« +∞今を生きる ~大震災アフター2日目∞+ | トップページ | +∞冷静に落ち着いて ~大震災アフター4日目∞+ »

2011年3月14日 (月)

+∞みんな一緒! ~大震災アフター3日目∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。sun7℃~19・5℃

Photo      ・・・ 光 の 量 が 増 す ほ ど に  寂 し い 春 の 輝 き ・・・

bellみんな一緒っ!~大震災アフター3日目 】 bellcloverclovercatclovercloverbell

大震災3日目震源地から遠く離れていて無傷のはずなのに
東京都心/周辺模様にも非日常の毎日が連なってやって来る。見えない透明な山脈のように立ちはだかって。
帰宅困難。商店品薄。計画停電。電話等の通信困難・・・
難問支障心理的ストレス。時間のやり繰り。物資調達・・・
未来への不安・・・

普段は全く点けることがないテレビ点けっ放しにして知覚の傍らに大震災の情報を取り入れながら、外で暮す猫たちの保護活動も続けている。
5年の歳月を共に暮して来た白血病の保護猫のスティーブンの病状も最終コーナーを回り、お互い息を飲むような苦しい毎日が続いている。寒くないように、苦しくないように、孤独に逝って仕舞わないようにターミナルケアの配慮をしつつの、暮らしであり、活動である。

心が内向きにならないように心がけて

こんな生活の中不安を煽るようなメールが届くと、動じまいと判ってはいるけれど、怒りがこみ上げてくる

震災直後に枝野官房長官が会見で、チェーンメールへの注意喚起をしていたが、この期に及んで、困難な状況に喘いでいる人々の心を弄んでゲームを楽しんでいるような輩(やから)がいると思うと・・・、両手を広げて「・・・Go to hell!」と呟いて吐き捨てるしかない。そして空しくなる。

福島原発大事故を受けて、逆なでするようなメールも届いている。悪気はないのかも知れないけれど、そのメールの中に『・・・最悪の場合は西日本か九州へ・・・』と書いてあったが・・・・、何をか言わんや・・・ 
いのち」の現場を持つ者は彼らを置き去りにして、我が身大事で逃げられないのですよ・・・と、声を大にして、ボリュームいっぱいにして言いたい。

どんな危機的な状況になったとしも、猫の郵便は、今世話をしている猫たちを見殺しにして逃げるようなことは絶対にしない。私の心は、いつも弱い者たちの傍らにあった。この心を裏切ってまで生き延びたいとは思わない。

。・・・ドラミドラ君リトシド君サイードアステカドット姫怪物君ケイトリン・・・・スティーブン・・・・

一緒だから

お願い】 寒空の下外で暮らす猫たちを思って一日一回ポチッとクリックお願いします

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

Tarajpg           3日目朝 ようやく姿を確認した 4年の付き合い 

|

« +∞今を生きる ~大震災アフター2日目∞+ | トップページ | +∞冷静に落ち着いて ~大震災アフター4日目∞+ »

災害と動物」カテゴリの記事

社会的事件」カテゴリの記事

社会/文明批評」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1339961/39229329

この記事へのトラックバック一覧です: +∞みんな一緒! ~大震災アフター3日目∞+:

« +∞今を生きる ~大震災アフター2日目∞+ | トップページ | +∞冷静に落ち着いて ~大震災アフター4日目∞+ »