« ∞+沸騰の5月Ⅱ+∞ | トップページ | ∞+生命の交差点で+∞ »

2010年6月 2日 (水)

∞+写真掲載の一件+∞

猫の郵便については はじめにを是非ご覧下さい
  
Line             Line

【猫パンチ】
ニフティに猫パンチTVというサイトがあります。自宅で大切に飼われている猫たちの日常をその家族の飼主さんたちが書いています。その中に「レッツゴー3匹」というブログがあります。

ブログオーナーのURA EVOさんは「女番社長レナ」の作者でもあり、昨年2月に逝去された「レナ社長」の終の棲家の家族でもある方です。

レナ社長の活躍にはいつも楽しませていただいておりました。ある時、レナ社長ブログに気に掛かる写真を見つけました。

それは猫の郵便が給食と不妊手術のためのフィールドワークを2007年春から一部で、同年晩秋からは全域ではじめた地区の猫たちの写真でした。地名入りで掲載されていました。

人気サイトに地名入りで写真を掲載されたのでは「ここなら生きてゆけそうだ」と早合点する輩に捨て猫をされる怖れが出てくる。困ったことだと思い、区の担当者に相談するとそれは止めてもらおう。という意見でした。

そうこうするうち、レナ社長が亡くなられ、地名から別の表記に変えて下さいとお伝えする機会を逃してしまいました。忙しさに押し流され時間は経過し。
この1日にURA EVOさんがもう一つのブログを持っていらっしゃる事を思い出し、「レッツゴー3匹」を見ました。

レナ社長ブログで見た猫たちの写真は、「レッツゴー3匹」内でメニューになり、それは地名でした。早急にご連絡する必要に迫られましたがURA EVOさんの勤務先もメールアドレスも分かりませんので、コメント欄にお願いを書きました。内容は以下。

・当会の活動を説明。地名入りの写真は捨て猫の原因ともなります。
・地名を場所が特定されない表記に変更して下さるようお願い致します。
・「○○○○」の猫たちがどのようにして生きていたか。そして現在は・・・・・「○○○○」写真の猫のうち2頭は突然行方不明、1頭は死亡、子猫4頭は室内に保護しました。

URA EVOさんはご理解下さり、そのメニュー自体を削除して下さいました。速やかに対応して頂き感謝しています。

猫パンチTVは「猫専門のエンタテイメントサイト」とその説明がされています。
皆さんに認知して頂きたいのは、同じ「猫」でも飼い猫と、飼育放棄・遺棄され路上で生活をせざるを得ない「猫」は全く違う環境にあるという事です。

路上/街中で生活する猫は飼い猫と同じように見えても、絶えず警戒し、小さな異変に怯え生きています。そして、雨・風・暑さ・寒さ・蚊・感染症・交通事故・虐待の危険など、明日の保障があるとは言えない過酷な環境で生き、多くの猫が若くして命を落としています。

それをエンタテイメントとして楽しみの対象をする事は?という私の言外の意思もURA EVOさんには汲み取って頂いた事と思います。

また加藤一二三元名人の裁判からも分かるように、世の中は皆が保護活動を善意の眼で見てくれる人ばかりではありません。何時、何処から攻撃の矢が飛んでくるか分かりません。この社会で猫たちを守るためには、情報の取捨選択や、さまざまな事に配慮し、警戒をする必要があるのです。

保護活動中に、猫を軽い自分の楽しみとする人々を見かけます。
猫たちに対して、携帯での写真撮影・舌打ちや呼びかけ・手持ちの菓子を与えようと放り投げる、思いついた時に大量にエサを後先も考えず地面に置き去りにする、などなど。

このような人々には首を傾げますが、その行動は無意識になされています。「お願いします」と両手をあわせ、説明してもほとんどは反発される。見ている私は天を仰ぎ、思わず深いため息をつかざるを得ない。知らないという事がなせる行為です。

遺棄された猫たちの悲しみを眼前に私達に何ができるか、一考の余地ありです。

道は遠く険しいけれど。

Photo_4             里親会で出会った猫たちmoon3

【活動ジャーナル】日々の給食活動の報告は地域猫の安全と場所の保全を考え、詳細の記述は不可能に至りました。御察し下さい。

/01 夜 15℃ 空気が冷たい

大量の荷物を積んでBCD方面へ。
Hi-Pから手始めに。レギュラーメンバーがめいめいの場所で待っていた。
普段あまり存在を確認出来ないノコちゃんが姿を現わし、自転車のそばまで来た。体が小さくなったような気がした。

Cゾーンは妨害が1件。相変わらず同じことを繰り返している。フードの入った容器を外に出して、カラスさんいらっしゃい、問題を起こしてね、そういうことかな?

干渉痕は1件。お願いの貼り紙をしているが聞き入れないようだ。付け足し等をされてしまうとデータが取れなくなってしまう。
出て来た猫たちには個別給餌をした。

Aゾーンは通常通りのルーティン。ドット姫が他の猫を恐がっているので、場所を変えた。ハチは完全移籍をした。
Ta-Ta!

/02 朝 15℃

早めにA方面に出発。
Jさんが活動している場所で必ず待っている猫がいる。体格は良いが弱くて群れに入れない。いつも他の猫たちに追い立てられている。
仕方がないから、いつも特製ドライフード・ブレンドを用意して行く。
体格が良くても性格が弱い子がいる - 人は見た目でしか判断しない。体格が良い、イコール幸せとは限らない。

BCD方面へも早めの出発。4時25分。
回収作業は昨夜の成果を含めて・・・順調。妨害は1ヶ所で3件。ばら撒かれたドライフードは手で拾い集めた。

ブリちゃんの元気がなかった。食べなかった。次の作業が待っているから、弁当にして陰に置いて来た。作業をしている時、ブランド犬を連れた男がやって来て会釈も声も出さずにブリちゃんをまたいで闊歩して行った。嫌な輩だ。
写真を撮ろうと携帯を出したら、バッテリー切れ。
    
Michelangelo_adam00_2

                

|

« ∞+沸騰の5月Ⅱ+∞ | トップページ | ∞+生命の交差点で+∞ »

たかが猫されど命」カテゴリの記事

社会/文明批評」カテゴリの記事