« +∞地域猫活動のツボ~耳がダンボになる話~∞+ | トップページ | +∞続・地域猫のツボ~地域や行政とうまく付き合う方法∞+ »

2010年9月 4日 (土)

+∞ふたたびのロードキル~外猫は危険がいっぱい∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

Photo_3                蝋燭を1本灯しましょうか

【再びのロード・キル/8月の終わりに】     

8月28日早朝、再び猫のロード・キルに遭遇しました。
正確に記せば、8月28日(土)朝、通常の朝の地域猫保護活動に出向いたところ、5時30分頃、路肩で冷たくなっていた猫を発見したということです。
遺体の状況から見て死後2時間は経過していました。前日の夜の11時30分頃に保護活動の帰りにこの場所を通過してから、日を跨いで午前3時30分までの出来事でしょうか。

近づいて遺体を確認して見ると日頃地域猫として顔見知りにしている猫ではありませんでした。

サビ模様(=女の子)で尾が長く、爪の減り具合から屋外で生活していたのは想像できましたが、不妊手術の耳先V字カットはありませんでした。
体自体に大きな外傷は見受けられませんでしたが、頭を打ったように見え、周りの状況から交通事故に違いないと推察しました。

この時間帯にこのような場面に遭遇する切なさ。
世の中はまだ眠りの中にあり近隣の方々を訪ね事情を聞く訳にもいかず_私どもにも時間内の終わらせなければいけない朝の活動がありました。
取り合えず、そのまま人目に晒しておくのは可哀想に思い、持っていた新聞紙で亡骸を包み、建物の陰に見えないようにして、作業に戻りました。

飼い猫だったのか_野良猫だったのか。

作業をほぼ終えた7時近くに現場に戻り、猫が亡くなっていた道路の前の家に伺うことにしました。この方の建物の傍に亡くなった猫の遺体を置かせて頂いたことも説明する必要がありました。

しかし、チャイムを押しても電話をしてもラインは繋がらずに、出直そうかと思っていたところ_この建物の関係者が現われ、名刺を渡し、事情を話し、連絡を頂けるようにお願いをしました。

しばらくして電話が鳴りました。その建物(会社)の奥さんからでした。(この方の名前はこれ以降Nさんとします)
Nさんの話によると_亡くなった猫はNさん宅のベランダに食べ物を求めて日頃通って来ていた『チーちゃん』という猫でした。彼女は、こちらが従業員の方に告げた猫の亡骸を見つけ、『・・・遺体を拭き清め、箱に収めた・・・』と_
そして、Nさんは『・・・どうしたら良いでしょうか・・・』と_

猫の郵便はロード・キルで亡くなった猫の体験があるので_
交通事故に遭った猫として公の清掃事務所に連絡し、引き取って貰い、火葬する方法と、もう一つはボランティア協力動物病院に運び、病院経由で動物霊園で火葬合祀する私たちがいつも取っている方法をお話しました。
彼女は、多少のお金が掛かっても『うちに来ていた子なので』と後者の動物霊園での火葬合祀を希望しました

その後の手筈は、こちらがボランティアのAさんに連絡をとり、経緯を話し、粛々と〝事〟進めた次第です。

 その日の昼前、Nさんから連絡を頂き_搬送のボランティアさんがすぐに来てくれたことや出棺の車のお見送りをしたお話を伺いました。
Nさんは『(地域猫保護活動で)~きちんと毎朝片付けもして。この辺の猫たちの世話をして頂いて感謝していますよ』と言葉を添えて呉れました。
同じエリアには地域猫反対派の人も居て、毎日の活動に緊張を強いられる中、有り難い言葉でした。

ロード・キルで亡くなった子が闇から闇へではなく、最期は優しい人に見送られる形になって良かったとここに備忘の気持ちを書き記しました。
〝ありがとう Nさん!〟〝安らかに チーちゃん!〟

一区画向こうで暮らしていた為に会うことはなかったチーちゃんだけど。せめて蝋燭でも灯しましょう。

White_rose                 野に咲く_白い薔薇

【活動ジャーナル】 日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能に至りました。御察し下さい。 

/03 夜 30℃

夜になっても暑さは引かず、耐えながら夜の給食活動の準備。BCD方面へ。
殆ど無風。例年の夏/金曜の夜の公園は、ビール片手に何グループがほろ酔い加減で盛り上がり、にぎわっているのだが、この暑さが宵の宴を撃退したようだ。

各地各所、一ヶ所ずつ、ひとつずつ、一頭ずつ、確実に仕上げて行けば、仕事は終わると思って暑さに耐えた。

妨害/いやがらせ行為は3件。

後半は個別給餌の猫を探して、取りこぼしがないように、いつも注意している。

A方面へ。遅くなった。非常に暑く、我慢して持ちこたえた。

/04 朝 29℃

気温が落ちず。熱中症にならないようにゆっくり行動。A方面へ。ゆっくりし過ぎて、遅れているのは分かっていたが、消耗するよりは〝遅れ〟を選んだ。

BCD方面へ。A方面同様に暑くて疲労しているので、慎重にゆっくり作業をした。
朝の妨害行為が1件。カニカマ女も連続登場した模様_カニカマが煉瓦に散乱。

7時近く、激しい日差し。

Photo_2              外で暮らす猫は危険がいっぱい

|

« +∞地域猫活動のツボ~耳がダンボになる話~∞+ | トップページ | +∞続・地域猫のツボ~地域や行政とうまく付き合う方法∞+ »

訃報」カテゴリの記事

たかが猫されど命」カテゴリの記事