« +∞ 沸騰の3月~コラム編‘11 ∞+ | トップページ | +∞東日本大震災は同時に犬・猫・動物の受難でもあった∞+ »

2011年4月 1日 (金)

+∞気持ちを切り換えて&気持ち新たに∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。9℃~17℃

Shadow           ~  影 絵 の 春   影 と 光 の ド ラ マ  ~

新しい季節 ~気持ちを切り換えて   

去年10月≪とらちゃんリリタン猫孤児基金≫リリタンが亡くなり、今年の3月初めとらちゃんが亡くなり、同じく3月半ば過ぎにピピタンが亡くなり。
そして・・・

嗚呼」とため息をつき、その場所その場所の猫の物語は終りを告げたかのように思う人もいるかも知れない。しかし・・・
物語」はまだまだ終わらず。・・・猫物語は続いている。猫物語には「つづき」があった。

リリタン、とらちゃんピピタン、それぞれ違う場所生きていた猫たちだけれど、みんな各々のハビタット(生息地)では、であり、強烈な存在感を誇示していた貫禄のある猫たちで、自分の居場所に他の猫が侵入してくることを極度排除していました。
縄張りとか、テリトリーと言ったら理解して頂けるかな

リリタン背後には、ケリーと名付けた女の子が物陰シルエットのように存在し、高い小山の上からリリタンが給餌されるのを羨ましそうに見つめ、私とリリタンが消え去る間隙をぬって食料補給のチャンスをうかがい生きていました。

ピピタンは、捨て猫だったのでしょうか 或る日突然に姿を現し、その場所の先住猫のキジ猫の女の子を抗争の末に撃退し、そのその場所君臨することになりました。
排除されたキジ猫の〝ドット姫〟は、それ以来負け猫になってしまい、あれからピピがいる場所には決して近付くことはなくなり、給餌場所新しく作って上げなければいけなくなったのは、今は昔の話

とらちゃん場合も、とらちゃん存在が消えると早速、その空白を埋めるように3頭がやって来ました。きっととらちゃん小父さん関係を羨ましく思いながら、遠巻きに指をくわえて見ていたのでしょうか?
リリタンの控えが、ケリーピピタンの脇役が、ドット姫主役がいなくなると、即日即座にリリタンやピピタンがいたステージで、主演のプリマドンナを演じ始めました

これが「猫の世界」の「定めの物語」と言うものです。

ケリーとドット姫は、猫の郵便管理下での出来事なので心配はなくTNR地域周辺への挨拶の手当ては、はるか昔に終わっていて主役交替だけで済む話だけれど・・・、
〝とらちゃん小父さん〟が新しく世話することになった「猫たち」については、これからTNR等を実施し、彼らの背後野良猫状態猫たちが存在しているかどうか、〝Explore〟探査調査しなければなりません。

東日本大地震福島原発問題、プライベート周辺課題etc・・・、気になることやらなければいけないことが山ほどあるけれど、疲労困憊&鬱屈する気持ちもあるけれど、気持ち新たに気持ちを切り換えて、目の前にある現実の問題に、臨み、向かい合い、がんばっていこうと思っています

しかし、「頑張る」とか「頑張って」とか「頑張ろう」とか、それに見合う良い言葉は、何かないのかな?

とらちゃんの所に現れた猫たちのTNRは、明日です。

Bluebar3_2

お願い】 寒空の下、外で暮す猫たちを思って、ポチッとクリック、よろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

Lala2c80             ・・・   お す ま し の  記 念 撮 影   ・・・

|

« +∞ 沸騰の3月~コラム編‘11 ∞+ | トップページ | +∞東日本大震災は同時に犬・猫・動物の受難でもあった∞+ »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: +∞気持ちを切り換えて&気持ち新たに∞+:

« +∞ 沸騰の3月~コラム編‘11 ∞+ | トップページ | +∞東日本大震災は同時に犬・猫・動物の受難でもあった∞+ »