« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月30日 (火)

+∞ 沸騰の11月/コラム編 ∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

Princessf                猫の郵便の〝顔〟

【11月/コラム記事のまとめ】    

10月後半に〝家庭猫になったリリ〟を白血病に因る死で見送ってから、失意も癒えぬままに季節は11月に突入しました。落胆したままその場に立ち尽くしている訳にもいかず、地域猫保護活動は続いています。

自分は周囲に阿鼻叫喚の大声を張り上げて、泣き叫んだり喚(わめ)いたり感情おもむくままに行動するタイプの人間ではないので、リリの急逝に対してはブログ上ではこういう形で締めくくることになりました。
+∞亡くなったリリに捧げるメモリアル・リーフ∞+ - いつでも訪問可能な私のリリへの墓碑銘入りの墓標です。Nas1e

象徴としてのリリの喪失余波は11月のコラム記事の色んな断面に現われていますね。
それは変えての,,,犬・猫の遺棄殺処分の問題だったり、不良餌やり餌場放棄の問題だったり、TNR等の責任の問題だったり、人々の無関心だったりに触れることよって、自分に課せられた課題をより明るい方向に解決策を見い出して行こうとしていると、自己分析しています。
只、泣いて終わるだけでは、あまりにも不毛すぎるから。

+∞〝猫ボラ〟は貴重な〝国の財産〟∞+では、『 この国の〝命に対する文化度 〟は低水準にある 』という金太郎飴

+∞格好いいこと_格好悪いことⅠ∞+では、不良餌やり行為や妨害/嫌がらせ行為、そして人間の行いの中で最高カッコ悪い『言葉を持たない者への(遺棄・虐待)』に言い及ぶことによっての〝金太郎飴〟!

+∞現場を持つ者にしか判らない心の〝痛み〟∞+では、『もう都市空間の中には牧歌的田園風景など何処にもなく』、だからこそ今切実に大切なのは『外で暮らす猫の〝適正管理〟』であると力説することの金太郎飴

+∞ 切なくなる一枚の写真 ∞+は、言葉を多く何も言わなくても、Face to Face/Eyes to Eyes...、ネットAからネットZへ〝非言語空間段階で判って頂戴〟〝金太郎飴〟

+∞ さまざまな里親会に思いを寄せて ∞+では、外猫/地域猫の置かれている現状に照らして、里親会に一縷望みを託して活動している猫ボラさんたちの悪戦苦闘に触れています。

Nas1e_2

どの記事をどう切り刻んでも。縦に切っても、横に切っても、出てくる問題同じ。人間たちの無責任無節操無定見の金太郎飴のオン・パレード。それらの問題を少人数の猫ボラに何から何まで背負わせている...猫ボラ残酷物語の〝今日本〟なのです。

〝好きでやってんだろう!〟という感情的指摘については、+∞『そんなに好きなら連れて行け!』口撃に対して‘Ⅰ∞+をきっかけに今後、論理的に言い述べて行きます。

最後に。11月の記事をざぁーっと見渡してみると、≪人猫共生会議≫関連の記事が全体の4分の1を占めてしまいました。それは、西に西新宿ゴーストタウンの猫問題を抱え、手元には里親会の責務を担う≪共生会議≫のハードさ - 応援記事を書いて当然です。
猫の郵便ビボー録は、機能性ブログを目指しているから、役に立つことが全てです。

人猫共生会議メンバーさん、たまには気まぐれでも良いので猫の郵便ビボー録の方にも〝ポチッと〟クリックよろしくお願いします。
Mas3

お願い】 地域猫ブログランキングに参加しています。一日一回クリック応援_ポチッとよろしくお願いします

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

Sido                    12月へ

【活動ジャーナル】 日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能な状態にあります。後察し下さい

11/29 夜 12℃

BCD方面へ。寒くなってきて街はひっそりと静かになって来ているように感じる。人の活動が停滞期に入るからだろうか?それとも・・・。
各地各所の地域猫弁当の配達。個別給餌の猫たちは、とりあえずは問題なし。

妨害/いやがらせ行為は、干渉痕が2件。

昼間の置き去り餌の片付け。

A方面へ。各地各所に約束の地域猫弁当を配達。

11/30 朝 9.5℃

A方面の片付け。気力が充実している日とそうでない日がある。気力が伴ってない時は、些細なことにも力が入らない。

BCD方面へ。寒いというよりは、〝うすら寒い〟っていう感覚。各地各所の朝のルーティン。兎に角、〝きちんとむら無く〟やり遂げることを心がけた。

Photo_3             ⇔ 空に向い空しく心を広げる ⇔

| | トラックバック (0)

2010年11月29日 (月)

+∞ 沸騰の11月/写真編 ∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

Iceblue                   氷の瞳

【11月の写真のまとめ】     

この一ヵ月の間にブログ上に掲載した〝写真まとめ〟をしようと≪ビボー録≫11月のバックナンバーをスクロールDown&Upを繰り返していたら、季節の変わり目がそうさせるのか何故か物悲しくなってしまいました。

地面を照らす朝の冷たい光、枯葉がカラカラと風に翻弄されるさま、寒い秋の夜空に時に煌々と時にぼんやりと浮かぶお月さま、葉を落とした木々のシルエット、濡れたベンチ、落ち葉の吹き溜まりで暖をとる猫...エトセトラ、エトセトラ。

冒頭の写真は、暮らす猫世間見つめる〝氷瞳〟と保護活動をする猫ボラの世間を見つめる〝氷瞳〟を、何て言うかダブルミーニングの意味合いを込めて印象派気分で選んでみました。

早朝の薄暗がりの色温度の中でカメラマジックで撮れた偶然の一枚です。この子の瞳が、世間や社会や世界や人々を観る〝眼〟を言い表して呉れているような気がします。

Tora2jpg_2                   とらちゃん

写真のまとめをする時にいつも想うことだけれど。
外で住み暮らす猫たちの写真は、見ていくと、可愛く撮れていても、カッコよく撮れていたとしても、どこかしく哀愁が漂い、物悲しくなる。

今月は、扱うコラム記事の都合で、屋根がなく暮らす地域猫と幼くして保護され譲渡先待つ子猫と飼主がいる家猫が、同月ブログ上で居並ぶ形になりました。

あれやこれや猫たちの写真をオーバーラップさせて見ていると、屋根を持つ者と持たない者のコントラスト落差に驚かされます。
それは、姿にまで影響を及ぼしている。

その象徴的な存在が、11月18日記事で取り上げた〝とらちゃん〟でした。体は痩せ、しかし顔は大きく丸く膨らんで・・・その結果、幸か不幸かお人形さんのように見えてしまう。切な過ぎる一枚の写真でした。

本格的な冬はもうすぐ。猫の郵便は〝とらちゃんとらちゃん仲間たちおじさん〟冬をクリエートしていけるようにサポートしてゆこうと考えています。

Tora1                   とらちゃん

冬が冷たい光と風を連れ立って奔馬に乗ってやってくる。

Nas1e

最後の写真は、秋から冬へ向う季節の風情の中、一時のインディアンサマーに佇む猫のカットです。

秋の木立。一時の安寧。落ち葉。微風。やがて来る季節。 ...給食が終われば別れの時...いつか必ず迎えにくるから

飼主が無く外で暮らす猫、別名〝地域猫〟地域猫保護活動は季節や自然、そして政治気候や社会気候の下で、いつもそれらの顔色を見ながら〝聞えない_切なく小さな悲鳴〟を胸に〝命〟を繋いでいる。Nas1e_4

【お願い】 地域猫ブログランキングに参加しています。一日一回クリック応援_ポチッとよろしくお願いします

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

Photo            秋と猫/冬が奔馬に乗ってやって来る

【活動ジャーナル】 日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能な状態にあります。後察し下さい

11/28 夜 12℃

BCD方面。夜の給食活動。通りは静か。それもその筈_日曜日。
順を追って、一つ一つミスが無いように、正確に現場作業を仕上げて行く。個別給餌対応の猫たちのキャラクターに配慮しながら、回りの様子を目に入れながら。

妨害は1件。

気温表示ほど寒くはなかった。猫たちの夜を思うと風の凪は安心材料。風がないと活動も容易い。

A方面へ。各地に猫弁当を配布。途中でおまわりさんに職務質問を受け、活動を説明。配達終了はMidnight!

11/29 朝 9℃

A方面の後片づけ。明日からもう少し時間を早めにして、回らなければと思わせる事件があった。

BCD方面へ。風が無く、まあまあのラウンド。昨夜の猫弁当は好調に無くなっていた。
昨夜の妨害の現場の様相が、朝の光の元で確認出来た。工夫して解決したが、詳しくは書かない。

Photo_2          ⇔ 天を仰ぎ見るしかないことが沢山ある ⇔

| | トラックバック (0)

2010年11月28日 (日)

+∞ 11月のお買物 ∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

3663                   お買物の月                      
【北風に向って~猫も人も冬準備】       

11月も終盤。間近に迫る冬の備えをする時期になりました。
猫の郵便の保護活動にはフードは勿論のこと、移動のための自転車、食器、傘、ガムテープ、印刷物作成費用等、多様な品目に費用が発生します。
さて、今月の話題は黒缶導入の周辺模様から話を始めます。

11月24日記事+∞東京黒缶新党宣言/ミッドナイト白書∞+にありますように、黒缶派の猫たちがいることが新たに分りましたので、先月から黒缶を購入品目に加えました。
〝猫それぞれの食の好みを知る〟ことが保護活動(=健康危機管理)の重要ポイント
そこで、新アイテム=黒缶を皆に試しに与えてみると、新しいものや珍しいものに嗜好働かせるためか、黒缶新党入党者がチラホラ続出しました。

隣接するエリアからやって来る3頭用として、購入した分はすぐに無くなり、追加注文をしました。   

では黒缶使用分だけ、他の缶詰の使用が減ったかというと、そうではありませんでした。
「あなたも黒缶食べてみる どう」と・・猫さんにとっては別腹にもならない小量ずつをトッピングして、保護下の沢山の猫たちにふるまうと、結局、量は加算され、何缶かのプラス計上になってしまいました。
こうして、新アイテム導入により費用は上昇しました。

しかし、冬はもうすぐ。猫たちには、好きなフードやトッピングを食べて、冬を乗り切ってもらう!〟_健康管理のもっとも合理的安価方法です。
Nas1e_3
フードはウェブ上ショップ・問屋さん・近隣商店・D2などで購入しています。
以下、ウェブ上ショップ・問屋さんで購入。

 ロイヤルカナン20Kg キャラットミックス3Kg×9 おいしくて毛玉対応2,5Kg×10 モンプチドライ700g×10 銀のスプーン680g×2 モンプチプチボックス300g×10 嗜好品×8
トイレ砂7L×16 ペットシーツ88枚

 ウエットフード(記入ないものは全て160g缶) 純缶×216 魚正×300 黒缶×204 カルカン×54 子猫用70g×16 400g缶×72

近隣商店にて
生利×31 鯵・イナダ・鯖・マグロ身アラ 子猫用70g×6 食器用洗剤 書類作成費用 メール便代

 懇意にしている猫ボラAさんより缶詰を寄付して頂きました。また、11月18日記事にあるとらちゃんにドライフードや缶詰を寄付しました。
日々の給食には大量買いのストック品や《モンプチ必ずもらえるプレゼント景品》も使用して節約を図っています。
この他、計上しておりませんが保護猫の治療費・交通費が掛かっております。長時間に及ぶ保護活動時の防寒用の衣服やアイテムもこれから準備しなければいけません。まだ〝入り口〟段階
Mas3_2【お願い】 地域猫ブログランキングに参加しています。一日一回クリック応援_ポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

Photo_2       何事もなく冬をクリエート出来ますように黒缶で〝Go!〟

【活動ジャーナル】 日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能な状態にあります。後察し下さい

11/27 夜 11℃

BCD方面へ。夜の給食活動。寒くなってくると妨害/いやがらせ行為は減少傾向。
各地各所をいつものように個別給餌対応の猫たちをピックアップしながらの作業進行。

某所の現場で猫たちと輪になって、それぞれの猫たちの給餌していたら、見あげると暗いビルの陰から〝ぬっ〟と人影かとドキッとしたがハーフ・ムーンのお月様。ビックリするくらい存在感があった。

A方面へ。お月様に追われて地域猫弁当の配達。終わり。

11/28 朝

A方面の後片づけを少しのんびりやりすぎたようで、次の作業に軽く支障。

BCD方面へ。皆を30分ほど待たせてしまった。しかし、猫たちはいつものとおり。申し訳ない。朝の個別給餌を挟んで、日曜昼までの弁当をセット。

雲ひとつない青空。常緑の葉が朝の斜めからの光を受けて照り映えていた。

3555                       ⇔ 北風を受けて ⇔

| | トラックバック (0)

2010年11月27日 (土)

+∞ ごめんね ~シロちゃん ∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

Shiro2                 ! ごめんね_シロ !

【ごめんねシロ~共生会議里親探しキャラバン隊/積み残し】
               

人猫共生会議里親探しキャラバンに渡って、共生会議が保護管理している里親探しの猫たちを紹介して来ました。
しかし....
ついうっかり積み残しをしてしまいました。
積み残してしまったのは、〝シロ〟ちゃん。本当にごめんなさい。

積み残しがリアルな現実世界の出来事ではなくやれやれの気持ちです

〝砂街〟リアルな現実に、小さな子猫を置き去りにしてしまったら、悔やんでも悔やみ切れません。
Mas3

では、特別枠で『 シロ 』を紹介します。シロは『 +∞人猫共生会議・里親探しキャラバンⅡ∞+ 』で紹介掲載した〝たま〟とは兄と弟関係にあります。どちらがエルダーでどちらがヤンガーか判りませんが、文京区の小石川で兄弟一緒に保護されたとのことです。

現在、〝たまシロ〟は共生会議の保護下/預かりさんの所でリラックスして成長中です。
Nas1e

シロ君: 4ヶ月。♂。大変人馴れしていて、子供に抱っこされても平気です。
蚤駆除済、回虫/条虫駆虫済、猫エイズ/白血病は共にマイナス、3種混合ワクチン済 去勢手術については幼かったため、今タイミング見ているところです。
共生会議・里親会プロジェクトでは出来れば、『 たまとシロを一緒に貰って頂きたい 』とのことですが、限定ではありません。ご相談下さい。
Komina36

【お願い】 地域猫ブログランキングに参加しています。一日一回クリック応援_ポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

Tama            シロと一緒に保護された〝たま〟

【活動ジャーナル】 日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能な状態にあります。後察し下さい

11/26 夜 

BCD方面へ。各地各所、通常の夜の食料供給。空にぼんやりお月さま

妨害/いやがらせ行為は3件。

A方面。各地各所に地域猫弁当の配達。サイード君は自分の弁当場所を再確保し、テネシーがいた夏の頃よりリラックスしている様子だ。

11/27 朝

A方面の後片づけ。早朝、某所で必ず待ち受けているハッチと名付けた猫は、いつも何か言いたげだが何を言ってるのか聞き分けてあげられない。ハッチは、他のハビタットから流れて来た猫。食べ物を与え、TNRをした人なら適正管理をお願いしたいところだ。

BCD方面へ。各地各所、朝のルーティン。作業中は、声をかけないで欲しい‘と心の声。ストレンジャーが話しかけて来ると、猫たちが散って行ってしまう。
もう一度、散り散りになった猫たちを集めるとなると、場所と猫たちを落ち着かせる為に、しばらく時間を待たなければいけなくなる。 

Photo                 冬の花〝山茶花〟

| | トラックバック (0)

2010年11月26日 (金)

+∞ 『そんなに好きなら連れて行け!』口撃に対して‘Ⅰ ∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

Iceblue                   氷の瞳

【『そんなに好きなら、猫を家に連れて行け!口撃に抗してⅠ】
                 

あれは、いつのことだったか 夏の名残りが残る頃か景色が秋へと向う葉ざかい期の頃か 季節の変化に合わせて保護活動時の服装を微妙に変えていたことはよく覚えている。ストロー・ハット。伸びすぎた生垣の緑。空が晴れていたこと。曜日は金曜日だったこと。

そして、それは早朝の活動現場で起こった。

そこは猫たち8頭が住み暮らす猫の郵便管理下では、中規模に属するハビタット(生息地)。時間は午前6時前後だったと思う。
東の空から朝の光が水平に眩しく照り付けていた。

現場に到着して、出迎えてくれた猫たちと輪になって、いつもするようにそれぞれの猫たちに声を掛けながら、嗜好性に合わせて個別のトレイで給餌し、作業を終えた。
1頭の猫を残して他の猫たちはおのおの別々の方角に散って行った。何一つ変わらない普段どおりの長閑(のどか)な朝の光景だった。
Nas1e

さて、次の場所へ・・・と荷物をまとめていたところ ...、中型の白い犬を連れたジェネレーションは50代後半(?)と思われる女性が坂の上から降りて来ようとしていた。

フィジカル・グラフィティ/日常些細一場面 〟と気にも留めず、荷台に荷物を載せさぁー行こうとすると、その女性が坂の下まで辿り着いて、立ち止まり、立ち去ろうとしない。
犬の眼前1.5メートルのところには、残っていた猫が犬に見据えられて姿勢を低くして固まっている。・・→立ち止まったままの〝犬女〟・・→ピーンと張った引き綱_猫の1メートル背後には、運河水辺・・→その間数秒・・→犬と猫が喧嘩になったら大変だと、咄嗟の判断で私は振向きざまに大きい声で〝Hey!〟と声を張り上げた。

そうしたら、その女は頬をプルプルと震わせながら烈火の如く怒り出した。ピーンと張ったリーシ(引き綱)の犬は息も荒く後足立ちで猫を追いつめ、飼主の彼女は『・・・何よ!犬と猫を遊ばせようとしてるんしょう!私は! 猫のことなら知っているわよ・・・そんなに好きならあんたの家に猫連れていけばいいでしょう』_と絶叫3連発。

RtutakinRtutakin_2

彼女は思いのままに叫び続けました。こんなところ/こんな場面で犬と猫を遊ばせる 通りすがりの散歩の犬と出会い頭の地域猫が仲睦まじく仲良くなれる
そして出ました天下の宝刀の〝あの〟言葉_

それは激しく、『 そんなに好きならあんたの家に連れて行きなさいよ!!口撃!!

危機的な状況を回避するために、突発的に私が〝Hey!〟と言った直後に、間髪を入れずに発せられたのが、耳慣れたお馴染みの例の〝あの〟お言葉...。
3つのフレーズは、矢継ぎ早に発せられ、私が口をはさむ隙はありませんでした。言い訳女の独壇場でした。今でも彼女の目の下で疲れた皮膚が小刻みに震えていた様子を鮮明に覚えている。 つづく

Nas1e_2

【お願い】 地域猫ブログランキングに参加しています。一日一回クリック応援_ポチッとよろしくお願いします

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

Jpg            ⇔ 北風に抗し ー 北風に向い ⇔

【活動ジャーナル】 日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能な状態にあります。お察し下さい

11/25 夜 9℃

BCD方面へ。スタート前に強く激しい雨→スタート時は微弱な雨。
各地各所、地域猫弁当の配達&セット。個別給餌が上手く行かなかったものは、明日の朝に補填しよう。

妨害/いやがらせは、1件。

激しい雨にびっくりして猫たちはどこかに隠れたようだ。

A方面。雨対策で憂慮する場所が2ヶ所。うち1ヶ所はどうにかクリア。

11/26 朝 

A方面へ。風が冷たく。街は静か。後片づけの巡回。

BCD方面へ。各地各所のルーティンは通常通り。猫同士のテリトリー争い/2ヶ所で喧嘩に遭遇。仲の悪い猫同士が仲良くなる見通しはない。結局、食べる場所を別けるしかない。

Ajpg       この場所も季節と共に模様を着替えて/リリが居た場所

| | トラックバック (0)

2010年11月25日 (木)

+∞ さまざまな里親会に思いを寄せて ∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

M079           幸福な猫~M家のハクちゃん&ミケちゃん

【さまざまな里親会に思いを寄せて】        

冒頭写真は、9月18日付記事『 +∞ 幸福なプリンセス ∞+ 』で特集した東京都心在住のM家の幸せな猫家族です。
本当に屈託のない幸せ雰囲気が伝わって来ます。

猫の郵便ビボー録は、5回に渡って人猫共生会議の里親探しを巡る記事をシリーズにして取り上げて来ましたが、今、共生会議の保護下で暮らす猫たちにも、外で暮らす多くの猫たちにもM家の猫たちのようなチャンスを与えて上げたいと願わずにはいられません。
これは、外で暮らす猫たちや遺棄された猫たちと日々途切れることなく対面している実感です。
Mas3

地域猫活動をしていると、作業現場に唐突活動を批判する人が現われ、『そんなに好きならお前の家に連れて行け!』と何度言われたか分りません。この経験は、私ばかりではなく、地域猫活動をしている人なら誰でも耳にしている言葉だと思います。言葉と言うよりは、罵声/怒声そのものということも間々あります。

多くの猫家庭猫のチャンスを!― それは、猫ボラなら誰しも思っていること。

しかし、現実にはなかなかは上手く運ばない。

傷を負った猫や仔猫/子猫の保護収容TNR地域猫活動里親会ネットでの里親募集等々で対応対策し、努力はしているものの、追いついてゆかない現状。
私たち猫ボラの手元の作業を飲み込むような大波で猫たちの不幸が作り出されている
Mas3_2

猫の郵便が現在管理している猫が、に約90頭前後。その全ての猫を家の中に保護してやっていける程の財力スペース時間あらゆる余力が、私には現実的にありません。それは、どんな大金持ちでも心豊かな方でも不可能の領域というものでしょう。・・・ だから、地域猫なのです!!〟と言ってもなかなか聞く耳を持って頂けない人たちがいる。 ...Gosh!

〝あー〟にトリプル濁点でもつけなければならない猫ボラ心情なのです。
猫ボラさんたちが必死の努力を重ねても、津波のようにからへと猫たちの悲劇が作り出され、押し寄せてくる。

年間通して日本全国で開かれているさまざま里親会
おそらく、そこにはそれぞれの人たちの深く切実な思いが込められているでしょう。しかし根本の問題が解決されない限り、猫ボラの苦労や努力は今のところザルで水汲んでいるようなことになっている。

辛いなぁ~!!!
Mas3_3

【お願い】 地域猫ブログランキングに参加しています。クリック応援、一日一回ポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

3              大阪から来た〝ハクちゃん〟

【活動ジャーナル】 日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能な状態にあります。後察し下さい

11/24 夜 10℃

BCD方面の地域猫たちに食糧供給の時間。
各地各所、個別給餌対応の猫たちを挟んで、地域猫弁当を配達。各地域猫弁当作りの傾向と対策は、後片づけ時の残量のデータを取り、参考にして作っている。しかし、干渉や妨害に合うとデータは胡散霧散
不良餌やり行為が頻発しない場所のデータは正確。

その他に妨害/いやがらせ行為が3件。

A方面へ。各地の弁当を配達。サイードの姿が無かった。サイードは性格の弱い男の子。

11/25 朝 8℃

A方面の後片づけ。某所には、勘と頭がいい猫が居て、朝晩確実に機を見て登場する。各地各所、問題なし。

BCD方面へ。CDゾーン某所にここ3日間、地面や砂地に所を選ばず小さな煮干をばら撒いてゆく人がいる。地面に直に置いた瞬間に食べ物はゴミ化す
各地各所、朝のルーティン。個別給餌の猫をピックアップしながら、最終地点まで。

シェルターに立ち寄り、ケージの中のニュー・フェイス/テネシーをチェック。落ち着いていた。

Ajpg    !顔立ちは美しく気品があり.. しかしゴーストタウンに捨てられた!

| | トラックバック (0)

2010年11月24日 (水)

+∞ 東京黒缶新党宣言/ミッドナイト白書 ∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

Photo                東京黒缶新党首領と秘書

【黒缶新党東京支部/ミッドナイトな白書】    

それは。
長く厳しい残暑が過ぎ去り、秋色が見た目にも風の中にも色濃くなって来たある夜のことでした。
その日は、夜の給食活動時に或る場所で破壊的な妨害行為を既に確認していて、全ての場所の地域猫弁当を配り終えてから、深夜に及んで復旧に当たらなければいけませんでした。
給食のラウンドから一旦帰宅し、復旧の道具材料を揃え、現場に戻ったのが、午前1時過ぎていましたかね
猫たちは、夜の食糧補給を済ませ、姿を消し、顔を見せません。静かな未明でした。
Nas1e_4

段取り通り修復作業を終え疲れたぁ~と帰ろうとしたら。道の向こうから、隣接する場所に住む3頭たちが走って来るではありませんか
今頃、出て来たのどうしたの?〟と問うと...モゾモゾと上を見上げ、足元を付かず離れずウロウロするばかり。まさかの思いでした。
3頭のこの子たちは、隣接する地区に給餌する人が来ない空腹の日には、こちらの猫たちの食事時を見計らって週に何度か通って来ていました。

隣接する場所でこの猫たちを世話している人は、週に3度餌やりに来るそうです。はぁあー?〟
近所の飲食店の方が見かねて、時々食べ物を与えるという話は聞いていました。その他に、めいめい勤め人気まぐれに缶詰を与えたり、与えなかったり。その方たちが通勤して来ない週末祝日には、何もありません。当然、たちはゴミ漁るしかありませんでした。
給餌場所多くあっても、給餌する多くいても、適正さを欠けば、猫たちをこのように路頭に迷わせる結果になります。

Nas1e

さて話を元に戻して。
その夜未明その時。現場の立て直しに来ていた私には、手持ちのフードは何もありませんでした。シェルターに戻るには時間懸かり過ぎるし...、もし戻ったとしたらその間に3頭は何も貰えなかったとガッカリして散って行ったでしょう。
咄嗟の判断で、急いで近くのコンビニに走り、売っていた黒缶と吟缶を買い現場に戻り、器をみつくろって〝はい〟と差し出してみたところ...
3頭は、パクパクパクパクパクパク威勢良く食べ出しました。うち1頭は、かねてから食べ渋りく、口内炎があるのかなと心配していたのも何のその、パクパクパクパク

そうです。この3頭猫たちは、純缶派でもなく、魚正派でもなく、ドライフード派でもなく、モンプチ派でもなく、なんと実は〝黒缶派〝だったのです。
Nas1e_3

実は黒缶については、こちらの側に敬遠がありました。それは、常日頃、目にする不良餌やりの人たちがレンガや道路や地面に直に置き去りにするのが決まって〝黒缶〟であったために、黒缶に対しては偏見刷り込まれていました。

しかし、この日の出来事_パクパク黒缶を食べる3頭の子ひつじ猫! - 〝びっくり黒缶〟新大陸発見でした。

そうか、黒缶なら食べるのか!〟〝君たちは黒缶党党員だったのか!〟

その後も3頭は度々やって来ています。黒缶中心のウエットフードを与えるようになり、現場作業は以前より速やかに進行するようになりました。
買い物の都合上、猫たちに与えるフードは限られた種類になりがちですが、思いこみ左右されず、さまざまな種類のフードを試してみるべきだと思い知らされた〝或る秋の夜出来事〟でした。

黒缶発見は、ひょうたんから駒の〝Midnightな珍事〟でしたが、猫の嗜好性(好み)には〝成り立ち〟があり、後からやってきた私たちは、それを知るのにしばらく時間がかかってしまいました。

もし、近くのコンビニに純缶・魚正・モナーク等の品揃えがあったら、その時、黒缶発見には至らなかった。それにつけても、気まぐれな給餌や給餌放棄がどんなに猫たちを傷つけているかも同時に知らされた秋の〝深い夜〟でもありました。

Mas3

【お願い】 地域猫ブログランキングに参加しています。クリック応援/一日一回_ポチッとよろしくお願いします

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

The_moon_turns_aroundjpg                ⇔ 秋の夜の出来事 ⇔

【活動ジャーナル】 日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能な状態にあります。後察し下さい

11/23 夜 12℃

30分いつもより前倒しの夜の給食活動出発。
BCD方面へ。各地各所、給食弁当は休日仕様。個別給餌対応の猫たちをピックアップしながら。ラウンド後半、海岸近く、風が強く、作業困難_それでもそこで暮らす猫たちは果敢に対応してくれた。

A方面へ。8ヶ所の弁当配布。テネシーが去って、サイードは元の自分の給餌場所を奪還した。

強風で渇いた落ち葉が路面にこすれて、カラカラと渇いた音を残して一方向に押し流されて行く〝冬へ向う風情〟が身にしみる夜だった。

11/24 朝 

A方面の朝の後片付け。酔っ払いを避け、各地を巡回。

BCD方面へ。作業中に声を掛けられると集まっている猫たちが逃げてしまう。呼び戻すのに再び手間と時間がかかってしまう。・・・Gosh!
朝の個別給餌を挟んで、他は通常のルーティン。

Photo_2                東京黒缶新党難民

| | トラックバック (0)

2010年11月23日 (火)

+∞人猫共生会議INゼロどうぶつクリニック里親会の告知∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

Chobi_1_2        共生会議12月号カバーボーイ/チョビ。2ヶ月。♂。

【人猫共生会議主催の里親会のお知らせ】   

日時 12月2日(木)午後5時~午後8時

地下鉄都営新宿線西大島駅下車
     A1番出口より徒歩1分
次回は青山開催 12月20日(月)午後5時~午後8時 
ギャラリーSPACEKIDS(スペースキッズ)

次回大島里親会は1月20日(木)開催となります。

主催 人と猫の共生を図る対策会議
    電話 080-5437-2665
    メールアドレス hitotoneko@nifty.com
    ホームページ http://homepage2.nifty.com/hitotoneko/

Komina36_2

【お願い】 地域猫ブログランキングに参加しています。一日一回クリック応援_ポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

【活動ジャーナル】 日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能な状態にあります。後察し下さい

11/22 夜 13℃~14℃ 雨

テネシーが病院から帰って来た。テネシーを元の場所リリースすることは無い

BCD方面へ。出発時は弱い雨が次第に強さを増した。猫弁当や作業工程の諸々を雨からガードするのに苦心。猫の出は、芳しくなく。こんな時は坦々と現場作業をこなして行くしかない。

A方面へ。ドット姫という猫が住む場所だけ、いつも雨対策に頭を痛める。各地の地域猫弁当の配達。

帰宅途中、鉄腕ウンガ宅に立ち寄り、テネシーを大きな居住スペースに移動。

11/23 朝 13℃

A方面の後片付け。弱い雨。

BCD方面へ。祝日のためコミューターは無く、快適なラウンドになった。各地各所、通常のルーティン。鉄腕ウンガさんにTelして、手伝って頂いた。

Dscn3538                冬の奔馬/冬の訪れ

| | トラックバック (0)

2010年11月22日 (月)

+∞TNR~人猫共生会議からのメール・レター∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

Chobi_2           里親会に参加する〝チョビ〟推定2ヶ月♂

【TNR~人猫共生会議からのメール】   

11月22日コラム記事は、≪人猫共生会議≫から定期的に届くメール・レターを前段や解説を付けずにそのまま転載します。
外で暮らす猫/遺棄里親会開催_猫ボラの日々がいかに過酷大変かを感じ取って頂ければ幸いです。

人猫共生会議/1122‘人猫通信≫    

会員、賛助会員、会友の皆様

お早うございます。

20日(土)から21日(日)にかけて、港区内2箇所同時進行で、徹夜TNRを実施しました。依頼者の地域住民は協力的で、大変でしたけれど気持ちよく作業できました。

参加者は、夜組Mさん、Hさん、Dさん、Tの4人、徹夜組Dさん、朝組T。

一時保護した猫の数は、夜10頭、深夜2頭、朝3頭計15頭
搬送はKさんとJさんにお願いしました。

また、協力獣医師ゼロどうぶつクリニックは、深夜12時近くまでかかって手術してくださいました。
協力してくださった皆様、ありがとうございました。

このあと、月曜日にリリース、水曜日にトラップ・ケージ洗浄と、作業は更に続きます。特に今回は数が多いので、トラップの洗浄を手伝って下さる方は是非ご連絡下さい。時間は24日(水)19時~21時です。

里親会も同じことが言えるのですが、作業本番と同じくらい、事前の準備事後の処理が大変です。皆様のご協力を宜しくお願い致します。
Komina36

《人猫共生会議/里親会》について

22日は、引き続き中目黒CCHの譲渡会にDさんとTが参加
参加したのは、K/タマ・シロ、M/チョビ・ビット、Z/メグ・シェルターのダー、D/ギロ・コロの9頭
残念ながら、全体で80頭参加という大規模譲渡会で、共生会議の猫たちにはお試しの声はかかりませんでした。

8日青山里親会でお試し入りしたS/鈴が正式譲渡、兄弟のテンテンは1週間のお試し延長となりましたが、里親さんとの仲がうまくいっているので、正式に譲渡されることになると思っています。

今週末も予約一杯になっているTNR実施します。また来週木曜日は大島里親会です。CCHを間に挟んで、里親会は3週連続になります。里親会運営担当者里子に出した猫たちのデータベース管理者募集します。お手伝いいただける方は人猫共生会議Tまでご連絡ください。よろしくお願いいたします。

人猫共生会議/T
Komina36_2

【お願い】地域猫ブログランキングに参加しています。クリック応援_ポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

Yuria_1        ネットで里親募集も行っています〝ユリア〟2~3歳♀

【活動ジャーナル】 日々の給食活動報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細記述は不可能な状態にあります。お察し下さい

㌻: 速報性時事性高い記事を優先したために4日分のコラム記事保留しました。序々に埋め合わせて行くことになります。

11/21 夜 15℃

遅れているブログ・コラム記事を2本UPして→日曜夜の給食活動。
日曜日の港区は大きい通りも街も非常にに閑静。各地各所、地域猫弁当の配布配達。
某所の砂地に煮干のくず状態ものが大量にばら撒かれてあった()。

いつもルーティン・ワークのように続く妨害/いやがらせ行為は無し、日曜休業。

A方面へ。テネシーがいた場所の猫の交通整理がテネシーを保護することによって、スムーズな作業進行_男の子3頭(TNR済み)のハビタットになった。

11/22 朝 14℃

眠たい目を擦りながら、A方面のラウンドに出発。急いで自転車を漕ぐと汗ばんだ。
各地各所、静かな日曜日明けの朝。

BCD方面へ。各地各所、週明けの朝のルーティン。
8頭の猫が住む某所で皆と輪になって、個別給餌。それを終えてから、各猫の背中をタッチして健康チェック。痩せているか、痩せて来たかどうか。背骨情報源

リリの後継の猫は、大分馴れて来た。フェンスから手を差し出し、何かを主張_要求するようになった。その他は、特別問題なし。

某所のキジ猫君のブレクファストのやり方を冬に向けて変更(海岸に近づくほど風が強くなる)。

Macci_1       〝マッシー〟1~2歳♂_人猫共生会議ホーム・ページ

| | トラックバック (0)

2010年11月21日 (日)

+∞ 人猫共生会議・里親探しキャラバンⅢ ∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

Dscn2027              屋根のない子_屋根のある子

【人猫共生会議/里親募集キャラバンⅢ】    

Nas1e

渇いた社会に渇いた人。砂の人々が行き交う砂の街。
砂上の楼閣が立ち並ぶ路地裏で、身を潜め、上目づかいに生きる猫たちは〝砂の猫〟? ...いいえ、命 ...
渇いた一瞥の視線を送り行き過ぎる人々には、『たかが猫』でも、『されど命 - 今を生きている

里親探しキャラバン隊は行く〟- 渇いた風に向いながら。

街から街へ。人猫共生会議は、依頼主の意向を受けたTNR活動とそれに伴ない焙り出される仔猫訳ありたちの里親探しプロジェクト両輪で、『外で暮らす飼い主が居ない猫たちの問題』に今まで真剣取り組んで来ました。

人猫共生会議の里親会プロジェクトは、街で拾い上げた猫たちの里親探しをするばかりではなく、強制的命を終了させられるたちを行政施設から救い出し育成し、自らが主催する≪里親会≫に参加させる活動も並行して行っています。

殺処分ゼロを目指し、少しでも多く猫たちを行政施設から救出できるように、今、共生会議は≪里親会≫の充実発展チャレンジしているところです。

〝1頭でも多くの猫に≪命の転換点≫のチャンスを!〟

Cubdo

では。人猫共生会議・第3回の≪里親探し/ネット・キャラバン≫は、〝とら〟〝たん〟〝アン〟の紹介です。

 〝とら〟は、順応性が高く、人馴れしています。生後推定4ヶ月。♀。
 〝たん〟は、港区のTNR時に〝アン〟と一緒に保護されました。2ヶ月の子猫。♂。人馴れしています。蚤取りと虫下しはそれぞれ2回クリアしています。

 〝アン〟は、港区で〝たん〟と共に保護されました。2ヶ月。♀。すぐに〝ゴロゴロ〟と喉を鳴らします。黒猫の特徴である美しい顔は、アンちゃんも同様です。蚤取り・虫下しは〝たん〟と同じです。アンちゃんの写真が不明瞭なのでいつか又。

Tora                    とら

Tan_1                    たん

An3                    アン

 今回紹介した子猫たちは、まだ幼いために不妊手術は控えています。
Mas3

 人猫共生会議は定期的に里親会を開催しています。その他に共生会議ホーム・ページ上でも里親募集を常時行っています。是非、足をお運び下さい。それぞれのスタッフが猫との接触時間が長いので、『猫の相談』なら何でも話しかけてみて下さい。

Komina36

【お願い】 地域猫ブログランキングに参加しています。クリック応援_ポチッとよろしくお願いします

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

【活動ジャーナル】 日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能な状態にあります。後察し下さい

11/20 夜 15℃→14℃

猫の郵便管理ハビタットの某所で活動の終盤に《捕獲作戦》があるので、夜の給食活動は若干緊張気味のスタート。

BCD方面へ。各地各所、個別給餌の猫に給餌しながら、BCDゾーン19ヶ所に弁当を配達&セットするのは、いつもの通り。

ビジネス街は土曜日で閑散としていた。

A方面へ。8ヶ所の弁当を用意し、保護用のケージといざという時の洗濯用ネットを持って出発。保護作戦を現場作業の一番最後に回すので弁当配達の順番をチェンジ。

保護作戦は、抱きかかえてから激しい抵抗にあったが、上手く行った。

11/21 朝 10℃~11℃

A方面へ。昨日、保護した猫の名前は、茹だるような暑い夏に出会ったので仮の名前で〝テネシー〟とした。テネシー・ウィリアムスの〝テネシー〟 ― テネシーは午前8時頃、人猫共生会議に迎えに来て貰い、TNRのために病院に搬送になる。

テネシーが居ないA方面のラウンドは、一つ問題解決したから、気持ちを楽にしてのラウンドになった。

BCD方面へ。各地各所、通常の朝のルーティン・ワーク。日曜日なのでコミューターのラッシュが無く快適なラウンド。

午前8時にテネシーを共生会議に手渡した。

071  !ハクちゃんミケちゃん(幸福な猫‘より)のように、皆、幸せになってね!

| | トラックバック (0)

2010年11月20日 (土)

+∞ 人猫共生会議・里親探しキャラバンⅡ ∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

Eric1114_007jpg         このライトアップのメッセージ・ワードは〝命と水〟

【人猫共生会議/里親募集キャラバンⅡ】   
                    

砂漠を行くから〝キャラバン〟...
無関心な視線と空気がクロスする人の心砂の大地行く

今回のプロジェクト_人猫共生会議の保護下にあるたちの紹介は、『人の世の/人の心の〟砂漠を、傷ついたたちのオアシス求めて渡り行く道のり』だから、〝キャラバン〟と名付けました。

も、たちの不幸が作り出されるのには、多様雑多な原因があります。

産まれて来る仔猫たちの命の保障もせず(不妊手術をせず)次から次に仔を生ませ続ける無責任飼主。引越し等による置き去り。飼主による飼育放棄だから不妊手術をしなくても良いと放し飼いにするたちの社会性欠落。などなど。

その他に、適正管理で暮らす所謂(いわゆる)野良猫たちが産む仔猫たち。
それにはベースに〝捨て猫問題〟がありますが、ランダムに給餌行為をしている人たちの無責任_TNRの義務を負わない問題もあります。
Rtutakin

法律の未整備と行政当局者不勉強(環境省の方針が行政担当者まで降りて行かない)、それに加えて、広報活動の不徹底〝犬たちの不幸〟なる拍車を駆けています。猫ボラ同士の意思の疎通連携の悪さ故の非効率性、行政と猫ボラの関係等々。 ...砂関係

巷に流布される猫を巡る間違った情報都市伝説
猫ボラに仕掛けられる妨害偏見無知な問い掛け ....砂社会!

〝人心の渇き〟の中 _見捨てられたたちを連れて歩む猫ボラの私たちは、もっと繋がりを大切に、支えあってゆかないと、只...埋もれてしまうだけの運命になる。

Mas3

では。人猫共生会議/第2回キャラバン紹介するのは、トミーたまムーです。

 トミーは、港区で保護された〝捨てられた猫〟です。歳。♂。保護当時は歯肉炎が酷く、最近4本の歯を抜歯手術しました。猫の郵便は、今までかなりの数の大人たちを保護して来ましたが、愛情をかけてあげれば大丈夫
 たま。4ヶ月。♂。文京区で保護。まだ子供です。次回紹介するシロとは兄弟猫。出来れば一緒に貰って頂くことを希望しています。
 ムー。 港区で保護。1~2歳。♀ムーは、東京/港区白金で猫を沢山飼っていた人が猫を全部置き去りにして引越してゆき、取り残された外で産んだです。可哀そうに。ムーは、余りにも人懐っこく、TNR後にリリース諦め、共生会議が里親探しをすることになりました。黒茶の三毛猫はおっとり/穏やか型が多く、柔らかな神秘性も兼ね備えています。

Tomi_2                    トミー

Tama2                     たま

Mu_1                     ムー

 いずれの猫たちも皆共に_蚤駆除済み/回虫・条虫駆虫済み/3種混合ワクチン済み/猫エイズ・猫白血病マイナス/トイレトレーニング済みのコンディションにあります。皆さん、この子たちの未来ハッピーが開きますように、心にお留め置き下さい。

 人猫共生会議は定期的に開催する里親会運営担当協力者里子に出したたちのデータベース管理者を募集しています。
共生会議は貰われていったたちの行く末も見守っています。

Komina36

【お願い】 地域猫ブログランキングに参加しています。クリック応援_ポチッとよろしくお願いします

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

【活動ジャーナル】 日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能な状態にあります。後察し下さい。

11/19 夜 13℃

BCD方面へ。さほど寒くなく。時間的な焦りを胸に各地各所を巡回。時間がおしているからと言って個別給餌の猫たちを急かせることは出来ない。

妨害は軽度。

寒くなって、各地の猫たちの食欲が落ちている。

あるハビタットに小分けしたドライフードの空袋がその場にポイ捨てされてあった。近くには猫じゃらしの玩具。オーマイ・ガーッ!

A方面へ。各地各所の地域猫弁当の配達。終了はMidnight!

11/20 朝 10℃

A方面の後片付け。某所で気になっている性格が弱いサイードに遭遇_その場で給餌。元気でね‘と・・・。

BCD方面。朝のルーティン。風がある場所の個別給餌はひと苦労、ふた苦労する。海が近くなるにつれて、風が強くなる。
空を見上げると青い空に穏やかな白い雲、昼間の時間、気温が上がり、暖かくなればいいな。

800pxwater_droplet_blue_bg05               ⇔ 一滴の水から ⇔

| | トラックバック (0)

2010年11月19日 (金)

+∞ 人猫共生会議・里親募集キャラバンⅠ ∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

Gumi_megu_2       赤ちゃんの時に遺棄された〝グミとメグ〟♂‘3~4ヶ月

【人猫共生会議/里親募集キャラバンⅠ】   

人猫共生会議は、不幸たちを作り出さないために、そして外で暮らす飼主のいないたちに更なる不幸状況作り出さないために、TNR(一時保護→不妊手術)の実施推進をメインに活動しているグループです。

人猫共生会議は、TNR一時保護作業時に〝屋外では生存不可能〟たちにも当然めぐり合って来ました。それらの仔猫/子猫/成猫は、共生会議シェルター保護収容し、永年面倒を見てくれる〝里親探しプロジェクト〟対応しています。
一頭でも多くたちを飼主のいない不幸な状態から脱却させ、〝家庭猫〟として共生会議シェルターから送り出すために、猫の郵便も助力(アシスト)することに成りました。

Cubdo

今回はその一回目グミメグの兄弟猫とアイちゃんとダー君の4頭のたちをそれぞれ紹介します。

 冒頭写真は〝グミメグ〟_今年の7月に群馬県の或るバス停ティッシュ・ペーバーの箱に入れられて捨てられているところを発見・保護され、共生会議に収容されました。両方とも。推定約3ヶ月。出来れば兄弟に一緒に。
 アイちゃんは、今年の3月に港区で保護。TNR後リリースの予定でしたが、あまりにも人懐っこく、里親探しに可能性を見い出すことになりました(人懐っこい性格は、外で生きてゆくには時に危険要素)。1歳
 ダー君は豊島区で他の2匹の兄弟と共に保護されました。推定5ヶ月男の子。鈴を鳴らしたような声で鳴き、おもちゃで遊ぶことが大好きな子猫です。

 いずれの猫たちは皆共に_蚤駆除済み/回虫・条虫駆虫済み/3種混合ワクチン済み/猫エイズ・猫白血病マイナス/トイレトレーニング済みのコンディション元にあります。皆さん、この子たちの未来ハッピーな扉が開きますように、心にお留め置き下さい。

Mas3

 人猫共生会議は定期的〝里親会〟開催しています。その他に共生会議ホーム・ページ上でも里親募集を常時行っています。

Gumi_megu_1            グミとメグ(出来れば兄弟一緒に)

Ai_1              アイ/1歳♀~人馴れしている

101031da1               ダー/5ヶ月♂~甘えん坊

【お願い】地域猫ブログランキングに参加しています。クリック応援_ポチッとよろしくお願いします

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

【活動ジャーナル】 日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能な状態にあります。後察し下さい。

11/18 夜 10℃

気が沈み...陽が沈み。それでも地域猫保護活動続いて行く
夜の給食活動。BCD方面へ。
各地各所、個別給餌を間に入れながら、いつものコーズで巡回。おばさん?の干渉痕あり。大々的な妨害/いやがらせ行為はなし。

A方面へ。8ヶ所の地域猫弁当の配達。

11/19 朝 7℃~8℃ 

A方面の後片付け。某所ハビタットのサイードが元気がない。サイードは臆病で弱い気質に属する子だ。

BCD方面へ。各地各所、朝の通常のルーティン。問題なし。

Happy_plants            ⇔ 南天? ~難を転じてHappyに ⇔

| | トラックバック (0)

2010年11月18日 (木)

+∞ 切なくなる一枚の写真 ∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

Tora1                !Tora The Cat!

【外で暮らす〝猫のとら〟の物語】   
                  

冒頭の写真の猫の名前は〝とら〟と言うそうです。とら〟? トラ〟? Tora〟? 〟? それともさん どの表記が正しいのか分りませんが、この子の面倒を見ているおじさんがゴッド・ファーザーだそうです。

写真の顔を見ると、やはり、外で暮らす猫たちと室内で身の安全を保障されて暮らす猫たちとでは〝形〟の上でも差異歴然としてしまいますね。痛ましいことです。
誰がこの子にこの運命〟を背負わせたのか

猫のことを知らなければ、だけから、とらちゃんをはじめとした外猫と室内で暮らす家猫を言い当てるのは難しいでしょう。

〝とらちゃんの顔はむくんでいますね。目も、飼われて暮らす家猫と違ってまん丸では無く、リンパ腺等に腫れがあるのかな

一生懸命に生きて来た_生きるために生きて来た〝切なさ〟物語る一枚の写真です。
Nas1e

この写真は9月のある日、鉄腕ウンガから送られてきたメールに添付されていたものです。
彼女の話によると。とらちゃんは、今はホームレスのおじさんに手厚く世話をされて暮らしています。
しかし、元々〝とらちゃんたちは、30歳くらいのある女性が面倒を見ていたとのことです。ところが、ある日突然その女性姿消したという_当ブログでも折に触れて出て来る在りがちなエピソード_〝餌やり放棄〟の一場面でした。

給餌放棄された〝とらちゃん〟たち行く末案じたのは、近くに住む日々の生活の糧にも事欠くホームレスのおじさんでした。
何とも、まぁーと言う以外に、今でも他の言葉が見つかりません! ....Gosh!
Nas1e_4
富める者が綺麗な靴を履き、綺麗な車に乗って闊歩してゆく...社会
見向きもされない路傍の花と石と ...〝猫〟たちの命運

一方...
貧しい者や弱者や心に繊細な感覚を持つ人が〝可哀そうだな〟と自分の身を削って、外で暮らす運命を背負った猫たち世話をしている_比較対照のこの構図
何て言ったらいいのか 唯々ため息が出、やる瀬無くなる。

鉄腕ウンガのメールに添えられていた〝とらちゃんとおじさん「事の経緯」〟を読んで、思わず目が潤むのを禁じ得ませんでした。

ベンチにすわる寒くないように布を敷いて上げるおじさん
街の底から、低く蒼くブルーズが聞えてくるような〝一枚写真〟でした。

鉄腕ウンガは、その後〝とらちゃんたちとおじさん〟に物資支援を始めました。
Rtutakin_3

【お願い】地域猫ブログランキングに参加していますクリック応援_ポチッとよろしくお願いします

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

Tora2jpg_2          !可愛い〝とら〟ちゃん~Good Luck!

【活動ジャーナル】 日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能な状態にあります。後察し下さい。

11/17 夜 8℃

微弱な雨。カッパ着用で夜の給食活動。
BCD方面へ。各地各所、雨のルーティン・ワーク。雨の日は傘を何本も携帯しなければならず、自転車走行が慎重になる。

妨害/いやがらせ行為は1件。

猫たちの出は、悪かった。しかし、どんな条件下でも食糧供給欠かさないようにしている。ハビタットを安定化させるためには必須作業工程。個体の猫の健康(個々の猫を身体的にも心理的にも飢餓状態にしない)、猫同士の関係の険悪化を避ける_淀みない日常活動が問題を解決してゆく道すじになると信じている。

Aゾーン。雨は止んだ。各地各所に地域猫弁当の配達。

11/18 朝 9℃

A方面へ。TNRターゲットの子猫は現われず。各地を後片付け巡回。

BCD方面へ。寒さにまだ慣れてないから体を順応させるのにしばらく時間がかかりそう。猫たちも大変だろう。
各地各所の朝のルーティン・ワーク。寒くなって来たのでウェットフードの種類を微妙に変えている。
個別給餌の子たちは全員問題なし。

Photo    苔むす地表に寒い光~苔はイギリスや日本では○~アメリカでは×

| | トラックバック (0)

2010年11月17日 (水)

+∞ 猫の郵便/休刊のご挨拶 ∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

Jpg            給餌放棄された子(バラク君の兄弟)

【コラム休刊 ~多忙につき】     

寒くなってきました。日中はまだまいですが、木々をざわめかせる吹く夜は、もうすっかりようです。

猫の郵便は、毎日大変に慌しく、忙しく。11月17日のコラム記事休刊日とさせて下さい。

西に子猫のサビ猫ちゃんのTNR一時保護作戦。
では、既にお知らせしてあるように難問を抱える地域猫ハビタットがあり、室内シェルターでは、最長老の猫のポポフ君が重度の口内炎、それに加えて、女の子のグレース姫は顔に腫れ物があり‘尚且つ膀胱炎も患っている。

たかが猫されど命

寒空の下、外で暮らす地域猫たちの朝晩の給食活動&後片付けもサボる訳にいかない。

プライベートなことは書きませんが、公私/ボラ共にとてもビジーで、ブログの日付に追いついていけそうにないので、プログの時間を少しにして時間猶予をとるしかありません。よって、11月17日のテーマ・コラムお休みにします。

では、今日はこれにて〝ご免〟!
では、皆さま、季節の変わり目お体大切
Mas3_3

【お願い】地域猫ブログランキングに参加しています。クリック応援_ポチッとよろしく願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

Eric623_008        亡くなったリリの為ににお別れの十字架を作った原木

【活動ジャーナル】 日々の給食活動報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能な状態にあります。お察し下さい。

11/16 夜 11℃

BCD方面へ。夜の給食活動。本当に寒くなって来た。各地各所、猫たちの動向をチェックしながら、夜のルーティン・ワーク。リリの後継の子に特別給仕(誤字ではありません)_大分慣れてきて、よく鳴く猫さんで何かを訴えている_この子は他の猫たちを非常に恐れている。

妨害/いやがらせ行為は2件。

Bゾーン某所、猫の郵便が活動している場所に近隣からあぶれ出てくる子達は、この夜は来なかった_おそらく、この日は1週間に3回餌やりに来るという某嬢が来たのだろう_不良餌やりの一例_1週間に3日だけ生きる訳ではない。

A方面へ。8ヶ所の弁当配布に約1時間。

11/17 朝 8℃

昨日同様に余裕を持ってA方面のラウンド。寒さのせいか、目的のサビ猫子猫には会えなかった。

BCD方面へ。微弱な雨がパラパラと。雨ガッパの上着だけ持っていった。
各地各所、寒さ到来で猫たちが当惑している。
リリの後継の猫に金網ごしの給仕_金網ごしに指を差し入れ、喉や頭を撫でさすったら拒否はされなかった_ひとつの収穫

ルーティン・ワークを続行して、最終地点まで辿り着くと空気が冷えた缶ビールのような手触りだった。気温8℃よりも寒く感じた。

Photo_2           !日本黒缶新党東京支部の皆さん!

| | トラックバック (0)

2010年11月16日 (火)

+∞何とか捕まってね*子猫のサビ猫ちゃん‘TNR大作戦∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

Dscn2887        君に初めて会ったのはタワーが夏のライティングの頃

【TNR大作戦】          

タイトルをTNR大作戦としたけれど、ターゲットは子猫一匹。しかし、TNRは一匹でも一頭でも〝大作戦〟になる。一頭でもTNR残すと後々一大事になりかねないからだ。

当ブログで以前お知らせしたように、猫ボラの江東区のSさんは、一頭の♀猫を残してしまったがために、その後、そのハビタット(生息地)の猫たちをプラス20頭にまで増やしてしまった体験を持つ。

TNRのための捕獲作戦時は、心身共に緊張状態になること常々。捕まればいいけど、捕まらなかったらどうしよう。猫たちに過度の心理的な負担をかけなければいいが...など、UP&Down葛藤がいつもある。
Rtutakin

さてと。今回は、いつもTNR一時保護作戦(捕獲)時にお願いしている人猫共生会議捕獲器で捕まえて貰う方法ではなく、自分の素手での実行になる。大規模ハビタットで沢山の猫をTNRするならば、共生会議にご足労をお願いするところだが、共生会議は大変に忙しく〝一頭捕獲〟を依頼するのは気が重かった。そんな理由で、その子が遺棄されたのを発見した夏の頃から、兎に角、仲良しになって、自分で捕まえようと腹を決めていた訳です。

Rtutakin_2

初めてその子に遭ったのは、今年の茹だるような暑さの始まる頃。
3頭の♂猫が住むハビタットに夜の猫弁当を運んで行った時のこと。夜目に目の前を一瞬、小さな暗い塊りが走り去って行った。
ガーン~! 〝Oh,My God! Again?!〟〝此処は、全てTNR済みなのに 近くの猫たちも猫の郵便が20頭以上の全頭TNRをしている。その外輪の猫を世話している人にもTNR実施をお願いしTNRを済ませている!〟_赤ちゃんを産むような該当する猫は見当たらない_ 捨て猫である。遺棄であった。此処に捨てれば誰かなんとかしてくれると思ったのか 捨て猫現場遭遇すると、いつも頭に血が上る。

しかし、そうこう言っても目の前で起きている現実に対処対応しなければ、これまでの積み重ねや労力が〝元木阿弥!〟→水泡帰してしまう。
Rtutakin_3

作戦はまず、姿を確認することから始めました。毎日せっせと猫弁当を運び、姿を見ること。本体まるごと正体現すまでには、随分時間が懸かりました。夏が終わる頃、朝の作業でようやくサビ猫だと判り、同時に女の子だと判明、それからしばらくして弁当を置く場所で待っているようになりました。最初の挨拶は〝カァ~〟
逃げなくなったのはいつの日のことだったか、よく覚えていない。

朝晩の作業を通し、忍耐に忍耐を重ね、警戒心を解き、微々微々っと接近状態を作り、約1ヶ月くらい前に意を決して背中に軽く触ってみたら、怒りもせず一心不乱に猫弁当に向うサビ子猫。
そうして、毎日毎日少しずつタッチの量を増やして行きました。

Rtutakin_4

ここ一週間は、自転車を止めると迎えに来て大きな声で〝ミャー〟_グリグリ背中を撫で回しても大丈夫これなら、共生会議の手を患わせなくても自分でケージを持参し、捕獲できる_ 捕獲作戦の方法決定瞬間でした。

猫の郵便作業員Aは、素手で捕まえるのはお手の物_今迄、近くはリリタンを含めて50頭を超える猫たちを素手による古式手法で捕まえて来ました。
Mas3_2

上手く捕まって下さい、お願いしますサビ猫ちゃん!
君の〝これから〟をバラ色に彩るために。

【お願い】 地域猫ブログランキングに参加しています。クリック応援_ポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

Dscn1860 こんな暗い闇に0歳児の仔を捨てるなど_おぞましきは’人間のAct

【活動ジャーナル】 日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能な状態にあります。後察し下さい。

11/15 夜 7℃

寒波が東京にやってきた。自転車で風を切る頬が冷たい。
給食活動直前まで、雨。

BCD方面へ。気温が昨日より5℃下がった。非常に寒い。この季節になると外で暮らす猫たちが可哀そうになる。気候や猫たちに服を着せる訳にはいかない。
各地各所、個別給餌を挟んで、猫弁当の配達。16ヶ所&α

A方面へ。カッパから通常の服に着替えて。8ヶ所の地域猫弁当の配達。

11/16 朝 7℃

安全な時間帯にA方面の後片付けに出発。いつものルーティン。夏に捨てられた仔猫のサビ猫の様子を見た。大分大きくなったが痩せている。

BCD方面へ。寒い。でも、これからもっと寒くなる。どうなるやら、気が重い。

各地各所、通常のルーティン_リリが空けたスペースには茶トラの女の子が安定して来ている。自転車のベルを鳴らすと高い所から降りてくる。

帰り道、寒いけれど朝の明るい強い光が寒さの中で〝冬渇き〟を思わせた。

Photo       地域猫ランキングのレジスターPhotoを変更/これが元原稿

| | トラックバック (0)

2010年11月15日 (月)

+∞気持ちが沈み..日が暮れて..それでも活動は続いて行く..∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

Dscn3515              気持ちが沈み.. 日が沈み

【猫の郵便News】 猫の郵便読者の皆さん! ≪おおさか ねこネット≫のこの記事注目して下さい。記事タイトルは『大阪市が「公園ねこ適正管理推進サポーター制度」をはじめます』_≪おおさか ねこネット≫のブログは、デザインがクリアで見やすく、内容的にも大変よいサイトです。東京都環境衛生課動物管理係の皆さん、港区役所協働推進課に皆さん、ご覧あれ。
おおさか ねこネット≫を訪問した際は、≪おおさか ねこネット≫のポチックリックもお忘れなく。

Mas3

【もしも辛く気持ちが沈む日があったとしても..,】   
                 

世の中には、まるで鮫のように、血の臭いを嗅ぎつけてはやって来るがいる。
世の中には、『旅の恥はかき捨て/ばれなきゃラッキー』とばかりに悪態限りを尽くす奴がいる。

11月14日記事冒頭は、ブログを小休止した或る方の話題から始めましたが、猫プログを猫の捨て場所探し利用する_そんな(やから)が世の中にはいる。

猫の郵便も大なり小なり同じような被害に遭って来ました。だから、ブログには最近は殆ど具体的なことは何も書けない状態にあります。風景写真でも特定される場所は、極力避けるようになりました。写真を撮る際は、周りの景色を映さないよう慎重に注意深く撮影しています。

猫の郵便は、捨て猫被害と同時に地域猫活動への妨害・いやがらせ事件虐待事件にも対応して行かなければならない事情にあるので、扱う記事のテーマ内容表現限られて来ています。
近頃の記事が抽象的なものになってしまっているのは、その為です。

Mas3_2

ブログ舵取りしてゆくのにも、3方面・4方面に配慮しながら行動しなければならないなんて当初は思ってもいませんでした。
戦いたくはないけれど、対処対応は視界の中に絶えず入れておかなければいけません。面楚歌のブログ運営です。

Rtutakin

しかし、何があっても...
気持ちが暗く沈むことがあっても...
〝今を生きる生の命〟と向かい合って成り立っているのが〝地域猫活動〟だから、On & On  ⇔  活動は続いて行く_淀みなく休みなく ⇔ On & On!
〝命の懇願〟を見捨てる訳にはいかない。
最後1頭行く末を見届けるまでは。≪たかが猫されど命

【お願い】 地域猫ブログランキングに参加しています。クリック応援_ポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

Wild_wind              午前零時_枯葉と木枯らしの中で

【活動ジャーナル】 日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能な状態にあります。後察し下さい。

11/14 夜 15℃

出発の時から疲れていた。BCD方面へ。日曜の各地各所を個別給餌の猫たちを拾いながら巡った。さほど寒くはない。ビジネス街の港区は日曜日はゴーストタウン。ブルーズが聞えて来るようだった。

A方面へ。道はがらがら、繁華街もがらがら。しかし、日曜日でも休みはない

11/15 朝 13℃

昨夜Aゾーンで回収すべきトレイを回収していないのに気付き、慌ててA方面へ。ミスは猫の命取りになる→無事回収。その他の後片付け。

BCD方面へ。寒いなぁ~と思いながら現場作業。昨夜、予報を調べたら寒気が降りてくるらしい。各地各所、場所に応じてルーティン。個別給餌_OK。他は特筆すべき問題は見当たらなかった。

Dscn2507                猫の額に猫が住む

| | トラックバック (0)

2010年11月14日 (日)

+∞ Oh,My God! ∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

Good_morning1_2          ⇔ 渇いた街の渇いた冬の朝日を浴びて..⇔

【Oh,My God!/人間失格~言葉なき者をあやめる人々】
                

猫の郵便をリンクしてくれている或るブログが突然一時休止状態に追い込まれてしまいました。ガーン! Oh,My God! 原因は、その方たちがTNR活動をしている場所で、最近次から次に猫が捨てられる『猫の遺棄問題』が起こっているからです。

そのブログを運営している人は自分のブログに捨て猫される原因僅かでもあるのではないかと心配してしばらくブログを小休止するそうです。

一生懸命に猫の救援活動をしている人と捨てるしかない仔猫産ませ続けている人の間にある、この闇の深さ一体全体、何なのだろう!〟

頭が痛くなる
Rtutakin

捨て猫文化(?)蔓延がなければ、猫の郵便作業員Aにも違った人生や生活がある。全国の猫ボラさんたちも心を痛める必要がなくなる。しかし、この国では、いまだ犬や猫を捨てる行為がまるで習慣文化のように闊歩している。
飲み残しの缶コーヒーを路上にポイ捨てするのと犬や猫を捨てるのが同感覚同ステージ上でなされている。

思いつくまま、欲求のままに生きる人たち_こういう人たちには何の〝薬〟も効き目はないだろう。馬鹿につける薬なし

Mas3_2

ブログを一時休止するその方は『飼っているひと=猫捨てるひと/~猫を家族だとは思っていないし...簡単に捨てちゃうひと』と書き綴っています。

目の前の猫を自分の欲求を叶えてくれるか否かの無機物にしか感じない感性_そこに捨てれば誰か何とかしてくれるだろうというその感性 ⇔ 巡り巡ってその人の感性が迎える〝人生地獄〟に誰が振向くのだろう? 唾棄する値打ちも無い!

Dscn3515

秋深く、道行く人は能面の顔_その中で誰が犬や猫を捨てたかなど判る訳もなく、胡散霧散に時は行き過ぎ、残されるのは、捨てられた猫猫ボラの苦労。

年間に行政が処分する犬や猫の数と全国の猫ボラさんが世話をする猫たちの総計すれば、その背後には、犬猫たちの不幸を作り出したかなりの人影がある筈。
心に闇をもつ暗い塊り黒い人影たち。

政治や行政の場で作りメディア動員して、捨て猫・捨て犬防止の〝見えない空気作り〟出来ないものか?

先日、亡くなったリリの前を跋扈していった無数人々の無関心を私は忘れない

【お願い】 地域猫ブログランキングに参加しています。クリック応援_ポチッとよろしくお願いします

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

Whenwhere      !いつ、どこで、誰が、どうして..この子はこの運命を..!

【活動ジャーナル】 日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能な状態にあります。後察し下さい。

11/13 夜 16℃

BCD方面へ。各地の巡回と猫弁当の配達。各地で話しかけられることは、拒否できないが、作業が止まってしまうジレンマに陥る。

気候は寒くも無く・・・程度。個別給餌の子達は概ね昼間の餌置きおばさんたちの行動に準じる。夜の猫たちの行動で大方の昼間の様子を推察している。

妨害/干渉行為が2件。

A方面へ。APEC警備は要所。昨夜よりはおまわりさんの数は少なめ。交通量も少なめ。各地に約束の地域猫弁当の配達。

11/14 朝 15℃

寝違えて左肩が痛い。A方面へ。後片付け。捨て猫サビの捕獲作戦をいつやろうか?_思案中。

BCD方面へ。各地各所、猫の出がバラバラのさみだれ登場だったので思いのほか時間がかかってしまった。

リリの住んでいた某所で作業中、背後にカサカサと落ち葉が擦れる音_振向いてもそこにはリリは居ず・・・風の戯れ。

Photo           ↑天を仰ぎ見るしかないことが沢山ある↑

| | トラックバック (0)

2010年11月13日 (土)

+∞現場を持つ者にしか判らない心の〝痛み〟∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

Dscn0703_2        !大都会の片隅〝猫の額〟の一角にも〝秋〟!

【現場を持つ者にしか判らない〝痛み〟】  

当ブログがリンクしている≪まるの猫魂~ええかっこしいの地域猫活動~≫_11月15日付のコラム記事『 動物好きな方にお願いしたいこと 』が大変良い記事なので、是非読んでみて下さい。

記事の中でまるさんは、餌やり放棄された猫たちや弱い気質の猫や《「猫ボラ責任」の問題》について触れていますが、それは場所を異にした猫の郵便作業員Aの体験体感でもありました。現場を持つ者にしか判らない_外で暮らす猫たち日々向い合って生きている人の痛みが切々と伝わって来る内容でした。

某ブログによって『猫のエサ場はたくさんある』等、巷間、ネット・タニマチ流布されていますが、狭い私見を一般論として広く撒き餌されたのでは、たまったものではありません。たとえ、餌場が沢山あったとしても猫Aがそこに辿り着けるとは限らない_縄張りに入れてもらえるとは限らない。私の実体験でも、住民から苦情を入れられた場合に常時食べていた場所を移動するのには、大変な労力時間が要りました。それに、某猫Bここだよ!〟と指南しても他の猫が怖くて、そこにその一歩踏み出せない現実を今、抱えています。
Nas1e

餌場が沢山あって、日本全国の外で暮らすたちが全て裕福ならば、5年前にウチに来た〝テルミン〟と言うキジ猫は、何故あんなにやせ細っていたのでしょう。テルミンを保護した時、彼女の体を両手で挟んだら1.5ミリ厚しかありませんでした。

現場を持たない者に外で暮らす猫たち痛みなど分かる訳もありません。

現場を持つ者にしか判り得ない体験情報を集積して、ネット上や猫ボラネットワークで共有し、猫たちを風聞から守ってゆきたいものです。
因みに、猫の郵便の日々の活動は、その場所で一番弱い猫基準値にして成り立たせています。

Rtutakin_2

猫のエサ場はたくさんある???
場当たりの不良餌やり行為場所としてカウントすれば、そうかもしれません。しかし、場当たり/当てずっぽうの無責任な給餌行為〝地域猫活動〟とは、呼びません。
猫のエサ場はたくさんある』という仮説は、むしろ『そうだったら、いつ止めてもいいのね!』とするお気楽な人たちに免罪符を与えるようなものです。
Nas1e_4

〝猫はエサのみに生きるにあらず(人はパンのみに生きるにあらず)_今、『猫問題』にとって重要なのは『〝猫のエサ場はたくさんある〟都市伝説』を作り出すことではなく、外で暮らす猫たちが誤解偏見にまみえないように適正管理法整備法の運用の方を充実させることではありませんか

人が住まない街・西新宿や猫の郵便が活動している港区では、『猫のエサ場はたくさんある』ような猫の天国はどこにもありません。猫の生息地を守り、死守するのに必死な毎日なのです。

都市化が進み、住宅地も管理社会と化して行く現代社会の中で、猫たちが今日は○○さんレストラン、明日は△▼さんレストラン自由自在に跳ね回り生きていけるような牧歌的田園は、猫の郵便作業員Aの私が住む街にはありません

【お願い】地域猫ブログランキングに参加しています。ポチッとクリック応援よろしくお願いします。 

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

Cat_in_the_morning      ⇔ 気が弱い男の子/大ハビタットには入れて貰えない ⇔

【活動ジャーナル】 日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能な状態にあります。後察し下さい。

11/12 夜 16℃ 

BCD方面へ。外は意外に温暖。各地各所を巡って行く。
個別給餌の際、突然声を掛けられると猫たちが逃げ去ってしまう。近隣の人に話しかけられるのは、保護活動にとって有益であり、しかし、その分、手間と時間を弄する。

妨害/いやがらせ行為は2件。

A方面へ。某所で猫よけの水入りペット・ボトルを置かれる。ゴミで散らかっていても寛容なのに猫となると目の色を変える。????

現場作業を終え、鉄腕ウンガのところに立ち寄って、届けものをして家に帰り着くのが午前2時前。家で待つ猫たちには申し訳ないと思っている。

11/13 朝 16℃

またまた寝坊→アラームをかけていても起きられない。最近は開き直りラウンドが身についたが、いつ刺されるか分からない活動。用心しないといけない。

BCD方面へ。各現場の様子が季節と共に刻々と変わって行っているように感じる。そうかと言って都市の砂漠の原野にいる猫全て〝我が手〟コントロール出来る訳もない。

毎日こつこつと地域猫弁当を運び、一定のモラルを守り、環境整備をし_猫たちを黙々と見守り続けるしかない。

Dscn3497        空の模様/人知の及ばぬ世界~身を任せるしかなし

Nas1e_2

| | トラックバック (0)

2010年11月12日 (金)

+∞格好いいこと_格好悪いことⅠ∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

Dscn3428         !荒唐無稽..脈絡のない都市計画..カッコ悪!

【格好いいこと_悪いこと】       

当ブログ11月10日の+∞〝猫ボラ〟とファッション∞+の記事中で、自分のことを〝いいかっこしい〟だと書き記しました。その通りです。何は無くても何を差し置いても、〝形〟(こだわ)る。猫の郵便作業員Aは、そういう人間である。
執拗に形に拘る。その形になるまで追求を止めない。その心理は(服装はそれでも軽い位置に属する)、多岐に渡りあらゆる方面及んでゆく。

物事を判断する上で、〝形になっているか!?〟〝カッコいいか or カッコ悪いか?〟全てなのである。何かを〝やる〟〝する〟〝観る〟〝聞く〟〝着る〟〝食べる〟〝買う〟〝飼う〟等々、人間が行う行動全般を通して、〝カッコいいか、悪いか?〟が全ての正否の基準なのである。カッコ悪いことはやらない。ダサーいことはやらない。ダサーく始まったことでも格好よく形するまで追求する。そのような性分であり、キャラクター持ち主である。
Rtutakin

             形の良さ、品格美しさ
Rtutakin_2

毎日外で6時間にも及んで地域猫活動をしていると、いやがおうにも色んな人々生態行状が目に飛び込んで来くる。
街が移り変わる時代の絵模様やオムニバス・パーツ人々〝価値品〟モザイク状映し出している。

そして、その場その時さまざまなシーンに、自らの行動を照らし合わせ、(かえり)みている〝自分〟がいる。

歩き煙草禁止の注意書きステッカーが乱立する通りを堂々と闊歩して行く歩き煙草のサラリーマンの群れ無灯火→猛スピードで突進して来る自転車ライダーティーンならいざ知らず道塞ぎして輪になって長話をしているオヤジたちの一群コンビニ前で化粧をしている女、傘を差し携帯を弄りながら自転車を漕いでいる、近頃はものを食いながら食べ散らかしながら歩いている奴も老若男女数多くいる。

猫の分野で述べれば、不良餌やり_
レンガ舗道の上ににベターっとウェットフードやフードエトセトラを置き去りにする人、TNRを断わったのにランダムに餌やりにやって来るおばさん達、軽く注意喚起しても毒舌吐いて去って行く人....
Nas1e

カッコ悪いのである。非常にカッコ悪いのである。偉そうだが、こういう人間種類には属したくない。
妨害/いやがらせに憂き身をやつす人間もカッコ悪い
短いLifetime! Sing your song on earth!_〝自分の歌歌って生きろよ!自分の歌を歌って見ろよ!〟と言いたくなる。

そして、この世界で最もカッコ悪いことは、言葉を持たない存在(幼児、動物、自然etc)を痛めつけること。要らなくなったからと犬や猫保健所に持ち込む人_受け取る公的制度機関_これもカッコ悪い。犬や猫をはじめとした動物遺棄カッコ悪く、おぞましい。
ばれなきゃいいやとケツをまくって生きている人人生に対する態度が、格好悪いのである。公に出来ないおぞましい秘密を抱いての人生は辛かろうに。

【お願い】 地域猫ブログランキングに参加しています。ポチッとクリック応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

Hpjpg         何があっても守り通そうと思わせてくれるお姫さま

【活動ジャーナル】 日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能な状態にあります。後察し下さい。

11/11 夜 14℃

保護猫ポポフ君が口内炎の治療のために病院に行って来た。

BCD方面へ。夜の給食活動。各地各所に地域猫弁当。昼間の通行人が干渉した痕はあった。表面的には許せる範囲内としたいところだが、データは失われる。

落ち葉が道路のあちこちに_踏みしめるとサクサクいい音がした。去年、猫たちが落ち葉がいっぱい吹き黙ったところを布団代わりにして寝ていたのを思い出した。そこにはリリやウンガロや・・・・。

A方面へ。各地の地域猫弁当の配達。サビ猫にタッチ、素手で捕まえられそうだ。

11/12 朝 16℃

A方面へ。後片付け。サビ猫は、今回は警戒_よく鳴く子_声が太い。

BCD方面へ。朝のルーティン・ワーク_猫たちの出が悪い。作業時間のせいかな?明日はもっと早く来るように心がけよう。
某所で清掃会社の人に声を掛けられ、しばらく話し込んだ。彼の話によれば、不良餌やりに悩まされていると言う。お互いに大変である。

Alone_in_the_night          午前0時ゴースト・タウン/ひとり孤独に生きる

| | トラックバック (0)

2010年11月11日 (木)

+∞ 皆さん! お元気ですか? ∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

2_3             〝Thank You, Folks!〟

【皆さん、お元気ですか?】     

月日が経つのは早いものである。地域猫ブログランキングに参加して、既にもう1ヶ月時が流れ行き過ぎてゆきました。
良かったこと。経験になったこと。気付いたこと。色々ありました。
そして今、現在≪猫の郵便ビボー録≫は地域猫ブログランキングで、何の間違いか判りませんが、2位位置しています。

ランキングに参加しようと決めた時は、まさか、こんな結果で1ヵ月後を迎えるとは微塵想像していませんでした。

Cubdo

忙しい生活の中で毎日クリック投票してくれた人、気づいた時、忘れずに投票してくれた、一つ一つ一人一人のワン・クリック/ワン・モーションが降り積もり積み重なって、≪猫の郵便≫の形作られています。今迄投票して頂いた方々には、いずれの人にも心からお礼を申し上げます

特に地域猫保護活動チーム≪猫の郵便≫が当面している困難な事情状況理解した上で、自分自身の活動としてクリック応援して下さっている皆さんには〝Special Thanks〟_何て言って良いか分からないくらいの〝恩義〟を感じています。

〝Folks, I will never forget your kindness what you have done for us!〟

Cubdo

苦しい時支えてくれる人たちのために_
日々の活動はまるで地下活動のように黙々と地味だけれど、その中で、を磨き、を磨き、自分を磨き、ブログを磨き、言葉を磨き、デジカメを磨き(笑)、活動磨き....傷ついた猫たちを守り通してゆきます。

猫の郵便がブログランキングに参加したのは、〝自らを衆目監視の元に置くことによって、活動と地域猫たち安全を確保する〟というのが第一義の目的でした。しかし、私たちの目の前に現われた黒い雲は、いまだ立ち込めたまま晴れ渡った訳ではありません。
これからも見守り応援よろしくお願いします。
Nas1e

皆さん、元気ですか?_月並な言葉だけど〝がんばりましょう〟

【お願い】 地域猫ブログランキング参加しています。一日一回ポチックリック応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

F2jpg            猫の郵便ゲート/看板娘になった姫

【活動ジャーナル】 日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能な状態にあります。後察し下さい。

11/10 夜 12℃

BCD方面へ。The leaves are fading....! → 葉は色褪せて‘とでも翻訳すればいいのかな・・・・→カサカサと乾いた音を立てて闇の中を落ち葉が舞い降りて来る。
猫の皆は、隠れるようにひっそりと静かに暮らしている。

各地各所、個別給餌を間に入れながら、地域猫弁当を配達して行く。急に寒くなって来たので猫たちの出が穏やかな季節と比べると鈍くなった。

A方面へ。8ヶ所の地域猫弁当の配達。うち問題の捨て猫サビは、弁当セットの時、捕獲のためにベタベタベタと背中を撫でて来た_先ず安心させることがOne Step!

11/11 朝 12℃

A方面へ。後片付け。某所で天敵会社の馬鹿と遭遇。無視。TNR収容目的の仔はガタガタに痩せている。もっと近づかなければ_もう少し。

BCD方面へ。朝のルーティン・ワーク。見捨てられた猫たちが自分を必要としてくれる限り、状況に則して機能してゆく。たとえ、誰を敵に回しても。

Dscn3473               非言語空間に想う〝秋〟

| | トラックバック (0)

2010年11月10日 (水)

+∞ 〝猫ボラ〟とファッション ∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

Photo                猫と秋/冬を目の前に

【猫ボラとファッション】       

東京/六本木~麻布、そして白金・芝に至る周辺模様_皆さん、服装は大変おしゃれでいらっしゃる。格好いいか悪いか、形になっているか否かは別にして、過剰なくらいに服装に気を使っているのが一目で分る。ヘア・スタイルからつま先(靴)まで。道行く通勤のビジネスマンやOLから繁華街に繰り出す老若男女まで。

今日の話題は〝ファッション〟服装の話です。
そうは言っても、冒頭の流れを引きずる流行最先端を行くハイ・ファッションファッション・チェックの話にはなりません。
猫ボラにとっての服装の話です。

一般に何気なく道行く人々の軽装では、猫の郵便作業員Aの現場作業連続は務まらないからです。

当ブログで何回か話題にして来ましたが、猫の郵便作業員Aの地域猫保護活動時間は朝と夜合わせて6時間に及びます。

夏は暑さと汗とモスキートの襲撃に抗した服装。冬は主に防寒対策_風邪を引かないように、体全体関節冷やさないように_寝込むような風邪を引いたり、病気になっても代わりに誰かが地域猫活動を代行してくれる訳ではありません。
これから来る〝来たるべき冬〟の到来に備えて、服装も心も用意周到に準備をしておかなければと思う冬を目前にした今日この頃なのです。
Mas3

備えあれば、憂いなし_一日総計6時間〟の外の生活を甘くは見られない。

猫の郵便の活動/現場作業は、猫弁当を作ってちょっと、そこまで・・・〟程度で済むような軽度のものではなく、体勢を低くしてブッジュの中に分け入ったり、膝や腰を折ったままの一定時間作業もしばしば、立ったり座ったり膝を地面にこすったり、植物の突起に服が引っかかったり等々を考慮に入れて、機能性が先ず何よりも先んじる最大重要要素になります。

年間で、ズボンシャツカッパをどれくらい駄目にするのか_こんなことも目に見えない猫ボラ活動にお金が掛かる〟_計上できない諸経費の一部です。
ズボンは大抵、右膝部分が穴が開いて駄目になる。シャツは、袖口が擦り切れる_キャットフードや泥で予期せぬ所にシミが付く。靴はワン・シーズンに一足は必ず履き潰す。カッパもワン・シーズン持つかどうか。
Nas1e

猫の郵便作業員Aは、〝ええかっこしい!〟なので、機能性vsミテクレ(格好・形)の戦いは季節ごとの悩ましい問題になっている。
しかし、友人のファッション関係(デザイナー)の人が猫の保護活動をしている私に気遣ってくれて、何かと洋服を供給し続けて呉れている。
ゴルチェ、フェレ、GAP、ゼニア、アルマーニ(本当の話)・・・・ありがたい事だと思っています。要らなくなった物の処分先という話もあるけれど(笑)。

もっとも、降ればファッションなんて言っていられなくなる。
雨の日のカッパ姿は、老も若もスタイルが良いも悪いも、背の高低だけが判然とするだけで、何もかも雨色一色に包み込んでしてしまう。

【お願い】 地域猫ブログランキング参加しています。ポチっとクリック応援よろしくお願いします。 

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

Photo_2                街に冬がやって来る

【活動ジャーナル】 日々の諸活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細についての記述は不可能な状態にあります。ご察し下さい。

11/09 夜 14℃

BCD方面へ。現場に辿り着き、そこでしばらく作業をしていても誰も人が通らずシーンと鎮まり返えり_お正月休みかと錯覚してしまった。
各地各所、場の特性に合わせた猫弁当の配達&Set_個別給餌の猫たちは別枠。

妨害/いやがらせ行為は2件。

最後の某作業現場の猫の出が悪くなっているのが、寒さが原因なのか、別の要因なのかは不明。

別件妨害1件。深夜にFixに行く。

A方面へ。風の冷え加減が頬に心地よく、風を切って走行。

某所のサビ模様の捨て猫に初めて触った。背中を少し。痩せていた。これを何回か続ければ、捕獲器なしでTNRに行けそうだ。

11/10 朝 13℃

A方面へ。冷たい風。APEC警備で街は厳戒態勢。おまわりさんが要所毎に_横浜は遠く離れているけれど。

BCD方面へ。各地の現場作業はみんな下を向いてやる作業_猫たちに注意を払って、手元を見て_1ヶ所目、2ヶ所目と作業を進め、落ち葉が落ちる音に上を見上げたら雲ひとつない真っ青な朝の青空。何故か嬉しくなった。

〝リリは、もうとっくに天国についているなぁ~〟

Photo_3                  リリ幻想

| | トラックバック (0)

2010年11月 9日 (火)

+∞有刺鉄線に咲く花に.... マイノリティーとしての胸の内∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

Photo                有刺鉄線上の花に

【武士道と云うは死ぬ事と見つけたり】   

外で暮らす猫たちの救援活動をしている自分を客観的視点から見つめてみると、自分の精神活動〝完全なるマイノリティー〟であることに行き当たる。

それは、数字の上からも自明である。約1億3千万人の中の0.001%の中の一人_ちっぽけな一人
時に大胆に語気を強め、時にひっそりと忍んで夜の道を行く。

猫ボラ続けて行く限り、外で暮らす猫たちを守ろうと思えば、戦いを避けて通る訳にはいかない。外猫の救援活動をして来た人なら大なり小なり多少の経験はあるだろう。今までも。これからも。

外側から加わるする〝戦い〟_内なる自分自身の心との戦い
マイノリティーである以上、一般論的な人生の価値観は選べない。歩めない
『 武士道と云うは死ぬ事と見つけたり 』

Quiet_t

『 武士道と云うは死ぬ事と見つけたり 』_
11月6日、+∞〝猫ボラ〟は貴重な〝社会の財産〟∞+記事中冒頭で。木陰や葉に隠れる東京タワーの風景写真にタイトルを付ける時、葉っぱ間に間にタワーが浮かんでいる様子から軽い気持ちで『 %葉隠れの東京タワー% 』とネーミングして記事をUP_でも、後から〝葉隠れ・・・〟〝葉隠・・・と妙に気持ちに瘤のような引っ掛かりが出来て、言葉の意味をインターネットで調べてみたら出て来た文言が_『 武士道と云うは死ぬ事と見つけたり 』_

Mas3

・・・・・・戦う・・・武士道・・・、色々とあちこち読み漁ってみたけれど、奥が深過ぎて...大海目の前にして、舟はなし、オールはなし・・・茫洋としていて、つかみ所が無く。挙句の果てにこの国固有の文化本丸に降りて行く原因重力のようなものが自分にはない。
残るは、貝殻だけ。

しかし、この世界の意味の何たるかも分からない愚か者の私でも、生きてゆかなければならない。戦って生きてゆかなければならない。
人生の戦いは続いて行く。
Cubdo_2

季節が空気を着替え始めた晩秋の早朝_
自転車の上。唐突にふと、こんなことがイメージの中(よぎ)っていった。

そうか、腹を括れということか!〟_『人生も社会も世界も全て戦い。腹を括りなさい。』と・・・。妙に納得してしまった自分がいる。

偏見、誤解、蔑視、異端視、嘲笑・・・・有刺鉄線張り巡らされる茨の道を傷ついた猫と共に歩いて行く

【お願い】 地域猫ブログランキング参加しています。1日1回ポチックリック応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

Photo_3               風と共に猫と共に~冬へ

【活動ジャーナル】 日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能な状態にあります。後察し下さい。

11/08 夜 16℃

猫の郵便作業員Aの日常は慢性の睡眠不足。いつでも眠い。しかし、時間が来れば毎日の猫ボラ活動がやって来る。さあ、出かけよう。
BCD方面へ。温暖。個別給餌を挟んで各地の地域猫弁当の配達はいつも通り。

妨害/いやがらせ行為はCDゾーンで2件。

時間を若干前倒しして出発したので余裕を持って現場作業。

A方面へ。深夜になると赤羽橋を通過するタクシーの量が増える。それと同時に繁華街を無目的に浮遊する人も増える。各地各所、問題なし。

11/09 朝 15℃

A方面へ。後片付け。サビの新顔がその場所に到着すると大声で呼ぶようになった。仕方なく、朝の給餌。一回りしてから片付け。

BCD方面へ。自転車を少しスピードアップすると汗ばむ陽気。11月になってから温暖な日が続く。各地各所、朝のルーティン・ワークは、いつも通り。

個別給餌の猫たちは皆元気だった。

Sky1                 Quiet Sky ⇔

| | トラックバック (0)

2010年11月 8日 (月)

+∞11月8日は人猫共生会議・里親会∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

 本日11月8日(月) 午後5時~8時 人猫共生会議里親会
 場所 ギャラリーSPACEKIDS(スペースキッズ)
      
港区南青山2-7-9
      (ホンダビルの先、POLAビル横入る)

 交通 
地下鉄銀座線・半蔵門線・大江戸線 青山1丁目駅下車
     3/5番出口より徒歩数分

    すぐに猫が欲しい人でなくても、お立ち寄りください。
    猫のボランティアさんが集まる里親会は
          情報の宝庫/いろいろな事が分かります。

    ボランティア募集中です。
    日常的な些細な作業でも?OK!作業分野はいろいろあります。

   西新宿TNRで保護した仔たち8頭のうち6頭が参加します
Ts3v00140001_2

Ts3v00160001_2         体重800g 生後2ケ月の西新宿で保護された女の子たち

ランキングに参加しています。1日1クリック応援よろしくお願い致します
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

 11月3日記事 
+∞ 亡くなったリリに捧げるメモリアル・リーフ ∞+ 修正UPしました。是非ご覧ください。音楽を3曲(右クリックにて)と写真を7枚(拡大可)格納しました。

【活動ジャーナル】 日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能な状態にあります。後察し下さい。

11/07 夜

BCD方面へ。日曜の夜、静かな街並を夜の給食活動へ。気温が幾分高めで外で暮らす猫たちにはラッキーな夜。
日曜日のためか、目だった妨害行為はなかった。

朝の弁当は全てほぼ綺麗に無くなっていた。
日曜の夜は不気味なくらいのゴーストタウン_居ない方がいいけど、夜釣りのフィシャーマンも寒くなってきて引いているようだ。

A方面へ。各地各所、本当にひっそり。交通量が日曜夜は極端に落ちる。作業は貫徹。

11/08 朝 13℃

仮眠をとれず徹夜でA方面の後片付け現場へ。各地各所、問題なくクリア。サビの捨て猫は自分から近づいて来るようになった。もう少し。

BCD方面へ。各地各所、週明けの朝のルーティン・ワーク。テリトリー争いで某オス猫が2ヶ所のハビタットで他の猫たちを追いかけ暴れ回っている。
その他は通常の現場作業。

| | トラックバック (0)

2010年11月 7日 (日)

+∞ 我が家の食卓 ∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

Dscn2387a         タワー点灯と共に我が家の夕暮れ模様が始まる

【我が家の食卓】       

〝我が家の食卓〟と言っても人間の食卓ではなく、保護したたちで形成する〝猫家族〟食事模様です。

猫たちは時間に正確です。食事時間近くになると部屋の中でめいめいがそれぞれの表現方法行動を開始します。
ある者は私の足元をそわそわと付いて歩き、ある者はキッチンに向かいお茶を入れる私の背後で〝ミャー〟請求の鳴き声を上げ、ある者はデスクの上でPCのディスプレイの傍で情熱的な視線を投げかけ、猫によりけり・・・こうして〝我が家の家族の食事時〟は始まります。

先ず、私がDinner Timeと声を掛けると数名の秘書ネコがお手伝いに後を追います。シンクテーブルの上に形の不揃いな10を超える皿を上手に重ね、ウェットフード缶をその上に積み上げ、ドライフード数種類を小脇に抱え、カーペットが敷いてある部屋の真ん中に向かいます。先回りして自分のいつもの決まった場所で待ち受ける子、後を追いかけて来て所定の場所に陣取る子_食事時は、私を円の中心にして輪を描き、どの子がどの場所に陣取るかは、何故かいつのまにかネコ同士の協定が出来ているようで、皆、だいたい毎日同じ並びになっています。
Nas1e

では、まずはドライフードを各々の皿に好みに合わせて配り、ドライフードを全員に配り終わったら、その横にウェットフードを乗せて行きます。ウェットフードの種類は、その日によって違いますが、純缶大、魚正黒缶カルカンモンプチ等を使い分けています。
本当に猫によって好みは阿鼻叫喚/様々な様相を呈していて、高級ドライフードOnlyの子、純缶以外の缶詰には見向きもしない子、何でも食べる子_ドライフードの方もモンプチ・ドライじゃなきゃ嫌だというモンプチ派ロイヤル・カナン派嗜好性が二分されています。

順番争いも大変です。控えめな子が結局、後塵を拝することになってしまいますが、カーペットの上に円陣を作ってみんな並び揃うとあちらこちらから、ゴロゴロゴロゴロと輪唱する声が聞こえて来ます。こんな風にして、我が家夕べは暮れてゆきます。

食事時に大切なことはを掛けてあげること_〝はい、ポポフ君〟〝はい、タイム君〟〝はい、パセリとアテニャン〟・・・〝よく噛んで〟・・・〝大丈夫、ちゃんとあげるから〟・・・〝ダリン君、足りないの?〟・・・

食べ物は生き物の心を繋ぐ大事なコミュニケーション・ツール。ないがしろにしてはいけない。
Mas3

さてと。次のシェルターの猫たちもおなかを空かして待っている。 さあ、行こう〟

関連記事; ∞+Heart to Heart+∞ 時間があったら目を通して下さい。
参考記事: +∞大阪市西区幼児遺棄虐待殺人事件∞+

お願い】 地域猫ブログランキングに参加しています。一日一回ポチックリック応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

Photo     形も色も大きさも皆さまざま~皿の形・猫の形~ひとつの家族

【活動ジャーナル】 日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能な状態にあります。後察し下さい。

11/06 夜 14℃

ブログ更新で遅れをとり、焦りながらの夜の給活。
BCD方面へ。各地各所、地域猫弁当を持って巡回。某所でいつも必ず会う某猫が現われなかった。寒くなって来ると猫たちが食欲の面で問題が出てくる。

A方面。地域猫弁当の配達_某所で猫同士の喧嘩発生。捨て猫のサビは弁当を出すと即座に食べ出すほど馴れて来た。逃げなくなった。

11/07 朝 

A方面へ。後片付け。日曜日・朝の静かな街並を巡る。

BCD方面へ。昨夜、出席しなかった某猫が現われ、一安心。各ハビタットの猫同士の関係は実に微妙_リリが空けたスペースは女の子ふたりが争っている_両猫同士の関係はN極とN極_Aは影でひっそりと生き、Bは孤立状態にあるもののし表ステージで堂々と生きている。

各地各所、日曜日モードでセット/ルーティン・ワーク。昨夜の弁当も概ね綺麗になくなっていた。

Timejpg  地域猫から家庭猫になったタイム君(リリと同郷)は純缶とロイヤル・カナン

| | トラックバック (0)

2010年11月 6日 (土)

+∞〝猫ボラ〟は貴重な〝社会の財産〟∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

Falltowe2r                %葉隠れの東京タワー%

【猫ボラは皆、疲れている】      

猫の郵便は、この秋に入ってから、ボランティアの≪新宿キャット・サポート≫とメールで連絡を取り合っている。≪新宿キャット・サポート≫を主宰しているその方は、≪千代田にゃんとなる会≫のメンバーでもあり、つい最近≪千代田にゃんとなる会≫の総会に出席した際、猫ボラさんが非常に疲労困憊疲弊気味だったと印象を持ったという。

それもそのはず_当ブログ+∞〝猫ボラ〟は貴重な〝国の財産〟∞+でお伝えしたように、10万人に一人何十万人に一人にあらゆる重力が懸かっているのだ。

日常の給食活動TNR里親会、保護した猫の世話、ブログやホーム・ページの管理運営広報、役所や近隣住民との交渉、種々色々な雑事.・・・本当にありとあらゆる作業や工程や周辺諸々を少人数でやり繰りしていかなければいけない事情にある。
Photo

ブログ≪世田谷区連続虐待≫の主宰者の方は、目を剥くような忙しさの中で、お風呂やシャワーの時間を捻出するのが至難の技だという。

TNRを主に依頼を受けて活動している猫ボラCさんは、車を自宅車庫に止めた瞬間に爆睡状態に入り、そのまま朝まで寝込んでしまうことも度々だという。

譲渡先を探す里親会に参加する赤ちゃん猫を預かっているボラさんは、仕事を抱えながら2,3時間毎に起きて授乳しなければならず、睡眠不足ヘトヘト

猫の郵便作業員Aの生活も、睡眠時間と言い、シャワー時間と言い、時間のやり繰りは悲惨・悲劇の領域に突入している。

作業を分担出来れば、皆それに越したことはないが_あるボランティア団体の人に話しを聞くとメンバーが長続きせず止めてゆくという。

しかし、しかし・・・

元へ。止めたい奴は止めていけば良い

Photo_3
唯の単なる“猫好き”程度の柔な考えでは、この問題は荷が重過ぎる
保護活動ハードな生活の中で強い耐性や意識を身につけた者だけが、メッセージ・ディーラーとして力を持ち、≪≫の何かを社会に伝える原資となり得るのだと思う。

猫ボラが世の中の闇から闇へと消えて行く〝流れ星運命〟を辿るのか、それとも社会の資源/資本となり→猫をはじめとした動物たちが今置かれている状況を少しでも変えて行く礎になるのか、個人・団体共に正念場を迎えている。
長丁場になりそうな気配だ。

【お願い】 地域猫ブログランキングに参加しています。1日1回ポチッとクリック応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

Dscn3446          ⇔ 秋...The leaves are fading...秋 ⇔

【活動ジャーナル】 日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能な状態にあります。後察し下さい。

11/05 夜 14℃

大阪のまるさんが助けた仔猫たちが全員亡くなった事について、追悼ブログをUPしてから、夜の給活へOn Stage!
BCD方面へ。ウィークデイなのに閑散とした街並。各地各所、問題なし。個別給餌を挟みながら、地域猫弁当を配り歩く。天気予報で言われていたような寒さではなかった。風も微弱。

A方面へ。TNRターゲットの子は弁当を待ち焦がれているようになった。もう少し。

11/06 朝 10℃

仮眠のつもりが寝入ってしまい→遅刻。A方面へ。開き直りラウンド。昨日の睡眠時間が2時間だから仕方がない。

BCD方面へ。静かな週末の朝。穏やかな秋の日と言っていい。朝の光が斜めから。各地各所、休日モードのルーティン・ワーク。

リリが抜けたスペーズを巡って2名の女の子が凌ぎを削っている。その他は、別段問題なし。

Alone_2      !大都会にひとり・・よく生きて来た!10年を超えるという!

| | トラックバック (0)

2010年11月 5日 (金)

+∞まるさん_天国の仔猫たちの冥福を祈ります∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

For_you       遺棄、そして病気で亡くなった大阪の仔猫たちの為に

【慎んでお悔やみ申し上げます】      

地域猫保護活動に於いて、そして、インターネット上でいつも大変お世話になっているブログ≪まるの猫魂~ええかっこしいの地域猫活動~≫まるさんのところで事件が起きました。すでにご存知の方もいらっしゃると思います。

まるさんが日頃、地域猫活動している公園に深夜、段ボール詰めで仔猫5頭が遺棄され、まるさんが助け出した時は箱の中で死んでいる仔もいて残りの仔を病院で入院加療にあたりましたが、病名はパルボで、わずか数日で亡くなったとのこと。

悲しすぎる話です。

病気だから仕方がないという人もいるかもしれませんが、病気や病死の前段階で〝遺棄〟した人間が許せません。

捨てるしかない仔猫を何故産ませるのかと思うと、ぶん殴ってやりたい衝動に駆られます。生命の保障を出来ない仔らを生ませるもっと前の段階で何故不妊手術する〝知恵〟が無かったのか 
愚か者というしかありません。このタイプの人間は、何度もこういうことをきっと繰り返して行くのだろう。

拾って拾っても後を絶たない。

〝遺棄〟や〝無責任な飼い方〟に対しては、社会的な大きな空気(法も含む)醸成して行かなければなりません。Cubdoまるさんや我々個々の猫ボラだけの力では、夏祭りの夜店の金魚すくいの網のように非力で、活動を深めて行けば行くほどに空しさを感じて来ました

まるさん、気を落とさず、お互いに、これからも、めげずにがんばって行きましょう。
Mas3_3

小さな体天国に昇っていった仔猫たちの冥福を祈ります。 
                                 (J.E,L記)

Dscn3411    これから寒くなったゆく_どういうつもりで命/猫を捨てるのだろう?

【お願い】 地域猫ブログランキングに参加しています。ポチッとクリック応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

【活動ジャーナル】日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能な状態にあります。後察し下さい。

11/04 夜 12℃

BCD方面へ。夜の給食活動。いつものように_いつものとおり_いつもの段取りと手順で。

妨害/干渉痕はCDゾーンで2件。

個別給餌を挟んで。夜は大分寒くなって来た。

A方面。各地の地域猫弁当の配達。某所の捨て猫の女の子は逃げなくなった。

11/05 朝 

A方面の後片付け。天気が↑の予感。各地各所、問題なし。

BCD方面。朝にしては温暖_個別給餌がスムーズにいった。その他は通常のルーティン・ワーク。
テレビ・クルーが邪魔をして、1ヶ所の現場作業が出来なかった。

Snoopy                   スヌーピー

| | トラックバック (0)

2010年11月 4日 (木)

+∞〝猫ボラ〟は貴重な〝国の財産〟∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

469pxsatellite_view_of_japan_1999                !127,767,994!

【猫ボラは貴重な国家財産】    

インターネット上で日本の人口を調べてみたら、2009年10月1日時点で、日本の総人口127,767,994人とあった。1億2千7百7十6万7千9百9十4人_膨大な数である。これだけの人々が日本列島の上に乗っかって、生きている。

その中で、何らかの理由で〝外で暮らす飼主のいない猫〟のために活動している人はどれくらい居るのだろう。
周囲の猫ボラの人の話しや風の噂に基づけば、日本全国で猫ボラ〟活動をする人たちは約1000人のラインを行ったり来たりしているという。

人口約1億2千7百・・万人の中に猫ボラは約1000人。つまり、人口の中の0.001%の人しか、この問題に関心が無い、心が動かない、頭が動かない、体が動かない現状にあるとも言える。
Nas1e

日本全国各地から報告されて来る累々とした〝さ迷える猫たち〟の実態を頭に思い浮かべると、0.001%に満たない猫ボラの数は、あまりにも少な過ぎる。少数の猫ボラに度を超した過大な荷物がのしかかる訳である。

しかも、真面目に猫問題に関っている人とそうではない人(99%)の意識があまりにもかけ離れていて、そこに双方向性の互換性フラットな話し合いの場がないのも同時に問題を大きくしている。

その国の文化度を測るバロメーターには、さまざまな観点計測方法があるのだろうけれど、こと〝猫〟や〝犬〟据え置かれている状況に照らし考えれば、この国の〝命に対する文化度〟は本当に、強力に、低水準にある。
Mas3

しかしながら、よーく考えてみると。総人口の中の0.001%の人たちボラ〟の感性や行動力は、稀少な存在と言える。10万人に一人_100万人に一人の感性と行動力。
その自在な感性や行動力を何故、有効活用しないのだろう?
社会を穏やかに円滑に動かして行く為の〝優しい動力〟として、何故、在野に放置したままにしておくのだろう。
0.001%の数字を少数派として排除するのか、貴重な人材として社会の中で活用してゆくのか、この差は大きい。

大量の犬や猫たちが秘密裏に死んで行く社会_自分の目に入らなければ〝物事全て〟清しとするカフカ的『変身』の価値観=世界が、我が物顔に跋扈する社会では、余りにも息苦しく、 〝心〟生き延びて行くスペースがないのである。

【お願い】 地域猫ブログランキングに参加しています。一日一回ポチックリック応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

800pxwater_droplet_blue_bg05                  ⇔大海の一滴⇔

【活動ジャーナル】 日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能な状態にあります。後察し下さい。

11/03 夜 12℃

BCD方面。ビジネス街に住む地域猫たちへ食糧供給の時間。各地各所、大変に静か。昼間にセットしておいた猫弁当は大方完売状態。大規模な猫の生息地にはサイレントの猫がいる為に、やむを得ずこうしている。

妨害/いやがらせ行為は、2件。

不良餌やり行為が無く、給食活動が猫の郵便に限定されているポイントの猫たちは出席率が高い。

A方面へ。世の中が休みだと港区は閑散としたもので、同じ街かと目を疑うくらいに街の色が変わってしまう。

11/04 朝 10℃

BCD方面のラウンドをもう少し早い時間帯に移動するためにA方面へ早めの出発。
某所で掃除をする人と鉢合わせ_一回ラウンド後に後回して。次へ。その他は問題なし。

BCD方面。曇天。寒い。各地各所、通常のルーティン。朝の個別給餌組の猫全部確認。猫にもモーニング・パーソンとナイト・パーソン、色々ある。

Jpg                   秋から冬へ

| | トラックバック (0)

2010年11月 3日 (水)

+∞亡くなったリリに捧げるメモリアル・リーフ∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

Lotus_3Rtutakin_9Lotus_2Img_04942            You are not alone,Lili!Rtutakin_3
【リリに捧げるモニュメント】      
Mas3

地域猫だったリリ

大宇宙を屋根に暮らし、
この社会からは殆ど守られることは無かったリリ

3年半以上に渡る火地風水の日々
そして命の星月夜の雨だれに打たれて

・・・亡くなったリリの前生前、どれくらいの人々通り過ぎて行ったのだろう。
Rosejpg

リリが住み暮らしていたのは、四方を大きな一般道と高速道路と運河と、そして上に下に走る鉄道ベルトに挟まれた浮島のような立地のビジネス街でした。昼間の人口は、およそ1万数千人ほどに昇り、夜になると西新宿のようなゴーストタウンと変わり果てる。

渇いた街渇いた人々

リリがそこで過ごした3年半、その道を1万数千人の人口のうち少なく見積もっても一日に5000人の人々が行き過ぎて行ったと推察すると_5000×約1300日_延べにして650万人以上瞳と心が『リリ(たち)』を目撃していたことになります。

最も悲惨なことは飢餓でも病気でもない。自分が誰からも愛されていないと感じることです。』_これはマザー・テレサの言葉です。

日々の地域猫保護活動中の何気ない些細な瞬間にも、数々の猫たちを見送った時にも、いつも心に深く住みついていたのがマザー・テレサこの言葉でした。

Rtutakin_10

リリは、保護してから危篤状態になる迄、終日終始ゴロゴロゴロゴロと喉を鳴らし続けていました。
リリが家庭猫として生きて行くために動物病院に連れて行った時、その際も、脱走防止用洗濯ネットに入れられ採血中なのにも関らず、〝ゴロゴロゴロゴロ〟と喉を鳴らすのを止めず、『 採血されながらゴロゴロ言う猫はほぼいません。何なんでしょうかねぇ 』と診察したゼロどうぶつクリニックの山本先生を驚かせました。

きっと、リリは自分の存在が認められ大切にされていることが分かっていて、その状態が嬉しかったのだと思います。

生命の横糸は、〝自分〟と『他者』の合わせ鏡 - 他者に自分が受け入れられ、ようやくにして安心の大地を踏みしめた〝自分自身と他者〟への雪解けのような和らいだ気持ちだったのでしょうかPinkrose そして生命のもう一本の天上から伸びる糸→縦糸は、容赦の無い〝生と死〟の合わせ鏡になっている。死のない〝生〟は無い生の無い〝死〟は無い
目を瞑り、両の手のひらを合わせ_
亡くなった者の魂に花を手向け、その亡骸を手厚くお見送りしてそこでやっと保護活動の全てが完了し、幕を閉じる。

Mas3

 +∞!Exodus!~地域猫リリの地域猫からの卒業∞+
 +∞地域猫のリリの地域猫からの卒業/続報∞+
 +∞地域猫リリの家庭猫になった秋の一日∞+

 +∞〝家庭猫〟になったリリの早すぎる〝逝去〟∞+

 +∞亡くなったリリに寄せる花草木∞+
 +∞家庭猫になって僅か ~リリ*天国への旅立ち∞+

 +∞ 沸騰の10月/写真編 ∞+

【お願い】 地域猫ブログランキングに参加しています。一日一回ポチックリック応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村Jpg            リリに寄せる花草木/Ave Maria

【活動ジャーナル】 日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能な状態にあります。後察し下さい。

11/02 夜 15℃

静かな静かなBCD方面のラウンドでした。顔なじみの猫たちに個別給餌をして、地域猫弁当を各地各所にセットして歩く。

妨害/いやがらせ行為は2件。

A方面へ。8ヶ所の地域猫弁当の配達。異常なし。 

11/03 朝 12℃~13℃

A方面へ。さほど寒さは無く、比較的快適な走行でAゾーンの後片付け。次々と。

BCD方面へ。穏やかな秋。祝日_コミューターなし。休みのモードで各地各所、対応。寒くなってくると猫たちが気難しくなって来る。

最後の場所に奇妙な人間_JR東日本のロゴが入ったウィンド・ブレーカーを着、現場作業しているそばにずうっと何をする訳でもなく立っていた。顔は色白・普通_細身、筋肉質ではない。

Gogh2212             R.I.P,Lili!〝Childhood(MJ)〟Rtutakin_6

| | トラックバック (0)

2010年11月 2日 (火)

+∞ お元気ですか?/多忙につきブログにて ∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

Dscn3279       お元気ですか?/外で暮らす猫たちは存在の文明批評

【プライベート・メールに対する公開レス】       

知り合いの人から猫の郵便ビボー録についてメールを頂いた。件名は『ブログの感想』_予感。 しかし・・・

予想とは裏腹に内容は違いました。手前味噌であり、プライベートな些細なことまでに言い及んでいるので、ブログについて触れている所だけ、掻い摘んで要約すると_

『・・・君のブログは全篇、猫にまつわる周辺模様を書き連ねているけど、猫の問題を通して、充分に社会批評文明批評になっているかも~ ・・・中略・・・ ~絵文字や写真でポップにしようと工夫しているみたいだけど、ご苦労だね。 ・・・中略・・・ でも、君のブログは文章を読み解く力が無いと、そこに文明批評社会批評の精神が流れていても素通りされてしまうかもしれないね(笑)・・・』

嬉しくもあり、手厳しくもあり。

最後の落ちでガクーン落とされてしまいましたが、
批判アドバイスには今まで、充分に耳を貸して舵を取って来たつもりなので、今回のメールに対しても、その言わんとする意味や主旨を理解し心と頭にたたみ込んで、これから≪猫の郵便ビボー録≫の運営舵取りにあたって行こうと、只今 - 思案中です。

しかし、ブログをやっていると便利である。あまりの忙しさにメールや電話の返信を怠っていてもブログを見て頂ければ、元気に過ごしていることは確認して貰える。

【お願い】 地域猫ブログランキングに参加しています。一日一回ポチックリック応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

Red_rjpg    存在の赤い薔薇/唯の飾り、添え物としか思われていない植物たち

【活動ジャーナル】 日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能な状態にあります。後察し下さい。

11/01 夜 15℃~16℃

久しぶりに雨や雲行きを心配しないで夜の給食活動に出発。
BCD方面へ。各地を巡回。大々的な妨害はなかったが、干渉痕が3件。個別給餌をしながら、一ヶ所ずつ作業を仕上げて行った。個別給餌の際に猫を置き去りにすることはありません。食べ終わるのを待ち、食器を回収して、次の現場へ。

A方面へ。ヤクザ屋さんが場所塞ぎをしている歩道を通り抜けるのが毎日ストレスに。各地に地域猫弁当。某ポイントの捨て猫のサビは大分馴れて来たが、まだまだ。

11/02 朝 

遅れ気味の開き直り出発。A方面へ。A方面はやはり早めの作業の方が安全だ。今が大丈夫だからといって油断は禁物。

BCD方面へ。天気が良く、最近になく心地良いラウンド。天気によって猫たちの食欲が明らかに変わる。

各地各所、いつものルーティン・ワーク。問題なし。
コミューターの雑踏押し寄せる中の現場作業には軽い苦痛が伴なうが(7時台、8時台)、冬場は少しでも気温が高い方(7時台、8時台)が、猫たちも食欲面で良いと思うが、余りにもコミューターが多すぎると猫たちが出てくるのが困難になる。ジレンマ!

Good_morning_2               帰り道で〝Good Day!〟

| | トラックバック (0)

2010年11月 1日 (月)

+∞If...もしも私がウルトラマンだったなら∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

Conversation           Conversation/対話(鉄腕ウンガ撮影)

【IF...もしも私がウルトラマンだったなら】   

もしも、自分の身長が160cmだったなら
もしも、自分の身長が190cmだったのなら
体重に関してならある程度ダイエットの強弱加減や努力次第でどうにかなるかもれない。しかし・・身長については、DNA成すがまま、どうにもならない。逆らえない

人間生物DNAが降す条件下で生きて行くしかない。

もしも、自分がアメリカにアングロサクソンとして生まれていたら・・
もしも、自分の性別が今と真逆のジェンダーに生まれていたら・・・。もしも、自分がブラッド・ピットやバラク・オバマに生まれ変われたのなら・・・。 もしも、自分がウルトラマンスーパー・マンに成れたのなら・・・。

全て〝絶対あり得ない〟こと、想像力を掻き立てるファンタジー人生のガス抜き愚痴としては面白いが、〝IF〟導き出される言葉は、大方は考えてもため息がついて出る詮無いことばかりである。
Mas3_3

もしも、この世にヒトラーや暴君ネロが生まれ出て来なかったら・・・。
もしも、クレオパトラの鼻がもう少し低かったのなら・・・。

誰も歴史を書き換えることは出来ない

しかし、IFで導かれる問答でも_
もしも、煙草を止められたなら・・・とか、
もしも、ピアノが弾けたなら・・・とか、もしも、英語が話せたら・・・なら、努力と根性でどうにか出来る。

DNAから指令される宿命の絶対条件については、与えられた条件をポジティブに捉えて変換して行くしか方法がない
要は発想の転換。DNAを変えることは出来ない。

でも、『もしも・・』で導かれ、DNAに関係なく〝出来る〟こと、或いは『もしも・・』で導き出される無駄ではない問答〝ある〟!

もしも、その子たち(犬や猫)が保健所に持ち込まれることが無かったら・・・。もしも、リリタンをはじめとした外で暮らす猫たちが捨てられることが無かったら・・・。もしも、あの時あの猫たちのTNRが徹底されて行われていたのなら、ただ苦しむだけに生まれて来る仔猫たちは居なかった筈。

Rtutakin

兎に角、猫や犬を飼う人は、自分が遺棄とか殺処分とかいう罪や心の負担犯さないようにするために、常日頃から愛護団体や動物行政関心を持ち、ネットワーキングを欠かさないことである。

地震が来たらどうするのか 
自分が病気になったらどうするのか? 破産したらどうするのか 自分が死んだ後犬や猫の安全をどうするのか

『今は家庭の中で犬や猫と暮らしていて何の問題もない。』 ・・・ しかし、何が起こるか分からないのが〝人生〟である。
〝関心〟身を助ける。生きていることに禍根や呵責を残したくはない。

【お願い】 地域猫ブログランキングに参加しています。ポチックリック応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

Dscn3383            太陽を背に新橋を臨む/運命よいかに

【活動ジャーナル】日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能な状態にあります。後察し下さい。

10/31 夜 16℃

BCD方面へ。出発時は霧雨。次第に雨粒が大きくなる。段々と、雨は強く。
各地各所、日曜日の夜のルーティン・ワーク。
CDゾーンの妨害は無し。個別給餌の猫を拾いながら、傘の中に入れて給餌。その他は異常なし。日曜日だったので、弁当はほぼ完璧にきれいになっていた。

A方面へ。雨の中、猫・ドット姫の給餌に苦慮した。その後土砂降り。雨は下着まで滲み込んで来た。

11/01 朝 14℃

A方面の後片付け。各地を回る。某ポイントの新・捨て猫は警戒はしているけれど、だいぶ馴れて来た。雨。

BCD方面へ。雨は小降りに。その後止んだのでカッパを脱いだ。
各地各所、雨の後の処理。某ポイントが水没→長靴を履いていかなかったので、靴とソックスを脱いで、ズボンを膝まで巻くりあげて、作業した。問題なし。対処しようと思えば大抵のことは、気を患う必要はなし。

Gt55           リリタンの宿敵であり、同僚であり、仲間

| | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »