« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

+∞沸騰の8月/コラム編∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

Carrick                 8月の砂の上で

【8月のまとめ/コラム編】     

夏を乗り切る心得と心の準備は前もってしていたので、暑さから受けるストレスはさほど障害にならず8月を乗り切りました。妨害/いやがらせ行為や不良餌やり行為によって受ける重圧の方がストレスとして深刻でしょうか?

さて。ブログの方は。
8月は、ブログ《まるの猫魂~ええかっこしいの地域猫活動~》のリンク貼りから始めました。+∞新しいお友だち In Osaka∞+に書いたようにまるさんは本当に心優しい方で、毎日の給食活動を通して地域猫に直に接しているブログとしては、ビボー録リンク集に並ぶ初の同業者(?)です。

まるさんには、当ブログをリンクして頂いたのに加えて、言葉まで添えて頂き、その影響力は絶大で当方の訪問者数はブログ初心者にしてはもったいない山登りのような数字を8月17日~18日にかけて記録しました。全てまるさんの力_まるさんのおかげです。本当にどうもありがとうございました。

文京区シビックセンターで開催されたイベントのリポートは、出だしは順調に滑りだしましたが、周辺事情を取材して行くうちに暗礁に乗り上げてしまいました。
+TNR考/あなたならどうする??∞++∞官のがんばり/物言い水入り∞+に書いた通りです。しかし、当事者やTNR従事関係者とよく話し合い8月後半も押詰まって、ようやく西新宿の作業はTNRから一部スタートしました。今後の動向や様子を慎重に見守ってゆくつもりです。

猫の郵便のハート_地域猫保護活動を支える心の流れや動きについては、+∞盛夏/浅い眠りの中で∞++∞盛夏/夏は心の幻想装置∞++∞猫のお盆~∞+をご覧下さい。夏になると人は何故か『生と死』と向き合ってしまう宿命にある_不思議なことです。

亡くなった存在に想いを巡らし_見送りつつ_〝今〟をやり繰りして生きなければいけない_切ないジレンマです。

+∞祈りの手∞++∞Andy Hug~あれから10年~∞++∞投げ出さない~継続は力!∞+は、前出の夏/お盆3部作に照らし当て、相対するの揚力となるようミラー的オマージュとして書き記しました。世間一般で忙しく生きる人々にとっては無意味なことかもしれませんが。

最後に_
8月21日の記事が破綻しています。これについてはまだ解決を見ていないので此処で、今の段階で意見を述べるのは差し控えさせて頂きます。

Photo_2      暑いのです_早朝だから此処に寝そべっていられるのです

【活動ジャーナル】 日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能に至りました。御察し下さい。 

/30 夜 29℃

強烈な高湿度。BCD方面へ。各地各所をさまざまなポイントからチェックしながら地域猫弁当をセット。そう思っていた矢先にゴミ用の袋を忘れたことに気付き、地域猫弁当を入れていた袋で代用_これはいけない。

無風_非常に暑い。

妨害/いやがらせ行為は2件。

個別給餌を挟んで遅れないように先を急いだ。最後の場所で虐待被害の経験がある某猫に合えなかった。あの子がいないと何かあったのかなと心配になる。

A方面へ。ドット姫の場所から。順を追って。モジャ美が住んでいた場所まで。終了時間_Midnght!サウナラウンドだった。

/31 朝 28℃

仮眠を取らずに早めにA方面へ出発。猛烈な湿度_シャツが体にまとわりつく。回収は受け皿の食塩水が自転車につかないように、蟻を連れ帰らないように注意しながら。

BCD方面へ。猛烈な湿気にしょっぱなから汗。Bゾーンを終えCゾーンに向かう途中、首から頭から汗_気分が悪くなる。最後まで持つか心配になった。財布を忘れたからポカリスウェットも水も買えない。こういう時は落ち着いて深呼吸。

ひと作業ひと作業丁寧に_個別給餌で待つ間を休息時間とした。海岸が近づけば風の恩恵もある。最後までやり遂げなければと思って頑張った。

Dscn2734            お盆静寂の中の東京タワー(14日)

|

2010年8月30日 (月)

+∞沸騰の8月/写真編∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

F2jpg_2              猫の郵便/ピンナップ・ガール

【8月のまとめ/写真編】  

記録的な猛暑で朝の作業は〝猫〟と〝後片付け〟で手一杯。ブログにまつわる写真撮影の余裕を持てませんでした。

冒頭の写真は、この子が1年を通してやる朝の年中行事です。強い雨が降らない限り体をコンクリートに擦り付けて全身を使って表現し、出迎えてくれます。
至近距離まで近づいて話すことは出来ますが、背中を撫でたりは出来ません。手を差し出すと軽く指を噛んで、それが朝の別れの挨拶です。NEXT!

Dscn2608_4                   猫と遊具

この子のこの行動も朝のいつもの見慣れた光景です。〝朝ごはん〟を終了し、アダプト契約で煙草の吸殻やゴミを片付けたり、ゴミをまとめたりしているのを広角に眺めているのです。

Jpg3               8月8日/朝4時50分撮影

Dscn2675jpg               8月8日/朝4時52分撮影

Timejpg               8月8日/朝5時23分撮影

ブログ記事に使用したこの3枚の空の写真は、朝のルーティン・ワークの間隙をぬって撮影しました。東に雲と朝陽の刻々と移り変ってゆくコラボレーション。同時刻に西のヒルズ・タワーの上に架かる虹。
夏ならではの大空のファンタジーでした。カメラでは捕えられない何とも言葉では言い表せない見上げる空間の美しさでした。

空の異変に気付き、もうスピードで_自転車を乗り捨て、エレベーターを乗り継ぎ、撮影ポイントに辿りつくまでの瞬間の連続を見逃してしまった。

Photo33           不良餌やりを繰り返す人たちの悲しい現実

この写真を見ても多くの人たちは何とも思わないでしょう。私たちの活動は朝晩2回必ず行います。〝猫の食料は充分に足りているから、地面に直に食べ物を置き去りにしたり、人間の食べ物を与えるのは止めて下さい〟とお願いの告知をしても、延々とその行為を止めようとしない。寄生虫の原因にもなるし。定期的にタワシ等の清掃用具を持参してお掃除をしなければいけない。
彼らは片付けの習慣や責任を負わないから、その後の惨状を知らない。

〝愛は責任〟_責任を負わない行為は自己愛の押し付け。その責任を肩代わりするのは、猫と私たち。

【活動ジャーナル】 日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能に至りました。御察し下さい。 

/29 夜 29℃ 

夜の給食活動。早めに準備に取り掛かり、早めにBCD方面へ出向く。
日曜日なので街は暗め。そして、静寂。顔見知りの猫たちは元気に姿を現した。

妨害は2件。飲料水への攻撃。一つは器ごとなくなり、もう一方は、水を棄てられ瀬戸物の器が、地に伏せられていた。

個別給餌を挟んで巡回した。

A方面へ。みんな休日の街でひっそりと待っていた。静かに生きている。

/30 朝 28℃

A方面へ。いつも通りのコースでいつものようにラウンド。問題なし。

BCD方面へ。通常通りの順番。作業を積み重ねる。朝にしては、かなり暑かった。

8月ももうすぐ終わり。時を刻み、いつか全てが静かに幕を閉じるように、毎日毎日の活動を大切にしている。情だけではやっていけない。情だけでは解決しない。

忍耐。

Dscn2617           よーく見て下さい_外の猫の夜の佇まい

|

2010年8月29日 (日)

+∞8月のお買物∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

2794               月の終わり_お会計の夜

【資本主義社会で生きるということ】    

 猫の郵便の保護活動にはフードは勿論のこと、それを乗せる容器、蟻・ナメクジから防御するための更なる器と食塩、その他にガムテープやハウスを作るための材料_足となる自転車の整備とさまざまな〝必要〟が出てきます。資本主義社会では、それらは全てお金を払って購入しなければ成り立ちません。

 今月は自転車が壊れ、修理に出しました。費用は¥7500、一週間後にまた壊れ、¥1000、また壊れ、自転車屋に行くと『 部品を1万円で変えましょう 』と言われました。それなら始めから部品を変えるように言えば良かったのに!_自転車屋のおじさん!

よって、自転車の修理は只今保留中。修理するにしてもこんな自転車屋には頼めません。

給食場所が広範囲に渡っているので、もし、予備の自転車を買い置かなかったら、その日の給食活動は破綻の憂き目に遭う_新たな自転車の購入が必要になって来た。

 さて。主役の猫たちの方は。
8月半ば過ぎから、記録的な暑さが続き、地域に暮らす猫たちの食欲低下がいなめない状況で、給食弁当のドライフードの割合は少なめにして、食欲増進のため生利を幾分か多目に使用しました。

高温多湿=不快指数気候の条件下で、室内保護猫たちも体調不良でよく吐きました。沢山洗濯機を回し、洗剤・水道の使用量も他の月に比べてグラフにすれば突出するかな?

 ドライフードは災害等に備え、毎月、多目に購入しています。この暑さで酸化する心配がありますので、今月はストック分を先に使用し調整しました。
ドライフードは9月に安値の品が通販に出ることになっているので、発注は9月に回しました。

 購入に際しては、ネット上、アンデイマーブル/ペット食彩館/ゆーとぴあペットフード/仔馬のペットショップ/コジマ通販/近隣店舗/D2など全てチェックし、最安値の購入を心掛けています。地域猫保護活動を安定的に維持し、医療費のプールするためにも合理性と効率的買物と節約に努めています。

 ウェブ上のショップでの買い物
8月13日着 モンプチ缶85g×288缶 ペットシーツ88枚
8月26日着 ドライフード3Kg×10 3Kg×3 
        400g缶×72
8月27日着 純缶×162 魚正×324 嗜好品10ケ
ドライフード ロイヤルカナン10Kg モンプチドライ700g×10
 合計 85g缶×288 400g缶×72 160g缶×486
       ドライフード56
Kg

 近隣商店-デパート魚屋さんにて
生利×37本 さば・アジ・マグロなど鮮魚各少々 食塩800g×3・1Kg×2
嗜好品4コ、精製水4本、ガムテープ2本、虫射され用薬2コ、広報ポスターラミネート代、会議出席のための交通費、役所・保護団体等関係先への書類送料、腰痛対策の作業用簡易椅子2コ などなど

室内保護猫の通院治療・地域猫の皮膚炎の薬剤購入も致しました。

また、寄付として魚釣り名人より、ソウダカツオ2本、カツオ1本、Fさんより、フード用器を10コ頂きました。心より御礼申し上げます。

Photo   世話人が1週間に3回しか来ない他の餌場から流出して来る〝ふたり〟

【活動ジャーナル】 日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能に至りました。御察し下さい。 

/28 夜 29℃

BCD方面へ。外に出てから〝きょうは土曜日なんだ〟と気付いた。
各地各所を練り歩く。勿論、自転車で。昼間に不良餌やりが出没しなかったせいか、食欲旺盛_持参していった純缶を切って、みんなに行き渡るように多目にセットして来た。

妨害/いやがらせ行為は2件。ご苦労さまです。

月が煌々と水面を照らしていた。夏は夏特有の身体的に苦しいこともあるけれど、総じてそれも含み入れて気持ちがいい_何かが昇華されて行くような気がする。

A方面へ。静かな街並。鉄腕ウンガと合流して、配膳とチェック。

/29 朝 28℃ 

A方面へ。この時間帯は何故か湿度に悩まされる。蟻を連れ帰らないように注意して回収作業。毎日挨拶に来る三毛猫の女の子が姿を見せなかった。

BCD方面へ。朝のルーティン・ワーク。今年は蚊が少ない。これがどれくらい楽なことか世間一般の人には、分からないだろう。個別給餌を挟んで、休日モードで各地各所のセットを行った。6時を過ぎると強い日差しが空間のあちらこちらに乱反射していた。 

Dscn2716                紫紺の牡丹_盛夏の花        

|

2010年8月28日 (土)

+∞投げ出さない~継続は力!~∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

Magnolia_liliiflora5               〝継続〟_木蓮の花言葉

【継続は力】      

投げ出す。途中で止める。放り出す。
自分のやっていることを簡単に投げ出す。

約束を簡単に反故にする。
窓から壊れたおもちゃを投げ捨てるように。
窓からポーンとケーキを投げ捨てるように(ノルウェーの森)_そんな人生は歩みたくない。
〝愛とは責任のことである〟自分自身への戒めである。

まっとうする〝責任〟がある人生
楽しいことばかりじゃーない。

都会の路地裏の午前3時。
空しい風に弄ばれて運ばれた、所在ない意味のないゴミが吹き溜まる暗がりの中_風邪っぴきで顔をボロボロにしていた一頭の仔猫を拾い上げた_あの夜。

それは、あの日あの時から始まった。

言葉だけでは通じ合えない世界。言葉だけでは歩み寄れない世界。
私は、人間よりも下等とされている動物たちから何かを教わって生きてきた。
彼らは私の〝魂の小学校〟の先生たちだった。

Sq       猫が教えてくれたこと_猫が運ぶ郵便_届く先にだけ届く

【活動ジャーナル】 日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能に至りました。御察し下さい。 

/27 夜 風邪・熱、そして、咳 

BCD方面。よたよたしながら、頻繁に鼻をかみながら、ミスをしないように各地を巡回した。いつもように。

妨害/いやがらせ行為は3件。

A方面。 8ヶ所全ての場所のチェックと配膳_完了。

/28 朝 28℃ Bゾーンでロードキル

A方面へ。風邪症状でふらふらの周回走行。作業だけはきっちり果たした。

次の作業に向かう前に額に氷を当てて15分間仮眠。BCD方面へ。
Bゾーンの道路で顔見知りの地域猫ではない猫がロードキルに合い死亡。後処理と善後策に追われた。しかし、朝の活動は続けなければいけない。ジレンマだ。

ルーティン・ワークは普段どおり。どんなことがあっても日課に変りはない。

450px1_2     ミクロに向かい閉塞する心を背後から大きな太陽が照らしている

|

2010年8月27日 (金)

+∞大阪市西区幼児遺棄虐待殺人事件∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

Dscn2030                  夜 と 霧

【大阪市西区幼児遺棄虐待殺人事件】    

2週間前からカテゴリー分類の作業をしている。ブログを始めた当初は、ブログの右も左も分からず、カテゴリー分類にさしたる意味を見い出せずに保留状態にしていた。
もっとも当初は、〝時間がないし、活動ジャーナルだけでいいだろう〟と高を括っていた。
しかし、外からの批判や自らの反省をこめてコラムを書くようになった。それでもカテゴリー分類は、記事の傾向が大方出揃ってからでも遅くないと思い込んでいた。それが溜まりに溜まってこの様である。
皆さんごめんなさい。

分類するからには、記事内容を読まなければならない。作業を進めて行くと、既成のカテゴリー・タイトルには当てはまらない内容が多いので、その都度、自前の新規のタイトルをつけて、1日に2つか3つのペースで作業を進めて行った。

作業は坦々と。毎日。コラム記事を書く前に。
けれど。6月4日の記事 ∞+Heart To Heart+∞ をチェックしている時。PCの前で凍りついてしまった。〝駄目だぁー〟

その記事の中で私は、こう書いている。『~親が子供に食べ物を与えないでどうする!~』_大阪市西区の幼い子供2人を部屋に閉じ込め餓死させた事件が心の中で二重露光してしまったのだ。

6月4日と言えば、奇しくも、この事件が最終段階の仕上げに入った始まりに当たる時期と符合する。下村早苗容疑者は、泣き叫び追いすがる子供たちを振り切って、玄関に通じるドアをガム・テープ固めにして出て行った。


以下、産経のネット記事から抜粋_
大阪市西区のマンションで幼児2人が放置され死亡した事件で、母親の下村早苗容疑者(23)=殺人容疑で再逮捕=が、「(6月初旬に外出した際)2人は『ママー』と懸命に私を呼び止めた」 ~

捜査関係者によると、6月初旬、ふたりは外出しようとする下村容疑者に激しく追いすがって止めようとしたが、下村容疑者は振り切って外出。この際、わずかな食料だけ置いて出たという。 ~

1週間後の6月9日、下村容疑者はいったん帰宅したが、この日も、おにぎりなど1食分の食事だけを置いてすぐに外出し、遺体を確認する7月29日まで自宅には帰らなかった。 

部屋に取り残された2人の「最後の食事」が6月初旬だったことを割り出し・・・(引用終わり)

幼い2人は折り重なるようにして亡くなっていたという。

自分の快適/快楽を追求するためなら、刹那に子供を非道な方法を使って虐待死させる_自分の生活空間を快適にするためなら、平気で犬や猫を捨てる、或いは殺処分センターに持ち込む_そして、後は何事もなかったようにそれぞれ口紅を塗ったり、スーツを着たりして、涼しい顔をして生きてゆく。これらの人々の体質+感覚+育ち+精神性には確実に通低する何かがある。底で深く。

ふつふつと怒りがこみ上げてくる。このコラムは明日以降のいずれかの日に何かのまとめをします。

Dscn2171_2              紫陽花の頃‘6月10日撮影

【活動ジャーナル】 日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能に至りました。御察し下さい。 

/26 夜 27℃

BCD方面へ。妨害/いやがらせ行為は2件。その他は問題なし。活動ジャーナルがつまらなくて申し訳ありません。

A方面へ。8ヶ所全ての場所の地域猫弁当を間違いなくセット。

/27 朝 28℃

初めから汗ばみながらA方面へ。ハッチたち3頭が住む場所でサビ猫の子猫が道路を横断するのをついに目撃。姿を確認。

その他は異常なし。

BCD方面へ。某所で水がピンク色に。いつも迎えに出ている2頭の茶トラが、出迎えず。その他はいつものルーティン。

昨夜の気温より早朝の気温の方が高かった。

Dscn2296_2               世話をして貰えないTree

|

2010年8月26日 (木)

+∞祈りの手∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

410px1             祈りの手/アルブレヒト・デューラー

【祈りの手】    

冒頭に掲載したアルブルヒト・デューラーの『 祈りの手 』は、自分のために犠牲になってくれた友達への感謝を表した《絵》です。

私は何に対して祈りを捧げているのか。

白血病の猫のスティーブンが痛むことのない穏やかな日々を送れますように。
外で暮らす猫たちが辛い目に合いませんように_命をまっとう出来ますように。
保護活動の毎日が理不尽なアクシデントに合い、難破しませんように。
ゆきももこさんの心が優しい平明な波間に漂着し_幸せになりますように。
犬や猫の殺処分施設が無くなりますように。
好きな人たちの人生が上手く運びますように。

作家・宮沢賢治は『 世界にたったひとりでも不幸な人がいるのなら、私は幸せな気持ちになれない 
』 そう言い残した。
この言葉がことあるごとに私の脳裏に蝋燭の火のように揺らめいて現われては消え、遠ざかっては近づいてくる_繰り返し繰り返し。

私は子供の頃、しばらくの間、神父さんの元に預けられて育った。
先生は日常、些細な私の心の動きを捉えては、大きな目で顔を擦り付けるように近づけて 『どんなに自分がつらい時でも。困っている人を助けなさい。苦しみの中にいる人(存在)の力になりなさい』と言い含めた。

2人の言葉は_2つの言葉は、今でも私の人生の前になり後ろになりして付いて来る。
時に障壁になり、時に哲学問答を要求し、無理難題を押し付けてくる。だが。
〝 人間とは何か 〟〝 人は何故生きるのか 〟を問う時、自分を支えてくれる大切な言葉になっている。

410px1_4            祈りの手/友だちに捧げられた作品

【活動ジャーナル】 日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能に至りました。御察し下さい。 

/25 夜 29℃

BCD方面へ夜の給食活動に行く。夜になっても気温が下がらず_サウナ・ラウンドになった。
各地各所+各猫、チェック&Feeding!

妨害/いやがらせ行為は2件。

高温多湿がいつまで続くのか_ある日突然、気温が下がったら、外の猫たちが対応できるかどうか心配だ。

A方面へ。8ヶ所全部の任務完了。

/26 朝 28℃

A方面へ。夏の朝の片付け_例年より繁華街に人気がない。その分、作業をするこちらは心理的に楽だが。

BCD方面。Bゾーンのやり方を変えたので時間がかかった。当分はこのやり方を試して見る。
CDゾーン某所で再び水の変色が始まった。何故、水がピンク色になるんだろう。

各地各所を点々点々とルーティン。最終地点では、無理な姿勢で作業をしなければならないので、体内ヒーターが加熱して顔が真っ赤。

410px1_5                   祈りの手

|

2010年8月25日 (水)

+∞六本木トンネルを貫けたら・・・クレーム発生!!虎の尾を踏んだのは〝りあな〟∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

Spring 例_この子が挨拶もなく連れ去られどこかのサイトに飼主募集されたらどうする

【あまりにも軽すぎる人猫共生会議ブログ主宰者たち】
    

8月21日付記事 +∞里親会/力を貸して下さい∞+ に問題が発生しました。
人猫共生会議のリーダー経由で《人猫共生会議ブログ》主宰者から写真掲載についてクレームを頂きました。

写真転載については、りあなの許可を取り、尚且つ、〝りあな撮影〟と入れなさいとのこと。

転載については、事前に共生会議のリーダーに許可を頂いていました。

何処の有名な写真家なのでしょう。猫ボラ・ブログで〝撮影○○○〟なんて見たことがありません。連動を心に記事を仕上げた結果がこんなことになるとは。

本当は自分が主宰しているブログを充実させるために、取材やリサーチをして_例えば、ついこの前に行われた人猫共生会議主催の里親会にあなたは出席していてもいいはずでしょ。
そんな人に言われるとは_あきれました。
不幸にあえぐ猫よりも前に自分の名前を立てたいとは。
不遜ですね。不愉快でした。

よって、写真は望むとおり削除しました。そんな人がやっているブログのリンクも自信を持って外しました。

私は(鉄腕ウンガじゃないですよ)_私は出自がイタリア系で〝リアナ〟という名前には好感を持っていました。本当に残念です。

変な野心を持って、そんな気持ちを持って、猫ボラに関わっているのなら〝GO AWAY〟の気持ちを拭い切れません。

最後の写真〝モジャ美〟については、掲載を外しませんでした。
だってさ。あの子たちのTNRにはどのくらいの苦労と時間を掛けて、東京都動物愛護推進委員・松下氏の協力を得てやって来たのか分かっているの?

あなたは、松下氏に許可をとって撮影していますか? 
猫の郵便に許可を取って撮影しましたか?

モジャ美が住んでいた場所への給食活動は、毎晩、某場所を廻り廻って、24時近くですよ。片付けは朝の3時~4時に。あなたに毎日それが出来ますか?

言葉が強すぎるかもしれません。でも、これくらい強い気持ちがないと港区捨て猫ストリート80~90頭の猫たちの命は守れないのです。

丁寧にやっているのですよ。へたくそな日本文で。ノム君の記事も今回の記事も。人猫共生会議関連の記事は丁寧に扱って来ましたよ。ゆきももこさんは、そんな野暮なことは言わなかった。

                                 John

2jpg   つまんないの!愛も技量もなく権利主張バッカスチョコレートはロッテ

【活動ジャーナル】 日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能に至りました。御察し下さい。 

/24 夜 28℃

BCD方面へ。依然、夜遅くなっても気温は下がらない。各地に地域猫弁当を配布するために巡回。その間に個別給餌9頭。

妨害/いやがらせ行為は2件。

比較的スムーズに作業を終えて、早い時間に一時帰宅。

準備をして、A方面へ。Aゾーン某所で質問に会う。〝猫にエサやってんの?〟だって。深い溝を感じた。
A方面と表示して来たのがモジャ美の住んでいた場所、姿が見えないなと心配していたらOn the 人猫共生会議ブログ!
荒立てるようなことはしなかったよね_こちらサイドは。サイト責任者としてどうするのですか?

/25 28℃~29℃ 朝 

昨夜に続き高温多湿_ヘビーなAゾーンラウンド。自転車のスピードが出ない。

BCD方面へ。BCD各地各所は餌場的には物理的に異常なし。仲の良い2頭が餌場を夏になってから移動したため、その場所を専有していた猫がはじき出されてしまった。猫の世界_猫マップは、刻々と変化してゆく。帰路_午前7時の段階で猛烈な暑さ。

Aabb  猫の郵便のPhotoも知らない人に勝手に使われてるがクレームしてないよ

|

2010年8月24日 (火)

+∞Andy Hug~あれから10年~∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

Quer_privat_portrait2                  Andreas Hug

【Andy Hug 命日】        

8月24日アンディ・フグの命日。
あれから10年の歳月が流れ去った。

葬儀/告別式が元麻布・善福寺/地元で行われたため、葬儀までの4日間のことは、その時の自分自身の心情も含めて克明に覚えている。

光の具合や風のそよぎ。緑の揺らぎ。夏の日の街並/舗道の干満や瑣末な雑事に至る細部まで。

〝 燦然と輝くものにも終わりがある 〟
〝 生命すべてに終わりが必ず来る 〟

風と共に来て。疾風怒濤のごとく。風のように去って行った。

スポーツ選手にあらぬミステリアスな魅力と風貌に包まれていたAndy Hugは、その秘密のコアを何も明かさず、眩い夏の太陽を目くらましに彼方へと消えていった。

世の中すべては隠喩(メタフォー)に満ちている。
アンディはメタフォーそのものだ。
誰も本当のAndy Hugを知らない。風と共に来て、風と共に去る。
格闘家アンディ・フグの格闘家たる一面は、海上に浮かび上がった氷山の一角_手がかりの一部にしか過ぎない。

人間とは、〝謎〟のことである。
                     
R.I.P,Mr.Andreas Hug

10002_0              R.I.P,Mr.Andreas Hug

【活動ジャーナル】 日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能に至りました。御察し下さい。 

/23 夜 28℃

BCD方面へ。静かな夏の街_猫たちは待っている。
猫たちは静かに待っている。誰にも危害を加えるわけではない。猫の何がいけないんだろう。

妨害/いやがらせ行為は2件。

人間には辛い高温多湿でも、外で暮らす猫にとっては〝いい天気_いい宵闇〟_季節が変わるたびに誰が生き残るのか_神のみぞ知る。

A方面へ。かなり眠いが、ひとがんばり。終了_Midnight!

/24 朝 28℃

深夜になっても明け方になっても、気温が落ちない。A方面の片付けラウンド。一回転_暑い_蒸す。

戻って、洗い物をして、BCD方面へ。
Bゾーンは、♂猫2頭の場所で彼らが朝の給餌を食べ終わるまで、その周辺の片付けと荷物の整理/仕分けで時間つぶし。

CDゾーン各地を巡回。例のカニカマ不良餌やりが再び煉瓦の上に直接エサの置き去り_懲りない。

朝の巡回を終わる頃は、疲れが溜まり、帰るだけのエネルギーしか残っていなかった。

Jpg  Another time to spend,Another place tp go/いつか何処かで

|

2010年8月23日 (月)

+∞西新宿の悲劇~あなたならどうする∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

Walschaerts_motion 個と個とボラを繋いで連結_
              どこで誰と何が繋がるか分からないのが世界の面白さ

【西新宿/あなたならどうする??_】     

解決の糸口

8月8日8月20日のコラム記事で2回に渡って、報告して来た《西新宿の件》_心の中にわだかまりとなって燻(くす)ぶっていましたが、ようやく動きだしそうな気配です。

猫の郵便/鉄腕ウンガがもう一度、携帯電話等で点と点を結んで事態と事情を確認し、知り合いのボランティア・グループに協力を打診し、以前は繋がらなかったラインをひとつひとつ繋げて行きました。

勿論、新宿区保健所は抜きで今度のプロジェクトは行われます。

目の前の事態に、手をこまねいて逡巡や言い訳を繰り返しているよりは、先ずは〝始める〟ことが肝心。一部分からでも始めることが肝心。
この問題は時間を遅らせれば遅らせるほど、様相が複雑化し深刻化する。
最初の一歩を起動させなければ、次のホライズンが立ち現われない。
実態がどれくらいの規模なのかも把握出来ない。

こんな簡単で単純なことが、どうして理解出来ないのだろう_
頭が複数寄り集まっているはずの役人組織/新宿保健所!

〝西新宿は住民も居ないし、ボランティアもいない。だから、あそこは駄目だよ〟と最初から匙を投げていたら、悲劇が再生産されてゆくだけ。
                                   

私たち猫の郵便が活動している場所にも、西新宿のような、というより、電車が終わると完璧なゴーストタウンと化すエリアがあります。
勿論、住民などと呼べる存在は無いに等しく_私達も当初はボランティアと呼べるような代物ではありませんでした。

ひとつひとつ、経験しながら、学びながら、反面教師の徒弟となってここまで来たのです。

何もないところでも、一つ、例えば、係数や関数や或いは光の玉を放り入れれば、〝化ける〟ということは〝ある〟のです。

匙を投げられた猫はどうするんですか?_役人さん。

これを『東京どん底猫物語』、または 『日本・捨て猫残酷物語』と言わずして何と言いますか。

Walschaerts_motion_2    この地上の大方の悲劇は人間が演出している_不作為という名の不細工

【活動ジャーナル】 日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能に至りました。御察し下さい。 

/22 夜 28℃

ブログを更新し、準備ばんたん_BCD方面へ。

妨害/いやがらせ行為は2件。受け皿から非常に変な状態でトレイが外してあった。

修復回収してから次へ。各地各所に配膳_個別給餌を交えて順番に。

A方面へ。深夜になっても気温が下がらない。繁華街は、別の条件で暑さが演出されているような気がする。

/23 朝 28℃

月曜の朝。またコミューターが押し寄せてくる週初め_早めに出掛けた。

ABDC_それぞれの場所でミスが無いように作業を遂行した。

先週の朝の作業は、惨憺たるものだった。ポリスメンから職務質問が3回_自転車のチェーンが外れてランニングでルーティンをしなければいけなかったのが2回。ハードな1週間だった。

800pxpalais_de_la_decouverte_tyrann                Space between us
ボラの経験もゼロ、猫体験もない人に猫のことでお伺いをする七不思議と倒錯

|

2010年8月22日 (日)

+∞私はこうしてブログをはじめた!!∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

Warhol_watch3                 Andy Warhol_

【あなたならどうする??/別便_時間編】   

去年の今頃はまさか自分が1年後にブログをやっているとは思っていなかった。ブログに興味は持っていたが時間がなかった。
給食活動やTNR等の地域猫を守る作業に忙殺される日々の中で、それに加えて、ブログのために時間を割くなど到底考えられなかった。

給食活動に毎日、最低6時間以上_予期せぬ椿事や買い物に要する時間、分割管理している2ヶ所のシェルターの保護猫たちの世話もしなければいけない。

ブログに割く時間など本当は今でもないのである。無理に無理をして時間を作り出し、ブログを継続している。

それには、訳がある。日常的に繰り返される給食活動に対する妨害やいやがらせ行為_地域猫反対派の巻き返し_頻発する不良餌やり行為_待ち伏せ_猫の生息地の関係会社や区役所支所等との緊張関係。

それらに対して個別に対応する時間量と精神的ストレスが、去年の秋の頃には限界点_飽和水域まで達していました。
そこで苦肉の策で考え出したのが
〝すべてはブログでお答えします〟となったです。

『金儲けをしている!』などとあらぬ嫌疑も掛けられ、自らの活動内容をもはや衆人環視の元に置くしかありませんでした。

私たち猫の郵便が滅びれば、私たちの傘の下で暮らす地域猫たちが全滅しかねない究極の選択でした。

猫の郵便作業員の私の生活は、〝君、眠るのと食べるのとどちらか一つしか選べないよ〟といつも究極の選択を迫られる毎日なのである。

時間は濁流のように過ぎてゆく。

Timejpg       迫り来る何かに追われている時_あなたならどうする??

【活動ジャーナル】 日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能に至りました。御察し下さい。

/21 夜 28℃

BCD方面へ。各地で猫が待ち構えていた。

妨害/いやがらせ行為は、1件。

全ヶ所、確実に地域猫弁当を配布した。

A方面。お祭りの後の流れで六本木―麻布十番周辺の人がなかなか引かない。通り抜けには、毎年苦しめられる。
Aゾーン某所で1頭の一時保護が上手く行かない。しかし、姿は確認。

/22 朝 28℃

21日の夜明け前の作業時に続いての連日の職務質問。不妊手術のことや各場所で許可を受けていることや何故この時間に片付けをしているか等のお話をさせて頂いた。年間通して30回は口からテープレコーダー状態で同じ答えを繰り返している。

A方面から帰り、雑事をして、BCD方面へ。
各地各所を巡回、整理整頓&・・・・。内容については誰がどうしたとか周辺状況とかは、詳しくはもう書かないことにした。彼ら(妨害をする人)に流用されてしまうからだ。
TNRは、周辺の人の話では彼らがしたことになっている。

WHATS NEXT?!?

Photo    不良餌やり典型図_貼り紙ポスター〝お願い〟が無視されて

|

2010年8月21日 (土)

+∞里親会/力を貸して下さい∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

        向かって右の耳先V字カットは_女の子にしるし

【人猫共生会議ブログ】    

本日掲載した写真の全ては《人猫共生会議ブログ》から転載したものです。
掲載の許可は人猫共生会議の本部から頂いています。

人猫共生会議は定期的に里親会=譲渡会を都内各地で催しています。
ブログ/ホーム・ページ上でも随時、里親募集を行っています。

人猫共生会議が保護している猫は、TNR時に保護し外で暮らすのが無理と判断された子や、遺棄され依頼を受けた猫や、劣悪な環境で飼われていて救出された猫や、さまざまな絵模様です。

全ての人間がストーリーを持って生きているように、猫たちにもストーリーがあります。どんなに小さな猫たちにもストーリーがあります。

人の物語と猫の物語が出会いますように、皆さん、ご協力、何卒、よろしく、お願いします。
Lend Your Hand_どうか力を貸して下さい。

励ましのメールでも、手伝い希望でも、アイデアの提供でも、寄付の申し込みでも声を掛けて頂ければどんなことでも力になります。

それぞれの猫たちの詳細につきましては、《人猫共生会議ブログ》をお訪ね下さい。

              よろしくお願いします

【活動ジャーナル】日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能に至りました。後察し下さい。

/20 夜 28℃

ブログを更新し、地域猫給食活動/夜の部の準備。必要分のキャット・フードを移動したり、携帯する荷物を作ったり、地域猫弁当を作ったり、下仕事だけで軽く1時間はかかってしまう。BCD方面へ_自転車に揺られて。

各地各所を〝変化〟を気にしながら巡り回って行く。個別給餌で待つ間にじっとしていても顔から汗。

妨害/いやがらせ行為は2件。

個別給餌の際の個々の猫の食べ終わるまでの時間の長短で、一時帰宅の時間が微妙に左右される。

A方面へ。麻布十番祭りの余波が遠く離れたところまで色々と。

/21 朝 27℃

Aゾーンの片付けへ。自転車にパワーがないからスピードが出ない。仕方がない。ラウンド途中に昨夜の流れの酔っ払いがダウンして点々と転がっていた。

BCD方面へ。A方面のラウンド中はかなりの湿度を感じだが、気温が落ちて来たせいか、海に向かって走っているせいか、爽やかな夏の朝風。

各地各所の片付けとリセット_繰り返し繰り返し。セットは休日モードで。

清々しい朝風と思っていた朝も、7時近くなると真横から水平に、夏の強い日差しが容赦なく、無慈悲に照りつけて来る。

B_2 

|

2010年8月20日 (金)

+∞官のがんばり_物言い水入り∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

Eyesjpg     さ迷う猫の身になってくれ_殺処分される動物の身になってくれ

【正直に言います】  Hard to say ...    

+∞続々・官のがんばり/高木優治氏の巻∞+は、前編だけであれにて〝了〟とします。

実は、後編を書き続けるに際し、どうしても拭いきれない心の引っかかりを取り去ることが出来なかったからです。

記事は確かめてから間違いなく書こうと取材しているうちに《西新宿の件》の岩盤にぶつかってしまい、暗礁に乗り上げてしまいました。
《西新宿の件》とは、当ブログ記事8月8日号/+∞TNR考/あなたならどうする??∞+に書き記した件です。

新宿区保健所の言い分としては〝西新宿は住民もボランティアもいない。あそこは駄目だよ〟ということでした。

都庁の真下 - 西新宿の猫たちは地域猫の認定のチャンス逃し、真っ暗闇に放り出されたです。折角、アプローチして来てくれた人がいたのにも関わらず、新宿区保健所には、それを解決すべきシステムもノウハウも道半ば。

諸手を上げて、新宿区保健所にオマージュの大拍手をするわけには行かなくなりました。

しかし、新宿区保健所がそれまで、猫ボラたちの肩にだけ背負わされていた《猫問題》を暗闇から拾い上げ、行政という陽のあたる場所の検討課題として取り組んでくれたことは確かです。それは、評価に値する仕事ぶりだったと、その認識に変りはありません。

私たち《猫の郵便_人猫共生会議》は、問題を見つめ直すために客観的な視座に立ち返り、このような判断になりました。

〝またしても立ちはだかる人間中心主義の壁〟の感が強い。
《外猫問題》への理解は少しずつ進展の兆しは見せているものの、〝猫の身になって・・・〟と言うとまだまだ乗り越えて行かなければ行けない人間中心主義ハードルが山のように在る。

道半ば_道は遠く。

Eyesjpg_2              道半ば_まだ始まったばかり

【活動ジャーナル】日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能に至りました。御察し下さい。 

/19 夜 27℃

BCD方面へ。幾分涼しく。各地各所、固定リンクの場所と個別給餌をミックスして点と面を線で繋いでゆく。
荒らされ方がひどい所は、弁当の容器とやり方を変えた。

妨害/いやがらせ行為は2件。

A方面へ。8ヶ所確実に地域猫弁当を配布しました。異常なし。

/20 朝 25℃

A方面の片付け作業へ。途中でまた自転車のチェーンが外れた。片付け周回も帰りも自転車を押してRun Run Run!

BCD方面へ。自転車を乗り換えて。ブリジストンは廃車決定_3年間ご苦労さまでした。

各地各所、遅れたことを猫たちに詫びながら朝のルーティン・ワーク。気温が若干落ちていたので、落ち着いて作業が出来た。

空気の中に微量成分、秋の微粒子が潜んでいたような気がした。

Eyesjpg_3             道遠く_しかし、投げ出さないこと

|

2010年8月19日 (木)

+∞続々・官のかんばり/高木優治氏の巻∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

Photo             新宿区保健所のパンフレット表紙

【続々・官のかんばり/高木優治氏の巻】    

当ブログは
文京区主催のテーマ・イベント【飼主のいない猫~各区に広がる取り組み】展示と講演を2回にわたって掲載して来ました。

今回はその最終章を2回に分けてレポートします。高木優治氏の講演です。
猫ボラさん達から『新宿は担当者が良いから地域猫事業が進んだ』と聞いていたその人です。

はじめに、高木氏のプロフィールから。
高木氏は平成10年に新宿区保健所に配属され、その間ずっと《飼主のいない猫対策》を担当し、現在に至っているということです。猫問題に取り組んで、丸12年。

氏の講演は新宿区での《飼主のいない猫対策》への取り組みを紹介する内容でした。

まず、何故、町に飼主のいない猫がいるのか_歴史的背景と猫の特性からお話は始まりました。

 町中の猫は飼われていた猫の子孫である。
 猫は繁殖力が強く、1頭が2年後に80頭になる計算だが、実際はカラスに食われる、交通事故に遭う、病気で死ぬ等で半分は死亡する。(しかし、40頭でもその後を計算すれば大変である)
 人が面倒を見なければ生きてゆけない動物にしたのは人間なのだから、人が管理するのは当たり前である。

次に、外にいる猫と地域猫活動のお話。

 外で暮らす猫は3タイプに分けられる。 
①飼い猫で出入り自由な猫 ②野良猫 ③耳先カットなど見てわかる目印がある地域猫
そして、地域ねこ対策とは具体的に何をするのかの方法/説明がありました。(これは、当ブログ/地域猫の発祥と由来をご参考にして下さい)

新宿区がどんな風にねこ問題に取り組んで来たのか_平成13年度(2001年)からの経過と、自治体が猫問題に取り組む意味について経験的エピソードを交えて講演は進んで行きました。

行政が取り組む理由は、地域社会をより良く作っていくための事業であるからです。
それまで、行政課題としては見向きもされなかた外猫問題が、ここでようやく、解決課題(行政と地域住民の協働事業)として陽の光を浴びて、解決への仕組み作りが始動したのです。

高木氏のお話が進むにつれて印象に残ったのは、野良猫問題/トラブルの根底には、地域の人間同士のコミュニケーション不足や人間関係の感情的な諍(いさか)いや軋轢があるということ_猫の問題は実は人間同士の《関係の問題》だったのです。人間同士の問題を解決しなければ、前に進まない。

〝野良猫問題は、地域の問題です〟と言っても、現実は『えー、なぜ、猫好きな人が勝手にやってるだけなんじゃないの!』という人が大半です。偏見・誤解が多いのです。

これを〝地域住民自身が管理しましょう!〟という所まで、高木氏が人々の合意を底上げするのは、大変な作業工程だったと想像します。
高木氏は、自らが現場に出て、ことあるごとに人々に働きかけ、対話し、実現への道すじを付けて来たのです。

〝言うは易し、行うは難し!〟_講演内容から、高木優治氏は、正に〝行う〟の人でした。

Hills    六本木ヒルズに架かる_虹の彼方は〝新宿〟_モンスターが眠る街

【活動ジャーナル】日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能に至りました。御察し下さい。 

/18 夜 28℃

メインの自転車をFixしている時間がなかった。スペアの安い自転車でBCD方面へGO!
物凄い湿度_顔から汗。

本当は、自在に活動ジャーナルを書き綴りたい。しかし、敵に餌を投げ与える訳にはいかない。そこのところは、察してご理解下さい。

人の出が戻ってきた。それとともに不良餌やり人間も戻ってきた。やりたい放題。

妨害/いやがらせ行為は2ヶ所で2件。

個別給餌を挟んで、各地に地域猫弁当を入念にセット。
海岸付近は幾分かの風_心地よく_個別給餌の猫が食べ終わるまでリラックスの涼風。

A方面_リラックスし過ぎて遅れ気味_Aゾーンの猫たち_ごめんなさい。
終了_東京タワーの灯も消えて。

/19 朝 涼しい風

A方面へ。しばらくぶりの涼しい風。ラウンド途中、きのうの朝に続き、ポリスメンから職務質問_もう慣れている。しかし、世間話に持ち込まれてなかなか放してくれなかった。いつものことだが。

BCD方面へ。走行途中、作業途中に激しい睡魔に襲われた。あと少し〝あと少し〟と辛抱して、ルーティン続行。

(某所で昨夜セットした地域猫弁当が破壊的に荒らされた。下敷きの新聞紙は全体が水浸し。
また同じ場所では早朝なのにも関わらず、若い女が猫を追い掛け回して、狂気乱舞の沙汰_酔っ払い?j) Oh,My・・・! 

帰路はヘロヘロ_朝のコミューター・ラッシュが戻ってきた。みんな隠れるんだよ!

A5cfa1bca4c1a4e3a4f35463_2thumbnail      人猫共生会議は常時、里親募集中&里親会は定期開催

|

2010年8月18日 (水)

+∞念願の大台突破∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

W1232                  Andy Warhol

【念願の訪問者数1日100人の大台突破】   

〝念願の訪問者数1日100人の大台突破!〟と言っても、人気ブログの基準からすれば、足元にも及ばない数字かもしれないけれど、正直100人以上の人が猫の郵便ビボー録を訪問してくれた実感は、当初のことを振り返れば感慨深いものがありました。

それもこれも全てブログ『まるの猫魂~ええかっこしいの地域猫活動』のお陰です。ありがとう御座いました。私たちの実力ではありません。
少しでも多くの人に名前と活動を知って貰うチャンスを与えて頂いた_そう思っています。

ココログ/アクセス解析による、8月18日の訪問者数とアクセス数は、最終的に訪問者数が112人、アクセス数は724件に昇りました。

大阪、兵庫、岐阜、東京、鹿児島、熊本、愛知、福岡、京都、三重、宮城、栃木、千葉、神奈川、岡山、静岡・・・・
『まるの猫魂~』を経由して訪問される方々の特徴は、トップページに限らず、いろんな記事に興味を示して、多くの固定リンクにアクセスしている点です。

まるさんの日頃の活動のひたむきさがまるさんのブログの読者に広く浸透している賜物と読むのは、こちらの深読みでしょうか?
まるさん、そして、まるさんを支持する多くの『まるの猫魂~』の読者の皆さん、本当にありがとう御座いました。

妨害やいやがらせについては、キャットフードや猫の飲み水に対する攻撃に対しては顔を覆いたくなる場面も数限りなくありますが、これから裁判に発展する可能性等も考慮に入れ、詳細に渡っては書けない事情にあります。お察し下さい。
猫の生息地の関係会社の警備とも微妙な立場にあります。

毎日、妨害や不慮のアクシデントのハードルを飛び越えつつの地域猫保護活動ですが、〝野良猫から地域猫へ_命のまっとうを心に、人猫共生会議を始めとした猫ボラさんたちとの協力も忘れずに、活動を継続してゆきます。

〝猫の郵便ビボー録〟をこれからもよろしくお願いします。

2     ありがとうございました_そして、これからよろしくお願いします 

【活動ジャーナル】日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能に至りました。御察し下さい。 

/17 夜 32℃

夜_ブログの訪問者数とアクセス数が飛躍的に伸びている_まるさんのお陰だ。暑さも異常湿度も吹き飛ばすまるさんパワーだった。

夜の地域猫給食活動_BCD方面へ_Go!
最近、トレイごと盗難に合っているある場所のドライフードは下の受け皿にしっかりガムテープ止め。

妨害/いやがらせ行為が戻って来た。2件。仕事が始まって、昼休みにまたせっせと_心の病気かな?

個別給餌と各地各所の配膳を取り混ぜて、汗とペダルと荷台の巨大荷物とシャツをひるがえしてセーリング&セーリング・・・・

A方面へ。8ヶ所の配膳_完了はMidnight!

/18 朝 30℃

Aラウンド途中で自転車のチェーンが外れる。自転車を押しながら、体力が持つようにスロー・ジョギングでカバー。BCD方面の活動に間に合うように、汗だく。20分~30分近く走った。

回収食器の洗い物をしながら、後ろから強力な扇風機の風を当てて汗を取る。

スペアの自転車に乗り換えて、BCD方面へ。

遅れても朝の活動は朝の活動でいつものように〝きっちり〟仕上げる。

各地各所で〝Soooooorrrrryyyy〟と猫たちに謝り、流れを大事にルーティンワーク。終了_8時近く_〝Goooosh!〟

A5e2a5b71aa5e3c8fea4c1a4e3a4f35458t人猫共生会議の里親会に参加予定_詳細は人猫ブログで_TNRは猫の郵便

|

2010年8月17日 (火)

+∞Thank You〝まるの猫魂~ええかっこしいの地域猫活動~〟∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

Be_careful 温かい言葉をありがとう_ブログ『まるの猫魂~ええかっこしいの地域猫活動』

【まるの猫魂~ええかっこしいの地域猫活動】   

〝猫のお盆休み〟と銘打って、手前勝手なアニバーサリー&メモリアルを作り、コラムを小休止していたら、17日夕方、アクセス解析を見てみると_あれよあれよと訪問者数とアクセス数が伸びる伸びるどんどん伸びる_グラフは驚きの山登りの進撃!

何が起こったのかアクセス解析ページ上の《生ログ》を調べてみたら、訪問者の殆どがブログ『まるの猫魂~ええかっこしいの地域猫活動~』を経由しての来訪でした。

それでブログ『まるの猫魂~』を訪ねてみたら、まるさんがその日の記事の中に〝猫の郵便ビボー録〟を取り上げていてくれたんですね。

ただリンクに載せるだけではなく、言葉を添えて紹介してくれた_この数字は、まさに日頃からまるさんに寄せる信用と信頼が叩き出した数字です。

感動しました。
まるさんとまるさんを取り囲む緊密な信頼関係に感動しました。

本当はもっとまるさんに対しても、新しく興味を持って訪れてくれた方たちにも、感謝の気持ちやブログのガイド等の言葉を重ねたいところですが、
きょうは夜の活動で、各地の給食に平行して、TNR(不妊手術のための一時保護)の作業が加わるために、〝ブログの時間〟が取れない状況にあります。

まるさんへの感謝と新しく訪問してくださった方々へのガイド記事は、日を改めて掲載しようと考えています。

Img_0493 妨害に遭おうと何を言われようと猫たちが命をまっとうするように守り貫いて行く

【活動ジャーナル】日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能に至りました。御察し下さい。

/16 夜 32℃(23時頃)

BCD→A方面。地域猫保護活動/夜の部 - すべて実施しました。暑くて暑くてたまりませんでした。
夜の11時を過ぎても32℃を超え_保冷剤は使っているものの弁当が悪くならないかハラハラでした。
花火大会の余波は、どうやら落ち着いたようです。気温が高いので、アリ対策をしっかり、講じて来ました。

今週はもうひとつの杞憂がある。

/17 朝 30℃

強力サウナ・ラウンド - 行って参りました。参りました。
でも、朝のルーティンは全てこなしました。問題ないと思います。

某所でドライフードがトレイごと取られました。
でも、大丈夫→方針も対策も打ってある。〝かかってこい〟の心境。

猫たちのことは守り通して見せます。

Photo   これはTNR実施後に某所各地に貼っている〝猫の郵便製のポスター〟

|

2010年8月16日 (月)

+∞夏の送り火/さよなら魂たち∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

High         高速道路の高くそびえるライトを送り火に見立てて

【夏休み】 4日目  

〝猫のお盆休み〟に引き続きの夏休みです。
そうは言っても、休みは、コラムだけです。
猫の郵便ビボー録は、役所や関係会社や関係個人宅への報告書の役割を果たしているので、活動と〝活動ジャーナル〟を休むわけにはいきません。

しかし、コラムをお休みするだけで、書いているこの私の心は、時間のゆとりに天国にいるような幸せな気持ちです。

亡くなった犬や猫たちが化けて出て来てくれれば、話が出来て、楽しいのになと思うけれど。亡くなった猫たちも犬も私の心の中でひっそりと静かに佇んだまま。

心の中に送り火を灯して。夏は心穏やかに過ごすのに限る。

そうは言ってもラテンの心_YouTubeでラテン廻りでもしながら、ラム酒にグラッパ ー 赤いカンパリといきたいところだけれど。

MJ(マイケル・ジャクソン)のYou’re not alone 置いておきます。

【活動ジャーナル】日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能に至りました。御察し下さい。 

/15 夜 30℃

お盆休み最後の夜。お正月の静けさ。夏の夜_不気味なくらいの都会の真っ只中の〝静けさ〟

コーダ君がロードキルで亡くなった大通りにさしかかると、あまりの暑さにたじろぎそうになった。胸に指でクロス。

猫たちの暮らすハビタット(生息地)に着くと_花火の賑わいで昨夜は隠れていた猫たちも無事に現れてくれた。
本当に静か。人が通らない。人間が少ない分、ゴミを落としてゆく人や猫をからかう問題行動人間も居ず、食べ終わった猫がいつもよりもリラックスして佇んでいた。

A方面へ。こちら六本木/飯倉方面へ向かうコースも繁華街とは思えないくらいの静けさだった。

/16 朝 29℃

うだるような暑さ_されどAラウンド_チーン!
〝午前4時だぜ_Baby! なんでこんなに暑いのさ?〟

猫のハッチが何を言いたいのか分からない。遊んであげる時間もない。背中を撫でさすって我慢して貰った。

BCD方面へ。シャツが汗でまとわりつく。しかし、ブッシュや土が多いコース_蚊の餌食にみすみすなろうとは思わないから、長袖のシャツを脱ぐわけにはいかない。

各地各所、順を追って_最後の頃は強い朝陽を浴びて、体が発火しそうだった。が、耐えに耐えた。それでも夏の朝は光の具合が言葉に出来ないくらい素敵だ。人の出の前の夏の朝の色彩は・・・・

Photo                朝活中_朝焼けの空

|

2010年8月15日 (日)

+∞猫のお盆休み3日目∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

Dscn2509                    祈りー願い

【猫のお盆休み】 3日目     

あるものがあるものを絶対に逃げられない状態に拘禁し 
〝生きるのを禁ずる〟

こんな理不尽なことがいまだに公然と行われている。

犬や猫に対する《殺処分》のことだ。しかも、それが行われているのは、《動物愛護センター》という名の公の囲いの中。

何も出来ない自分自身の無力さを恥じて、せめて
1年に1度_
両の手を胸の前で強く合わせて、頭を深く下げて、謝りたい。

露と消えて逝った犬たちや猫たちの穢れない魂に向かい対して

どんなに言葉を尽くしても_この後ろめたさは消えない。 

               _Another Time,Another Place...

【活動ジャーナル】日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能に至りました。御察し下さい。 

/14 夜 30℃(午後9時~0時の気温)

BCD方面へ。東京湾花火イベントのため、人足が引くのを見越して、心持ち遅めの時間設定で夜の地域猫給食活動(BCD方面)に出向いた。

猫たちは元来、喧騒や騒動が大の苦手だ。耳をつんざく花火の轟音にはびっくりしただろう。出て来なかった猫、殺気立った猫、隠れるために他のハビタット(縄張り)に潜り込みそのせいで、各地各所で薮の中から睨み合う声や喧嘩する声が聞こえて来た。

時間経過とともに沈静化するだろうが。
猫の郵便の活動方針は、どんな事態にも動揺せずに〝坦々〟と。

A方面へ。Aゾーンは花火イベントの影響は受けていなかった。

高温多湿_気温表示よりも暑く感じた夜だった。

/15 朝 28℃(午前4時~7時の気温)

かなりの湿度。汗をかきながらAゾーンの片付け。ラウンド&ラウンド。街は、夏枯れの静けさ。
げんなりする高温多湿の_気後れするような朝の諸条件ではあったが。
夏が人や車を払ってくれているために、見晴らしがすっきりと_気持ちのいい夜明けの風景だった。視界だった。

BCD方面へ。早朝なのに強力に暑い。湿気のせい?斜めから射し込む光線がきつく。下から蹴り上げられるようだった。
しかし、最終コーナーまでは気持ちを折らずに。

地域猫保護活動の基本は、まじめさが全て。どんなことにも折れない心。一喜一憂が消耗を倍化させる。

Dscn2707         どんなに言葉を弄してもこの後ろめたさは消えない

|

2010年8月14日 (土)

+∞猫のお盆休み2日目∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

Dscn2507             +∞ Heart to Heart ∞+         

【猫のお盆休み】 2日目   

コラムは《猫のお盆休み》のため、お休みしています。

   去年から今年にかけて
コーダ君とバラク君の他に_
ジョシア君、モモ、ボー君(MJと同じ日に亡くなったボー君は生まれながらに白血病と猫エイズの二重苦だった)

地域猫のドロシーが‘10年2月初めに。元気闊達に見えたマルカイと名付けた猫はある日忽然と姿を消した。

都会の闇から闇へ消えていった子たちもきっといる。

〝・・・・安らかに 〟

Slava Kagan-Paleyの ー CacciniのAVE MARIA(右クリック)です。

【活動ジャーナル】日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能に至りました。御察し下さい。

/13 夜 28℃

夜になっても高温多湿のまま_BCD方面へ。
各地各所、猫たちはお腹が空いていたようだった。ハビタットの配膳メンテナンスと個別給餌をミックスしながら先へ進んでいった。

妨害/いやがらせ行為は0件。なし。

ロングバケーション・シーズンは、地域猫猫猫の生態が良くつかめる_不良餌やり人間が一掃され、ゴミが少なく、活動し易かった。

A方面へ。繁華街は夏休みモード?それとも夏枯れ?世の中の動向に関係なく猫の郵便の活動は〝ある〟_坦々と。

/14 朝 28℃

A方面へ出発。大変に蒸し暑い。しかし、夏の人払いのお陰で東京が広く感じる。ね。ハッチ。最近、いつもこの時間に待っているようになったハッチ。ハッチのところを皮切りに後片付け周回へ。

BCD方面へ。土曜日にお盆休みがプラスされて、二重に清涼な朝。ゆっくり仕事をした。不良餌やりおばさんの活躍がないと地域猫弁当の結果がリアルに出る。いつも、こうあってほしいものだ。

朝から各所の猫たちが配膳するやいなや、即座にパクつき開始_
猫の郵便の活動はカレンダーに左右されない。

1  1年前の幸せそうな・・・/・・・1年前からその日が来るのは分かっていた

|

2010年8月13日 (金)

+∞猫のお盆休み1日目∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

Obonrose              お寺の有刺鉄線に這う薔薇の花

【猫のお盆休み】 1日目   

数日間《猫のお盆休み》でコラムは、お休みです。

去年から今年にかけて、コーダ君やバラク君以外にも、猫たちが亡くなっています。

No one will ever know what actually happended at those moment!

では、休み明けにお会いしましょう。

MJ(マイケル・ジャクソン)〝Childhood〟(右クリックで)置いておきます。

【活動ジャーナル】日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能に至りました。御察し下さい。 

/12 夜  28℃↑ 街はお休みモード

夜の給食活動の準備に入るぎりぎり手前でブログ更新。準備をして、〝行くぞー〟と夜の街へ急いで出掛けた。BCD方面へ。
2日に一回、餌やりしている人の餌場に隣接しているこちらが管理しているある場所は、彼女が来ない日にはそこから溢れ出てくる猫たちに対応しなければいけない。

妨害/いやがらせ行為は0件。(休みと暑さが明ければ戻ってくるだろう)

各地を巡回_問題なし。しかし、個別給餌に時間をかけ過ぎてしまった。

A方面へ。井戸端会議のせいで昨夜、弁当を逃した猫のドット姫は、その場所で待っていた。よかった。

帰り道_自転車の上でコーダ君とバラク君の冥福を祈った。

/13 朝 28℃

A方面へ。台風が去った後は必ず高温多湿になる。かまわ作業日課に精を出す。

BCD方面。Bゾーンの女の子1頭と♂猫2頭の場所は、それぞれ食べ終わるのを待って食器を回収してから、次の作業へ。
CDゾーンは、ある場所で引き続き水の変色が続いている。また、別の場所ではドライフードがトレイごと紛失。
猫の郵便の作業の心は〝どんなことがあっても、坦々と普段どおりに〟

もう、夏にも慣れた。帰り道は、お盆休みの静けさだった。

Oboncat2c               I’ll be seeing you!

|

2010年8月12日 (木)

+∞猫のお盆/たかが猫されど命∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

422                 R.I.P コーダ君

【猫のお盆/たかが猫されど命】     

去年の夏のことはほとんど覚えていない。
8月10日~8月15日の間のまだらな3日間を除いて、記憶がほぼ完全に消し飛んでいる。
思い出せない。

2009年の夏は暑かったのか、どんな夏だったのか、世の中では何が起こっていたのか、プライベートではどんな暮らしぶりだったのか_記憶の糸を手繰り寄せても、糸の先には何も付いて来ない。

しかし、8月10日~8月15日の間のことなら、鮮明に覚えている。
まず、8月10日は天気予報に気を揉みながら、朝夕と地域猫保護活動に出掛けた。台風接近に一喜一憂していたのだ。

そして、8月11日。夕方。感染症と交通事故による怪我で入院していた地域猫のバラク君の死の知らせが届いた。(ビボー録5月22日号 右クリックで)

病院から遺体を引き取り、悲しむ暇(いとま)もなく_その日も夜になればいつものように地域猫の給食活動_続けて、日付は次の12日_早朝の片付け_保護活動を休む訳には行かずに。

繁華街の片付け作業から、一旦戻り、回収した食器の洗い物をし、〝きょうは気持ちを落ち着けるためにあついコーヒーを飲んでから、次の作業に向かおう。ね。バラク君〟_
予定を5分遅らせての出発だった。

8月12日。早朝。4時35分_BCD方面へ。
5分の遅れを取り戻そうと自転車を漕ぐ前方、大通りを眺めやると道路の片側車線のほぼ真ん中に何かが〝・・・〟ある。

信号待ちして、交差点を渡って行くと、ロードキルでひき殺された猫の死体ではないか_〝えっ!〟 - 〝コーダ君?!?〟_
〝うっ〟 - 〝コーダ君〟
〝Gosh !〟
内臓が引き出され路面に散乱している_動揺しながらも、車を止め、散らばった遺体を素手で集め_歩道近くまで運んだ_そして、携帯で助けを呼んだ。凄惨としか言いようない光景だった。

コーダ君は放棄された餌場の出身の猫でした。それ故に_食料を求めて活動範囲が広くなってしまっていた・・・・・・

                   

2日続けての顔見知りの地域猫の死。荼毘に臥す際は、人猫共生会議のBさんのヘルプを頂いた。
火葬場の砂利道や石碑には夏の太陽が強く打ちつけていた。
しかし、暑さは余り感じていなかったように記憶に残っている。

                       バラク君。コーダ君。安らかに                Dscn0795_2                 R.I.P バラク君

【活動ジャーナル】日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能に至りました。御察し下さい。

/11 夜  28℃ バラク君が亡くなってちょうど一年

BCD方面へ。いつものように。変わらずに。各地各所を巡回。お盆休み前夜_企業が休みモードに入って来たなので、不良餌やりも同時に少なく、猫の集まりが良かった。

妨害/いやがらせ行為は1件。
(書きたいことは、沢山あるけど、書けないことも沢山ある。書かない方がいいこともある)

A方面へ。遅れを気にして、猫たちに謝りながら配膳して廻った。明日はコーダ君の命日。

/12 朝 28℃ 去年、コーダ君が亡くなった日

Aゾーンの回収作業→BCDゾーンへ。

コーダ君が亡くなっていた場所でいつもよりも丁寧に十字を切った。

CDゾーンで水が変色。昨夜現われなかった猫が中途半端な場所で待っていた_個別給餌。

蝉の声。風のそよき。斜めから照りつける朝陽_夏の朝の自然の趣や無数の組み合わせや重なり合いは、どれをとってもとても詩的だ_心に体に染み入って来る。

Photo              鉄腕ウンガが好きな白い薔薇を

|

2010年8月11日 (水)

+∞盛夏/8月_夏は心の幻想装置∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

Dscn2613     夢にうなされそうなView/悪魔の扇子 or タイムレス・ガーデン

【盛夏/8月_夏は心の幻想装置】   完全つぶやき 

8月。
日本の夏は暑い。
東京の夏jは、人工的に暑い。
じっとしているだけでも汗が吹き出て来る。
思考力も判断力も理性も知性も思惑も何もかも_
ボーっとしていると、汗と共に、揺らめいて蒸発してゆくようだ。

蝉が鳴く_
都会の中に僅かなスペースを見つけて。
僅かな期間を生きながらえて_短い生涯を終える。
明滅する_夏の光と陰の物語。

緑の夏。草花の夏。
夏休みの子供たちの夏。遊び呆けるデタラメの若い夏。

今年までしか生きられない人の最後の夏_病院通りの夏の歩道。
影が伸びたり、縮んだりして_今年も夏の物語が編みこまれてゆく。

午後。気温上昇。
道路も樹木も都会のビルも太陽の光に鞭打たれるがまま。
暑さという名の麻酔薬に_
感覚の手足が自由を奪われ_なすすべもなく_

夏をサクッと輪切りにすると
〝あっ〟と 息を漏らして、無数の気孔が
色鮮やかにひしめきあって立ち現われるに違いない。
その孔のひとつに_吸い寄せられるようにその道を辿ると_
あのことこのこと光や悪夢が眼前に壁面に、現われては消えてゆく_
暑さと湿度に気力も理性もかなぐり捨てて、ボーっとするその瞬間にその装置は起動する。

上もない_下もない_タイムレス・ガーデン_
ほぼ無限の大宇宙に無防備に唐突に無造作に放り出される_
〝ああ、僕はここで何をしているんだろう〟_〝・・・僕はここで何をして来たんだろう〟

そんな想いに毎年の夏ごとに捕えられるのは、自分だけなのだろうか?

西の空に日が傾き。遠くなったセミの鳴く声を聞きながら。

猫たちは部屋で手足を投げ出してのびている_こんこんとこんこんと寝入る彼らの瞼の裏にはどんな夢が映っているのだろう?  
                                      夏 真盛り

Dscn2617               夏の夜_外で暮らす地域猫と

【活動ジャーナル】日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能に至りました。御察し下さい。 

/10 夜 28℃ サングラスを落とす

午後から体調を崩した。気力でカバー。
BCD方面へ。注意力が散漫に。2ヶ所の餌場に忘れ物をして取りに戻る始末。
最後には、一時帰宅後、サングラスを落としてしまったことに気付いたが、腹水盆に帰らず。高かったけど、まあいいさ。

各地各所、猫の給食活動だけは確かにやり遂げた。

A方面へ。近頃は男どうしの立ち話が目立つ。それも1時間以上延々と話し続けている。お陰でその猫が餌場に近づけないでいた。ラウンドの最後に周回して戻ってきたら(40分後)、その男たちは消えているかなと思ったが・・・延々と・・・0時過ぎだぜBaby・・・日本男子崩壊。早く家に帰れよ。井戸端会議は男の嗜みじゃない。

/11 朝 28℃ バラクが亡くなった日

A方面へ。立ち話メンに邪魔された猫は、結局、何も食べられなかったようだ。可哀想に。その猫の弁当の回収は最後に回したがやはり駄目。明日ね。

BCD方面へ。
Bゾーンの♂猫2頭の朝食場所移動作戦開始。こちらも慣れなければ。

Cゾーンは、水の変色の他は猫に問題なし。途中、2人の男性に話しかけられた。ひとり目の若い男性は、〝猫ちゃん、可愛いですね〟・・・日本男子崩壊。

もうひとりの方は80歳はゆうに超えた知己の方・・・〝両手両足全部痛いけど、まだお迎えが来てくれないんだよ〟と。この人とは前から相性がいい。人間にはどうしてもうまが合う人と合わない人がいる。最後に彼は〝此処の猫たちの面倒を見てね〟と言ってくれた。ぐっと来た。

Good Luck!

Photo                夏の朝_Good Luck!

|

2010年8月10日 (火)

+∞盛夏/8月_浅い眠りの渕で∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

Jpg               真夏のうたた寝の夢の後に

【盛夏/8月_浅い眠りの渕で】   

時計が深夜の1時を回り。
仮眠を取ろうと横になると_
いつも、シェルター最古参の猫のポポフ君が右腕の中にすぽっと
はまり込んで来る。そして、アームピットに顔を埋(うず)める。

夏の夜半のひと時_一緒に浅い夢を見ることにする。

ポポフ君の存在は暖かい。夏なのに暖かい。顔を寄せると
幸せそうに目を閉じた。

ポポフ君は体が悪く、いつ終わるか分からない命。

生命すべては脆(もろ)く、儚い。

                                                                          盛夏/8月

Eso0834a_3        Floating_浮かぶ・・・/生命すべて_命は脆く、儚い

【活動ジャーナル】日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能に至りました。御察し下さい。 

/09 夜 27℃

ブログをUPしてから。準備→BCD方面へ夜の給食活動。
世間が夏休みモードでも地域猫の活動に休みはない。各地を巡りCheck&Feeding‘

妨害/いやがらせ行為は0件。

全体は普段の日常どおりだったが♂猫1頭の挙動不審が気になる。

A方面へ_ミッション完遂_終了はMidnight

/10 朝 26℃↑ 去年の今頃は台風接近に気遣っていた

A方面へ。出発が遅くなった。夏のせいか動きが遅くなる。心の中に〝世間は夏休み〟そんな安心感が漂っている。そろそろ巻戻さなければ。

BCD方面へ。
Bゾーン:問題があるオス猫2頭の生息地で問題をこじらせないために2頭の朝食の給餌は食べ終わるのを待って、トレイを回収してから次に向かった。

各地各所、水の変色以外は、猫の様子と作業に問題なし。

Jpg_4               盛夏/色鮮やかな夏の断面

|

2010年8月 9日 (月)

+∞『地域猫の作り方』という名の良いプログ∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

800pxcrepuscular_rays8__noaa レンブラント光線
地域猫〟この言葉を初めて聞いた時天使の梯子が空~降りて来たよう思えた

【『地域猫の作り方』という名の良いブログ】   

ブログ『地域猫の作り方』は、いつ行っても〝いいブログだな〟と思う。
地域猫の現在と過去、そしてイベントの日程や知りたい情報を一望にして眺め、見渡すことが出来る。
ブログ主催者のちゃま坊氏の抑制の効いた表現も、客観的で、見る側の気持ちを冷静にしてくれる妙な効果がある。

地域猫/外猫ブログ界の中の殿堂かお寺のような存在に私には思える。

何よりも素晴らしいのは、そのブログ名。ネーミングの素晴らしさ。

ブログ『地域猫の作り方』_
一見して、何の変哲もないネーミングに思える表題だが。
〝地域猫〟とは何か?_そうです_〝地域猫とは作るものなのです〟という答えを単刀直入に短い言葉で出してくれた_そのものを〝ズバリ〟言い当てている。

何回も〝素晴らしい〟と口走ると五月蝿(うるさ)く聞こえるかも知れないが、やはり、素晴らしいコンセプトだとしか言いようがない。

今現在、外で暮らす地域猫は、生まれながらに〝地域猫〟だった訳ではない。地域猫に成ったのだ。人の手(考え方)によって_殺処分や近隣騒動の不幸の再生産やサイクルを断ち切るために_地域猫とは、正に『作らなければいけない』人間に与えられた命題なのだと私は思う。

何故ならば、猫たちの不幸は、人間が作って来たものであるから。

悪しき習慣や循環は立ち切らなければ

055           地域猫/大切な言葉_大切なコンセプト

【活動ジャーナル】日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能に至りました。御察し下さい。

/08 夜 28℃

夏休み_日曜日_静かなオフィス街。BCD方面へ。
Bゾーン:♂猫2頭の配膳場所の位置を変えた。Cゾーンへ→
固定ハビタットへの配膳と個別給餌の組み合わせで巡回。

妨害/いやがらせ行為は1件。地面にドライフードが撒かれる。後片付けに追われた。この季節に地面に食べ物を撒く、置くということは、蟻や虫に給餌しているようなもの。

途中、雨の予感に、戻る足で傘を設置。

A方面。はじめはパラパラの雨。猫弁当を配り終わる頃は、本降りになっていた。

/09 朝 雨

A方面へ。かなり強い雨。長靴を履いていかなかったことを途中で後悔。靴の中まで雨が浸透して来た。

BCD方面へ。本格的な雨_雨のせいで気温は下がった。しかし、雨中の作業はやりにくい。各地各所、前夜が日曜日の流れだったので、いずれのトレイも残量は微々たるものだった。

雨は初めから終わりまで降り続いた。

Dscn2647          再びの闇の世界に戻らないようにするために

|

2010年8月 8日 (日)

+∞TNR考/あなたならどうする??∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

Dscn2675jpg         六本木ヒルズに架かる虹_その向こうが〝新宿〟

【TNR考/あなたならどうする?】   

文京シビックセンターで行われた文京保健所主催の《飼い主のいない猫~各区に広がる取り組み》(7月23/24日)テーマ・イベント_新宿区保健所の高木優治氏講演の記事を書くに際し、内容は出来る限り正確を期したい。
間違いや思い込みがあってはいけないと思い、事情を知る方々に当たり、お話をお伺いしました。

高木氏のプロフィールや新宿区の地域猫活動等の話を聞いて行くうちに_その波間で、TNR(不妊手術)が上手くいかないとどうなるかというエピソードを拾ったので、今回はそのエピソードをひとつ。

西新宿は、電気製品量販店やオフィスビルが立ち並ぶ渇いた街。
その街のとある一角。1階に喫茶店_隣のビルとの狭い隙間から黒猫が顔を出し_その黒猫には乳飲み子の仔猫が居たという。
食べ物を与え世話をしようとする人は何とか不妊手術をしたい_
しかし_乳飲み子を抱える母猫は、いつ一時保護してTNR(不妊手術)するかタイミングが難しいと考えあぐねていた。

母猫と仔猫の同時保護が困難であれば、仔猫の成長を待つ。

そして、時期が到来。その人は区保健所に不妊手術助成金を申請しようとしたが、新宿区民ではない。新宿区保健所の地域猫助成金の申請システムは、新宿区民であることが条件だ。世話人は区民と共に申請に行けば良いのだけれど。

そこで協力を呼びかける大量のチラシを道行く人を手始めに配り歩いた。
しかし、手を上げてくれる人は一向に現われなかった。
たったの一人も。

〝ビジネスマンは冷たいものですよ〟とその方は言う。

そうこうしているうちに、その喫茶店がビルの隙間を塞いでしまった。黒猫は出て来れなくなり、姿を確認することが出来なくなってしまった。接触不能!

諦めていた頃、その黒猫が最近また姿を見せた。そして、また産まれた仔猫を連れていた。
保健所の関係者には『そこは生ゴミがあるから飢えることはないでしょう。』と言われたと言う。

けれどです。母猫は何度も仔を産み、仔猫はその親と同じような過酷な運命をたどる。〝母猫は何度も仔を産んで本当に可哀相です〟と世話をする方の言です。その仔猫もまた成長します。

どうでしょうか。このエピソード。
何が悪いのか。誰が悪いのか。何故人々は無関心なのか。仔猫たちの里親会参加の可能性は探せなかったのか。

あなたならどうする。

F2jpg                困ったな_暑いなぁー!

【活動ジャーナル】日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能に至りました。御察し下さい。

/07 夜 28℃

BCD方面へ。外は意外に涼しい風。各地を巡回。

妨害/いやがらせ行為は0件。

個別給餌に時間を取られるが考慮済み。食べ終わると猫たちは三々五々に夜の闇の中に消えてゆく。

A方面へ。何事も無く_通常通りのセット・アップ_終了はMidnight

/08 朝 27℃↑

ベランダの植物を守るためにエアコンは切ったまま。汗だくになって、ABCD方面の朝の作業の準備に約30分。

まずはA方面から巡回。猫のハチとコミュニケーション。言い含めて、次に向かう。
ある場所でドライフードが容器ごとひっくり返っていた。こんな時は、手で丁寧に拾い集める_〝街なかは、跡形も無く・・・が猫の郵便の片付け方針。〟
一巡してから、もう一度ハチのところに戻り、食器を回収。

帰宅の道で素晴らしい空の景色_写真撮影_西に虹、東に夜明けの絶景。

回収したトレイ等の仕分け後、BCD方面へ。
一ヶ所に10頭近くいるところは、最近は自転車の呼鈴でエリアを巡回して呼び集める。

各地各所、作業は日曜日モードで普段通り。水の変色とドライフードのばら撒きを確認。

Walschaerts_motion 猫の郵便の答えは_弛まぬ他の猫ボラやグループとの連携と連結_孤立は闇

|

2010年8月 7日 (土)

改訂/「地域猫とは?」最新版のお知らせ

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

800pxlibya_5230_wan_caza_dunes_luca 元の木阿弥?No,I don‘t want to be back where I started!

【「地域猫とは?」最新版 - 言葉の定義をよろしく】   

《猫の郵便ビボー録》6月16日号 +∞「地域猫」リニューアル∞+ のタイトルを改めました。
新しいタイトルは +∞「地域猫とは?」最新版∞+ (右クリックで)です。

これが『地域猫とは何か?』の最新版です。

アクセス解析を調べていたら、旧版に行ってしまう人が多く見受けられたので、新版のタイトルが分り難かったかと思い、タイトルを変えた次第です。

言葉の定義は大事です。それは、+∞言葉の問題/言葉の定義の問題∞+(右クリックで)で述べました。

言葉が中身を失うと唯のガラクタ_空気を虚しく漂う漂流物。

先人たちの苦労の末に出来た『言葉』の深さと意味を失いたくないものです。

 地域猫という_外で暮らす猫たちにとっても猫ボラにとっても宝石のような言葉は、今現在、東京都内では人猫共生会議やブログ《地域猫の作り方》やゼロどうぶつクリニック等の協力医や東京都動物愛護推進委員/松下淳一氏や多くのボランティア、そして、環境省―各区保健所(特に新宿保健所の高木優治氏)の力を借り、より確かなものになろうとしています。
確かな道のりを歩んでいます。

『言葉』が持つ意味や定義や温度を失うことなく、連携を保ちつつ、車輪を前に押し進めてゆきたいものです。ね。

関連記事:+∞耳先V字カットは猫の安全保障∞+(右クリックで)

201005_26_12_e0144012_114259 言葉の問題/言葉の定義の問題ではノム君とゆきももこさんの力を借りました              Thanks_可愛いねノムちゃん

【活動ジャーナル】日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能に至りました。御察し下さい。

/06 夜 28℃

金曜日_BCD方面へ。注意力、集中力が途絶えることがないように_各地各所、それぞれの猫の存在をチェックしながら、異変等をみのがさないように_巡回した。

妨害/いやがらせ行為は1件。

Dゾーンで、1頭の猫が生息場所を移動したため、約10分そのための時間が必要になった_個別給餌に切り替え。

A方面へ_人、車が深夜まで。問題の場所MPは、音と気配はするけど姿は見えず。

帰路の道は、さわやかな夜風。

/07 朝 27℃

Aゾーンは、不景気のせいか夏休みのせいか、ひっそり_お陰で、滑らかな回収作業だった。

BCD方面へ。
CDゾーンの1ヵ所で水の変色が続いている。朝の作業なのに、2ヶ所で干渉の痕。某所では特製ドライフードがトレイごと持ち去られた。下敷きにしていた新聞紙に多量の液体(What next?)が掛けられていた。Oh!My God!
犯行は昨夜の23時20分から明けて4時50分の間。

それもこれもなんのその_1,2,3,4・・・とせっせせっせとルーティンを続けた。

Animal_poster_2                民間が作ったポスター

|

2010年8月 6日 (金)

+∞古い友だちが新しい友だちになった∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

Image3 ジャガイモを植える農夫_Van Gogh           工程表_共同作業

【古い友だちが新しい友だちになった】   

古い友だち(人猫共生会議)が新しい友だち(~共生会議ブログ)になった。

 人猫共生会議のブログ開設はすでにお知らせしました。
しかし、当ブログ《ビボー録》は忙しさのあまり、最近までリンクを貼る作業を行えませんでした。

1頭でも多くの猫たちに幸せが訪れるように、人猫共生会議ブログのリンクを昨日しっかり貼りましたので、協力よろしくお願いします。

是非、訪問してみて下さい。

今現在、猫を貰い受けるスペースや経済的余裕がない人 ― 健康上の理由で飼えない人でも、猫の問題に関心や興味がある人なら訪問して下さい。

応援が強い力になります。
応援だけでも強い力になります。

アクセス数や訪問者数のグラフが伸びることによって、より注目が集まり、人の目に触れる機会が増え、幸せを待つ猫たちの扉が広がる可能性が出てきます。

猫たちにチャンスを。
支える猫ボラさんたちが安心して働けるように、チャンスを。

皆さん、協力お願いします。

 そう思って共生会議ブログを見ていたら、近頃、ある場所で姿を見かけなくなって心配していた猫が、何と、何と、何と、居るではありませんか_共生会議ブログに_写真になって_他の子猫や仔猫とたて並びになって。目が点。びーっくり。

そうならそうで、○○さん教えてよ。横の連絡は大事だよ。

Friendsjpg               ふたりは仲のいい友だち

【活動ジャーナル】日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能に至りました。御察し下さい。 

/05 夜 29℃

BCD方面へ。夜道は暗い。世の中が夏休みに入ってから、オフィスも街も早く終了するようだ。各地各所に夏の地域猫弁当の配布。夏と冬ではやり方もキャットフード選びも趣向変えして臨んでいる。

妨害/嫌がらせ行為は2件。虫除け用の受け皿の食塩水が大々的に捨てられていた。
気にせずラウンド。

A方面へ。MPの新顔を気にしながら。しかし、まだ様子が掴めない。

/06 朝 28℃

ABCD間違いなく朝のルーティンワークを実施。4時~7時半まで。
ある場所で水が赤く変色する事態が続いている。

片付けと掃除_不良餌やりの人たちの後片付けも仕事の内_そうはいってもなぁー!

セミが狭いスペースをみつけて至るところでうるさいくらいに鳴いていた。夏である。

Photo          朝陽に受けて_真夏の朝_一番綺麗な時間

|

2010年8月 5日 (木)

+∞不良餌やりに悩まされるの巻∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

Dscn2421        ピエロ_きちがいピエロ_アート気取りのディレクター

【コラムレスの前置きの口上】 

夏。疲労の蓄積でバテています。だから、きょうは【活動ジャーナル】だけにします。不良餌やりについて書いてあります。不良餌やりにはいろんなタイプがいますが、そうした行動や行為の根本にあるのは、一体何なのでしょうか?

〝無責任〟〝手前勝手〟〝想像力の欠如〟といろんな言葉が浮かびますが。何を話しかけても聞く耳を持ちません。

参考記事 +∞ひが~し 闇錦×悪の花 に~し∞+

【活動ジャーナル】日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能に至りました。御察し下さい。

/04 夜 28℃ 21:30~0:30

ブログ更新→猫弁当を作る→携帯する荷物を載せて→BCD方面へ出発。
通りは夏休みモードでひっそりと。地域猫の生息地では、それぞれ皆〝待っていました〟と言わんばかりに勢いよく飛び出して来た。
各地各所、点と面を線で結んで、転戦また転戦。個別給餌の猫は人の気配にも猫の気配にも敏感で弱いから、食べ終わるまでガードしなければいけない。

妨害/いやがらせ行為は1件。ドライフードが広範囲にばら撒かれてあった。毎日毎日こんなことを繰り返して何になるの?
暗い中_掃除をするのは大変なのである。蟻が腕を這い上がってくる。

いったん帰宅→回収したトレイ(洗い物は後で)やゴミや携帯した荷物等を仕分けてから、Aゾーンの8ヶ所の猫弁当を作る→A方面へ。
各地の猫に順番に配膳。問題のMPで、捨て猫の存在は確認出来ず。どこかに移動するのか?_定着するのか?

終了_Midnight

Photo            迷いに迷って_落ち着きどころを見つけた

/05 朝 28℃ 3:30~7:00

3時半。A方面へ出発。
MPでハチと遭遇_猫のハチは何かを言いたげだったが、鳴くばかりで何を訴えているのか理解してやれなかった。ごめんね。

背中を撫でてみたが、健康状態に問題なさそうだ。

A方面で回収したトレイを洗い、ゴミを仕分けて。

BCD方面へ。
ついこの前_公園の門の煉瓦に餌もどきを置き去りにするのを止めるようにお願いをした不良餌やりおばさんとグッド・タイミングで遭遇_彼女は、こちらの存在に気付かず、また門柱に餌を置き去りにしようとしたから_〝お話を聞いて頂けないなのなら、ネット上に写真を公開しますよ〟と言ったら、凄い剣幕で激怒し、勤めている会社の方に立ち去った。

どうなるやら。憎まれっ子、世に憚ろう。

無責任な行為は止めさせないと、更なる不良を誘発する。大規模なハビタット(生息地)でこれをやられると色んな意味で収拾がつかなくなる。

まず、猫の存在を疎ましく思う人が出て来る_人間の食べ物は猫の体に害をもたらす_たとえ、キャットフードであっても地面に直に置いては今の季節、食べ物の用を成さない_猫マップが崩壊してしまい、ハビタットの生態がつかめなくなる_エトセトラ。

別の某所では、〝いつも午後に餌やりに来てた人、最近見かけないけど。どうしたのかな_何か知ってる?〟と。

会ったこともない人のご機嫌を尋ねられても答えようがない。以前は餌やりに来てたけれど_今は来なくなった_こういう人を不良餌やりと言う_そして、こういう場所を放棄地という_更なる〝遺棄〟である。

各地各所:普段通りのルーティン・ワーク_無事終了。

Dscn2602         不良餌やり_実例_黒い粒々や点は蟻_拡大可

|

2010年8月 4日 (水)

+∞拡大版 活動ジャーナル/靴∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

Vangogh_shoes11_2            靴_Vincent Van Gogh/ゴッホ

   『ターシャ・テューダーの庭 - 一日にしてならず』

【拡大版 活動ジャーナル】 

毎日ブログに書き記している活動ジャーナルは、ほぼ100%外で暮らす地域猫の給食活動についてだけである。
活動ジャーナルが3行から6行くらいで短くまとめられていると、〝何だ。大したことないじゃん〟という声が聞こえてきそうなので、改めて活動全般に渡って振り返ることにしました。

猫の郵便の活動は、夜は約3時間_朝は約3時間半、港区六本木下~三田/麻布/芝を経由して海岸付近まで約23ヶ所の地域猫が暮らすハビタット(生息地)への給食活動の外回りをメインにして成り立っています。

23ヶ所のハビタットには、約75頭以上の猫たちが暮らし、体が弱かったりしてシェルターに保護した猫たちを含めると、猫の郵便の傘の下には90頭を超える数の猫たちが生きていることになります。

外で暮らす猫たちの95%の猫たちはTNR(不妊手術)を終えています。どうしても捕まらない♂猫2頭と新たに遺棄された3頭(?)については、これからの作業になります。どうなりますか?

給食活動は、ただ地域猫弁当を配り歩くだけではなく、後片付けや偵察(新しく増えた迷い猫や遺棄された猫はいないか?_虐待されている猫は?_ロード・キルの発見等→病院/お寺を通じて荼毘に臥す)も含み容れての活動です。

給食活動=後片付けは、激しい雨が降っても、雪が降り積もっても、台風が来ても、対策を講じて休まず実施して来ました。
毎日、同じ時間帯に各ハビタットに必要な量を考えて食料供給することが猫を安定させ、場所を安定させる(徘徊させない)唯一の方法として、この先もこの考えに変りはありません。

猫の郵便の活動方針や目的は、ゼロどうぶつクリニックやブログ《地域猫の作り方》や人猫共生会議と同じく、あらゆる猫の不幸全般に渡ってゼロを目指しているから、給食活動に加えて、それに伴う雑多な作業(時には大規模な清掃、港区とのアダプト契約、関係する資料や本を読む、買い物<ネット上も含む>)をはじめとして、区役所や地域猫に反対する人々との交渉、里親会、広報(ポスター等)、ブログ等、てんてこ舞い - ひっちゃかめっちゃか混戦模様の毎日なのであります。

給食活動以外のアクティビティと拡大版活動ジャーナル(妨害/いやがらせや不良餌やりとの格闘の日々を含む)《フィジカル・グラフィティ》は、また別の機会に。今回は猫の郵便の活動ベース概略をお伝えしました。 

Dscn2586_2         考え事をしている?_いいえ、動く虫を見ているだけ

【活動ジャーナル】日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能に至りました。御察し下さい。 

/03 夜 27℃→

BCD方面へ。ウィークデイなのに通りはひっそり。あっ、そうか_〝夏休み〟でした。皆さんの気持ちが遊びの方に向いていてくれれば、こちらに係ってくるストレスが軽減される。飼育係に休みはない。代わりの交代要員もいない。

昨夜よりは、湿度が下がり目。身も心もリラックスして地域猫弁当を届けた。
配膳と個別給餌の繰り返し。
途中、区の広報貼り紙が剥がれて落下していたので、手持ちのガム・テープでFixした。

A方面へ。捨て猫事件かと気を引き締めて行ったMPにそれらしき猫たちは現れなかった。終了_Midnight

/04 朝

仮眠のはずが起きられない日が続いている。しかし、4時前にはなんとか準備を終えてA方面へ出発。
MPで毎度待っているハチ。あうんの呼吸でコミュニケーションを計れるようになるのかな?それとも元のところに戻るのかな?頭は良さそうだ。

仕分けを済ませてBCD方面へ。昨夜の気象条件の流れで気温/湿度は推移するのかと想定して朝のラウンドに向かった。しかし、想定とは裏腹に、湿度が上昇。不快指数↑。甘い予測など立てるものではないと知る。

各地を転戦。片付けとリセット。リセットは、お昼前くらいまで持てばいいかなと思える量に加減した。猫の郵便の給食活動は、1日二回_のべつ幕なしに食べ物が在ればいいというものではない。腐敗することも考慮に入れなければ。

ABCD_朝の地域猫保護活動_これにて終了_Hot!_しかし、ホッ

Rt2_050_2 即出のセージ君と同じルーツを持つローズマリー(通称:薔薇玉タン)&タイム

|

2010年8月 3日 (火)

+∞続・官のがんばり/新宿保健所の奮闘∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

Jpg_2        静かな夏の朝_港区/アダプト事業で咲く花_8月

【続・官のがんばり】 
   新宿保健所の奮闘/エピソードOne

文京区主催の【飼主のいない猫~各区に広がる取り組み】展示と講演が、7月23日(金)/24日(土)に開催され、展示については7月27日記事にて報告しました。

今回は、24日午後から同会場で行われた講演会の模様をレポート/報告します。

会場は満席になりました。各区地域猫担当者の方々をはじめとして、都の関係者や獣医師の方々、保護活動に携わっている民間の方々、その中には顔見知りのボランティアさんの姿もあり、ブログ《地域猫の作り方》《猫とワイン》も参加なさっていたと後日ブログで知りました。
人猫共生会議のスタッフの方や知己の東京都動物愛護推進委員の方々の姿も探したのですが、確認できませんでした。
かつてないイベントだったので、もっと関心を向けて欲しかったところですが。
残念でした。

講演が始まると、皆さん_メモを片手に熱心に聴講されていらしゃいました。

壇上に立たれたのは、新宿区保健所に在籍されている石井章夫氏と高木優治氏でした。

では、まずは石井章夫氏の講演からレポートを始めます。

石井氏は、保健所に配属される以前は税金を担当していたという話。
保健所の在籍期間は4年目ということ。
現職場に移動した当初は、『法令に則(のっと)り仕事をするのが役人であるのに、飼主のいない猫については法律が何もないので、則るものがない』と半年の間悩まれたそうです。
また、役所には『民事不介入』の原則があるにも関わらず、飼主のいない猫を迷惑と思う《餌やりを止めろ派》の人達と《餌やり擁護派》の人達に3時間板挟みにされ、苦しんだこと等_まさに役職担当/当事者の生の声を聞かせて頂きました。

法令の問題は、今年_平成22年2月に、環境省が『住宅密集地における犬猫の適正飼養ガイドライン』(その中に「地域猫」も詳細に書かれている)を出したことにより、後ろ盾が出来て、仕事がスムーズになったそうです。

イベントが終わってから約10日間_
どこかの地域猫/外猫ブログなりの手によって、この講演会のレポートが上がるかなと期待して見ていたのですが、いずれのブログも深い部分に至っては取り上げていませんでしたので、当ブログ《猫の郵便ビボー録》がチャレンジしてみた訳です。

さて。 
続いて登場したのは噂の高木優治氏です。 
以前から猫ボラさんの方々から、〝新宿区は担当者が良いから地域猫活動が進んだ〟と話を聞いていたその人です。

次回【続々・官のがんばり】は、高木優治氏にスポット・ライト!

Gt99 地域猫として_適正管理を受けている猫は姿かたちが綺麗に保持されている

【活動ジャーナル】日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能に至りました。御察し下さい。 

/02 夜 28℃

BCD方面。周囲にホテルや宿泊施設があるため往来する人たちの作り出す雰囲気から、何気なく夏休みの風情が漂っていた。空気にはいつも_春夏秋冬_人が作り出す気配がある。

各地各所、ワンポイントずつ見漏らしがないように仕事を進めた。

大変蒸し暑く人間にとっては、やり切れない空気感だが、猫たちは冬と違ってリラックスしていた。これで良しとしよう。

A方面。ブログを始めた当初_活動ジャーナルでMPと表記していたところで、子猫から少し大人に成りかけている猫に遭遇した。夜目なので判然せず_様子見。捨て猫かな?

心配だ。

/03 朝 27℃→

A方面へ。気持ち余裕を持って。昨夜目撃したニューフェイス(遺棄?)、昨夜は暗くて、黒猫に見えたのだが、薄明かりのなかで茶トラ模様と確認。それとも2頭遺棄されたのか?駅ビルの方へ素早く逃げ去った。あの逃げ方は明らかに今の境遇に当惑している状態。次の作業へ_各所巡回。

BCD方面へ。B→CDゾーン。昨夜の高温多湿とうって変わって、風が適度に吹き渡り、湿度を下げてくれている。ラッキー・デイ_It‘s my day!

各地各所、片付けとリセット。常連の猫たちと顔を見合わせながら朝のRoutine!
終了は7時少し前。

Photo          清々しい夏の早朝/夏は夜明けの頃が格別

|

2010年8月 2日 (月)

+∞新しいお友だち In Osaka∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

Dscn2608_4         東京の地域猫から大阪の地域猫たちに心を込めて  

【ブログ/まるの猫魂~ええかっこしいの地域猫活動~】 

        ありがとう御座いました

〝皆さあ~ん。お元気ですか~。暑いですね~。生きてますか~〟
8月になりました。

猫の郵便は8月も続きます。ビボー録も続きます。

さて、お知らせです。ブログ《まるの魂~ええかっこしいの地域猫活動~》さんに、猫の郵便ビボー録をリンクして頂きました。
まるさん、ありがとうございます。

まるさんは大阪で保護猫のシェルターを作り、地域猫活動をされています。
給食・不妊手術/シェルターには猫が12頭・・・これがまるさんの活動の基本。
猫の郵便も同様の活動をしており共鳴の根幹になりました。

まるさんは、そればかりではなく、犬を連れたホームレスを見ては心配して声をかけ、生活保護を受けて犬と一緒に住める住居を探そうとする_そんな心意気の持ち主です。

広くたくさんの方々に「猫の郵便ビボー録」を読んで頂いて、理解者になって頂くことが猫の郵便―地域猫活動を維持=守ってゆくことなります。
そのために、共鳴できる活動をされている方のブログとリンクを張り、輪を広げてゆきたいと考えていた矢先、まるさんのブログを見せて頂き、この人ならとお願いをしました。

まるさんには、猫の郵便がブログを開設した経緯(いきさつ)を書いて、リンクを張って下さるよう、お願いのメールをしました。
まるさんは即座に返信をくださり、快く引き受けて下さいました。

フットワークが軽やかで暖かい心を持つ まるさん。
人気が集まるのも当然でしょうか。まるさんブログは「外猫・地域猫」ランキングで3位を維持しています。

猫の問題は大阪にも東京にもあって、意地悪な人や心ない人はおそらく大阪にも東京にも全国至るところにいて、法律が未整備なこの国で、私たちの活動は茨(いばら)の道が続くけれど、
奮闘するまるさんや猫ボラさんの凛とした姿に学び、いつ果てるもなく続く妨害/いやがらせ行為ですが、負けてはいられません。

猫の郵便/鉄腕ウンガ 

2642_5              夏/雲の大伽藍に_忍び寄る黒い雲

【活動ジャーナル】日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能に至りました。御察し下さい。

/01 夜 日曜日 29℃
20時:ケース買いの配達受け取り。
非常に非常に蒸し暑いBCDラウンド。
暑いけれど、日曜日なので、リラックスして出発。日曜日は各地各所どこでも配膳するやいなやのパクつき。Cゾーン某所で普段は姿を見せない可愛い顔をしたキジ猫が食べ物を求めて現われた。この子はTNRを済ませている_確認済み。

朝のトレイの回収と夜の配膳、そして個別給餌_猫が食べ終わるまでただじっとしているだけでも汗が出る。

A方面へ。静かな繁華街。終了_Midnight!

/02 朝 気温は見忘れてしまった

A方面のラウンド。目の上に眉模様の猫のハチがいつもと同じ場所で待ちうけていた。背中を撫でて、早過ぎる〝朝ごはん〟を食べるのをうながして(ラウンドの最後に回収)、次へ。
各地各所、問題なし。

BCD方面へ。オフィス街は夏休みモード。各地各所、通常のルーティン。顔なじみの猫たちの出欠も頭にInput!
セミのロードに別れを告げて帰路の人になる。

2272              Old Friend_Tokyo Tower

 

|

2010年8月 1日 (日)

+∞沸騰の7月/コラム編∞+

猫の郵便については、はじめにを是非ご覧下さい。

Carrick               夏/砂の上に舟を浮かべて・・・

【7月のまとめ】     

ガラン、ガラン、ガラン_あれは『風の又三郎』の授業が始まる鐘の音、タイム・トンネルの向こうから_ガラン、ゴロン、ガラン_いいえ、あれは地域猫の給食時間を知らせる鐘の音_いえ、いえ、いいえ、 ガラ~ン_これは〝『7月のまとめ』を早くやりなさい〟と急かす心の中の鐘の音。ガア~ン!

まとめをしようと先月と同じように1ヶ月分の記事をランスルーしていたら、今更ながらに自分の文章力のお粗末さに恥じ入ってしまいました。赤面。

穴があったら入りたい。しかし、意見内容を撤回するわけには行かず。地域猫と保護活動を守るために、ブログ綴りは始まったが最後_『赤い靴』のように動き続けるしかない。

7月は、+∞街で拾ったエトセトラⅠ∞+からスタートさせました。Ⅰを文化人類学のコーナーに整理するとⅡは文化地域猫類学入門に分類されるのでしょうか。

東京どん底猫物語シリーズを文化猫類学に分類するとすれば、セージ君を引き取ることになった事の顛末を書いた+∞猫に曳かれて/里親会失敗談∞+は、境界線の綱渡りでどちら側に落ちるか微妙なところです。

+∞猫に曳かれて_想いのままに∞+、+∞凹面鏡型人間 or 凸面鏡型人間∞+は、保護活動を巡る人間の周辺模様。その中でも+∞猫の名前/星の名前∞+&その続編+∞ウルトラの父∞+は好評です。

猫の郵便は《猫(動物)の生きる権利》と《人間が動物を保護する権利》の両輪で成り立っています。両輪あって一体のひとつのボディ!

7月のコラムを書くに際して、必ず頭の中で意識していたことは、〝連動〟と〝先駆者が築いた言葉の定義を逸脱しない〟の2つでした。

〝先駆者が築いた言葉の定義を逸脱しない〟については、黒澤泰氏の著書『地域猫のすすめ』を熟読し、まとめて見ました。先駆者の悪戦苦闘の元に今の自分たちの活動がある_感謝の気持ちを忘れずに、地域猫保護活動の概念を実りあるものにして発展継承して次に来る世代にバトンを渡せるよううな活動内容でありたいものだ。

そのためには、進化の理論に従い、外の動きに注意を払い - 敬意を払い_とにかく、連動してゆくことです。他の地域猫ブログの良い点や官の動きの良い点に連動して、線(イベントに参加する、メール等でコンタクトをとる、行政の窓口に行く)を引き → そして、面を作ることを心掛けること_ひとりよがりや内向型孤立主義では、類としての外で暮らす猫たちの行く末が浮かばれない。

猫の郵便コラムでは、ゼロどうぶつクリニック里親会や人猫共生会議ブログ開設やその他の情報を挟みながら、+∞地域猫の作り方∞++∞涙の『ゆきももこの猫夢日記』探訪の旅∞++∞官のがんばり/文京区の試み∞+と繋げてみました。

+∞自由な意志の連動∞+は、私個人の連動への自由な意見です。参考にして頂ければ〝有り難い〟と思います。夏まっ盛り_皆さん、体を壊さないように。

Walschaerts_motion               連動/Working together

【活動ジャーナル】日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能に至りました。御察し下さい。

/31 夜 29℃

BCD方面へ。土曜日の夜は暗い。そして、本日は蒸し暑く。自転車の上で漕がずとも顔から汗。猫弁当は配給_そして、ラインの途中であぶれた孤立猫をみつけて、個別給餌。

妨害/いやがらせ行為は1件。水まで棄てられ、器が地面に伏せられていた。

夏はキャットフードの持ちが悪く、苦心惨憺_保冷剤を使用している。

A方面。やりきれない湿度。各地各所、順番に巡回。Midnight_すべて完了。

/01 朝 28℃ 日曜日

大変な湿度。着ている服が風に煽られて湿り気を含む。Aゾーンラウンド1時間_疲労困憊。着替えてからBCD方面へ。
各地各所、後片付けとリセットの繰り返し。日曜日モードで。受け皿の食塩水の交換は3ヶ所。

某所でポスターの張替え。

海岸付近や河沿いは多少風があった。

Dscn2570    暑中お見舞い申し上げます〝地面に餌は撒かないで〟体が痒くなる

|

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »