出す。しかし一日2回、ぼくの気配は分かるらしく、ピョンピョンとはねて走りよって来る。エルメスは、きっとぼくのことを地球人ではなく自分と同じ言語体系を持つ地球外生物だと思っているのかもしれない。

・・・「あっ、火星人がやって来た」と。

エルメスもソクラテスもニュートンも・・・みんな、ハマーちゃんのように、ブリちゃんのように、ボー君のように、いつか中に入れたいと思っている。そして手元から旅立たせて上げたいと思っている。

Nas1eb_3

気持が沈みこみ、逆ヒマラヤン・マウンテンの深い海の底にあり、頼るは「命と命の間」に明滅するあの光だけ。青い青い海の底をあの光だけを当てにし、猫に曳かれ渡ってゆく。・・・引きこもりにならなかったのも、・・・取り戻せないほどの精神の大決壊が起きなかったのも、透明なあの物質・LOVEという命綱がいつも足元を照らしていてくれたから。

Small_bluejpg

お願い】外で暮す猫たち、被災した動物たち、先が見えない災害の傷を負った動物たちの福祉活動の為に、ポチッとクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

Close_to_me55jpg_2               + C l o s e   F r i e n d 

| | トラックバック (0)

2011年11月25日 (金)

スランプ止まり木ベースキャンプ

SEE YOU SOON!!! 

| | トラックバック (0)

2011年11月24日 (木)

+∞川崎・猫虐殺事件 ~見ざる聞かざる言わざる∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。11℃~18℃

Bentley_snowflake8_2                 + ど う ぶ つ 涙 の 結 晶 +

川崎仔猫虐殺事件見ざる聞かざる言わざる  

Candle20犬や猫のように「何か変だぞ・・・あれー!」っと。 はてなと首をかしげてみる。
首をかしげても犬や猫たちは人間のこの社会では何もできない。“はてな”の首が一回転して元に戻ってもそれで世の中が変わっていてくれるわけではない。ハテナハテナの世の中である。首をかしげてしまうことが平気でまかり通っている。

毎年おびただしい数の犬や猫たちが公のシステムで殺処分に処され殺されてゆく。

毎年おびただしい数の猫たちが捨てられ、対応に追われる。

巨大地震に誘発されたフクシマ原発事故では、未曾有の動物たちの悲劇が今も止むことなく“悲劇”のメーターを更新し続けている。

そして、今回、神奈川県川崎市で仔猫を床に叩きつけて殺害するという凄惨な事件が起こった。犯人は逮捕されたが、それでも市民レベルの関心は極めて薄い。
何故なんだろう? どうして何だろう?

Mas3_3

仔猫が床に叩きつけられて死んだ。歯(口蓋)が外に飛び出ていたそうなのだ。オイタをした、おしっこをもらした、・・・これがしつけとか教育的効果と言えますか???
死んだこの仔の亡骸の上を皆さん、またいで涼しい顔をして通り過ぎてゆくことができますか?

平気ですか?

こんなひどいことをやってもこの国では動物虐待は「器物損壊」の文言で味もそっけもなく一くくりにされてしまう。 これでいいんですか? 動物は「器物」ですか?

Mas3_2

ぼくのところに、とあるメールが届きました。
『(川崎・仔猫虐殺/里親詐欺事件に対して) 胸が煮えくり返る思いです。こんな奴は悪魔です。ブログを書いている人たちも、もっと記事にして載せればいいのに。多くの人に知らせるべきだと思うのですが・・・
社会に啓発するような記事を他のブログの人たちも取り上げればいいのに・・・可愛さばかりではいけないと時々思っています。(東京・練馬在住)』

Mas3

パブリックコメントでどんな高説、どんな立派な意見を提出しても、現実に起きている虐待事件を無視するならば、その立派な意見(パブコメ)も絵に描いた餅にしか過ぎず、砂に書いたラブレターとかき消えてゆくでしょう。

「見ざる、言わざる、聞かざる!」 手元が忙しく・・・自分だけ良ければいいエゴ文化が、闇をいっそう深いものにしている。言葉を話せない動物たちの代弁者・翻訳者でなければ、その社会活動は“偽り”である。

猿のように「何か変だな・・・あれー!」っと。無言で首をかしげてみた。そしたら、世界は町も人もいびつに見えた。

Small_bluejpg

お願い】外で暮す猫たち、被災した動物たち、先が見えない災害の傷を負った動物たちの福祉活動の為に、ポチッとクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

Two_heartsjpg                 + T w o   H e a r t s 

| | トラックバック (0)

2011年11月23日 (水)

+∞マルコ・ブルーノ見聞録~川崎・猫虐殺事件スケッチ∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。  9℃~15℃

Mrmarcob40           +  M r . M A R C O  B R U N O  +

マルコ・ブルーノ見聞録 川崎仔猫虐殺事件スケッチ

Candle20マルコ・ブルーノさんから川崎の仔猫虐殺事件についての意見を述べたメールを頂きました。随所に目を見張る“見識”が散りばめられているので、事件に照らしご一読ください。

マルコ・ブルーノさんの里親探しの方法は、里親希望の人の家を必ず訪問し、家の中まで入れてもらい、その人となりや家族構成や部屋の間取りなどを厳重にチェックします。間違いが起こり得ない理由が“ここ”にあります。

Rtutakin_e

マルコブルーノさんからのメール

猫虐待の件、またかと思いました。犯人を磔獄門(はりつけ・ごくもん)にしたいですね。

以前、足立区にもこのような問題がありました。里親のふりをし、渡された猫たちを三味線屋に売り飛ばした爺さんがいたと思うと、面白半分で虐待していた男もいました。
私は昔から里親になりたい人の検査を厳しくやっていましたから、このような被害は一度もありませんでしたが、早く手放すために軽い気持ちであげてしまうボランテイアの話を聞きますと、あげた後で消えてしまった猫が大変多いようです。

頂きましたメールにあったHP(栃木動物緊急避難所)にも書いてありましたように、現在の動物愛護法では、動物虐待は重い罪にはなりません。へたをすると、器物破損だけで終わってしまいます。

昔から私はそれについて大声を上げていたにもかかわらず、日本の動物愛護団体の代表たちが結束しないから、なかなか先へ進むことができません。お互いの悪口や非難話をする暇はあるようで、肝心な話になりますと急に皆が黙ってしまいます。早い話、何も勉強していないから、具体的な話にはついていけなくなるからです。

たくさんの動物がこのような悲劇に巻き込まれている原因は、霞ヶ関の馬鹿官僚と永田町のタコ政治家たちだけのせいではありません。感情的や非現実的に騒いでいる動物愛護団体の代表たちのせいでもあります。            マルコ・ブルーノ

Rtutakin_a

Small_bluejpg

お願い】外で暮す猫たち、被災した動物たち、先が見えない災害の傷を負った動物たちの福祉活動の為に、ポチッとクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

One_lovejpg                  + O N E  L O V E 

| | トラックバック (0)

2011年11月22日 (火)

+∞ 川崎・猫虐殺犯が22日に釈放か ∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。 8℃~14℃

Angeljpg         + ミ ス テ ィ く ん      安 ら か な 眠り を 

川崎の馬鹿野郎猫大量虐殺犯が22日に釈放か?  

Candle20川崎で起きた猫の虐待死事件で逮捕された廣瀬勝海容疑者は、11月22日に釈放になると予想されている。川崎・麻生警察署生活安全課には、拘留延期を要望する沢山の嘆願や署名が寄せられていると聞いているが、これまでの経験知に照らして警察が自らの決定を変えることは先ずないから“廣瀬容疑者”は予定通りに釈放になるのだろう。

起訴されるのか?  不起訴処分になるのか?

Mas3

事件を調べてみると、容疑者・廣瀬はどうやら100頭、若しくはそれを超える数の猫たちを虐待の末に死なせているらしいので、この事件は正に「仔猫連続大量虐殺事件」と名付けてもいい事件であり、動物虐待事件が動物虐待にとどまらずエスカレートする傾向(e.g.酒鬼薔薇聖斗事件)を考えれば“赤丸重大”犯として取り扱って欲しいところだが、僅か10日余りの拘留期間で釈放? これでは犯人に税金でただメシを食わしていたようなものだ。
「猫を殺した・・・」ことへの認識の軽さが、警察の決定を軽いものにしているのだろう。

しかし、この事件は決して軽い事件などではない。
善良さを装い「猫の里親会」に出没し、殺害目的の為の仔猫を次から次に詐欺の手口で手に入れ、長期間に渡り“殺し”続けた。その中のミスティ君という仔猫は、可哀相に無残にも歯列(口蓋)が体の外に飛び出していたそうである。
凄惨極まりない残虐行為を自分の日常生活に組み入れて、長いタームでその“心と体”を持続していた・・・はっきり言って“まとも”ではなく、尋常な精神状態にある人間とは、どう見ても考えにくいのだ。

Mas3_2

何故、犯人は犯行を継続できたのか? 答えは簡単明瞭である。
犯人は、恐らく“そこ(殺しの瞬間)”でエクスタシーを味わっていた。・・・行為(殺し)そのものに“快楽”や“悦楽”を伴なっていたから止みがたく続いていった。快楽を脳みそが覚えていった。
過度な暴力行為の背後には、必ず性的な問題や性的メタファーが潜んでいる。
問題(性的な問題や暴力で快楽を得るetc)を解決しない限り、暴力衝動や暴力への誘惑は常習性となって続いてゆくのだ。性犯罪者が止みがたく再犯を繰り返してゆくのと同じである。

性的メタファーをバックボーンに突出する、“弱い者”への暴力行為は、その為の改善教育カリキュラムかメソッドを作って対処してゆかないと、軽微な“罰金”などでは太刀打ち出来ないしろものなのだ。
生い立ち、親との関係、成長の経緯・・・、洗いざらいひっくり返して洗浄してゆかなければ、病は深刻化する。

廣瀬容疑者の顔写真をネットで閲覧したが、容貌のまずさはともかくとして、年(45歳)のわりに年相応の成熟がカケラも感じられず、“幼さ”が気持悪い(キモイ)形で色濃く残っていると察知したのは私だけだろうか。

Mas3_3

川崎・猫虐待死犯の犯人に厳罰を求める嘆願書は、≪栃木動物緊急避難所≫サイトを中心に引き続き「署名参加」を呼びかけてゆきます。ご協力よろしくお願いします。
栃木動物緊急避難所≫サイトから『!続ける !』と正式に回答がありました。

Small_bluejpg

お願い】外で暮す猫たち、被災した動物たち、先が見えない災害の傷を負った動物たちの福祉活動の為に、ポチッとクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

One_lovejpg                      +

| | トラックバック (0)

2011年11月21日 (月)

+∞ 川崎・猫虐殺犯に抗する署名活動 ∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。 15℃~22℃

Jpg                     + あ  あ  

川崎猫虐殺犯に抗する署名活動 ~継続    

Candle2011月19日付け当ブログ記事にて、「緊急:21日必着」扱いでお知らせした川崎・猫虐待死事件の犯人に対する「厳罰を求める嘆願書」は、「21日必着」分を第一次とし、引き続き継続して「署名の呼びかけ」をしてゆきますので、よろしくお願いします。

しかし、この事件について報道のあれこれを拾い読みしていくと、犯人・廣瀬勝海容疑者は以前から猫の里親会などに姿を現し多数の猫を確保していたようです。廣瀬は逮捕されるまでに、殺し目的のための猫を何頭だまし取り、何頭の猫を死に至らしめたのでしょうか? その継続性が空恐ろしくなります。

事件の詳細を調べ事態の全容が明らかになれば、この事件は単なる1・2頭の猫の虐待事件ではなく、「仔猫大量虐殺死事件」と言えます。

Mas3

このような事件や犯人にプロテクトする為には、里親会や譲渡のシステムを見直すばかりではなく、動物を取り囲む社会環境を根元から再構築していく必要があります。
「猫ぐらいちょっと死んだって・・・」と軽口が平然と飛び交う社会では駄目なのです。
幼児虐待も含め、“いのち”に対する“軽さ”は、社会の“軽さ”につながってゆきます。

とりあえず、先ずは「第2回目のパブリック・コメント」をしっかりがんばりましょう。

社会の中にあるあらゆるエレメンツ(学校・商店街・企業・セミナー・イベント・役所などの公的機関による啓蒙・広報etc)を使っての、「動物愛護の精神」の普及や浸透など大キャンペーンをはりめぐらさなければ追いつかないほど、荒みきっている現状を目の当たりにすると、どうやっていったら良いのか、考えることがいっぱいあります。

Mas3

このメモを書く前に≪サラネットワーク≫のホーム・ページで、フクシマ原発事故で置き去りにされた動物たちの悲惨な姿を見ましたが、これがこの国の、今現在の、文化の、断面。見てはいけないものを見たような気がしました。

犬や猫、牛やその他の動物が非業の死をとげても、何とも思わない感性や文化では、道があまりにも暗く・・・「おい。ちょっと。待てよ。それはまずいよ。」と痛切に思うのであります。

Small_bluejpg

お願い】外で暮す猫たち、被災した動物たち、先が見えない災害の傷を負った動物たちの福祉活動の為に、ポチッとクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

One_lovejpg                       

| | トラックバック (0)

2011年11月19日 (土)

緊急:21日必着署名の呼びかけ ~川崎・猫虐待犯&虐待全てを許さない為に

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。 13℃~22℃

Photo        + 亡 く な っ た 仔 猫 た ち の 命 に  お 祈 り を 

緊急署名の呼びかけ
     
川崎猫虐待犯虐待全てを許さない為に  

Candle20皆様すでにニュースなどでご存知のとおり、川崎の里親詐欺・猫虐待死事件の犯人が動物愛護法違反で逮捕されました。産経インターネットニュースによると犯人は廣瀬勝海(45歳)川崎市麻生区岡上 自称 在宅ソウフトウエアア開発職。

里子を譲り受けるにあたり、誓約書を書く際、離婚した先妻が電話口で猫の飼育歴を保証するなど、猫好きを装い、少なくとも2年前から多数の猫里親に応募し、その後、沢山の仔猫が行方不明になり、または遺体で発見されている。

犯人は通報により、11月11日(金)に逮捕されましたが、しかし、拘留延長されない限り、22日(火)には釈放されます。
当局の判断に委ねるばかりではなく、犯人に厳罰を求める嘆願書に署名ご協力をお願いします。これは21日必着ですので、本日中に速達で投函して下さい。

Mas3_3

現在の動愛法では、せいぜい略式&軽い罰金の軽微な罪で一件落着・・・そして釈放の段取りを踏み“ふにゃらむにゃら”で済んでしまう可能性が今のところ“大”なのです。廣瀬本人の再犯、さらには模倣犯・類似犯を増長させない教育的効果のためにも、本人を罰するのはもとより、この種の犯罪を連鎖させないように、今回のこの事件を埋もれさせないことです。

広くは、動愛法の虐待・罰則についての改正をも視野に入れ、この事件を継続して見定めていく必要があります。現行法の愛護法の限界を再確認しましょう。

Mas3_4

猫の遺体捜索をして証拠をつかんだ犬猫ボランティア 「栃木県動物緊急避難所」が21日(月)必着用に神奈川県警麻生警察署、横浜地検川崎支部、横浜地裁川崎支部の3ヶ所に直接送付するための署名用紙を作りました。

署名用紙をプリントアウトして送る方式

自分1名分だけでも良いですから、封筒に「署名用紙在中」と書いて送って下さい。

事件の詳細について知りたい方は、以下の3つのブログをご覧下さい。

里子に出した仔猫を取り戻した被害者「みりんたら」さんのブログに事件の経緯がまとめて公開されています。

署名呼びかけ人のブログ: 川で殺されたミスティ君を見つけた経緯・写真が載っています。犯人の背後には日本刀が写っているのが見えます(銃刀法違反の疑い)。

Small_bluejpg_2

お願い】外で暮す猫たち、被災した動物たち、先が見えない災害の傷を負った動物たちの福祉活動の為に、そしてその情報の拡散の為に、ポチッとクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村 One_lovejpg_2

| | トラックバック (0)

2011年11月18日 (金)

+∞愛護法改正の前に ~落ち葉の独り言∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。 11℃~14℃

Jpg               + L e a f    言 葉 は 大 切 

愛護法改正の前に 落ち葉のひとり言

Futaba85bjpg「この豚野郎!」 随分とひどい言葉だ。相手に対する最大限の侮辱の言葉だ。

これは英語でも同じ。やはり、豚を例えに相手を泥沼まで叩き落す。

豚を例えにした罵詈雑言の語源をあえて調べてみたことはないけれど、豚の顔や姿を心にトレースしてみればキュートなイメージしか思い浮かばず、相手を最大限に罵る言葉としては自分の中ではそんなに力を持たない。
どちらかというと英語でも日本語でも避けて通る言葉だ。豚さんに悪い。

殺され、焼かれ、煮られ、食いちぎられ、カバンにされ、ベルトにされ、挙句の果てには言葉の世界でまで最下層の下劣な身分に貶(おとし)められている。

可哀そうな豚さん。

Mas3

人を罵り落としこめる言い方の接頭語としては、「馬鹿」「クズ」「チキン」「ゴキブリ」「ハイエナ」「メス豚」「モンキー・・・」などさまざまだが、人間は本当に随分と傲慢で偉いものだ。何様のつもりだろう?

そうか! なるほど。 人間さまか!

そう言えば、鉄腕ウンガさんとLiam君が現場作業をしている時に或る中年男に呼び止められ、「お前たちの頭は猫なみの脳みそだ!」と唾棄されたことがあったと聞いている。

動物を例えにして相手を愚弄する言葉を持ち続けている限り、その人にもその社会にもろくでなしのすれっからしの袋小路しか待っていないだろう。
何故ならば、人は“人間さま”であることによって、この世界のあらゆるものを支配しようとし、“この世界”の環境や生態系の何もかもを破壊し尽くしてきたのです。天に唾した言葉の報いは、お終いは・・・どんな真っ暗な結末に導かれてゆくのだろうか?

メールで、私たちの活動に対して動物を揶揄した“悲しい言葉”が届くたびに、人間さまたちの“御心”に、心はいつも切なく空しく悲しくなるのです。
・・・猫並みの頭で。豚と呼ばれ。牛並みの鈍足で。重い十字架を背負って。動物たちと共にゴルゴダの丘まで歩きましょうか?

Mas3_2

どんな言葉を選び、どんな言葉を捨て、どんな風に言葉を使い、目の前の光景と接してゆくのか、その言葉の息づかいがその人自身のゆく道を照らし、その人の“格”を決める・・・そんな気がする。

言葉(法)を変えない限り、社会は変わらない、人も変わらない。 ・・・日常の言葉(=法)を変える勇気を。

Small_bluejpg

お願い】外で暮す猫たち、被災した動物たち、先が見えない災害の傷を負った動物たちの福祉活動の為に、ポチッとクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

Fall                     + 「 ・ ・ ・ ・ 」 

| | トラックバック (0)

2011年11月17日 (木)

+∞ 猫のお葬式 ~花々に託して ∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。10℃~19℃

Jpg           + 今 年 5 月 ~ ブ リ ち ゃ ん 最 期 の 姿 

猫のお葬式  ~花々に託して 

Think_angel60 きのう11月16日記事冒頭にブログを開始してから初めて、亡くなった猫の遺体(棺に収められたハマーちゃんの最期の姿)の写った写真を公開しました。

棺とは言え僅かであっても遺体が写った写真を公開するには、かなりのためらいがありました。しかし私たち「猫の郵便」を取り囲んでいるいわれ無き非難や中傷を考えれば、形を示すしかありませんでした。ハマーちゃんもきっと許してくれると信じて。

「お金を集めるためにやってんだろう。」「不幸を売りにして同情を集めたいだけだろう。金?」「ブログやるなんて、余裕かましてんじゃんか。」「文なんて嘘八百何でも書ける。」「死体なんて、どうせその辺の公園か空き地に埋めてんだろう」・・・・

Nas1e

ハマーちゃんの見送りだけを特別にしたから、写真を公開したのではありません。亡くなった猫たちはみんなハマーちゃんと同じようにずうっとそうして来ました。・・・誰にも看取られずに孤独に天に昇っていった子たちに会ったら“花”を分けて上げられるように願いをこめての“棺”であり、“葬送”なのです。それは当ブログ11月11日記事の中で触れているように、「・・・気が付けば、納棺の時の花入ればかりがいつの間にか手慣れてしまい・・・」と書いた通りです。

お金がこの世の唯一無比の“価値ある輝き”とするならば、こんなこと(猫の保護活動)はじめからしていません。道端に空腹でガリガリに痩せ細った猫がいても、何事もない足取りで涼しげに素通りしてゆくことでしょう。

Nas1e_2

私たち「猫の郵便」が誹謗中傷などにさらされているのは知る人ぞ知る話ですが、何をされても何を言われても、ただじっと前を向いて生きて行くだけです。

Small_bluejpg

お願い】外で暮す猫たち、被災した動物たち、先が見えない災害の傷を負った動物たちの福祉活動の為に、そしてその情報の拡散の為に、ポチッとクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

35           + ブ リ ち ゃ ん  亡 く な る 十 日 前 

| | トラックバック (0)

2011年11月16日 (水)

+∞ ハマーちゃん去りし、花影に、黙し胸に思い浮かべたこと ∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。 10℃~16℃

Hammer1jpg              + ハ マ ー ち ゃ ん  最 期 の 姿 

ハマーちゃん去りし花影に黙し胸に思い浮かべたこと

Think_angel60早朝の活動の途中で毎朝立ち寄ることになっている鉄腕ウンガさんの家に行っても、そこにはもうハマーちゃんはいない。

これが死というものなのか。影も形もそこには何もなく。

部屋の中には、残った猫たちに悪戯されないようにガラスケースに隔てられ、咲き遅れ残された白い大輪のユリの花だけが艶姿を見せていた。

光に音はなく。光射す静けさに花の影を教えられ。花と花影の意味いわくに言葉はなく、静けさだけがこだまのように目に照り映えていた。

犬や猫の死は、その悲しみを他の誰かに伝えようとしても、等身大の大きさでは中々伝わるものではなく。その都度、心はいつも宙を見つめることになる。

「ハマーちゃん、ごめんね。」 後悔や祈りや脈絡のないとりとめもない思いが胸の内に走り来て、遠く近くまだらな思い出の切れ端や浮島を焚き木にして、燃やす焔(ほのお)の揺らめく向こう側に、透かし見つめているものは何なのか? 無意識というものなのか?
ブルーノ・マルコさんのあの言葉が染み込んでくる。そして聴こえてくる。

『・・・人間に人気があるのかないのかというより、私は動物に好かれる方が嬉しいし、安心です。裏切ることもなく、死ぬまで愛されるっていいですね。』(マルコ・ブルーノ)

Mas3

ハマーちゃんのことを大切な「いのち」として、愛ある心配をして下さった皆さま方、本当にありがとうございました。深く頭を下げてお礼を申し述べます。

Small_bluejpg

お願い】外で暮す猫たち、被災した動物たち、先が見えない災害の傷を負った動物たちの福祉活動の為に、ポチッとクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

Photo             + 秋 か ら 冬 へ   ~   山 茶 花 が 散 る 

| | トラックバック (0)

2011年11月15日 (火)

+∞ 犬猫救済の輪 ~折れない心 ∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。 12℃~16℃

Last_year  + 去 年 の 秋    沈 黙 の 為 に   同 じ 空 気 は も う 戻 ら な い 

犬猫救済の輪の活動に見る折れない心

Photo≪犬猫救済の輪≫のブログ2011年11月12日の記事をご覧ください。

目を凝らしてよく見れば、11月12日! 何! わんにゃんの日ですね。笑いましょう。

Mas3_2

横浜市では昨年、飼主のいない猫に給餌するなど世話をする人を自宅で動物を飼っている飼主と同一と見なすという文案を基に条例を改正しようとしました。しかし、この条例改正に≪犬猫救済の輪≫を中心に条例の議会通過を阻止するよう呼びかけを行い、沢山の人々の反応が横浜市に寄せられ、文案の一部が削除された経緯(いきさつ)がありました。

前述したその文案が出て来た背景には、当時の横浜市行政側の言い分いわく、『野良猫問題は、猫に給餌する人がいるからであり、問題の責任は給餌している人が全て負担すべきである』とし、市職員や市広報紙がそのような考えを根強く持っていることにありました。

そうですか? 外で暮す猫たちの問題は、猫を捨てる人、捨てても罪の意識を持たずに済む社会環境がまず原因の最初にあるのではないですか? 横浜市だけではなく、全国各地の行政は、「捨て猫防止&動物虐待防止」のために何をして来ましたか? 何をして来ませんでしたか?

Mas3

そうして、この11月11日。≪犬猫救済の輪≫の代表が立ち上がったのです。
横浜市議と犬猫救済の輪代表が横浜市動物愛護センター所長や課長と対談した席上で、『
飼主不明の猫に餌をやっている人に対して「飼主」と見なすような表現は今後、一切もちいず、野良猫問題の解決のためには、飼主の徹底啓蒙から行う。』という言葉をその責任者たちから勝ち取ったのです。

これは、全国で動物救済活動をする人たちの希望の光になる大きな成果です。
何事もあきらめることなく目的に向って辛抱強くアプローチしてゆく。ドアを叩き続ける。犬猫救済の輪代表の“折れることのない心”に学び、「
あらかじめ自分の側から心に限界を作ってしまってはいけない。」と言うことを教えられました。ありがとうございました。

Small_bluejpg

お願い】外で暮す猫たち、被災した動物たち、先が見えない災害の傷を負った動物たちの福祉活動の為に、ポチッとクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

That_pjpg     + 給 餌 放 棄 の 場 所 に て  新 し い 関 係 の 作 り 直 し 

| | トラックバック (0)

2011年11月13日 (日)

感謝の言葉

猫の郵便の事情

 毎日いっぱいヾのスケジュールで活動しているので、ふいのアクシデントが襲いかかって来ると睡眠時間を大幅に削るしかなく、疲労が蓄積していまして、今日はPC前で集中力を欠き、記事らしい記事になりませんでした。

 上記の理由により、従って未だ「10月のお買い物‘11」が未了のため、私たちの活動に日頃からご寄付やご協力を頂いている方々に先にお礼を述べさせて下さい。

港区のKKさん、港区のMTさん、練馬区のSHさん、港区のCMakoさん、中野区のYTさん、目黒区のMNさん、大阪府のTAさん、東久留米のHYさん、 港区のWMさん、埼玉県のKYさん、港区のKMさん、愛媛県のMKさん、住所の記入がなかったDKさま、港区のUAさん、本当にありがとうございました。

ハマーちゃんや保護猫たちの治療に尽力して頂いているS先生とスタッフの方々にもお礼を申し述べなければいけません。いつもありがとうございます。

 P.S.中野区のYさん、いつも配慮とやさしさに満ちたコメント、ありがとうございます。数行の文字の間からあなたがブログを読んで下さっているのが伝わってきます。噛みしめています。ぼくはあなたの言葉のタッチが大変に好きです。(猫の郵便配達人より)

 11月9日の本記事はもう少し待って下さい。(猫の郵便配達人)

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

| | トラックバック (0)

2011年11月12日 (土)

+∞マルコ・ブルーノ見聞録~目からウロコ「愛護法への提言」∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。13℃~20℃

Jpg    +  復 習 「 ・ ・ ・ 死 ぬ ま で 愛 さ れ る っ て い い で す ね 」 

愛護法パブ・コメ意見提出へのヒント マルコブルーノ

40動物愛護法改正をめぐり、環境省の第2回のパブリックコメント募集が始まりました。

マルコ・ブルーノさんからの目からウロコの鋭い指摘です。

動物愛護管理法では、愛護動物の遺棄・虐待には罰金が一応謳ってあります。

この罰金制度は、現行「50万円以下」「100万円以下」 と定められています。

金額は罪の大きさを表わしますので、この金額が大きくなれば「遺棄や虐待の何らかの抑止力やストッパー」になるのではないかと、捨てられ過酷な環境で生きる外猫たちと毎日接している中で、繰り返しヾ思って来ました。

皆さん、記事3行目をよーく見て下さい。・・・「50万円以下」「100万円以下」とありますね。実は、この「・・・以下」と言うのが法の仕掛けの曲者(くせもの)であり、落とし穴なのです。

Mas3

現行法上「以下」ということは、法律的には1万円から〇〇万円という事を意味します。幾ら罰金の上限を高くしても「以下」では意味がありません。なぜなら、「以下」では下限の金額「1万円」に罪の重さが引き付り下されてしまうからです。罰金の金額が諸外国に照らして遜色がないものであっても。力ない法律に終わってしまうのです。

罰金は「〇〇円以上〇〇円以下」でなければ意味がありません。例えれば、「100万以上150万円以下」というようになります。罪を犯した人間への罪の重さの自覚を促す意味でも、社会心理学的な影響力においても「法」は有効性を持って機能しなければ何の意味もありません。

例え、実際に虐待行為が立件される事が少なくても、抑止力として有効にするために「罪の大きさ」を法の上に明確に記す必要があるのです。

これは、すべてマルコ・ブルーノさんからの提言です。

皆さん、今回第2回目のパブリックコメントへの意見提出の際には、罰金は「以上~以下」にするよう、是非書き添えて下さい。
罰金は「以下」ではなく、「〇〇円以上 〇〇円以下」です。(文責・鉄腕ウンガ)

Small_bluejpg

お願い】外で暮す猫たち、被災した動物たち、先が見えない災害の傷を負った動物たちの福祉活動の為に、そしてそれら情報の拡散の為に、ポチッとクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

2_2               ~ よ ろ し く お 願 い し ま す 

| | トラックバック (0)

2011年11月11日 (金)

+∞花に抱かれ~妖精ハマーちゃん天国への旅立ち∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。 11℃~14℃

Redon_apollon00                 + 天 か け る 旅 立 ち に 

花に抱かれ 妖精ハマーちゃんの眩しい旅立ち

Last_flowe50r11月7日、日の入りの時刻(16時41分)と共に始まったハマーちゃんの死に至る咳は、それから30分後には回数も減り、やがて命の音は全て消えてゆきました。

振り返れば、風の噂に聞くハマーちゃんの生涯は光と深い影に満ち、一番目に世話していた人が仕事の退職と共に去ってからは「どうやって食い繋いで生きていたの?」と想像すると不憫で切なくなりますが、最後の最後は鉄腕ウンガさんの家で深窓の令嬢のように手厚く大事にされ、幸福な日々だったと思います。そして、その死も雨風に打たれる野垂れ死にや虐待による死ではなく、複数の人間のやさしい思いに包まれた“最期”だったので、幸せな締め括りになったのではないでしょうか。ハマーちゃん。

ハマーちゃんの首まわりには、鉄腕ウンガさんが心を込めてしてくれた金色とピンクの二重のリボン結びが可愛らしく。ゴールドの一輪の薔薇を中心に赤・白・ピンクと・・・花々と草木で波状に縁取りし、頭上には青空の色のディルフィニュウムと月のレモン色のストックを、足元には野に咲く小さな草花をイメージして配し、両手に小さな手作りのブーケを持たせ棺に納めました。
気が付けば、納棺の時の花入ればかりがいつの間にか手慣れてしまい、忙しく動かす手元を悲しく感じていました。

Mas3

お見送りは、ハマーちゃんの棺を携え廣齋寺のある江戸川区葛西まで鉄腕ウンガさんと同行しましたが、葬儀社の迎えの車が来たところでハマーちゃんに別れを告げました。それはハマーちゃんと鉄腕ウンガさんをふたりだけにしてあげたかったからです。
遠ざかる車の、小さくなってゆく後ろ姿。

・・・港区の我が家に帰り着くと、鉄腕ウンガさんから『ハマーちゃんは、動物を慈しむ寺・廣齋寺の動物斎場にて、午前10時30分に無事に荼毘にふされました。ありがとうございました。』と連絡を頂きました。

Rtutakin_a_3

≪鉄腕ウンガさんからのメール≫

お世話になっております。
ハマーちゃんは今日 江戸川区 廣齋寺から旅立ちました。

ハマーちゃんを応援して頂きまして、ありがとうございました。
温かいお心に感謝とお礼を申し上げます。

ハマーちゃんのように、屋外で苦労して暮らさなければいけない猫がいなくなるように「がんばるからね」とハマーちゃんには誓い伝えました。

飢えてひもじい思いでさ迷っていたハマーちゃんに給食を介して付き合いはじめて5年。聞けば、ハマーちゃんの推定年齢は15歳を超えると言います。長い苦労の生活だったに違いありません。
それにもかかわらず、明るくやさしく本当にけなげな子でした。

以上、ご報告申し上げます。

社会猫保護活動グループ猫の郵便  鉄腕ウンガより

Rtutakin_e_2

思えば、あの日あの場所でハマーちゃんに初めて会ったのは、早朝の眩い光の中。

ハマーちゃんは「お腹がペコペコなの!」と言わんばかりに遠くから臆することもなく首を振りながら近づいて来ました。「アー・アッ・アッ・アッ」と特徴のある鳴き方で・・・。

それから5年の月と太陽と風と霜と。・・・そうして2011年11月10日。天気はあいにくの曇り空だったけれど、白い雲の上で“おひさま”がハマーちゃんを柔らかく迎え包み込んでくれますように。
ハマーちゃんが真新しい朝のきれいな光の中に永遠を見つけ溶けてゆきますように。
祈りを込めて。ニーナ・シモン“HERE COMES THE SUN”をハマーちゃんの旅立ちに捧げ、心の印とします。RIP,Miss Hammer The Cat!

Small_bluejpg

お願い】外で暮す猫たち、被災した動物たち、先が見えない災害の傷を負った動物たちの福祉活動の為に、そしてそれら情報拡散の為に、ポチッとクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

Photo  + ハ マ ー ち ゃ ん 去 り し 後  透 明 な 星 と 月 の 形 の 心 模 様 

| | トラックバック (0)

2011年11月 9日 (水)

今日は“純情仔猫物語”のKAZUさんの月命日です ~祈りましょう

猫の郵便

   今日は“純情仔猫物語”のKAZUさんの月命日です。 ・・・祈りましょう。

   今日は一日中、明日お見送りするハマーちゃんのお葬式の準備をしていまして、ブログ記事に向う時間を作れませんでした。後から11月9日の記事は『ジュピター~KAZUさんの月命日に寄せて』のタイトルで更新致します。

   環境省のパブコメ募集が始まりました。「参考資料がいっぱいだから。勉強してがんばりまーす、KAZUさん。」と鉄腕ウンガさんが述べています。

   昨夜の猫メシはこの曲を聴きながら。Queen“Who wants to live forever”
気持をまとめながら。“Who wants to live forever”エッセンス入りの猫弁当。
更新は今しばらくお待ちください。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

| | トラックバック (0)

2011年11月 8日 (火)

+∞ ハマーちゃんの最期~涙をいっぱい浮かべて ∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。14℃~17℃

Outdoor_jpg         + 外 猫 時 代 の 頃 の 姫   朝 の あ い さ つ 

ハマーちゃんの最期 涙をいっぱい浮かべて  

Photo長い外猫生活から鉄腕ウンガさんのウチの家猫になったハマーちゃんが、昨夜17時20分から17時35分の間に私の膝の上に抱かれて亡くなりました。

亡くなった時間を17時20分から17時35分と記したのは、ハマーちゃんが意識不明の状態にあり死へのランディングが激しいモーションもなく余りにもゆるやかであったために何時何分とはっきり申し述べることが出来ないのです。最期は、柔らかなチューブに凪いで行く波を収め、かき抱いているようでした。

ハマーちゃんの闘病中、苦心しお骨折り頂いたS先生とスタッフの皆さん、ありがとうございました。メールや口頭で心配や励ましの言葉をかけてくれた皆さん、本当にどうもありがとうございました。

Mas3

ハマーちゃんは亡くなる前日の同時刻には、夕食に純缶とカルカン・レトルトを約80グラム自力で食べ、その後ボラの刺身をほどほどのボリューム食したと聞いています。
朝の恒例の日程になっているハマーちゃんのお見舞いの時にも臥せているわけではなく、最近のいつもの顔・近頃のいつもの佇まい・・・、それが突然の嘔吐と痙攣発作で死まで至ってしまうとは詠嘆の思いです。
昨夜も書きましたが、その日の午後に診察して頂いた先生の話によると「脂肪種が脳か脊髄に転移しているのではないか?/眼振(目が揺れる)がある、これは脳に異常があるということです/意識はもうすでありません・・・」

哀惜の気持から救いを探し出そうとすれば、ハマーちゃんの最期が意識不明の状態にあり、痛みや苦しみを自覚しないで天国へ旅立ったことでしょうか。
最後の見守りは、そっとさわる・撫でる・抱っこすることしか出来ませんでしたが、ハマーちゃんは大きく見開いた目に涙をいっぱいたたえていました。

つられて、私も目にポンプ式の井戸を仕込まれたかのように“水”が次から次へ溢れ出て来て止まらなくなってしまい、動物の保護活動をする身としては“こんなこと”ではいけないんですが、でもハマーちゃんは外猫時代も家猫になってからも気立ての良い「本当によいこ」でした。沢山の人に裏切られても黙々と生き抜きました。

Mas3_2

生きることのページをめくっていけば、必ず死の裏表紙が待っている。物事にはいつか必ず終りが来る。・・・背中合わせ、・・・合わせ鏡、・・・表裏一体。
相手が人でも猫でも自分自身のことでも、そこを踏み越えていかなければ、生きること事体が成り立たない、悩ましいハード・ライフ・・・、この旅は続いて行く。

あの日あの時、ハマーちゃんにめぐり会うことがなければ・・・

気持が落ち着いたら、いつか波乱万丈のハマーちゃんの物語をこのブログに書き留めようと思っています。「犬・猫を捨てないでくれ!」と・・・

Small_bluejpg

お願い】外で暮す猫たち、被災した動物たち、先が見えない災害の傷を負った動物たちの福祉活動の為に、ポチッとクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

Pinkrose    + ハ マ ー ち ゃ ん 姫 に ピ ン ク の 花 を と 希 望 を 頂 き 

| | トラックバック (0)

2011年11月 7日 (月)

ハマーちゃん姫が亡くなりました~泣けて泣けて涙がこぼれて来て

ハマーちゃんが亡くなりました

応援&サポートして頂いた方々に感謝を申し述べたいと思います。

ありがとうございました!

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

| | トラックバック (0)

ハマーちゃんが朝から意識不明に陥り・・・

ハマーちゃんが今、死線をさ迷う重篤な状態にあり・・・】

ハマーちゃんが今朝、痙攣発作を起こし、その後、意識不明の状態が続いています。

診察して頂いた先生によると脂肪種が脳に転移したのではないかという話でした。

ハマーちゃんは今(17時20分)、小刻みな痙攣と呼吸の中にあり、見守りの為に「今日のブログ」更新はいつものスタイルでは出来ません。ごめんなさい。(John)

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

| | トラックバック (0)

2011年11月 6日 (日)

+∞ 5R ~猫の郵便からの提案 ∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。16℃~23℃

5r     + 5 R ( ダ ウ ン ロ ー ド し 拡 大 し マ ス タ ー せ よ ) 

【「5つの自由に基づく動物福祉の評価表

Futaba85bjpg_35R(5つの自由)については、11月に入ってから「猫の郵便シャボット」当ブログで特集記事を2回組みました。

今回は多くは述べません。兎に角、冒頭に掲載した「5Rパンフレット」を手元にダウンロードし、よ~く見えるように拡大し、マスターして下さい。

Mas3_4

「5R」の精神に照らし見て、自分の身の回りの動物たちはどんな境遇に暮しているのか、もし動物の福祉活動(殺処分ゼロ活動や地域猫活動etc)に携わっている人なら過去・現在・未来に於いて“この国”の動物たちは幸せな状態であるのかどうか?・・・自らの活動の足元・手元は十分なのか?・・・行政の対応はこのままで良いのか?・・・、来年にスケジューリングされている「動物愛護法改正」の中身は「5R×3R」に見合ったものに成るのか? などヾ、思いを巡らしてみて下さい。

この国の「動物を見つめるあり方」の問題点は、国も行政も法律家たちも町に生きる一般市民も動物の傍にいる人たちも一様に“人間中心主義”の知恵袋から薀蓄(うんちく/Knowledge)や言説を取り出して来るところにあります。しかし、それではもう解決がつかないのです。希望がないのです。心の闇が広がるばかりの社会になってしまいます。

Mas3_5

物質文明は豊かになったけれど。何かが足りない。不幸な動物を思う気持ちが認められない社会。動物に対する考え方が国際水準に満たない社会で、固唾を飲みながら息を潜めてする活動。動物愛護後進国に生きて・・・

少なくても動物の福祉活動をする人たちの間では、「5R×3R」を共通に分かち合う認識として“合言葉”にしてゆきましょう。私たち「猫の郵便」と「人猫共生会議」からの提案です。よろしくお願いします。

Small_bluejpg_2

お願い】外で暮す猫たち、被災した動物たち、先が見えない災害の傷を負った動物たちの福祉活動の為に、そしてそれら情報の拡散の為に、ポチッとクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

| | トラックバック (0)

2011年11月 5日 (土)

+∞マルコ・ブルーノ見聞録(スケッチ)∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。16℃~22℃

One_word_one_worldjpg    + On e  L e a f 、 O n e  W o r d   O n e  W h o l e  W o r l d 

マルコブルーノさんのメールから舞い降りたOneLeaf

Futaba85bjpg_2ほんの数日前にマルコ・ブルーノさんから鉄腕ウンガさんにメールが届きました。

言葉一枚一枚を積み重ねミルフィーユのプレゼントをするように相手に何かを伝える。それが余りにも美しく胸に響いたので、その「言の葉」の片鱗を紹介することにしました。

含みがあり、噛みしめると味わいが深く、行間を繋ぐネクスト・センテンスへの切り替えがさり気なく鮮やかで一瞬にて説得されてしまいます。でも、日々に体験的に動物の福祉活動に携わっていなければ感覚できないことかもしれません。

マルコ・ブルーノさんはソーシャル・アクティビィストとして以前から今まで変わることなく「猫の郵便」が一番尊敬している人です。

Mas3

「・・・人間は男だろうが女だろうが、優しい心をもつことによって、魅力的になります。動物のために一生懸命に頑張っている人は魅力たっぷりですよ。人間に人気があるのかないのかというより、私は動物に好かれる方が嬉しいし、安心です。裏切ることもなく、死ぬまで愛されるっていいですね。」(マルコ・ブルーノ)

Mas3_3

これから機会あるごとにマルコ・ブルーノさんの言葉を紹介してゆきます。タイトルは、「マルコ・ブルーノ見聞録(スケッチ)」になります。

Small_bluejpg

お願い】外で暮す猫たち、被災した動物たち、先が見えない災害の傷を負った動物たちの福祉活動の為に、ポチッとクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

One_lovejpg

           + O n e  L o v e    O n e  W o r l d 

| | トラックバック (0)

2011年11月 4日 (金)

+∞5Rをこの胸のときめきにして~前へ∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。16℃~23℃

Money  ~ 他 の 命 へ の 配 慮 5 R を ! お 金 が 全 て の 価 値 基 準 ?  

5R動物たちの5つの自由を胸に目の前を見つめる 

Carrick5R」とは、欧米先進国では基本常識になっている動物たちの5つの自由(権利)です。

1  飢えと渇きからの自由(解放)
2  肉体的苦痛と不快からの自由(解放)
3  外傷や疾病からの自由(解放)
4  恐怖や不安からの自由(解放)
5  正常な行動を表現する自由(解放)

この5つの項目を諳(そら)んじて身の回りをながめ渡してみたなら、この国の中で動物たちがどんな過酷な環境にさらされ生きているか、分かります。

まず、譲渡の見込みもなく仔を生ませ遺棄する、子供の時は可愛がったが成長して持て余して捨てる、引越しや生活上の環境の変化によって捨てる、・・・どんな形にせよ、犬猫などの動物たちは捨てられたその瞬間に、飢えや渇きから始まる全ての困難をゲットしてしまうことになるのです。
遺棄が「いのちに対する犯罪」として、例え法に明記されてなくても、想像力を駆使して考えれば、いかに道徳上/倫理上罪深いことか分かると思います。

遺棄は、間接的な殺しであり、命への否定行為です。

Mas3

公的機関による動物の殺処分、或いは殺処分を実施している機関に動物を持ち込む行為は、5R前の合理化であり、短絡的解決法と解釈できます。
よくメディアが「いじめ自殺」などの報道をする際に、キャスターやアンカーマンやコメンテーターが、命の大切さについて暗示しニュースや文章を締めくくるのが定番になっているけれど、小さな命を簡易に殺処分にするシステムが制度の上でも建物的にも備わっている社会の中で、その言葉は空しく響く。命が大事にされていないことなど、子供たちは何処かでよーく知っていて社会全般にやる瀬ない空気が広がってゆくのです。

では、何故この日本が欧米先進国やアジアの中からも立ち遅れ「動物愛護後進国」の名に甘んじているかと言うと、他の政治イシューにも符号することですが、官僚と産業の癒着が全ての諸悪の根源なのです。国民の健康よりは産業界の利益、電力会社の利益、やらせメール問題何のその、時が経てば人は忘れる、官僚政治の悪徳の栄え、線路は続くよ何処までも、なのです。
だから、パブコメ一回目集計で「勝った! 勝った!」など、実は浮き足立って安心してはいられないのです。
官僚政治には、いつも裏業がありますから。

自分たちに一つずつできることの手始めとして、私は私の内側の取り決めとしての「5R」、外で暮す猫たちを不安定な状態に陥れないように一日朝晩2回の活動を確実にこなしてゆきます。TNRは勿論のこととして。

Mas3_2

「いのちを考える会」の武田薬品湘南研究所の大量動物実験反対の署名活動の方もご協力よろしく、お願いします。とりあえずは11月末日が締め切りになっています。

Small_bluejpg

お願い】外で暮す猫たち、被災した動物たち、先が見えない災害の傷を負った動物たちの福祉活動の為に、ポチッとクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

Lonesome               + 秋  ミ ッ ド ナ イ  ト  ブ ル ー ス 

| | トラックバック (0)

2011年11月 3日 (木)

+∞ 5R & 3R ~動物実験反対・武田もだョ ∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。16℃~21℃

Photo             ヾ 左 手 が 官 庁 の 共 同 会 議 所 

先進国から後れをとる世界の島国日本の闇に消える命たち

Think_angel60動物のことに関して、「5R」と言う言葉を耳にされたことはありますか?

「5R」とは、「5つの自由」の略語のことです。

5つの自由(解放)、そして5つのFreedomsとは、国際的に認められている動物の福祉基準です。
これは、人間が飼育管理している動物に対して保証しなければならないものです。

1 飢えと渇きからの自由(解放)
2 肉体的苦痛と不快からの自由(解放)
3 外傷や疾病からの自由(解放)
4 恐怖や不安からの自由(解放)
5 正常な行動を表現する自由(解放)

日本の「動物愛護管理法」には、虐待をしてはいけないと定められていますが、では何が虐待に当るのかが、具体的には書いてありません。ですから、実際の取り締まりが困難な状態になっているのです。

イギリスでは1822年に動物の法が出来ました。先進国では、日本だけが国際的な基準をクリアしていません。ワールド・スタンダードに立ち遅れているのです。
来年の愛護法改正には、この「5R」を取り入れるよう、沢山の人々が要望しています。
次回、パブリックコメント募集には提出すべき重要な意見の一つです。

Mas3

次に「3Rの原則」と言う言葉をどこかで目になさったことはありませんか?

「3Rの原則」とは、国際的な動物実験の基準です。

一、 生きた動物を使わない方法に代替する。
一、 動物の使用数の削減
一、 苦痛の軽減

以上の3つです。

日本では2005年に初めて、動物愛護管理法に「努力規定」として明記されました。
努力規定ですので、強制力は全くありません。
その上、強制力の弱い「告示」や「行政指導指針」にすら何も書かれていないのです。
日本での動物実験は、動物実験の主体者で構成される団体のガイドラインに任されるという完全自主管理=法的規制なし路線です。
欧米では100年以上も前から法律で動物実験が実質的に規制されていますし、お隣の韓国でも規制する法律が出来ました。またもや、ここでも日本はアジアからも後れをとっているのです。

Mas3_2

遅れているどころか、逆行/退行の風向きです。
日本の
動物実験数は、一国だけでEU全体の2倍にも及んでいます。
そして、武田薬品は湘南に巨大な動物実験施設を作り、今年2月から稼働させています。昨年、
当ブログでも記事にしたように建設当初から非常に不透明な施設です。
今、現在、巨大な実験施設で何が行われているか、第3者による監視の目はありませんので、全くそこで何が行われているのか誰にも分かりません。(法的には「自主管理」でOKになっていますから。)

いのちを考える会」そして賛同する5団体は、この武田薬品湘南研究所の大量動物実験に反対する署名を去年から継続して行っています。是非、この記事の意図をご理解くださり、署名活動にご協力ください

実験材料にされた動物は、すべて3年で殺処分されると聞いています。
科学発展の美名の下に犠牲になった動物たち、福島原発退避地区に取り残された動物たち・・・、捨てられ行政施設で殺処分にあう小さな命たち・・・
数限りなく失われた無数のいのちを思うと立ちすくむ思いがしますが、人間には責任があります。手も口もあります。まずは声を上げましょう。そして、その声を皆で大きく大きくしてゆきましょう。

Small_bluejpg

お願い】外で暮す猫たち、被災した動物たち、先が見えない災害の傷を負った動物たちの福祉活動の為に、ポチッとクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

Kitty2jpg        + 5 ア ー ル と 3 ア ー ル  覚 え て お い て ネ 

| | トラックバック (0)

2011年11月 2日 (水)

フクシマ被災動物後方支援継続中なので寄付協力よろしくお願いします

 フクシマ被災動物後方支援活動は、継続してやっています。ご協力よろしくお願いします。

 「台風カレー」は、タイトルを「秋の夕まぐろ、並んで食べる台風カレー」に手直しして、リニューアル版で近々にUPします。(担当筆者)

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

| | トラックバック (0)

2011年11月 1日 (火)

+∞ 漢 ∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。 15℃~21℃

Marco_bruno2jpg                       +  

漢の消えた国 考えることを止めた国の行方  

Carrick今日(11月1日)、活動現場で想定外の人に声をかけられた。

奇遇であった。

その人は、以前から「猫の郵便」に励ましのメールや寄付を寄せてくれていた方で、広い東京でドンピシャンのタイミングで遭遇するなんて何たる奇跡だろう!

背筋がピシッと伸びた凛とした清涼感を感じさせてくれる女性。・・こんなことだったら、もっと服装をちゃんとして出かければよかったと今頃後悔している。がっかりさせていなければ良いが、その現場は活動の最終地点で心も服装もボロボロヨレヨレになって辿り着く場所。無いものねだりかもしれないが、もう少しシャンとした姿でお目にかかりたかった。残念!

Mas3_4

しかし、当世、凛とした姿「漢」を感じさせてくれる存在は、男性よりもこの日本、女性の中に多いような気がする。社畜として飼いならされ、事なかれ主義で、身を守ることに戦々恐々としている生活風景の中からは、正義を貫く男らしい男など生まれ育つ訳がないのか?

小さな命が捨てられたり、虐待されたり、不憫な思いをしているのを見て、見て見ぬ振りをして通り過ぎて行く人生が求める幸福感など推して知るべしだろう。小市民というのだ。
考え苦しむよりは、今日の刹那と今日の快楽。パチンコ、釣り、スポーツ新聞、賭け事、車、煙草のポイ捨て、物欲、リビドー、金による幸福etc・・・・。
考える習慣を見失った社会、考える手間を省いた社会の脆弱性が呼び寄せた世界は、一例を挙げれば原発事故後の風景や民放テレビのテイタラクで実証済みだ。

Mas3_5

震災直後に多くの知識人と言われる人たちが「日本人は優秀な民族だから・・・」と声高に雄弁に語っていたが、それもどうやら原発事故や政治情勢を見れば怪しい雲行きになりつつある。考える習慣を排除したスペースにどんな堅牢な物質文明を積み上げたところで、いずれ砂上の楼閣、瓦礫と化してゆくのは時間の問題。

犬猫一匹助けられないで、犬猫一匹殺すために大の大人が寄ってたかって殺処分システムを構築している社会なんて、「漢」の住む国とは言わないのだ。

Small_bluejpg_2

お願い】外で暮す猫たち、被災した動物たち、先が見えない災害の傷を負った動物たちの福祉活動の為に、ポチッとクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

Jpg              + た お や か に   し な や か に 

| | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »