« +∞今は黙って・・・いつか全てを揃えて、本でも出しましょうか∞+ | トップページ | +∞ デマを信じる人 流される人 ∞+ »

2011年2月19日 (土)

+∞世田谷区連続猫虐待事件にもの思う冬∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。cloud 4℃~8℃

Photo             ・~・ 地上の憂うつ そして 遠く片隅の月 ・~・

bellsweat01世田谷区連続猫虐待事件にもの思う冬bellsweat01   bellbellbellsweat01

世田谷区中町でまた劇薬による猫の虐待事件が起きました
世田谷区連続猫虐待≫サイトによれば、2009年から2011年2月現在まで約20頭猫たちが被害にあっていることになります。

世田谷の警察は何をしているのでしょうか。ねこひと会のゆきももこさんやマリアさんからの去年来の聞き伝いを総合すると被害を受けているのがだから、警察は、事態を軽く見ているとしか思えません

メディアの方もこの種の事件が起きると大体が『~悪戯(いたずら)~』という言葉でお茶を濁し事件の深刻さを人々の目から逸(そ)らしているような気がします。

世田谷の事件が連続して起きている〝経緯〟から推察すると、犯人には病理的なサディスト性反社会的な人格障害があると思われ、これ以上、この事態を放置すると、犯人の心理の中で病巣が増大し、より凶悪な犯行に転化していくように思います。

この社会は動物の問題を人間社会とは切り離して考える〝思考の癖習慣〟のようなものがあって、その癖が今の人間社会の〝暗さ〟や〝問題〟や〝閉塞状況〟を醸成しているような気もしますが、皆さんどう考えますか? ・・・・ 私にはそう見えます。

世田谷区連続猫虐待≫サイトのマリアさんとは猫の郵便の鉄腕ウンガさんが人猫共生会議の里親会を通して顔見知りの仲でマリアさんには猫の郵便が不定期に携帯電話から配信している≪ドラミドラ・メール・レター≫を受け取って頂いています。
彼女には、こちらが受けている連続する妨害事件の心配をして頂き、そして今回の三度(みたび)の『世田谷区中町の猫に劇薬をかける事件』、外で生きる猫の身を案じる者同士として他人事ではありませんでした

動物に対する虐待の種類は色々あります。しかし何故、こんなことをする人間がいるのか私にはよくわかりません。虐待の程度が軽かろうが重かろうが、それが罪であることをこの日本社会はあまり認識していないようです。

あちこちで頻発している猫や猫ボラに対する執拗な暴力行為がリンクしていないことを願うのみです

お願い】 寒空の下外で暮らす猫たちを思って一日一回ポチッとクリックお願いします

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

Tara30Jpg                  小さく 小さくなって生きる 

ぶんぶく文化ぶくぶく茶釜bud

はもうすぐ。この季節になると、地域猫活動をする以前は、〝今年のベランダはどんな植物や草花で埋めようか?!〟と、毎年、植物図鑑や通販リストを見たり、植え替えをしたり、花屋の店先に足繁く通ったりしていたものだが、今は園芸の時間を持てず、少し寂しい。それでも、ベランダにはコニファー各種・アイビーバイン・プミラ・オリーブ・ローリエ・ローズマリーたちが四季を通して生い茂っている

せめて、今ある緑を枯らさないように努める毎日_朝のウォーターリングを忘れないように。
植物の緑心になだらかな精神の
安定をもたらす作用をしてくれている。

Photo_2     * 世田谷区中町で亡くなった猫たちと世話をしているマリアさんのために 

|

« +∞今は黙って・・・いつか全てを揃えて、本でも出しましょうか∞+ | トップページ | +∞ デマを信じる人 流される人 ∞+ »

社会的事件」カテゴリの記事

社会/文明批評」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1339961/38936551

この記事へのトラックバック一覧です: +∞世田谷区連続猫虐待事件にもの思う冬∞+:

« +∞今は黙って・・・いつか全てを揃えて、本でも出しましょうか∞+ | トップページ | +∞ デマを信じる人 流される人 ∞+ »