« +∞ 猫のスティーブンが天に帰った日 ∞+ | トップページ | +∞福島原発 ~毎日が日曜日のようになる不安∞+ »

2011年3月20日 (日)

+∞福島原発 ~猫ボラとしての思いのメッセージ∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。sun10℃~17℃

Jpg          * * *  さ く ら 咲 い て も  * * *

bell原発 猫ボラとしての思いのメッセージ bell bellclovershadowcloverbell bell

Mas3福島第一原発ドミノ倒し、いつ果てることもなく、暗い予感が胸を支配する。

水素爆発、炉心溶融、放射能への不安と恐怖・・・・

水蒸気爆発やチャイナ・シンドロームまで突き進んで行ってしまうのだろうか?

この破滅のドミノ倒しが、どこまで続いてゆくのか?

先が見えない。Mas3_4

地震災害だけだったのなら、『皆で、力を合わせて、励まし合って』苦難を乗り越えてゆくことも可能だろうが、事が『核分裂や放射能』の問題となると「恐怖と不安」が別次元のレベルの話になって来る。

今回の福島第一原発の連鎖する大事故を、
最小限の〝損害〟でくい止(とど)め、福島原発を廃炉にしたところで、原子力発電所の危険性はそこで終わる訳ではなく、核発電は、一度スイッチを入れたが最後、ほぼ永遠の運動をスムーズにしてゆかなければ安全性を保てないことは、世界中の多くの人が共有していることだ。

Mas3_5

世界各国の大使館が、東京首都圏からの退避や、退避準備を始めているらしいし、アメリカやイギリスは福島原発から半径80キロ圏内の自国民に退避勧告を出している。

国内でも神戸女学院大学教授の内田樹氏などは、西日本への避難を勧めている。

ここまで書いて来ると、気持ちが本当に見渡す限りの「絶望の呈」になってしまうが。

でも、自分はどこにも逃げられないと思う。

Mas3_7

福島から茨城、栃木、埼玉、千葉、東京まで、全ての街や市や県が完全に消え果ててしまう。まさにSFの世界の話が現実になる。
調べてみたら福島から東京まで、人口は約2400万人。
2400万の人が短期間に一斉に民族大移動するなんて、あり得るのだろうか? 避難したその後の生活はどうするの?

そうなったら、間違いなく、この国は持たないだろうし、産業的にも政治的にも破綻するだろう。Mas3_8

民族大移動・・・、先を争って逃れてゆく人、会社崩壊、産業構造の解体、家族離散、犯罪・・・、阿鼻叫喚渦巻く大混乱になるだろう。そして、当然「残る選択」を選ぶ人も出て来るだろう。私は、選択の余地もなく、もう既に「残る」ことを決めている。

私は、日本は東京と京都と箱根と熱海と南の島にしか行ったことない。
『日本で一番好きなところは?』と聞かれれば、迷わずに「外苑西通り」と答える。
ここ港区の町々が、自分が一番落ち着けた場所であり、今現在は、港区の外で暮す猫たちの「命」に対して責任を負って生きている。・・・投げ出して、
我が身大事で逃げ出す訳にはいかない。

破滅の時の最期の日々は、猫たちを連れて、見捨てられた犬たちを励まして、「外苑西通り」や人の絶えた六本木の町並をブラブラして暮そう。
ジタバタはしない。

Mas3_9Bluebar3

【お願い】 寒空の下、外で暮らす猫たちを思って、一日一回、ポチッとクリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

Photo         社 会 不 安 の 中 で   春 か ら の 送 風 

Nas1e_3

|

« +∞ 猫のスティーブンが天に帰った日 ∞+ | トップページ | +∞福島原発 ~毎日が日曜日のようになる不安∞+ »

完全つぶやき」カテゴリの記事

社会的事件」カテゴリの記事

社会/文明批評」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1339961/39302693

この記事へのトラックバック一覧です: +∞福島原発 ~猫ボラとしての思いのメッセージ∞+:

« +∞ 猫のスティーブンが天に帰った日 ∞+ | トップページ | +∞福島原発 ~毎日が日曜日のようになる不安∞+ »