« +∞猫のお盆休み2日目∞+ | トップページ | +∞夏の送り火/さよなら魂たち∞+ »

2010年8月15日 (日)

+∞猫のお盆休み3日目∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

Dscn2509                    祈りー願い

【猫のお盆休み】 3日目     

あるものがあるものを絶対に逃げられない状態に拘禁し 
〝生きるのを禁ずる〟

こんな理不尽なことがいまだに公然と行われている。

犬や猫に対する《殺処分》のことだ。しかも、それが行われているのは、《動物愛護センター》という名の公の囲いの中。

何も出来ない自分自身の無力さを恥じて、せめて
1年に1度_
両の手を胸の前で強く合わせて、頭を深く下げて、謝りたい。

露と消えて逝った犬たちや猫たちの穢れない魂に向かい対して

どんなに言葉を尽くしても_この後ろめたさは消えない。 

               _Another Time,Another Place...

【活動ジャーナル】日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能に至りました。御察し下さい。 

/14 夜 30℃(午後9時~0時の気温)

BCD方面へ。東京湾花火イベントのため、人足が引くのを見越して、心持ち遅めの時間設定で夜の地域猫給食活動(BCD方面)に出向いた。

猫たちは元来、喧騒や騒動が大の苦手だ。耳をつんざく花火の轟音にはびっくりしただろう。出て来なかった猫、殺気立った猫、隠れるために他のハビタット(縄張り)に潜り込みそのせいで、各地各所で薮の中から睨み合う声や喧嘩する声が聞こえて来た。

時間経過とともに沈静化するだろうが。
猫の郵便の活動方針は、どんな事態にも動揺せずに〝坦々〟と。

A方面へ。Aゾーンは花火イベントの影響は受けていなかった。

高温多湿_気温表示よりも暑く感じた夜だった。

/15 朝 28℃(午前4時~7時の気温)

かなりの湿度。汗をかきながらAゾーンの片付け。ラウンド&ラウンド。街は、夏枯れの静けさ。
げんなりする高温多湿の_気後れするような朝の諸条件ではあったが。
夏が人や車を払ってくれているために、見晴らしがすっきりと_気持ちのいい夜明けの風景だった。視界だった。

BCD方面へ。早朝なのに強力に暑い。湿気のせい?斜めから射し込む光線がきつく。下から蹴り上げられるようだった。
しかし、最終コーナーまでは気持ちを折らずに。

地域猫保護活動の基本は、まじめさが全て。どんなことにも折れない心。一喜一憂が消耗を倍化させる。

Dscn2707         どんなに言葉を弄してもこの後ろめたさは消えない

|

« +∞猫のお盆休み2日目∞+ | トップページ | +∞夏の送り火/さよなら魂たち∞+ »

たかが猫されど命」カテゴリの記事