« +∞ ハマーちゃん姫 重体で危険な状態に ∞+ | トップページ | +∞ 外暮らしの猫たちとの約束 ~きびしい道 ∞+ »

2011年10月22日 (土)

+∞ハマーちゃん姫を前に ~命と向かい合う覚悟∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。16℃~23℃

40   + 普 段 の イ メ ー ジ に 最 も 近 い 写 真 ( ピ ンボ ケ ご 免 ) 

ハマーちゃん姫を前に 命と向かい合う覚悟  

Pl0119日、20日、21日と、ハマーちゃんは補液&投薬治療のため3日連続の通院となりました。

21日夕。昨日の診察結果では、ハマーちゃんは体温を通常値に戻したものの、そしてフラフラながら自力でどうにか立てるようになったものの、容態は「・・・ここは何処? わたしは誰?・・・」という状態で、何度かの度重なる痙攣発作で脳の一部を損傷してしまったのでしょうか?
・・・元通りのハマーちゃんに原状復帰できるかどうかは、しばらくの間見守り判断を待たなければいけないようです。

Mas3_2

栄養補給については、このまま医療による栄養摂取に依存し、手をこまねていたら体力が衰えてゆくのは明らかだと思ったので、20日の夜から高栄養食・AD缶の強制給餌介護を少量ずつ始めました。

その際、膝に乗せたハマーちゃんは目を見開くばかりのお人形さんのような状態でした。給餌介護の後、体を拭き、ケージの中の環境を整え直して休ませましたが、抱っこして体に触れた感触では前日よりは持ち直したような気がしました。

Mas3

日が明けて21日早朝。昨夜より高栄養食の量を少し多目の目標設定にして、ハマーちゃんを膝に乗せると、倒れて以来初めてハマーちゃんがか細く弱々しいながら声を出して鳴きました。
しかし視線には定まりがなく、高栄養食を吸入し始めると最初は嫌がっていましたが、空腹の本能がそうさせたのでしょう、・・・赤ちゃんが哺乳瓶に吸い付くように・・・注射器をかじるように吸い出しました。でも、それは無意識がそうさせている行為だとすぐに分かりました。シャツにでも指にでも何にでも無心にかじりつくのです。

心ここにあらずのハマーちゃん姫の意識が正常に戻るのかどうかは、まだ海のものとも山のものとも先行き雲行き分かりませんが。共に生きてゆくことに変わりはありません。
何はともあれ、当面の“生命が危ぶまれる危機”からは辛うじて脱出したようなので、今の“状態”をご報告させて頂きました。

心配しメールなどを寄せて頂いた皆さん、本当にありがとうございました。

Small_bluejpg

お願い】外で暮す猫たち、被災した動物たち、先が見えない災害の傷を負った動物たちの福祉活動の為に、ポチッとクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

Junejpg      + ハ マ ー ち ゃ ん を 保 護 し た 頃 の 野 に 咲 く 野 

|

« +∞ ハマーちゃん姫 重体で危険な状態に ∞+ | トップページ | +∞ 外暮らしの猫たちとの約束 ~きびしい道 ∞+ »

たかが猫されど命」カテゴリの記事

猫の健康/猫の体」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: +∞ハマーちゃん姫を前に ~命と向かい合う覚悟∞+:

« +∞ ハマーちゃん姫 重体で危険な状態に ∞+ | トップページ | +∞ 外暮らしの猫たちとの約束 ~きびしい道 ∞+ »