« 8月のお買い物’11 | トップページ | +∞ 絆 ~Bonds ∞+ »

2011年8月31日 (水)

WE LOVE YOU, KAZUさん~8月‘2011

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。22℃~30℃

Jpg夏 に 来 て  夏 に 去 り  そ っ と ほ ほ 撫 で た 風 に  天 使 の 翼 感 じ て

WE LOVE YOU,KAZUさん!言わなければ

802011年・・・今年は、一体全体、何ていう年なんだと思う。

次から次へ、これでもかこれでもかと、災いや憂いが襲いかかって来る。

3月の東日本大震災やフクシマ原発事故が外側からやって来た揺さぶりだとしたら、2011年8月に襲いかかって来た“報せ”は、心を内側から激しく揺さぶられた切な過ぎる出来事でした。

8月のブログ運営は、当初は、1985年に起こった日航ジャンボ機墜落事故を通して、「命の大切さ」について考えてみようと、あの飛行機に乗り合わせ帰らぬ人となった坂本九さんや美谷島健君(当時9歳)に思いを巡らし、特集記事を組む構想でした。
それと同時に、「生命の大切さ」という意味では、来年の動物愛護法改正に向って、環境省が公募していたパブリック・コメントへの広報・啓蒙の大キャンペーンをはる予定でいました。

それが・・・、夏本番に入るやいなや、「純情仔猫物語のKAZUさんが病気で倒れた」と、ニュースが唐突に飛び込んで来ました。それも、病名は“急性白血病”だと言う。・・・Goooosh! 8月がモノクロームに変わった瞬間でした。
それでも夏目雅子さんや本田美奈子さんのように闘病期間は、まだ猶予されていると自分勝手にいいように思い込んでいました。白血病については、友達を亡くしている経験があるので、「兎に角、二週間! 二週間、お医者さんとKAZUさんが頑張ってくれれば!」と願っていました。ウィルス感染しないように。治療方法が上手く適合しますように。合併症を併発しませんように。白血病は、治療開始から二週間が大事と・・・。
ところが、8月14日。希望は空しく、地に叩きつけられてしまいました。
『純情仔猫物語のKAZUさんは、8月9日に逝去しました。』と、彼女がオーナーを務めるブログにて、遺されたミッキー部長から報告がありました。

二週間を待たずに。

あの時の衝撃は・・、何て言ったら良いのか!!! フラッシュ・バックすると、今でも無情の鐘が乱打され、視界がグラグラ揺れるようで、“死について”心の整理ができないでいる。

Mas3

純情仔猫物語のKAZUさんは、猫の郵便の会話の中では、アイドルでありました。

猫の郵便/交渉担当係の鉄腕ウンガさんは、ことある度に「KAZUさんはね。/KAZUさんがね・・・」と話題にしていました
何故KAZUさんは、多くの人を魅了したのか、それは死の床に伏せながらも、自分のことは差し置いて、動物愛護法改正のために自分が出来ることをギリギリの限界まで考えていた人だったというー断片を見ても、十分判ると思います。

Mas3_2

ひとりの女の子が、この地上に生まれ、感覚の花を瑞々しく咲かせ生きていた。しかし生きることは誰においても障壁が立ちはだかるけれど、KAZUさんは自分の感性の翼をほとんどの人が見向きもしない“小さな命を助ける”ことに傾け、心血を注ぎ、日よけになり、風除けになり、弱いものの味方になり、一生懸命生き、一生懸命亡くなってゆきました・・・
そのストレス加重の大変さは、同じ志/同じ道を歩むものとして、亡くなる前も、亡くなってから後も、強いシンパシーを感じ・・・、それを止めることは、誰にも出来ません。

同じ道を志したものしか分からない感覚、同じ道で感じた足元の砂利道や泥濘(ぬかるみ)、そして四方八方から押し寄せる世間の風圧。それでも繰り返し繰り返し、押し寄せてくる猫や犬たちの不幸の中で。
彼女は何を伝えたかったのか・・・?
弱い者の側に身を寄せ、優しさを失うことがなかったKAZUさんの“生きる姿勢”には、学びの鏡が多くあると思う。

もし、自分がKAZUさんのような立場に立たされたのなら、果たして、今際の際にあのような優しさを、博愛の深い優しさを、最後の最期までまっとう出来るのだろうかと、これから自分の身に照らして問い続けてゆくつもりです。

猫の郵便メール・ボックスには、KAZUさんに寄せる思いが数々届いています。そして、そのレターのどれも全て、KAZUさんへの“LOVE”にあふれるものでした。

WE LOVE YOU, KAZUさん!

KAZUさん、ありがとうございました。そして、本当にお疲れさまでした。KAZUさんの生き方に魂揺さぶられたこと、それは、忘れられないぼくたちの宝ものです。

Mas3_3

小さな命がいたぶられていることに「可哀想だ!」と思う子供の心を持った人。そして、その思いを維持し小さな命を守ってゆくためには、大人としての知性や行動力が同時に必要だと体得していた人。それが、KAZUさん!
KAZUさんの人生に、大きな声で、“YES!”と言おう!

これを2011年8月の「まとめ」とします。

G

お願い】外で暮す猫たち、被災した動物たち、先が見えない災害の傷を負った動物たちの福祉活動の為に、ポチッとクリックよろしくお願いします

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

Bi_vertical_cupid              ~ WE LOVE YOU,KAZUさん!

|

« 8月のお買い物’11 | トップページ | +∞ 絆 ~Bonds ∞+ »

生と死」カテゴリの記事

1ヶ月のまとめ/コラム編」カテゴリの記事

純情仔猫物語」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WE LOVE YOU, KAZUさん~8月‘2011:

« 8月のお買い物’11 | トップページ | +∞ 絆 ~Bonds ∞+ »