« +∞ゆきももこさん ~言い換えれば、強い意志の持ち主~(涙)∞+ | トップページ | +∞〝辛い現場〟~西新宿の真実/TNR現場レポート第1弾∞+ »

2010年10月26日 (火)

+∞家庭猫になって僅か ~リリ*天国への旅立ち∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

Greenbelt_up_6Greenbelt_5Greenbelt_down_6                     リリの為にRtutakin_2
【天国の鐘/リリの旅立ち】      

猫のリリが白血病による合併症で亡くなったのが、10月22日21時10分。それからも時は留まることなく回り続けている

明けては暮れ ― 日を送り、日を迎え、静かに喪に服する余裕もなく、あっという間に4日間が過ぎ去ってしまいました。

リリを保護したのが10月13日深夜。それから僅か9日足らずでリリは静かに永眠しました。家庭猫になったリリに少しでも長い時間、その状態を継続させてやりたい、その想いから、あえて〝天国へ旅立つ日〟をぎりぎりまで遅らせました

そして、10月26日
〝ウチ〟の猫になった〝リリ〟の旅立ちのセレモニー。
リリのお見送りは、徳川5代将軍・綱吉ゆかりの寺/廣斉寺に併設された火葬場にて執り行いました。廣斉寺は、元々、綱吉の出身地である群馬県館林の城内にありましたが、将軍に成った綱吉に請われて江戸に分院されたお寺です。

〝生類憐れみの令〟の綱吉は、人間の供養ばかりではなく、『草木・鳥・小動物、そして、目に見えないあらゆる命を見返りを求めずに供養する』 - すなわち、動物の霊魂御施餓鬼(おせがき)=供養する〝お寺〟望んだのです。廣斉寺は、その考えの流れを今もなお継承し、お寺の傍らに動物の火葬炉を併設させたのには、そんな経緯があると聞きました。

Rosejpg

小さな棺の中で眠るリリには、ピンクの薔薇と緑の小ぶりの葉で作った手製のブーケ胸に持たせ手紙を添え、幾輪かの白い百合の花で縁取りし、内側を、赤い薔薇、白い薔薇、ガーベラ、グロリオサ、アイビー、赤い実・青い実、蘭の花等の草花で埋め、半透明の白いオーガンジーの布をまとわせ・・・そして、別れを告げました

荼毘にふす前も、その時も、煙になって逝った後も、心の中に引っかかりが消えないのは、どうして〝リリは外で暮らす運命を背負わなければいけなかったのだろう〟ということです。リリが終生に渡って〝家庭猫〟だったのなら、もっと違った道を歩めていた筈です。本当に、残念であり、無念である気持ちを消し去ることが出来ません。

ゆきももこさんのところのノム君が亡くなった時に当ブログで追悼の言葉として書き記しましたが、今回もやはり同じ言葉を言わなければいけません。

どうか、友だちや知り合いの人に伝えて欲しい_〝《命》を捨てないで_犬や猫を縫いぐるみを捨てるように捨てないで下さい〟

Rtutakin_3

リリが〝ウチ〟に来て9日間_最期に倒れ危篤状態になるまで彼女は終始〝ゴロゴロゴロゴロ〟果てしなく喉を鳴らしていました。〝生命は、関係の中生きる喜びや価値を見い出すものなのだなぁー!〟と、リリから受け取った切なく美しいメッセージでした。

振りむくと、雨嵐に共に打たれた小道_夏には乾いた生垣の縁石を道にしてトボトボと歩き遠ざかる一面の星月夜の世界に命が脆く、儚く、健気(けなげ)に通り過ぎて逝った。切ないお別れでした。
                               J.L.E.記

Jpg               リリとリリの仲間/友だち

【お願い】 地域猫ブログランキングに参加しています。ポチッとクリック応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

【活動ジャーナル】日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能な状態にあります。後察し下さい。

10/25 夜 13℃

亡くなったリリを見送るために花や草木やオーガンジーの布を取り揃えた。リリのお別れはなるべく多くの時間、家に居させてあげたかったのでギリギリまで遅らせての日程になった。明日、出棺。

BCD方面へ。各地各所、肌寒く。雨の心配をしながら巡回した。

A方面へ。8ヶ所の地域猫弁当の配達_終了はMidnight!

10/26 朝 リリとお別れの日 

リリとお別れの〝日〟を心に置いて、朝の作業の行動開始。A方面へ。各地を巡回。

BCD方面へ。リリの出棺の準備があるために出来るだけ早く帰るように現場作業。あせりながら。時間に遅れないように。花のこと。棺のこと。手紙のこと。その他いろいろ。

リリの馴染みの仲間の猫たちには何も告げなかった。多くの人は猫は何も分からない_馬鹿だと思っているかもしれないけれど。〝伝わってしまうものなんですよ!〟_注意して行動しないと。

Pinkrose                  非言語の世界

|

« +∞ゆきももこさん ~言い換えれば、強い意志の持ち主~(涙)∞+ | トップページ | +∞〝辛い現場〟~西新宿の真実/TNR現場レポート第1弾∞+ »

生と死」カテゴリの記事

訃報」カテゴリの記事

たかが猫されど命」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: +∞家庭猫になって僅か ~リリ*天国への旅立ち∞+:

« +∞ゆきももこさん ~言い換えれば、強い意志の持ち主~(涙)∞+ | トップページ | +∞〝辛い現場〟~西新宿の真実/TNR現場レポート第1弾∞+ »